2017年10月25日

最後まで気を抜いてはならない

そう言いたくなる動画が、この程公開され、230万回以上(10/25現在)再生される事態になりました。海外の有名サイトでもフォローされました。


それは、タイのバンコクで開催された高校サッカーでのこと。試合がPK戦にまでもつれ込み、最後のキッカーに順番が回ってきた時のことでした。



この最後の選手が決め損ねれば、オレンジのユニフォームを着ているチームが勝ちという中、青のユニフォームを着ているチームの選手がキック。すると、蹴ったボールはクロスバー上部を叩いてしまったわけです。無情にもボールは天に昇ってしまい、オレンジのユニフォームのチームのゴールキーパーは大喜びで駆け出してしまい、選手の下に向かおうとしたのでしょう。逆に蹴った青のユニフォームのチームの選手はうなだれてしまいました

しかし、この後起こったことが、いわゆるありえへん事態だったのです。
天に舞ったボールは、そのうなだれた選手の近くに落ちてきて、グラウンドコンディションがあまりよくなかったことも手伝ってか、バックスピンが掛かったような格好になり、逆方向にバウンドしたボールは、吸い込まれるようにゴール内へ。観客のどよめきに気付き、オレンジのユニフォームのチームのキーパーは慌ててゴールマウス内に戻ろうとしたものの、時既に遅し。ゴールの判定を下されたのです。奇跡の逆転勝利ですよ。


奇跡のキックで勝ち、ガッツポーズで喜びを爆発させる青のユニフォームのチームの選手。対して、呆然とした後に悔しさをボールに叩き付けたオレンジのユニフォームのチームの選手。このコントラストは見ていて恐ろしい。


これは、最後まで気を抜くなよというメッセージなのかもしれないですね。この動画を戒めにしなさいよ、特に某チーム(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:37Comments(0)スポーツ 

秋の新機種2017 ドコモ編②

秋の新機種ドコモ編。今回も国内モデル、富士通の機種紹介です。


④arrows NX F-01K
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1(後日Android8.0にバージョンアップ予定)。
虹彩認証と指紋認証機能が施され、IPX5/8相当の防水機能・IP6X相当の防塵機能・MIL-STD-810G相当の耐衝撃性能を備えている。

個人的感想
大きな画面ながらもタフネスな構造になっているので、普段から物使いの粗い人でも安心して使えそう。さらに、指紋認証機能は、本来の機能以外に画面拡大・縮小や画面スクロールにも対応しているので、画面に触らなくてもできる点では便利になりそう。


⑤らくらくスマートフォン me F-03K
4.5インチHD有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid7.1。
IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を備えている。

個人的感想
今回の機種は、らくらくスマートフォン4 F-04Jをベースにマイナーチェンジしたものになっている。そして「docomo with」にも対応しているため、一部の機能(「赤外線通信」・「防犯スイッチ」・「らくらくタッチ」)を削除している。そのためコスト面でなら、この機種をオススメするものの、削除された機能が1つでも欲しい場合は、早めに旧モデルを購入することを薦めたい。


次回もドコモの機種、海外モデルの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:47Comments(0)ケータイ系 

2017年10月24日

ファミリーマートが日本の味を提供⑦

SHV32_1548ファミリーマートがお届けする「ニッポン味わい探訪」。只今エクストラステージ突入中(笑)。
また出てるかな・・・と思ってファミリーマートに行ったら、あった(爆)。というわけで買って参りました今回の商品は、「デミカツ丼」岡山県の名物料理ですね。
デミグラスソースの掛かったトンカツの下には、キャベツとご飯が敷かれております。
一見すると、濃そうなメニューなんですけど、いかに。



その味は、コク深いデミグラスソースがガツーンと最初に来ます。このインパクトがすごくて、ご飯とカツが美味く感じられるのよねぇ。キャベツの味わいは、レンチンしてしまう関係上、あまり感じられなかったのが残念と言えば残念。確か、店で食べる時はシャキシャキのを頂けたはず。
カツに関しては、デミグラスソースの影響なのか、使っている肉の部位の影響なのか、思った以上にしつこくない。揚げてあるのにあっさり目のテイストなので、もう少し肉は大きくても大丈夫だわ(笑)。
結論としては、デミグラスソースありきの丼に仕上がっていますコク深く少し酸味のある味わいながら、クドくも無くしつこくも無いので、1杯でも物足りなく感じてしまいます。もう1個くれ(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)飲み食い系 

秋の新機種2017 ドコモ編①

秋の新機種、今回からドコモの新機種紹介です。
ドコモの新要素としては「PREMIUM 4G」のバージョンアップくらいか。下り最大788Mbpsに対応する機種が登場する他、「4波キャリアアグリゲーション」にも対応する機種が登場するとのことだそうです。


