2019年07月21日

FC岐阜観戦記2019 アウェイ編 その10 土壇場で中止

SHV39_5340FC岐阜、昨日は白波スタジアム(鴨池陸上競技場)で鹿児島ユナイテッドFCとの対戦でした。
着いた時には、この大雨。どうしてこうなったのかは後で話していければ。写真は正面入り口ですが、雨宿りのサポーターでごった返していました

白波スタジアムは、鴨池港の近くにあり、鹿児島県庁や鹿児島民放局の鹿児島放送と鹿児島読売テレビがそばにあります。鹿児島中央駅からバスで向かう場合、白波スタジアムの最寄りバス停になるKKB前がホーム側、同じく市民文化センター前がアウェイ側になると思います。

この試合を迎えるまで、アビスパ福岡に勝ち、ジェフユナイテッド市原・千葉で惜しくも引き分けにはなったものの、最悪の状況からは脱し、上り調子とも捉えられる岐阜に対し、6/22の栃木SC戦を最後に3連敗(天皇杯も加えれば4連敗)中で、中でも先日行われた大宮アルディージャ戦では6-0と大敗を喫した下り坂の鹿児島という結構なコントラストの利いた中で試合を迎えたのです。



SHV39_5341こんな雨模様の中でもギッフィーは、いつものように登場。鹿児島サポーターとも親交を深めていました。
今回はGGG(トリプルジー)のMISAKIさんも来場。恐らく鹿児島のダンサーと一緒に踊る予定だったのでしょう。



SHV39_5344着いた頃には大雨だっただけなのに、午後4時過ぎから雷が鳴り出し、雨の強弱を繰り返していました。そこに、夕方5時には避難レベルが3になったという情報が流れ、雷も止みそうにないことから、午後5時半過ぎに中止が決まりました



SHV39_5348今回購入したチケットは、払い戻しが可能になるようです。もちろん後日発表される再試合の時にも使用可能です。



SHV39_5357中止になっても、色々頂けたのは、以前に書いた通り。鹿児島のスタッフの気遣いがありがたかったです。

こちらは、長島研醸の「さつま島美人」
鹿児島の離島の一つ、長島にある醸造会社で製造された芋焼酎です。試供品でペットボトル入りなのが特徴。ご存じの通り、Jリーグのスタジアムではビン・缶・601ml以上のペットボトルは持ち込み禁止ですからね。



SHV39_5358今回は姉妹県マッチということだったので、アウェイサポーターにはバッジがプレゼントされました。とはいえ、来ただけの人に配る、まだ再試合もあるというのに配ってくれるとは、何とも太っ腹



SHV39_5359こちらは、鹿児島空港にあるファミリーマートで買ってきたのですが、鹿児島のマスコットであるゆないくーのイラスト入りのクリアファイル
ゆないくーかわいいよ、ゆないくー(ニヤニヤ)。



今回中止になった試合の結果、どうなったのかというと・・・(左から順位・チーム名・得失点差・中止のあったチーム)。


19位 鹿児島(20) -13 *
20位 栃 木(20) -14
--- 降格ライン ---
21位 福 岡(20) -16
22位 岐 阜(16) -21 *


下位陣が軒並み負け、勝ち点では動きは無いように見えるものの、得失点差の影響で目まぐるしく順位は変わっています
降格圏を一旦脱した福岡は再び降格圏に突入したのに対し、栃木は得失点差で降格圏を脱出。一方で中止のおかげで鹿児島は順位を上げています岐阜は勝ち点でも得失点差でもかなり厳しいのは相変わらず。できる限り上り調子の時に縮められれば何とかなるかもしれないけれども・・・。

こうなると、次のアウェイになる京都サンガF.C.戦とホームになる大宮戦の重要度が増したとも。首位に立っている京都、上位に立つ大宮を迎え撃つのはなかなか難しいですが、一矢報えないと厳しい。勝ち点を拾う戦略を維持してやっていってほしいです。


さて、気になるのは鹿児島との再試合の日程。8月以降に行われるのでしょうけど、お盆前後の週は、いろんな面で厳しいだろうなぁ・・・。飛行機移動になるので、座席の確保が難しいでしょうし。
となると、9月・10月が候補になってくると思います。中でも鹿児島がアウェイ3連戦になる2戦目と3戦目の間になる9/2(9/7は鹿児島はFC琉球との対戦になる)、双方が1週間の間隔がありホームとアウェイという日程になっている10/23・10/30あたりが候補になるんじゃないかなと思います。11月になると最終盤になってくるので、有利不利になりかねないからなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:42Comments(0) スポーツ 

遅れて行ったら、向こうも遅れてらぁ(笑)

朝7時に目が覚めて、ちょっとヤバいなと思いながらホテルを後にして、鹿児島空港行きのバスに乗るためバスターミナルに。ちょっとヤバいなと思ったのは、鹿児島空港まで40分ほど掛かるからで、朝8時に出ると、フライト時刻1時間前になってしまい、時間次第ではギリギリになるからです。

でも空港に着くと、到着便の遅れでフライトが遅れるとのこと。これは私の乗るジェットスターだけでなく、スカイマークエアラインも同様名古屋(中部国際空港)便以外も鹿児島の離島なども到着便の遅れや滑走路閉鎖などで軒並み遅れ気味だったので、鹿児島空港での原因なのか気候のせいなのか・・・?


ともあれ、もう30分近く遅れるので、待つしかないのね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 09:41Comments(0) etc 

2019年07月20日

ちうし!

