2005年10月31日

特に深い意味はないはずだ

近所のスーパーで買ってきた。


プチデザート 苺みるく

・・・苺みるく。

苺 み る く 。

苺みるく


苺 み る く !<ノーカット!


・・・はい、同じこと考えたヤツ、

そ こ へ 直 れ(ギャハ)


いちごミルクソーセージ思い浮かべたヤツ、

表 へ 出 ろ(ギャハハ)


・・・言ってみたかったよ。
ノーカット<もう黙れ
  

Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(14)TrackBack(0)飲み食い系 

2005年10月30日

セブンイレブン いい気分

先週の木曜日、ついにというかやっとというか、オープンしました!

セブンイレブン


(写真はオープン数日後の雨の中撮影したもの)

初めて行ったのは、長野オリンピックの時。長野駅東口のセブンイレブンでしたよ。その後、数ヶ月過ごすことがあったのですが、そこ以外でも何回かお世話になったものです。


あそこは昔も今もおでんが美味い。薄味だけどしっかりした味がついてます。


今はPB(プライベートブランド)が充実してますね。他のコンビニがより充実しているところもありますが、当時はセブンイレブンが大きな先駆けだったかと思います。


ちなみに、そこでえらいたくさん買い込みすぎて・・・。1ヶ月くらい昼ご飯いらんかと思うくらい(笑)。
何回も買いたくなる商品も多いので、足しげく通いそうな予感。
現にファンタメロンとろりんシューわさびいなりあたりがかなり危険レベル。いずれ取りあげられるかも。
  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(10)TrackBack(0)etc 

2005年10月29日

10000アクセス(とっくに)オーバー レポート機能復活したはいいが・・・

え~、レポート機能復活しましたね。
素直におめでとうございますと言いたいです。

しかも、10/8付で10000アクセスオーバーしました!


・・・でも、復活したのはいいんですけど、

なぜ減る!?

そう言いたいわけです。


見てみると、ある程度の数がたまると消えてしまう仕組みらしい・・・。
なぜ!?
毎日残してよ・・・。
初日(あるいは古く)からやってるユーザーへの切り捨て行為ですか?
うだうだ言っていても仕方がないので、気持ち切り替えて・・・。


新レポート機能から計算したアクセス数(推定値)。


9/27(レポート機能閉鎖まで見ていた数)まで:9230
9/28から1ヶ月停止していた期間の数を足して・・・
そこから導き出された10/28のアクセス数(推定値):11282


以後、この値を基本値にして、1週間ずつ計算しないと

また消されてしまう。


これからは、1000刻みではなく10000刻みでいこうかと思います。
(実はレポート機能が止まってしまう前から考えてました。)
・・・ってことは、このままなペースでいけば来年!?


訂正:10/28のアクセス数(推定値)が間違ってました。上記(ほぼ)正確な数かと。
  
Posted by alexey_calvanov at 21:52Comments(8)TrackBack(0)etc 

読んでる雑誌を考察する⑥後編

後編です。
ゲーム誌編です。
・・・意外によく読んでるなぁと実感。


ドリマガ
ソフトバンクパブリッシング刊の月刊誌。
週刊→隔月刊→月刊となっていき、雑誌名もセガサターンマガジン→ドリームキャストマガジン→ドリマガとハードが変わる(またはなくなる)ごとに変わっていったなぁ。
それとともに、黒川さんのコラムもなくなったし、たいちょうとハチの床もなくなっちゃしなぁ。
「明日はじける」はいつ通常連載に戻るんでしょう?
今は「吉松劇場」読んでます。あとはカラーページのコラム。
それと、ファミ通は絵(写真)で見せるのに対し、ドリマガは文字で読ませることが多い。インタビュー記事多いからなぁ。

ゲームラボ
三才ブックス刊の月刊誌。
ゲーム改造とかジャンク機器からPCを組み立てるとかがメインですが、
同人誌情報や海外(パチモノ)ゲーム事情とかのほうがよく読むメイン記事。あとはモノクロページにある床(お便りコーナー)。
読んでて意外な情報を拾ったりします。

ゲーム批評
マイクロデザイン刊の隔月刊誌。
読み物系ゲーム雑誌のさきがけ。昔はパンチのある批評があったんですけど、最近は読み物の質が落ちたと嘆く人が多くなったなぁ。あんまり感じなかったんですけど。
以前アイドル特集組んで総スカン食らったレビュアーがいたのが記憶に新しい。
ちなみに、特に読むのは「悪趣味ゲーム奇行」。