では新機種の紹介です。今回は国内メーカーの機種をば。


①Xperia XZ1 SO-01K
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
「Motion Eyeカメラシステム」を搭載した1920万画素CMOSカメラ・DMM.makeと連携して3Dプリントできる「3Dクリエーター」・IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・下り最大788Mbpsの「PREMIUM 4G」を搭載している。

個人的感想
この機種、機能面でいくと、Xperia XZやXZsとほぼ同じ。細かい部分のブラッシュアップに留まっている。それでもハイグレードな機種なのは間違いないので、まだ機種変更していない人にはオススメ。


②Xperia XZ1 Compact SO-02K
4.6インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
「Motion Eyeカメラシステム」を搭載した1920万画素CMOSカメラ・DMM.makeと連携して3Dプリントできる「3Dクリエーター」・IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
機種としてはコンパクトではあるものの、機能面ではXperia XZ1 SO-01Kと遜色ない。しかも、この機種はドコモのみでの販売ということなので、コンパクトなXperiaが欲しいという人がキャリアを変えて来る可能性もある。オススメの機種と言えよう。


③AQUOS sense SH-01K
5インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種は、3辺狭額縁でも「EDGEST fit」でもないものの、大型画面を確保している。機能面はそれほど高くなく、シャープとしては珍しくミドルレンジ的なモデルに仕上がっている。そのためか、この機種は「docomo with」対象機種の一つになっている。


次回もドコモの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:13Comments(0)ケータイ系 

2017年10月23日

ワンハンドなのり弁

SHV32_1547まーたファミリーマートがおかしなものを売り出した。
よくコンビニでも売られている「のり弁当」をおむすびにしやがった(ゲラゲラゲラ)!その名も「海苔弁風おむすび おかか入り」
「のり弁当」の定番である白身(ホキという魚を使用)フライと磯部揚げしたちくわをのりで巻いたある意味斬新なビジュアル(笑)。しかも中にはおかか(かつお節)が入って、紛うことなきのり弁だった(爆)!



そんな味は、油っこいかなと思ったんですけど、そうでもなかった白身フライにはソースが掛かっていて、磯部揚げのちくわにはタルタルソースが掛かっており、その2つが混然一体になって、のり弁とは思えない味わいに。でもそれが美味しくないわけではなくイケると思ってしまい、さらに中に入ったおかかと合わさると、絶妙なバランスを発揮して美味い
惜しむらくは白身フライの味わいが薄いかなと思うくらいで、おかか入りのご飯が特に美味しいのですよ。これは値段は高いがいい味でした。


イロモノと思うなかれ。ふざけてると思うなかれ。ワンハンドで食べられる新感覚のり弁なのだぞ。そう思って食べたら、ますますすごいと思ってしまった。
3週間限定の販売とのことなので見掛けたら買え・・・と言いたいのですが、宮崎と鹿児島では販売していないとのこと。北海道と沖縄でも販売していないとのことですけど、公式サイトでは宮崎と鹿児島のみしか記載されていないのよね。そんなことはどうでもいい、見掛けたら買え!以上!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)飲み食い系 

秋の新機種2017 ソフトバンク編 後編

秋の新機種ソフトバンク編、後半はタブレット端末とフィーチャーフォンの紹介です。


③MediaPad M3 Lite s(701HW)
8インチのワイドUXGA TFT液晶を搭載したストレートタイプのタブレット端末。OSはAndroid7.0。
表示色の彩度を高める機能やブルーライトをカットする機能を備えている。

個人的感想
機能面では薄型のタブレット端末という点・スマートフォンとの連携が可能な点以外は、それほど優れた点は無い。安価で売るためのモデルと割り切ってもいいかもしれない。


④DIGNOケータイ2(701KC)
3.4インチフルワイドVGA TFT液晶を搭載した折り畳みタイプのケータイ。0.9インチ有機EL液晶のサブディスプレイも搭載している。
IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・MIL-STD-810G相当の耐衝撃性能および「でか受話音」・最大3つまで登録できる「カスタマイズキー」・85%までで充電を抑える「バッテリーケアモード」・LINE・FMラジオを搭載している。

個人的感想
長いこと利用されることを想定してか、防水・防塵・耐衝撃といった機能を備えた以外に、音声を聞き取りやすくしたり、使いやすくしたり、かつエンタメ性も持たせている色もどの層にもウケるカラーリングになっているので、よく売れる機種になるのかもしれない。


⑤Simply(602SI)
2.4インチQVGA TFT液晶を搭載したストレートタイプのケータイ。
HD Voice(3G)に対応している。

個人的感想
機能面は電話・メール・ブラウザのみしか使用できない(それ以外の機能として200万画素CMOSカメラ・microSD・赤外線通信くらい)、かつてのケータイのようなシンプルさ。ただし、ワイモバイルの機種のように、一般販売ではなく、シンプルスタイルというプリペイド式のケータイなので、利用できる人が少ないのが残念。そのプリペイド用プランは、「100MBプラン」というもので、300円(税別)で利用有効期間は30日。通話(8.58円/6秒が別途必要)・4Gパケット通信・S!メール(MMS)・SMSが利用できる