今日行われる予定だった鹿児島ユナイテッドFC×FC岐阜の一戦は、午後5時半頃に中止が決まりました。
選手も来ていて、スタメンも発表された中での中止決定。今回は雷鳴だけが気掛かりだったんだけど、大雨警報で避難レベル3になっちゃあおしまいよ。
それでも、鹿児島のスタッフは素晴らしい対応をして下さいました『避難所』を用意して下さったり、中止の説明を丁寧に行ってくれたり、「さつま島美人」や姉妹県マッチのバッジを配ってくれたりと本当にありがたかったです。

恐らく平日開催になると思うので、今度は行けないでしょう。でも来年チャンスがあれば是非行きたいと思わせてくれました。もちろん、今年行けそうなら考えます


なお、ダゾーンのインタビューに放送されかねない案件発生(ギャハ)。名古屋から来ててもええんかい!?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 19:28Comments(0) スポーツ 

只今審議中・・・

<b>今日行われる鹿児島ユナイテッドFC×FC岐阜戦、試合開始4時間前から降り出した雷雨の影響で試合開催の可否を審議中</b>になっています。
<b>雷もそうだが、雨も風も酷い。</b>NHKの予報では、試合開始1時間前には止むか弱まる予報なんですけどねぇ・・・。<br>
ちなみに、<b>17時に結論を出すと言ってまだ出ていない</b>。<b>toto絡みの試合</b>なので、<b>Jリーグにお伺いを立ててるのではという予測</b>も。<br><br>
<b>ここまで来て中止は痛いけど、天候には逆らえん。</b>鹿児島に来ただけでもよしとしよう。<br><br>
<a href="http://blog.with2.net/link.php?1133687"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_21.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a> <a href="http://www.blogmura.com/" ><img src="http://www.blogmura.com/img/www88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a>  
Posted by alexey_calvanov at 17:27Comments(0) スポーツ 

飛行機飛ぶんだよなぁ・・・(汗)

もう中部国際空港に来ちゃったよ!


チェックインも済まし、鹿児島行きの搭乗口まで至らんとしている時に、電話で行けれないかもとか宣う方がいらっしゃるもんだから、ビクビクして搭乗案内見たら、長崎行きのようで。

そういえば、台風5号で五島列島に大雨降ってるんだよね。長崎市も空港のある大村市も酷いだろうから、これから長崎に行く人は大変ですわ。その逆も然りで。長崎方面に向かう方・長崎方面からいらっしゃる方は十分お気を付け下さい。
今回の台風は、東シナ海を抜けて、朝鮮半島経由で日本海に向かうルートだったので、鹿児島への影響は風くらいで済んでいるものの、もし高気圧の張り出しが弱かったら、直撃ないしは宮崎方面を抜けかねないので、影響は避けられなかっただろうね。くわばらくわばら。


今年は沖縄にも飛行機で向かう予定。平年並みの暑さとはいえ、台風シーズンに差し掛かる時期。今回のような綱渡りにならなければいいけど。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 07:14Comments(0) etc 

2019年07月19日

夏の新アニメ2019 その17 通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?

夏の新アニメ2019、最後になるであろう17回目はKADOKAWAのレーベルである富士見ファンタジア文庫から刊行されているライトノベルが原作の「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」です。
タイトルからして長ったらしい(笑)ですが、タイトルに込められたワードの強烈さにまた驚愕何だか字面を見ただけで、「ずっとあなたが好きだった」というドラマに出てくる冬彦さんとその母親を連想してしまいそうな私は一体何なんだろうとか思ったり(爆)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公はゲーム好きな高校生。それ以外は思春期を迎えているごく普通の男の子だが、母親は実母にもかかわらず見た目が主人公と同じくらい若く、かつ主人公に甘えてほしいとばかりに様々なスキンシップを図るため、半ばうっとうしくも感じていた


そんな折、学校でもらったアンケート用紙をきっかけに内閣府が製作したオンラインゲームのテストプレイヤーに選ばれることになった。喜び勇んだのもつかの間、何と彼はそのオンラインゲームの世界に引きずり込まれてしまったのだ。しかも、母親も一緒に。
どうやらオンラインゲームの世界でテストプレイをするために内閣府の調査員にひき入れられたのだと知った彼は、仕方なく母と共にその世界を旅することになったのだが、母親の驚異的なチートぶりにさらにドン引きする事態となってしまい・・・。



というふう。


初回から母親のインパクトは絶大(爆)。現実世界でもべったりくっついて離れようとしないのは、まさしく冬彦さんの母親だわ(ニヤニヤ)。ただ、それにうっとうしさを感じるノンケの主人公にいい意味で救いを感じています。これでママンとか言ってべったりだったら、ワイがドン引きや(ギャハ)!
少々強引な展開ではあったものの、母親と主人公のコントラストが利いている分、面白い作品ではありましたね。異世界に引き込まれてはいるものの、絶望感や緊迫感はまるでなく、いつでも帰れることが幸いして、ゆったりとしているとも見受けられます。
破壊力抜群の母親でどれだけネタを触れるのかも見どころになりそうです。


しかし、この母親は絶対息子と薄い本行き決定だわ(爆)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0) アニメ・コミック 

夏の新アニメ2019 その16 BEM

夏の新アニメ2019、16回目は1968年に放送されたテレビアニメ「妖怪人間ベム」のリメイク作品「BEM」です。
原作の放送開始から去年で丁度50年。それを記念して作成されたとも言えますが、その前に2017年に原作の再放送、2018年に原作のリメイクである2006年放送版の再放送とショートアニメ(コメディタッチのもの)が放送されています。もちろん、それ以外にも、マンガ(1993年~1995年にエニックス(現スクウェア・エニックス)の月刊少年ガンガンで連載)、テレビドラマ(2011年に日本テレビ系で放送)、パロディ作品など様々に展開されています。再放送で原作を見たという人も多いでしょう。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


運河を隔てて富める者集う地域と貧しい者が集う地域とに隔てられた街があった。

かつて富める者が集う地域で刑事をしていた女性は、貧しいものの集う地域へと転任されることとなった。彼女が見たものは、廃退としている地域の現状とそこに順応し全く機能していない腐り切った仲間(警察官達)だった。

その地域では、不可解な事件が連続して発生していた。その正体を突き止めようと彼女は1人捜査をするのだが、逆に異形の者に殺されそうになる。その時、彼女を救ったのが、異形の者と戦う人間になりたい異形の者だったのだ。



というふう。


原作では、ベム・ベラ・ベロの3人が親子のような設定で出てくるのですが、今作の場合は少々違い、ベラがベロの姉的な存在で登場します。また、同じく3人共が人間になるために様々な事件を解決するという流れでしたが、この作品では、ベムとベラが人間になるのが積極的なのに対し、ベロは人間になることに消極的(人間の闇の部分を見過ぎてしまっているため)というふうになっています。まぁ、腐敗した地域にいるのだから当然の流れと言えば当然か(苦笑)。
作品そのものは、スタイリッシュでオシャレな作りとなっています。ともすれば地味な展開ですけど、3人の立ち位置をベムがメインでしか描かれていないのに、きちんとわからせるあたりは立派です。また安直なリメイクにするのではなく、少しずつアレンジを加えている点でも評価したいです。