ユーゲー
かつてユーズドゲームズという雑誌で出て、後に出たナイスゲームズと合併して、今のユーゲーになった。
マイクロマガジン刊の隔月刊誌。
昔のゲームを知るなら、まずこれを読むことをオススメする。
「バカゲー専科」よく読みます。<クソゲー・バカゲー好きやのう。

CONTINUE
大田出版刊の隔月刊誌。
今一番アツイ雑誌ではないかと思います。
ゲーム・オブ・ザ・イヤーは今年のゲームを知るうえで大きな指針になりますし、がっぷ式はゲーム業界の裏がよくわかります(爆)。

大小さまざまな特集記事が充実していますが、今はゲームよりも「sakusaku」のような番組紹介や「ハチミツとクローバー」のようなコミック紹介。「BLOOD+」のようなアニメ紹介。「秋葉原」のようなスポット紹介・・・。

もうわかりますよね?

その時一番ホットな話題を上手く切り取って紹介できる唯一のゲーム雑誌ではないかと。
ある意味ファミ通でもドリマガでも、他のゲーム雑誌でもなかなかやれません。

そんなこの雑誌の今号編集後記より(PCではイタリック体で表記)

これからも“ゲームに軸足を置きながらマンガもアニメも音楽も映画もアイドルもフィギュアもエロ話も載ってるバラエティマガジン”という「類書は皆無!」な道に突き進むので、ご期待下さい。

・・・言い切ったね。ぜひ頑張ってほしいですし、うちもそんなブログになろうかと思ってます。
くしくもこんな日ですが。

・・・なんか見つけた気がするよ、姐さん。


  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 20:17Comments(6)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | ゲーム系

読んでる雑誌を考察する⑥前編

雑誌考察シリーズ。最終回。
この回は不定期刊行の雑誌(隔週刊や月刊、隔月刊や季刊など)を取り上げていきます。
・・・長くなりそうなので、コミック編とゲーム誌編に分けようかと。
というわけで、前編コミック編。


ヤングジャンプ 漫革

季刊誌的扱いで出てくることもあれば、隔月刊で出てくることもある雑誌。
特にこれといって・・・あ、あったゆず文庫CLUB書いてた先生のマンガよく読んでるわ(爆)。あのマンガどうなったんだっけ?<知らん


ヤングアニマル 嵐

最初は隔月刊だったんですけど、最近月刊化されまして。
実は一番読み応えのある連載が多いんじゃないかと思ったり。

御神石おとし
神に見初められた主人公が昔の祭りを見に行ってあんなことやこんなことに巻き込まれ・・・。文章で表現したら即削除ですね!<なら書くな!

ふたりエッチ
ここでも連載して、克・亜樹先生ネタ大丈夫?
・・・ちなみに、コミック版天空のエスカフローネ描いてる人でもある。

年上ノ彼女
以前読んでるコミック特集でも取り上げたマンガ。
ストーリー展開がぐいぐい引き込まれるので、
読んでて飽きません。
もうそろそろ3巻が出る頃。
あの後が知りたい方、ちょっと注目ですよ。
甘詰留太先生、これまた注目。
・・・まだ昔の頃のマンガ買ってないや(爆)。


後編に続く。
  
Posted by alexey_calvanov at 19:03Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

待ってます 『若返り必死の日々』

今日、一つのサイトが『休止』する。
『閉鎖』ではない。『休止』だ。
そう考えている。これを見た、あのサイトを見た皆が、たぶん。


同じ日に設立されたサイト。
なのに、私に比べたら。雲泥の差。
魅せることにはとても長けている。いい意味で参考になった。
・・・いまだにそれを上手く出せないでいてもどかしいが(泣)。


時に彼女は冷静であれと皆を諭した。
時に彼女は大いに楽しめと皆を楽しませた。
時に彼女は自分を大きく切り売りして皆を驚かせた。


皆の入り方は違うと思う。
人体実験から。エロスから。読み物から。考察から。
でも、思うことは一つかと。

いなくなるなんて寂しい。

私もその一人かと。


でも、信じてますよ。
ケロリと「このポンコツ脳が帰って来ましたよ。」なんてサラリと言ってのける姐さんの姿を。


『休止』だから、「さらば」なんてタイトルにしませんでしたよ。
ありきたりだから、「ありがとう」なんてタイトルもやめました。
そして、姐さんの名前をタイトルには加えませんでしたよ。
ただ、敬意を表して、サイト名だけは入れさせてくれ。わがままを聞いてくれ。