次回はドコモの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:59Comments(0)ケータイ系 

2017年10月22日

(ドンドンドン)のりしお!(ドンドン)

SHV32_1544今週からローソンの新商品として「Lチキ のりしお味」が展開されています。
スナック菓子のアレ的な紹介ですけど、あおさのりが掛かっているんだって。



食べてみてまず思ったのは、他のLチキよりしょっぱい。しかもかなりしょっぱい。これって、普通揚げた後に振り掛けるんだろうけど、揚げる前から塩気が強いのかしら?どちらにしても、ここまでしょっぱいと酒のつまみじゃないのかね。


そんなこともあって、のりしおというより、塩気が強いからしおのりなんじゃないかと(ニヤニヤ)。ジューシーさは相変わらずなので、個性の強い塩味にピッタリでしたわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 09:15Comments(0)飲み食い系 

【2017年】投票に行ってきた【衆議院議員総選挙】

先程、第48回衆議院議員総選挙および第24回最高裁判所裁判官国民審査の投票を済ませてきました。
台風が来るという中、いつもより少し遅くなって出たものの、来た時にはまだ誰もいない(選挙管理委員会の関係者だけいた)ふう。投票開始時間の午前7時の少し前から徐々に人が集まって、最終的には10人くらいの人達が集っていました。私のいるところは、県内(恐らく全国的に見ても)で一二を争う投票率の悪い地域だけに、悪天候にもかかわらず、これだけの有権者が集まったのには感慨深いものがありました。まだ日本は死んでいない。


今回の選挙は、意中の候補者がいない中で、仕方なくとか不本意ながら投票する人も多いことでしょう。
だからこそ、有権者である我々が、きちんと監視する必要があると思います。特に当選した議員がぶれないか変節しないかきちんと見ていかなければならないのです。公約と違うことを行ったり、変節をたどる(離党したりなど)こともあります。そんな悪辣な人達を次回投票に入れないようにしたいから、きちんと見るべきなのです。

同時に行われている最高裁判所裁判官国民審査は、リストが投票用紙にしかありません。そして罷免したい人に×を付ける特殊なルールになっています。過去誰も罷免されたことは無いのですが、国民に与えらえれた大切な権利です。可能な限り裁判官のプロフィールを調べ、罷免するか否かを決めておきましょう。


今回の選挙・国民審査の投票時間は、午後8時(一部地域は午後6時)までになっています。既に投票は始まっています。台風が気になる人は、早めの投票を。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 08:27Comments(0)真面目なモノ 

2017年10月21日

秋の新機種2017 ソフトバンク編 前編

先日アップルの新機種を紹介しましたが、それから約1ヶ月、いよいよ国内の3キャリアも新機種を揃えてきました。その中で、大々的に発表会を行ったのは、ドコモのみ。ソフトバンクは新機種をプレスリリース上で発表したのみ。auに至っては、特に目立ったものは無く、新機種の情報のみになっております。

まだ大きな発表の無いところもあるので、まだわからないものの、とりあえず揃っているので紹介していきましょう。最初は、ソフトバンクから。今回は国内のスマホ機種の紹介です。


①Xperia XZ1(701SO)
5.2インチフルHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
「Motion Eyeカメラシステム」を搭載した1920万画素CMOSカメラ・DMM.makeと連携して3Dプリントできる「3Dクリエーター」・IPX5/8相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種、機能面でいくと、Xperia XZやXZsとほぼ同じ。細かい部分のブラッシュアップに留まっている。それでもハイグレードな機種なのは間違いないので、まだ機種変更していない人にはオススメ。


②AQUOS R compact(701SH)
4.9インチフルHD+ IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid8.0。
3辺狭額縁でありながら、丸みも持たせインカメラの周りにも液晶を備えた「EDGEST fit」の他、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を備えている

個人的感想
4.9インチとはいうものの、見た感じは思った以上に大きく見える。ただ、これまでの「EDGEST」と違い、周りの縁が少し太いかなとも。Galaxyのような鏡張りのようなディスプレイを見慣れているだけに、少し残念とも。なお、カラーリングは少し渋めだが、万人ウケはしそう


次回もソフトバンクの新機種(タブレット端末とフィーチャーフォン)の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)ケータイ系 