今後は3人に絡む人間の関係がフォーカスされていくのでしょうけど、楽しみな作品になりそうです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0) アニメ・コミック 

2019年07月18日

夏の新アニメ2019 その15 まちカドまぞく

夏の新アニメ2019、15回目は芳文社の4コママンガ雑誌のマンガきららキャラットで連載中の作品が原作の「まちカドまぞく」です。
コメディ作品の多いマンガきららキャラットの作品ですけど、今回もビジュアルを見る限りでは、ご多分に漏れないこととなるでしょう。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、貧乏極まりない暮らしをしている生まれつき病弱な女子高生。
15歳になったある日、突如頭に角が、尻から尻尾が生え出した。そのことを母に伝えると、しれっとあなたは『まぞく』の血筋であることを告げられ、活動名を与えられる。そして玄関ストッパー代わりに使われていたハニワの置き物(実はご先祖)から魔法少女を倒すことを命じられる

早速近所に魔法使いがいないか探していた時、ダンプカーにひかれそうになるその時助けてくれたのが、何と魔法少女だった。彼女をやっつければ・・・とは思ったものの、圧倒的な力の差になす術がない。これで勝ったと思うなよとは言ったものの、彼女がそのセリフを言わずに済む日が、果たしてくるのだろうか・・・。



というふう。


ビジュアルの通り、30分コメディタッチで進行していきます。まぞくの主人公が魔法少女をやっつけるために奮闘する作品なので、少しシリアスになるんじゃないかとも思ったんですが、主人公の想像以上のポンコツぶりに逆に癒されてますわ(苦笑)。
初回に結構な情報を詰め込まれたものの、ポンコツ癒し系の主人公とクールな魔法少女のやり取りに緊迫感全く無し(爆)。それゆえに、結構な情報を詰め込まれたことを忘れて楽しめましたわ。まぁ、当分は主人公が魔法少女を倒すということを忘れてもいいのかもしれない(ニヤニヤ)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0) アニメ・コミック 

夏の新アニメ2019 その14 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ

夏の新アニメ2019、14回目はSBクリエイティブのGA文庫から刊行されているライトノベルが原作の「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の続編「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ」です。
このシリーズは、外伝がアニメ化され、シリーズの劇場版が公開されています。劇場版は見ていないものの、外伝があまりデキのよいものとは言えず、このおかげで劇場版を見に行っていないとも言えます。


あらすじは続きものなので無し。レベル3にまでなった主人公が、とあるファミリアとの騒動をきっかけに、遂には窮地に陥るところから始まります。
やはり本編の続編ということなので、作中のキャラ紹介というのは省かれる格好になってしまいましたね。前回から数年経過しているので、もう少しあらすじを教えてくれてもよかったんじゃないのかなとも。冒頭に少しだけ紹介されましたけど、話の流れで出てきただけなので、わかりにくいわね。
主人公に厄介ごとが舞い込んできて、ファミリアも窮地に陥ることになるわけなんですけど、そのあたりの経緯はしっかりと描かれていたので、本編は外伝のようなデキの悪いということは無さそうかなと。作品そのものは面白いので、期待して見ていこうかなと。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0) アニメ・コミック 

2019年07月17日

このたぬきめ!

梅雨寒と言われる状況でも、夏は夏。時折暑い日々が来れば、冷たい物が食べたくなったり飲みたくなるのは当然の成り行きです。


SHV39_5216そんな冷たい麺をカップ麺で作れないのかと試行錯誤して作られたのが、今回東洋水産(マルちゃん)から発売している「冷しぶっかけたぬきそば」です。
「赤いきつね」と「緑のたぬき」の中の「緑のたぬき」がベースになっています。



SHV39_5310しかし、温かいものしか作れないカップ麺で、どう冷やすのかというと・・・。
熱湯(4分)で戻した後、何と冷水を使って麺を〆る過程で冷やしていくというもの。この冷水が曲者で、家の水道水をそのまま使っても冷えた水が出てくるわけではない。特に夏場の水道水は、どちかというとぬるい(汗)。
それゆえに、ペットボトルなどで溜めた水を一旦冷蔵庫で冷やして使うということになるため、この商品を食べる時は、少々気合が必要になります(笑)。もちろんミネラルウォーターでもいいのですが、3回も繰り返すということになるので、1200ml(1回400ml)必要になることから、かなりもったいないかつ非効率ですよね・・・。



じゃあ、その手間を掛けるだけの価値があるのかというと、これまた評価的に難しい
麺に関しては、温かい麺の時と違ってもちもち感のある締まりのいい麺に仕上がっており、それは一見ならぬ一食の価値があるのですけど、それ以外は特に特徴も無いのよね。具材も豊富とはいえず(入っているのは、かまぼことたぬきの名の由来になっている天かす)、せめて刻み揚げや刻みねぎでも入っていたら違うのかなとも思いますね。


冷し麺としてなら、チルド式のやつを買えばいいから、ある意味微妙。日持ちする点しかメリットが無いので、ストックとして買っておくしかないのかなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0) 飲み食い系 

夏の新アニメ2019 その13 異世界チート魔術師

夏の新アニメ2019、13回目は小説投稿サイトの「小説家になろう」で連載され、後に主婦の友インフォスのライトノベルレーベルであるヒーロー文庫より刊行されているライトノベルが原作の「異世界チート魔術師(マジシャン)」です。
この作品も、いわゆるなろう系の作品。アニメの原作になるネタが切れてきたから・・・ということで、この手上がりの原作が多く出てきているとも言えますが、この手の作品は異世界に飛んでどうこうというテンプレ的な流れが強いので、そのあたりをどう払拭ないしは感じ取られないようにできるかがポイントになってくるでしょう。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、2人の高校生。どこにでもいる男子高生と容姿抜群の女子高生だ。
平穏な生活を送っていた2人は、ある日突然異世界に引き込まれてしまう。そこで右も左もわからぬままモンスターに襲われるも、旅の冒険者に助けられ、生き抜くために冒険者になることを薦められる

冒険者になるためには適性を確認したうえで登録をしなければならないということで、冒険者ギルドに向かうことになった2人は、その適性検査で驚異的な魔力を持つことが判明する。そのため2人は、さる高尚な魔術師の下に向かい修業に励むことになるのだが・・・。