FC岐阜観戦記2017 第20節 相手ではなくジャッジに負けた

FC岐阜、今日は東京ヴェルディとの一戦になりました。
アビスパ福岡戦から引き分けを挟んで3連敗中。ただ、勝ち点を44に積み上げたことで、21位のレノファ山口が5試合全勝しても越えられないので、早々とJ2残留を決めました。そしてJ1昇格プレーオフにも進めないことも決まり、試合前では唯一どちらにも進まないチームとなっていました。
こうなると、モチベーションの維持が難しいのは、他のチームを見てもよくわかること。さらに岐阜ではなかなか味わえない(過去あったのは2014年のラモス時代のみ)ので、なおのことどう進めるのがベストなのか難しいです。ただ、目の前の試合に全力でぶつかり、1つでも多く勝ち、1点でも多く勝ち点を積み上げることが大事なのではないかと、これからもシーズンが終わるまで言い続けることでしょう。

相手の東京Vは現在7位。プレーオフ進出のためにも負けられない戦いが続きます。しかもアラン・ピニェイロ選手が出場停止。危機的状況の中で、どう変化を付けてくるのか気になるところです。
岐阜も岐阜で田森大己選手が出場停止。守備の要の一人がいないのは大変ではあります。しかし、先日の試合で動けなかった小野悠斗選手が元気に登場しているのは、好材料なのかなぁ。


SHV32_1543今日の試合は、ハロウィン前ということで、ギッフィーもハロウィンの格好で登場。ミナモもかぼちゃのかぶりものをしておりました。



SHV32_1541今日の試合は、もう怒りしかない。
東京Vの選手の姑息さも目立ったけど、一番酷かったのは主審の河合英治さん。とにかく酷かった。
岐阜の選手が倒されても、東京Vの選手がラフプレーに至ってもノーホイッスルなのは当たり前。あまつさえ東京Vの選手のボールになってしまうこともある有様。しかも東京Vの選手が足をつって倒れてもすぐに担架を呼んで外に出そうともしない露骨な時間稼ぎなんじゃないかと思えるプレーにもカードを出さないから困りもの。
現場で見ているだけなので、テレビでの映像ではまた違った捉え方をできるのだろうけど、ホントにちゃんと見ているの?と思えてならない場面がいくつか見られました

フラストレーションの溜まる中、試合はいいところもあったけど、集中力が切れてきた時に、ドウグラスヴィエイラ選手に二度決められて、古橋享梧選手の同点劇もフイに・・・。
せっかく雨が止んだのに、サポーターの皆が涙雨の状況になってしまいましたとさ。



引き分けを挟んで4連敗になっても、試合はまだまだ続きます。今日の試合は、いい時もあったので打開はできる。そう信じたいです。


次は11/11、いよいよホーム最終戦になる湘南ベルマーレ戦です。相手は昇格を決めた中での試合になるので、気持ちに余裕のある中で挑むことになるでしょう。
そこに至るまでの間に何とか立て直したい。しかし、その立て直すのも至難ですわ。
というのも、アウェイ2連戦の1戦目(10/29)が松本山雅FC戦になるからです。松本も昇格が掛かっている状況なので、全力で掛かってくることでしょう。しかもアウェイなので、地の利も無い。この状況を跳ね返すのは、今連敗中の岐阜には難しいのかなぁ・・・。
もう1戦目のアウェイ(11/5)になるツエーゲン金沢戦も相手が残留争いの中になるので、必死になっていることでしょう。格下とはいえ、舐めてかかれば一発KOでしょう。
正念場を迎えてなお、まだ負けるのか。それとも一念発起するのか。来年への分水嶺になる戦いが始まりました。


そして大木武監督は、今日の試合後頭を下げていました今日の試合で頭を下げることは無いです。選手も必死になっているのもわかります。ただ、負け続けるような展開を何とかして食い止めるようにハッパだけ掛けてくれればと思います。お願いします。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:38Comments(0)スポーツ 

2017年10月20日

いよいよradikoがAM制覇

インターネットラジオ配信サービスのradikoが遂にAM局制覇を果たしそうです。開始から7年掛かって、やっとここまで来ましたね。


今年はradikoでの『開局』ラッシュになりました。既に県域内配信を行っていた四国放送とKNBラジオ(北日本放送)がradiko.jpプレミアム配信を始めたのを皮切りに、4月にエフエム青森・μFM(FM鹿児島)・FM愛媛が、6月にABSラジオ(秋田放送)、10月にはラジオ沖縄・FM沖縄・YBSラジオ(山梨放送)で開始されました。
また期間限定(来年3/30まで)ながらも、関東圏・宮城・広島・愛媛・福岡でNHKラジオ第一・同第二・NHK-FMが配信されています。
そして、AM最後になったRNCラジオ(西日本放送)が11月から配信開始になることで、国内にあるAM全46局での配信を達成します。FMに関しては、あと11局残っており、全てJFN系列になります。なお、RNCラジオが配信開始になることで、radikoの配信を行っていないのは佐賀県のみになり、そこでは全国配信のラジオNIKKEI(RN1・RN2)と放送大学のみになります。


昔は、エリア外のラジオを聞くとなると、ラジオにループアンテナなど大掛かりな装置を付けて、それを窓際(受信環境の酷い時は外)に持って行って聞いても、状況によっては、全く聞こえない、聞こえてもフェージングなどで聞き取り辛いこともままある、というふうでした。周波数によっては、聞きたくても聞けないところもあり、常に苦労させられた思い出があります。
しかし、今は24時間いつでもクリアな音で楽しめます(ただし、全国のラジオ聴取には350円(税別)必要)PCないしはスマートフォンなどインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも大丈夫なんて、20年前には考えられなかったことです。仮にそんな話をしても一蹴されていたでしょうね(苦笑)。


ラジオの新しい形、radikoを是非一度お試し下さい。一部の番組を除き、タイムフリー機能で聞き逃した番組も聴取可能です(放送開始から1週間まで)。
ラジオを聞いたことのない方は、きっと驚くことでしょう。テレビと違い気軽に楽しめるのもポイントです。有名タレントも多く出演しているので、間口も広いです。是非どうぞ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)etc 

【サッカー】秋風が吹いてくると、昇降格の季節

秋深し隣は何をする人ぞ・・・というわけで、その隣が気になってくるのが、サッカーの昇格争い・残留(降格)争いですね。


J1に関しては、以前にも書きましたけど、現在最下位のアルビレックス新潟が負ければ(事実上)終わりの状態が続いています。15位のヴァンフォーレ甲府の勝ち点が28なので、甲府が勝つと勝ち点15の新潟は追い付けなくなります。なので、新潟は勝ち続けることが絶対条件になります。落ちてしかるべき・・・と前書いた時は思ったのですが、これだけの差なら、あがけるだけあがいてもいいのかなと。ただし、ダントツの最下位なのは否めないので、降格最有力なのは当分変わらないでしょうけど・・・。
その上が、大宮アルディージャ(23)、サンフレッチェ広島(27)となり、大宮も少し苦しいのかなと。広島は降格ライン前後をウロウロしてるので、危なっかしいところです。対戦相手次第なのかな。
その他、先述の甲府と清水エスパルスが危ないラインにいるものと思われます。ただ、新潟と大宮が結構苦しい状況なので、ギリギリのところで救われるものと思いたい。というか、大宮も清水ももう来なくていいです。強すぎた(ギャハ)。


続いてJ2。Jリーグの中で最もエキサイティングで最も激しいサッカーが展開されている・・・というのは大げさか(ニヤニヤ)。

まず昇格争いは、湘南ベルマーレが一歩抜け出した格好名古屋グランパス戦では手痛い敗北をしてしまったものの、たぶん一番最初に昇格するのは間違いないでしょう。
気になるのは2位争いアビスパ福岡が少し息切れなのに対し、V・ファーレン長崎がイケドン状態。そこに名古屋・松本山雅FC・徳島ヴォルティスが追ってくる格好です。特に怖いのが名古屋。風間八宏監督のやりたいサッカーが具現化できるようになっており、湘南戦でその片鱗を見せています。しかも自動昇格を目指す長崎との一戦が近付いており、ここで勝つと、自動昇格まで一気に進むと思っています。
その他昇格争いは、16位の愛媛FCまであるんですけど、実際は12位のモンテディオ山形くらいまでかなぁ・・・。その中で東京ヴェルディ・横浜FC・大分トリニータが昇格プレーオフに最も近いところにいるわけですが、横浜FCは監督の交代劇が大きくマイナスに働かなければいいのですがねぇ。

一方で残留争いは、先日の試合で負けたザスパクサツ群馬がJ3への降格が決まりました。まだJ3の状況次第ですが、降格確実になってしまったのではないかと思います。
もう一つの降格枠にはレノファ山口がいるふうで、上位のカマタマーレ讃岐には勝ち点7差。ひっくり返せない差ではあるものの、連勝がなかなかできない山口には厳しいミッションになりそう。
その降格ラインスレスレにいるのは、先述の讃岐の他にロアッソ熊本とツエーゲン金沢。とりあえず最下位は無いので、残り5試合のうち3試合勝てば残留できると思います。1つだけだと山口のコンディション次第ではひっくり返されるかも・・・。


最後にJ3。ここではライセンス持ちか否かで大きく変貌します。J2の降格ラインにいるチームは、ライセンス無しのワンツーフィニッシュを願っているところでしょうけど、いかに。
終盤から猛チャージを掛けてきた栃木SCが、ぶっちぎりそうな予感。栃木はライセンス持ちなので、昇格確定になった時点で、最下位のチームは自動降格になります。
2位争いが混沌としており、アスルクラロ沼津が現状2位なものの、勝ち点1差でブラウブリッツ秋田とカターレ富山、同2差で鹿児島ユナイテッドが迫っています状況次第ではAC長野パルセイロやFC琉球も射程範囲になることでしょう。
今年のライセンス交付で、秋田以外は全てライセンス持ちになりました。『初物』の沼津が攻撃的サッカーを緩めずに相手にぶつかっていけるかがカギでしょう。あとは終盤調子の上がってきた富山と鹿児島が手堅く攻めれば、2位になれるやもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)スポーツ 