というふう。


この作品は、オープニングで驚異的な能力を持った魔術師として登場した後、異世界に引き込まれるきっかけを描いて、オープニングで描かれた驚異的な能力になる魔術師の一歩を踏み出すという流れに。見せ方としては悪くないけど、ベタと言えばベタだよね(苦笑)。どうしてもなろう系特有の異世界に引き込まれて云々の動機が薄いようにも感じます。他の魔術師によって召喚されて、元の世界に戻る手立てがないという点でも。
ただ、まだ主人公の2人は、本来の能力を発揮していないので、成長していく過程を描いてあっと言わせようというのは、あまりこれまでの作品には見られないのかなとも。この過程を丁寧に描ければ、面白くはなると思います。


現状は可もなく不可もないふうですね。もっと盛り上げてもよかったかなと思います。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0) アニメ・コミック 

2019年07月16日

今度はマヨネーズがMAX!

SHV39_5295今回紹介するのは、まるか食品の「ペヤングやきそば 超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX」です。
以前にも紹介したコンビニ別でGIGAMAXシリーズ新作が投入されるという話をしましたけど、その時「後日紹介します」と書いた1週遅れて販売した新シリーズのもう一品が今回の商品です。こちらはファミリーマートで先行販売となっています。



特徴は、50gのマヨネーズ50gなんて大したことないじゃんと思うかもしれないですけど、実際は結構な量かつ重量感がありますわい。



いきなりマヨネーズを掛けてもよかったんですけど、まずはそのままで頂きました
・・・これは、いつものペヤングだわ。まろやかソースの味なんですが、マヨネーズを掛ける前提だからか、少し味が薄い?まぁ、気のせいレベルなのかもしれない(ニヤニヤ)。
では、注目のソースを掛けてみましょう。しかしすごいな、マヨネーズ(笑)。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・マヨネーズの味しかしない(爆)。やっぱりソースが薄かったか?
でも、このソースの味が濃かったとしても、マヨネーズの味が勝っていたかもしれません。いずれにしてもマヨネーズの味が濃過ぎて、ソースの味が死んでます(爆)。
ただ、この商品は辛くない(ギャハ)。ゆえに、普通のペヤングにマヨネーズの濃厚さが加わっただけなので、完食への難易度は、あまり高くないはず。マヨネーズの濃さが苦手じゃなければ、完食は問題ないレベルだと思いますが、そもそもマヨネーズの味が苦手なら買うな量が多くて難儀するなんてもっての外だ(ギャハ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0) 飲み食い系 

夏の新アニメ2019 その12 ナカノヒトゲノム【実況中】

夏の新アニメ2019、12回目はイラストサイトであるpixiv(ピクシブ)のコミック配信サービス「pixivコミック」にある「ジーンピクシブ」で連載中のマンガが原作の「ナカノヒトゲノム【実況中】」です。
「ジーンピクシブ」というのは、KADOKAWAのレーベルであるメディファクトリーの月刊誌である月刊コミックジーンとの共同運営サイトです。そのため、紙上のコミックは、メディアファクトリーコミックス(MFコミックス)から発売しています。オンライン発信の作品で、女性向け少年マンガなんですね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、脱出ゲームの実況で有名な男子高校生。彼は失踪ゲームと称される「ナカノヒトゲノム」に挑んでいるのだった。

ある日、「ナカノヒトゲノム」の運営関係者からお迎えに上がるというメッセージを送付され、気が付けば、「ナカノヒトゲノム」の世界に取り込まれていた。そして、驚きの発言を聞かされる。それは、様々なリアルゲームをクリアし、合計1億PVを稼がなければならないと戻れないという事実。


これより、主人公と共に集められた8人のカリスマ実況者によるゲームが始まる



というふう。


この作品は、序盤にさらりとゲームの世界に引き込まれることが描かれているだけで、あとは淡々と進んでいくふうでしたね。ともすれば説明不足にも思えたのですけど、逆にすっきりとさせて、主人公を含む8人の実況者と監視役が何者なのかということに重点を置いたと言えるでしょう。世界の異様さ・監視役の不気味さ・実況者達の図太さ、特に主人公のあっけらかんとした部分は、すごくよくわかりましたね。常識にとらわれない行動をする点も今後のキーワードになってくるでしょうね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:22Comments(0) アニメ・コミック 

2019年07月15日

FC岐阜観戦記2019 おまけ もう一つの名岐ダービー

SHV39_5297今日は、名古屋・栄にあるオアシス21にて開催された「CNCi(コミュニティネットワークセンター)グループ フットサルフェスタ in オアシス21」に行って来ました
栄のド真ん中にフットサルのコートを作成し、そこで老若男女のプレイヤーが試合を披露するというものです。
通称ミニサッカーと称されることもありますが、フィールドはそれなりにデカい

フットサルというのは、攻守のメリハリが利いていて、敵がボールを奪うとそこから一気にカウンターになるということがあるんですね。同時にミスが許されない緊迫感もあり、一つでもミスを犯すと、そこから攻め込まれて最悪失点に繋がるという側面もあります。
なお、サッカーでは手でスローインしますが、フットサルでは足でキックインするというのも大きく違うところですね。



SHV39_5300この日は、女子のリーグ(総当たり)戦とオーバー40のトーナメントが行われていました。私が見ていたのは、女子リーグ戦。丁度佳境に入った頃ですね。
小雨の降るあいにくのコンディションでしたけど、フットサルのフィールドはあまり雨が降り込んでいないようでした。観客席は雨が降り込んでいましたけどね(苦笑)。



SHV39_5301今日来た理由は、ただ一つ。
FC岐阜の難波宏明アンバサダー来場、それのみ(笑)。と思ったら、ギッフィーも来場するとのこと。これはサプライズ。さらに名古屋グランパスと名古屋オーシャンズの選手も来るとのことだったので、ちょっとした名岐ダービーになりますな。

こちらは、地元スポーツチーム応援ブースCNCiグループの一つ、CCNの方と岐阜のスタッフが、岐阜の日程表やクリアファイル・うちわなどを配っておりました。



SHV39_5302イベント開始前からギッフィー来襲。
名古屋という完全アウェイな中でも、来場者に愛嬌を振りまいておりました。
これで岐阜というチームを知ってもらえたらうれしいものです。