2017年10月19日

もう寒くなったというのに、台風襲来するのか

先日フィリピン沖で発生した台風21号が、勢力を強めながら北上し続け、今週末には日本列島に迫らんとする勢いでやって来ております。予想では、週末には沖縄、週明けには関東をかすめるような形で上陸するそうです。その間にも予報円が日本を覆う感じになっているのも不気味。

もう日本は秋というより冬の入口に入っているかのような気候だというのに、台風が勢力を衰えさせずにやって来るのか・・・。たまったもんじゃないなぁ。暑くなるのは仕方ないにしろ、大雨や暴風が終日吹いている、しかも早ければ週末、選挙の投票日にぶつかる可能性もあるのです。

既に沖縄県の離島(南大東島・北大東島・久高島・座間味島・阿嘉島・慶留間島)では投票日を10/21に繰り上げることを決めました。該当する方々は投票日を間違えないように気を付けましょう。
何より、台風がやって来る時間帯は、選挙の開票速報が行われている時間帯通常とは異なる体制の中、台風の情報も流さなければならないという異常事態で、NHK・民放はてんやわんやの対応になるのではないかと思います。過去にも一度か二度あったような気がしますけど、本当に大変そうだったもんなぁ。開票速報中に緊急地震速報が入った時も大変だった気がするけど、常時緊迫した状態が並行して行われる今回の方が難易度は高いわねぇ・・・。


東海地方に限って言えば、月曜の昼にピークが来るようです。仕事中に帰れと言われるんだろうなぁ・・・。関東圏も帰宅ラッシュの時にピークが来るかもしれないということなので、この日だけは早く家に帰った方が良さそうですよ。


なお、今回の台風は秋雨前線を刺激して、襲来前から大雨になる予報が出ております少しでも激しくなる前に、過去がけ崩れがあった、河川の氾濫があった、床下ないしは床上浸水があった、鉄砲水が出たなどの事例のあるところは、早いうちの自主避難を心掛けた方がいいかもしれません。特に今年は九州北部豪雨で初動態勢の遅れから来る被害の拡大が問題視されました。避難勧告が出る前に避難するくらいでも遅くはないと思いますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)etc 

同じメンチカツでもどう違う?

SHV32_1539現在、ヤマザキのランチパックで売られているメンチカツは2種類あるのをご存じでしょうか?
一つは、普通に売られている「ランチパック メンチカツ」(上)。もう一つは、「ランチパック 肉王メンチカツ」という、10月からTBS系で放送しているドラマ「陸王」(題名は「日曜劇場 陸王」。原作は池井戸潤さんの小説「陸王」から)とのコラボ商品(下)になっています。
ベースは同じなようで、メンチカツとマヨネーズを軸にしております



では、頂いてみましょう。


上のメンチカツと下のメンチカツとの違いは、ほとんどない。強いて言うなら、厚みが若干違い、下の方がパン同士がくっついて取り出しにくい(苦笑)。
味も、それほど変わらないものの、細かい違いはあるようにも。
上のメンチカツは、ソースが押し出されている関係で、ソースの風味を感じやすい。しかしながら、カツはそれほど厚くない(それでも食べ応えは十分ある)ので、肉の味わいはまぁまぁ
対して、下のメンチカツは、厚いかつマヨネーズの味わいが濃いめ。それでいて肉の味わいも濃いので、ボリューム感がありますね。食べ応えの面でいけば、この商品の方に軍配を上げたいです。


なお、個体差があると思いますので、若干味のブレはあると思いますが、改めて普通に売られているランチパックのメンチカツも十分に美味しいわい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)飲み食い系 

2017年10月18日

寒くなったら、やっぱり鍋!

SHV32_1529ということで、寒くなってきましたね。
既に北日本や関東辺りは、凍えるような寒さになっているとのことですが、まだ西日本や中部は、酷く寒いという地域は山間部や日本海側の方だけかなと。太平洋側は、まだそこそこの寒さではあります。
ただ、寒くなってはきたので、鍋をはじめとする温かいものが恋しくなってきます

そこで今回紹介するのは、セブンイレブンで販売している「豚肉の辛味噌鍋」です。この商品は地域限定販売(東海3県と静岡)だそうです。

赤味噌ベースのスープに、たくさんの具材が入っております。



まずは、赤味噌のコクがたまらないね。そこに唐辛子の辛味も加わって、より複雑な味わいを見せてくれます
そしてたくさんの具材豚肉と豚もつの2種類の肉が入っている以外に、豆腐・にら・白菜など豊富で、シャキシャキ感からもちもち感まで食べ応えも満点美味さも引き出しているので、もう言うことなし。身体も温まりますけど、お腹もいっぱいになりますわ。