写真は、フットサルコートにあったボードと一緒に記念撮影しているシーン。



SHV39_5303そして、女子リーグで優勝した名古屋オーシャンズレディースの優勝の歓喜の中にちゃっかり混ざる(笑)。
・・・ウチのギッフィーが申し訳ございません。いちサポーターとして 厳 し く 指 導 しておきます(ニヤニヤ)。



SHV39_5304正午過ぎから中間イベントとして難波アンバサダーとギッフィーによるチーム紹介を行っていました。
ギッフィーは、いつものキレキレダンスを披露しておりました。できれば側転を見せてほしかったなぁ。驚きの度合いが違ったと思う。
この中で、サプライズとして平松伴康さんのメッセージが紹介されました。ええ人やね、平松さん。
・・・カズ(三浦知良選手)だと思ったとか言わない、ナンちゃん(ギャハ)。



SHV39_5307この後サッカーの名古屋グランパスから榎本大輝選手(右)、フットサルの名古屋オーシャンズから水谷颯真選手(左)が登場サッカーとフットサルの違いをメインのクロストークとなりました。
榎本選手は、岐阜に半年だけですが、特別指定選手として入団した経緯があるので、実質かつての岐阜の選手を追い掛ける格好になりました。



やはり選手を呼べるサッカーとフットサルの名古屋は何とも余裕があるねぇ。フットサルは何連覇もしているフットサルリーグの強豪なのでわかるけど、サッカーの方は4連敗中だよね。試合に出ていないとはいえ、選手を出せるんだ、ほうほう。
ちょっとした嫌味を思いながら、オアシス21をあとにするのでした。今シーズンの名古屋グランパスに期待するか(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0) スポーツ 

夏の新アニメ2019 その11 からかい上手の高木さん2

夏の新アニメ2019、11回目は小学館の月刊マンガ雑誌「ゲッサン」で連載されている「からかい上手の高木さん」です。
作にあたる作品は、とにかく高木さんに怒りを覚えてアカンたれな評価をしておりますが、一応今回も見ます。続きモノは基本的に見ているからです。それでもダメなら、この作品は流して見ますわ(汗)。
ちなみに、今期はネット局を増やし、かつBS放送はBS11からBS日テレに切り替わっています。恐らくBS日テレのアニメ放送のキラーコンテンツにしていきたいのかなぁと。


あらすじは続きものなので無し。相変わらず高木さんにからかわれ続ける主人公ですが、2年生に進級し、今度こそはと心に誓うところから始まります


・・・うーん、やはりこの作品は肌に合わない高木さんの行動が、いちいち腹に立つ、癪に障る。何だろうね、あのイラッと来るムカッと来る行動の数々本当にぶん殴ってやりたい気分は相変わらずでした。あのタイプの女性は嫌です。からかって好きになる?好きになってくれる?笑わせるな!
断言します。この作品が今期ワーストです。やっぱりダメです。他の人は高評価を出しても、私はダメと言い続けます。申し訳ないですが、私には合いません。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0) アニメ・コミック 

2019年07月14日

夏の新アニメ2019 その10 ありふれた職業で世界最強

夏の新アニメ2019、10回目は「小説家になろう」で展開されたウェブ小説が原作で、後にオーバーラップのオーバーラップ文庫で刊行されている「ありふれた職業で世界最強」です。
こちらも、なろう系の作品異世界転生した主人公を軸にする本当に『ありふれた』世界観ですが、これを打破できるのかが注目点でしょう。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、いわゆるオタクな高校生クラスではマドンナに親身にされていたことから、様々ないじめに遭っていた。


そんな中、クラス全員が異世界に転移してしまう。そこで主人公は錬成師という冒険者の中でも役に立たない職業になってしまい、クラス中から足手まといのような扱いをされる。さらに、クラスメイトの不注意で凶暴なモンスターを呼び出してしまう。それでもクラスメイトを救おうと必死になっていた主人公は、クラスメイトの1人からの裏切りにも遭い、奈落の底に落とされてしまう
そこで凶暴なモンスターに襲われ、左腕を失い、絶望の淵に落ちてしまったが、元の世界への帰還を生きる糧にして、様々なステータスを身に付けるようになっていく



というふう。


第1話は主人公の壮絶な運命だけがことさら強調されていましたわ。モンスターの肉を食らって死にそうになりながらも、遂にスキルを身に付けていくという流れなんですけど、これを『ありふれた』というのは少々強引なんじゃないかと思うのよね。『ありふれた』というのはあくまで職業なのに、スキルを身に付けたことを強調するのは、『ありふれた』わけではなく、『過酷な状況』なわけですよね。ちょっと表現の仕方が卑怯だなと。
総じて重いのは仕方ない。しかし、表現の仕方が卑怯で支持できない『過酷な状況』でスキルを身に付けたのに、『ありふれた職業』でスキルを磨いたわけではないからです。職業は『過酷な状況』で磨かれたスキルを生かすだけの方法でしかないのです。

あとは、なぜ異世界に飛ばされたのかがさらりとしていて、流し見してしまうと何が何だかわからないのも困りもの。実はオープニングでその模様を流しているのですが、あれは流し見してしまうぞ・・・。


第1話は、今後の視聴のために重要なのに、それを放棄しているかのような作り。かつ作品の内容がタイトルと違うという、言葉は悪いですが詐欺のような作り。今後の展開がよかったとしても、第1話の作りを見てしまった後だと、それも霞むよろしくないものですね・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0) アニメ・コミック 

FC岐阜観戦記2019 第12節 腹を括らされた相手との死闘

FC岐阜、今日はジェフユナイテッド市原・千葉との一戦になりました。
先日のアビスパ福岡戦でやっと連敗脱出した岐阜。ここからは連勝というさらに難しいミッションをこなさないといけないわけです。
強いチーム、特に上位にいるチームというのは、連勝をいとも簡単にできるものなのです。そして勝ち点は確実に拾う今上位にいるチームは、それができるから昇格争いもできる。今年躍進した水戸ホーリーホックも、連勝ができているから昇格争いに食い込めたわけですし、取りこぼしも少なかった
そして今、岐阜はそれができていない。特に去年は早い段階でできていた連勝ができていない連勝は難しいのだけど、できる時はいとも簡単にできる。連勝は自信と勢いがあれば簡単なのに、それができないのは、その部分が欠けているからだと思うのです。今ならできる。そう思います。


image2ところで、この試合から後半戦に突入。いよいよ昇格・残留争いに熱を帯び始める時期に差し掛かってきました。逆に言えば、夏の暑い最中に胸突き八丁という過酷な時期でもあります。
というわけで、前半戦のスタメン・リザーブ動向をまとめてみました天皇杯が黒星になっているのは、PK(4-2)で負けたからです。
特徴的なのは、大木体制で冷や飯を食わされた川西翔太選手がスタメンで登場している点。細かい点で言えば、前田遼一・竹田忠嗣両選手が積極的にスタメン起用されているところでしょう。
川西選手もどちらかというとそうらしいのですが、ベテラン主体の起用法を採っているようです。これに関しては、現状は問題ないのでしょうけど、個人的には北野誠体制の数少ない懸念材料でもあるのです。
ベテラン偏重が過ぎると、若手の活躍の場が無くなり、流出にも繋がりかねない。若手が集まりにくくなり、ますますベテラン偏重に陥るという悪循環になるんですね。
ベテランは年を経るごとにパフォーマンスが落ちるので、あまり引っ張り過ぎると、若手が育っていないがために、仕方なく使い続けないといけなくなりますまだ前田・竹田両選手にはその『衰え』というのは見られないのですけど、彼らが元気に動けるうちに彼らのスタメンを脅かす動きをしてほしいのです。わかってるな、村田透馬・粟飯原尚平両選手およびイヨハ理ヘンリーとタビナス・ジェファーソン両選手



SHV39_5275長良川競技場に着いたら、北野監督ののぼりが立っていました。その前の東京ヴェルディ戦から立っていたのでしょうけど、じっくり見るのは今回が最初。
・・・残りの試合は、あなたが頼りです。何とか残留まで漕ぎ着けて下さい。



SHV39_5280今日は中学校の陸上大会が行われていました。
この時(写真は午後2時時点のコンディション。着いたのは正午過ぎ)は、まだ雨は降っておらず、どんよりとした曇り空でした。でも、この大会が終わると同時に雨が降ってきたんだよね・・・。



SHV39_5277そんな中学校の陸上大会で見掛けた衝撃の一コマ。
その1は800m走にて。国際大会や一般的な国内大会では、1周目は自分のレーンを走る規定になっており、最終周でオープンレーンになるという流れになっています。
ところが、中学の陸上大会ということだからなのか、800mが長距離種目の一つという扱いになっているようで、最初からオープンレーン扱いになっているのです。高校生の大会ではきちんと国際ルールに則っているので、小学・中学当たりのローカルルールなんでしょうね。
ちなみに、決勝の時は100mまでは既定のレーンで走り、その後オープンレーンになっていました



SHV39_5278その2は砲丸投げ。
何とフィールドの隅っこに追いやられていました
試合への配慮・・・と言いたいところですけど、元々隅っこのシートを敷いたところでやっているみたいです。



SHV39_5282今日は、生ビールプラスグルメ企画の第1弾7・8月ホーム計4戦で行われる企画になります。丁度連休なので、いつもは買わないお酒を買うことに。
こちらは、屋台村で販売しているビールを買って、引換券をもらいます



SHV39_5283で、引き換え店舗で引き替えてもらうという流れ先着順なので、早めの交換がオススメです。
今回は、ひだコロッケ本舗のミニサイズのコロッケ・・・というけど、いわく「大きさ変わらないよ」
・・・サービス精神旺盛だなぁ、この店(苦笑)。サービスのヤツは、たぶん左側です。



SHV39_5284そして、アウェーキッチン。
今回は、千葉県佐倉市にある日本サーナの「ハーブソース」が登場。
18種類のハーブを使ったソースだそうです。



ハーブ云々は、正直私の舌が大バカなのであんまりわからない(ギャハ)。でも、ソースのシャープさは少なめで、甘みはほどほどそれでいてまろやかなのよね。何でも合うという理由が何となくわかった気がします。


SHV39_5286今日の試合は、岐阜農林高校が来場。そうです、「まくわうりアイス」です。コイツを頂いた時は、負けないんだよね。
必勝も兼ねて、今年はちゃんと「まくわうりアイス」を頂いてきました。去年は「ギッフィーアイス」に目がくらんで食べなかったからねぇ・・・。少し寒い時期だったからというのもあったけど。



SHV39_5287今日はホットスタッフ岐阜グループのサンクスマッチホットスタッフというのは人材派遣会社で、愛知県岡崎市に本社があります
実は、ホットスタッフそのものは名古屋グランパスのスポンサーでもあるのは内緒(ニヤニヤ)。
写真は、マスコットのホット犬放っておけんの名古屋弁および三河弁の「ほっとけん」から来ております。
・・・ごめん、ポーズを取ってくれた写真も撮ったんだけど、ピンボケで使えなかったから、最初の写真になっちゃった(爆)。



SHV39_5289こちらは、本巣市のホームタウンデーということでやって来たマスコットのもとまる
いやぁ、かわいいし愛嬌があるわ。癒されました(笑)。ギッフィー、オマエもこのくらいになるんやで(ニヤニヤ)。



SHV39_5290雨が降ったり止んだりした中で、試合が始まりました。ただ、試合の始まった時が一番激しかった(泣)。
その激しい雨をもろともせず、岐阜の選手は躍動してくれました。そして前半4分、奇襲とも言えるプレーが得点に繋がりました
ペナルティエリア前のパス回しの中で、前田選手がライアン・デ・フリース選手にパスを回し敵を引き付けたら、すかさずライアン選手がバックパス。そこを狙いすましたかのように再び前田選手がミドルシュート!ワンバウンドしたその先にはキーパーがいたものの、ワンバウンドによって軌道が変わったらしく追い付けない。ボールは左隅に決まって先制点になりました。
見事ですね。しかもミドルシュートという、大木体制では禁じ手だったシュートで点を決められた。しかもペナルティエリア前でこねた悪手を逆に上手く生かして相手にいつもと同じプレーだと思わせる奇策的な行動もあっぱれだと思います。ミドルシュートそのものも川西選手が福岡戦で放ったのと同じくらい見事。いい意味でベテランだなと思わせてくれました。
ただ、そこでよさが持続できなかったのが岐阜の弱さなのか、千葉の強さなのか。前半25分で同点に追い付かれます。