ご飯のおかずにも十分対応できる、満足度の高い商品です。地域限定商品なのがもったいないですね。もし他の地域で似たような商品があったら、そちらを試してみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)飲み食い系 

秋の新アニメ2017 その13 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

秋の新アニメ2017、13回目はKADOKAWAのレーベルの一つでウェブマンガの「コミックNewtype」で連載中の「僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件」が原作の「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件」です。アニメ化に伴いタイトルが変更になったんですね。
「コミックNewtype」は、かつて「ニコニコエース」という名で運営しており、「ニコニコ静画」とのコラボだったんですね。今も名は変われどコラボをしているのかはよくわかりませんが、複雑な経緯をたどった作品でもあるようです。
なお、この作品は珍しい名前の子(武田羅梨沙多胡(たけだ・らりさ・たご)さんがそうで、父方と母方の名字を付けているそうな)がキャストに名を連ねていることでも話題になりました。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、ごく普通の高校生。そんな彼には恋い焦がれるクラスメイトの女の子がいた。

ある日、そんな彼女に告白をしたものの、一見普通の女の子だと思ったら、クラスの女子がドン引きするほどエキセントリックな女の子だった。何せ、告白直後に四十八手を暗記するとか宣ったのだから・・・。


普通の恋がしたい主人公、誤った性知識だけは満点な彼女との恋の行方はいかに?



というふう。


1回目は、主人公とヒロイン、そして主人公の幼馴染みの3人が絡んだ回だったのですが、下ネタのオンパレードやね(ニヤニヤ)。逆に言えば、掴みはOKとダチョウ倶楽部を思い浮かべかねん(笑)。丁度3人やしね(苦笑)。


終始バカ丸出しのおバカアニメなので、頭の中を空にして見られます(ホメ言葉)。ただ、この後幼馴染み以上に厄介そうな方々が登場して、ハーレムアニメになるかもしれないですけどね(主人公は望んでいない模様(爆))。
初回は、なかなか面白かったです。ただアクの強い作品なので、やり過ぎるとそっぽを向かれかねないですね。そのあたりだけ気を付ければいいかなと。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)アニメ・コミック 

2017年10月17日

こんなところにテトリス

旧ソ連生まれのパズルゲーム「テトリス」。もう誕生(1984年に誕生したとされる)してから30年以上になるんですね。
日本でも世界でも席巻したこのゲーム、今でもケータイアプリなど様々な媒体で遊べるのですが、何とトラックにも積まれていたことが明らかになったのです。
「テトリス」のゲームが入っていたトラックとは、ロシアの自動車メーカーGAZの「GAZelle Next」という車種。付属ないしはオプションとかに付いてくるカーナビとかではなく、何とインパネ(計器盤)と呼ばれるダッシュボードの中にある画面にあるんです。


どうやってプレイするのかというと、まず「テトリス」を起動するために『隠しコマンド』を入れないといけないという点。この『隠しコマンド』が明らかになったために、「テトリス」が仕込まれていたんだということも分かったわけです。それを入力すると、いよいよプレイできるのです。なお、右のツマミを回してテトリミノを左右に動かし、左のツマミを押してテトリミノを下に落とすというふうになっています。

見て思うに、よくできていて、小さいモノクロ画面ながらネクストブロックの表示もしっかりと表示でき、レベル表示もある。スコア表記が無いくらいで、ちゃんと遊べるのだからすごい。


しかし、なぜこんなものが仕込まれたのか不明だそうで。恐らくお遊びで入れたのだと言われています。そうなると、ライセンス関係の話も絡んでくるのは至極当然のことで。こちらも恐らくノーライセンス、つまりはイリーガルに入れていると考えられます。


地元ロシアでは、トラックの中にも「テトリス」が仕込まれている。まさにおそロシア(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:50Comments(0)ゲーム系 

ユニコがやっとファミマに対応

ユニーグループで発行されている電子マネーカード「ユニコ(uniko)」。一般的な電子マネーカードと同じく、200円で1ポイント貯まる仕組みになっています。
使用できるところは、ユニーグループのアピタ・ピアゴとサークルKサンクスの3か所。ところが、同じユニーグループの傘下に入った(正確にはユニーグループが傘下に入ったと言うべきか)ファミリーマートでは非対応だったのです。
ご存じの通り、サークルKサンクスは2018年2月をメドに全てのサークルKサンクスをファミリーマートに転換するとしています(ただ、いまだにサークルKサンクス名義で残っているところもあるので、本当にできるのか懐疑的だが)。その転換先でのファミリーマートでは対応していないため、元々サークルKサンクスで利用していたユーザーからは不便だというクレームが入っていたのだそうな。そりゃそうだわな。転換する時からそう思っていたもの。
そうなると問題になってくるのが、イオン系で取り扱っている電子マネーカードの「WAON」の立ち位置同じような特典が付いてくるサービスですが、ライバル系列のカードなんですよね。状況によっては「WAON」は提携解除して「ユニコ」に一本化します・・・とかだと、すごく不便になるんじゃないのかなと思う人々が増えるのではないかと。