しかし、岐阜は後半7(52)分、コーナーキックからチャンスを得ます
市丸瑞希選手のコーナーキックはゴロキック。そこに宮本航汰選手が狙いを定めてシュートを選択。このミドルシュートがきれいに決まって逆転!敵が全く動けない『想定外』のシュートでした。
しかし、またミドルで決めたのか。攻撃力が上がっている証拠ですな。これは後半戦の明るい材料になる。相手もどう攻めるかわからないから混乱する可能性も出てきた。大木体制のままで攻めるだけなら策は練りやすいのだろうけど、このミドルが来るかもしれないと思うと、岐阜に対して疑心暗鬼になりそうです。
ただ、腹を括らされた相手だとは思った。終始猛攻を見せ、岐阜の塹壕戦にも攻めを崩さない。崩れるのを待って待って待ち望んだ結果、もろくなる最終盤でまたしても失点に追い込まれます。これを決めたのは、元名古屋グランパスの佐藤寿人選手千葉でサンフレッチェ広島時代の輝きを取り戻したようです。このシュートもベテランらしい味のあるもの。これを防げなければ、勝ちはまだ見えないのかなぁ・・・。


結果引き分け。千葉の猛攻は耐え抜いたものの、要所要所でやられた感じになりました。ただ、少ないチャンスである程度決められるようになったのは好材料とも言えるでしょう。攻撃の面では確実によくなっています。



残念ながら、目標となるステップは決められなかった岐阜。下位の栃木SCと福岡が勝ってしまったため、降格圏脱出には勝ち点4が必要となり、ますます連勝が必須の状況になりました。少し厳しい中ではありますが、まだあきらめてはいけないとも言えます。先程も書いたように攻撃は確実によくなってきました。複数得点が連続して取れるということは、それだけ攻撃力が増しているのです。あとは塹壕戦のスキルを確実にものにしてほしいのと体力を付けろと。90分走れるようにならないと、今後の上位対決に惨敗の可能性もはらんでいます。


確実に追い付くためにも、次の鹿児島ユナイテッドFCは重要になってきました。相手は20位(福岡・鹿児島・栃木は得失点差では同じなものの、総得点数で見ると福岡は22、鹿児島は20、栃木は17のため、この順位)。直接ではないものの、近接の対決になりました。

繰り返しになりますが、次の試合で最下位から脱出できるわけでも降格圏から脱出できるわけでもありません。ただ、確実に勝ち点を拾う戦いをしていかなければ、さらに引き離されてしまいます少しでもダメージを減らす、ダメージから回復するために、確実に勝ち点を拾っていきましょう。ただ、鹿児島戦はできることなら勝つ戦いをして、上位対決に備えたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0) スポーツ | 飲み食い系

2019年07月13日

あの激辛までGIGAMAX!

SHV39_5269今回紹介するのは、「ペヤングやきそば 激辛やきそば 超超超大盛 GIGAMAX」
超超超大盛 GIGAMAXシリーズに「激辛やきそば」が参戦することになりましたよ(汗)。こんなのヤバいに決まってるじゃん(滝汗)!

ちなみに、実はペヤングは3大コンビニでそれぞれ違う商品を先行販売しており、今回の商品はセブンイレブンで先行販売となっています。一緒に発売された「ペヤングやきそば 超超超大盛 GIGAMAX QUOカードPay」(中身は「ペヤングやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」と同じで、1000円分のQUOカードPayが抽選で付いてくるというもの)はローソンで先行販売しております。1週遅れて販売した新シリーズのもう一品は、後日紹介しますが、ファミリーマート先行販売になっております。



中身は、あの「激辛やきそば」。それを超大盛ではなく、GIGAMAXにしてしまったんだから、危険極まりない。だってノーマルサイズのおよそ4倍、超大盛のおよそ倍なんだぜ・・・(汗)。アカンに決まってるやん!


覚悟を決めて頂くか・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・あれ、思った以上に辛くない!
そうなんです。普通なら食べた後に襲い掛かって来るあの猛烈な辛さが、弱い。混ざり方が悪かったゆえのラッキーな展開だったのかなとか思ったけど、そうでもないらしい。
しかし、辛くはないと思っても、そこは激辛やきそばかつGIGAMAX。じわじわとボディーブローのように効いてくるのは否めない。辛さは徐々に苦痛を与え、量はいくら食べても減らない(ように感じる)という心理的圧迫を加えてくる。
晩ご飯に酒のお供にしようかとおもったのですけど、それでも食い切れませんでした(泣)。「ペヤングやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」の時は、食べきれたんだけどね・・・。ただ、このまま捨てるのはもったいないので、冷めてしまったそのやきそばをチビチビと食べていたのです。

そこでわかった新事実。冷めてもまずくないぞ、ペヤング。むしろ辛い味わいが控え目になってくれるので、同じ辛いと思っても、悶絶するあの辛さではなく、十分に対応できる辛さ(一般的な辛さに慣れている人限定だが)になっているのです。まぁ、今回の商品だけという可能性も十分にあり得るのですけど。


超大盛やGIGAMAXなんて食べきれないという人は、冷めた状態で次の日頂くというふうでもいいでしょうね。冷めた状態なら、焼きそばパンやドッグとかに使えるでしょうし、刻んでご飯と一緒にそばめし感覚で頂くという手もアリでしょう。もちろん、そのままでも十分美味しいと個人的には思っています。ただ、早いこと頂かないといけないのは、言わずもがなできる限り、翌朝ないしはお昼くらいまでには食べきれるようにしましょう。ただ今(梅雨や夏)の時期なら、冷蔵庫に入れて次の日の朝くらいがリミットでしょうなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:13Comments(0) 飲み食い系 

夏の新アニメ2019 その9 魔王様、リトライ!

夏の新アニメ2019、9回目は「小説家になろう」で連載が開始され、後に双葉社のモンスター文庫で刊行されているライトノベルが原作の「魔王様、リトライ!」です。
こちらもなろう系の作品。いわゆる異世界転生をメインにしている作品なんですけど、見た感じでは、そのような雰囲気はあまり感じられないんですね。でもあらすじを読んでいけば、なろう系なんだろうなぁ(苦笑)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公はオンラインゲームを運営するスタッフ。
ある日、運営の仕事をしていたら、突如モニターの中に引き込まれる。目が覚めた先は、森の中。しかも姿が自分とは違う
困惑していた時、近くの村で迫害され、いけにえに捧げられた少女に出会う。そこにモンスターが襲い掛かってくる。しかし、姿を変えた主人公はいとも簡単にモンスターを倒してしまうのだった。

そう、彼は異世界、しかも自分が作ったゲームの世界に飛ばされてしまったことを確信したのだった。そして、自分が作中のラスボスである魔王になってしまったことも・・・。



というふう。


よくあるなろう系の作品に落ち着いているかなと見ていて思いました。少女の辛い境遇に表向きには冷静を装いながら心では同情しているというふうでしたけど、テンプレ的と言ってしまえばそれまでかな
もっとオリジナリティというのか、あっと驚く展開を待っていたんですけど、静かすぎるのとチート的な強さというテンプレで面白みに欠けていると思います。


今後は、様々な仲間の登場で盛り上がってくれればいいんですけどねぇ・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 19:20Comments(0) アニメ・コミック 

2019年07月12日

【昇格争い】折り返しになる(なろうとする)J1・J2・J3【残留争い】

サッカーはJ1は既に後半戦に突入済み、J2は今週末から後半戦に突入、J3はもうすぐ後半戦になっています。まだ気にしなくていい、いやもう気にした方がいいというのが、いわゆる残留争い。普段ならまだ大丈夫な時期なんですけど、今年はどん底を経験するとそのまま抜け出せないんじゃないかと思い、実際その気がしないでもないチームがあるので、緊急特集的にやってみることにしました。
併せてJ3の昇格争いも書いていきます。こちらはまだまだ先だと思うので、参考程度に。


まずはJ1の残留争い。第18節終了時の順位を見てみましょう。


11位 仙 台(22)
12位 清 水(22)
13位 神 戸(21)
14位 G大阪(20)
15位 湘 南(20)
--- 昇降格プレーオフライン ---
16位 鳥 栖(17)
--- 降格ライン ---
17位 松 本(17)
18位 磐 田(14)


結構多くなっていますけど、まだ後半線が始まったばかりなので、ダンゴ状態。ただ、確実にヤバそうなのが、サガン鳥栖・松本山雅FC・ジュビロ磐田の3チーム。特に監督が代わり、かつ戦力が抜けた磐田は危険水域から抜け出せるかも心配です。松本は戦力不足、鳥栖はトーレス選手引退後のモチベーションが大きなカギになるでしょうね。

現状15位より上のチームは、下位3チームの戦況次第でヤバいかなと。特に去年も残留争いに巻き込まれたガンバ大阪やヴィッセル神戸は、戦力があるのに生かせていない状況。ここには挙がっていませんが、9位の名古屋グランパスは現在3連敗中順位こそ下がっていないものの、成績が急降下しているので、後半戦残留争いに殴り込む可能性が否めません


続いてはJ2の残留争い。昇格争いは面白くはなっているんですけど、今回の主旨から外れるので割愛。


17位 愛 媛(23)
18位 千 葉(23)
19位 鹿児島(20)
20位 栃 木(17)
--- 降格ライン ---
21位 福 岡(17)
22位 岐 阜(15)


現状は、この6チームなんでしょうけど、拡大解釈するとアルビレックス新潟・横浜FC・FC琉球・東京ヴェルディ・レノファ山口FC・FC町田ゼルビアの計12チームになるんじゃなかろうかと。一寸先は闇なので、負けが込み始めたら残留争いに・・・なんてことも。特に前半調子のよかった琉球が気掛かりです。前半の貯金で何とか中位にいるのかなと。

もちろん一番ヤバいのは、FC岐阜であるのは明々白々。ただ、監督が代わったことで立て直しが上手くいっているところは今後のカオスになる材料ではあります。もし連勝ができ、引き分けでもいいので勝ち点を拾うことができれば、降格圏を脱することは可能でしょう。
そうなると、今後危険水域にハマるのは、アビスパ福岡でしょう。岐阜戦を見る限り、大木体制の岐阜を見ているかのような酷さ。ボールを回すのに精一杯な状況だと・・・。

あとは経験値上記6チームの中で残留争いに長けているのは岐阜以外では、愛媛と栃木でしょう(ただし、栃木は現状戦力の底上げができるかが残留への条件)。逆にJ2に上がったばかりの鹿児島ユナイテッドFCは、初の残留争いに困惑することでしょう。ジェフユナイテッド市原・千葉は戦力はあるものの、残留争いの経験値はそれなり。去年はギリギリなところで助かっていますが、今年は18位という位置で後半戦。上手く立ち回らないと降格ラインに落ちる可能性は十分あるでしょう。


最後はJ3。こちらは降格が無いので、昇格争いを見ていきましょう。


1位 熊 本(30)
2位 北九州(29)
--- 昇格ライン ---
3位 讃 岐(25)
4位 藤 枝(25) ×
5位 群 馬(24)


この下には、セレッソ大阪U-23とガンバ大阪U-23が控えているのですけど、この2チームは昇格資格が無いため、現状は上位5チームになってくることでしょう。あとは8位のカターレ富山、10位のガイナーレ鳥取が入って来れるかなというふうですね。

4位の藤枝MYFC以外は全てJ2ライセンス持ち(ただし、今年の更新は8月の予定)なので、9分9厘昇格チームは2つというふうでしょう。特に去年最下位だったギラヴァンツ北九州の躍進がすごいですね。戦力を整えた藤枝同様、十二分にひっかき回しています。
去年降格したロアッソ熊本とカマタマーレ讃岐の2チームは十分に健闘しています。長年J2にいた経験値を今回は生かせた格好になっていますね。大きく戦力が出て行かなかったことも好調の要因でしょう。ザスパクサツ群馬も抜けた戦力は十分補えているので、取りこぼしを無くすことと上位対決に勝てれば、十分昇格の可能性を残しています


実のところ、Jリーグは優勝争いより残留争いの方が面白いと思うので(苦笑)、今後は下位のチームがどうなるかを気掛かりにしているといいかもしれませんJ3は純粋に昇格チームがどうなるかを楽しむのがポイントにななりますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0) スポーツ