既に、サークルKサンクスは、楽天が行っているポイントカード「楽天ポイントカード」からTSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)がメインで行っているポイントカード「Tポイントカード」への切り替えを行っています。こちらは、より便利な形になったとも言えるでしょう。それでも同じように不便になったと嘆く人も多いと思うのですが、利用者数を考えれば、「Tポイントカード」の方だよね・・・。


とりあえず、収まりのいい形にはなったのかな。その収まりのいい形を無理に推し進めないことだけを祈りたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)etc 

2017年10月16日

キヅール爆誕(立体化)!

先日行われたサッカーJ3のグルージャ盛岡×FC琉球の試合で、かねてから話題になっていた盛岡のマスコットのキヅールが誕生しました。正確には立体化ですね。


キヅールは誕生の過程からすごい変遷をたどっていて、マスコットを選ぶ人気投票でぶっちぎりの1位。しかもウェブでの人気だけでなく、スタジアム上の人気もNo.1と文句ない1位だったのよね。
無事マスコットになったものの、今度は立体化の資金集めを行うという、恐らく前代未聞のプロジェクトが立ち上がることに。しかし、このプロジェクトも目標額をあっという間に達成してしまいます。
そして先日(10/15)、遂にスタジアムの前に姿を現したのです。


現れたキヅールは、平面で描かれた姿に寸分たがわぬものになっており、あまりのデキのよさにビックリ。しかも、機動力の高さと伸縮性のよさに二度ビックリ
特に機動力の高さは、歩く姿だけでなく、キヅールが見せたドリブルと突破力で立証されました。お披露目イベントでスタッフと選手の計10人を抜いたばかりか、シュートを決めるテクニックも見せ、ただのマスコット(別名お笑い枠(笑))ではないことを示したのです。持ってるコイツ。
座布団に正座という落語好きな面(設定)も回収(?)し、立体化でますますファンを掴んだ&虜にしたと思います。

肝心の試合は0-0で引き分けになりましたが、盛岡のファンだけでなく、全国のサッカーファン、何より岩手県の人達にインパクトを与えたことでしょう。今後福島ユナイテッド戦にアウェイながらも参戦することが決まった他、DAZNが選ぶ今節(第27節)の 「DAZN週間ベストプレー」に選出されるなど、異例の船出もしており、今後の活躍が楽しみでもあります。


なお、キヅールの首がもげるという事件がイベント中に発生したものの、何事も無かったかのように事を進める度胸の座りっぷりも感服致しました(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)スポーツ 

秋の新アニメ2017 その12 ブレンド・S

秋の新アニメ2017、12回目は芳文社の4コママンガ雑誌「まんがタイムきららキャラット」で連載中の作品が原作の「ブレンド・S」です。
原作を知らない作品なのはいつもの通り(苦笑)なものの、「まんがタイム」系の作品なので、恐らく面白いのではないのかなと、意味の無い確信を持っております(笑)。でも、見た感じ面白そうだったんだよね。期待はしている作品です。
なお、放送時間の関係でBSの方が早く見られることから、BSで見ております。地上波なんてあって無いようなもんなんや(ギャハ)!


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、海外留学のためにお金を稼ぎたいものの、目つきの悪い顔のせいでアルバイト先が決まらない年頃の女の子

最近も面接に落ちてショックを受けていたある日のこと。偶然喫茶店の主人と出会い、最終的にその喫茶店でバイトをすることになった。しかし、そのお店は、特殊な属性を用いて接客をするところで、あろうことか経験したことのないドS担当に・・・。しかし、その顔つきのおかげだからか、素の姿でウケる事態になり、複雑な気持ちで今日も接客することに。



というふう。


初回は、彼女の働くことになったバイト先の個性あふれる面々の紹介なんですが、結構キテるわ(笑)。主人公のドS担当もなかなかなんですが、実際もツンデレじゃないのかと思わせるツンデレ担当や普段は毒舌なのにお客が来ると妹系キャラ全開な妹系担当、ヘタレで何もできないながらもツッコミ担当なコックにズボラ店長と個性アリアリだわ。
ここまで来ると、某ファミリーレストランを舞台にしたマンガを思い出すのですけど、店長がその作品に出てくる峰岸だった(爆)。ここまであの作品だと、作者は高津カリノというんじゃないかと思ったら、別人だったから大丈夫か(ニヤニヤ)。


というわけで、あの作品のテンポに付いていける人は面白いと思いますね。個人的には好きな作品です。今後の展開に期待したいですね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)アニメ・コミック