そうしてできたのが、あのタイトル名。
「待ってます」。ホントに「待ってます」。
・・・でも、無理して帰って来たらアカンよ(笑)。


最後に、とある曲の歌詞を拝借して、別れの挨拶に代えたいと。
・・・消されるか?いや死を賭してでも伝えたいから。許せ。


スタートライン ココロ紐解くストーリー
涙にサヨナラして 未来を歩いてゆこう
見つけた優しさ胸に 抱いてゆけるから
お願い、今だけはそのままでいて


あなたといると 本当はうれしい
きっと素直になれないけど
胸の痛みに 気付いてしまった
好きになっていたの・・・ あの日から

  
Posted by alexey_calvanov at 16:58Comments(10)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す 

2005年10月28日

読んでる雑誌を考察する⑤

ゲーム雑誌が百花繚乱(りょうらん)する金曜日。
その中でも、もう老舗雑誌になってしまった週刊ファミ通。

昔は買ったソフトが攻略記事として載っていたら買ってたレベルでしたが、今は普通に買ってるレベル。
・・・それだけ週刊ゲーム雑誌が減ったのかしら?


新作情報や攻略記事(買ったゲームのみ)を読むのはもちろん、いわゆる読み物や投稿コーナーもよく読んでます。


たかまれ!タカマル

高校1年生のタカマルが打倒ファミ通に燃えるゲーム雑誌制作サークルS.M.Lに入って、てんやわんやしながら活躍してゆくマンガ。


みずしな孝之のいい電子

ゆるゆる漫画家のみずしな孝之先生が、ゆるゆるダメゲーマー(爆)の視点でゲームを語る・・・はず(笑)。ギャグマンガ。


ドキばぐ

あーみんこと柴田亜美先生のギャグマンガ。不定期連載。・・・書くより読んでもらった方が<表現放棄かヨ!


動きがありしだいお伝えいたします。

中川いさみ先生のギャグマンガ。ひとつ(またはふたつ)のゲームをテーマにギャグを展開・・・ってみずしな先生とカブるやん!
・・・担当が一緒だからスルーか、ゴチさん。<何を言いたいのかさっぱりピーマン!


ファミ通町内会

通称町内会。
投稿コーナー。珍しく普通のお便りを取り上げるところがない(普通のお便りは伝言板という別コーナー)。
色々なミニコーナーの寄せ集め。
特に面白いのは、

『俺弁当』
『ガチトレカ』
『4コママンガ』
『クイズの答え』
『コラージュ』
『教えて著作権』
『成分表』
『わたしの報告書』


一度しっかり読むと、ハマりますよ。


桜井政博のゲームについて思うこと

ゲームデザイナーである桜井政博さんのコラム。
読んでて、ゲームを作る人の感性がこんなに研ぎ澄まされていたのかと感心しっぱなし。


浜村通信

今やエンターブレイン社長にまでなった元編集長『ヒゲ』のコラム。
肯定的に物事を書けるのは立派。例え、それがXBOXの話題でも(爆)。


主だったところならこんな感じでしょうか?


あ、クロスレビュー忘れてた。<ヒゲに殺られそうなゴシップ書かない!
  
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2005年10月27日

読んでる雑誌を考察する④

木曜日は、言わずもがな(?)


週刊ヤングジャンプ(集英社)の発売日。
そして、
隔週刊ヤングアニマル(白泉社)
今週は2冊はしごだよ・・・。

前者は青年誌の雄。数多くの人気連載を抱えてます。
後者はよりアダルト色が強くなった雑誌。ショーちゃん、お元気かしら(爆)?


そんなヤングジャンプは結構読んでるなぁ。

タフ
華麗なる食卓
B型H系
ガンツ
(今週は休載)
女子アナ魂
ギミック!
ライアーゲーム
いぬばか
おくさまは女子高生
Monacoの空へ2 ALAS 輝ける翼
縮小チーム 石田
ゼットマン
(今週は休載)
SHIDOW ~士道~
学園天国
(今週落ちた(爆)?)

アニマルはベルセルクやホーリーランドとゆうこりんのグラビアが有名ですが<最後の発言は消したほうが身のためじゃ?
私が読むのは

ふたりエッチ
・・・読んでるよね!みんな読んでるよね!アニマル読んでる人みんな目を通して<何かを懇願するような目で見ない。

ゆびさきミルクティー
ある意味、涼風が純愛系なら、この作品はどきついエロシーンはないが、アプローチの掛け方が違ったマンガ。本音を言うにも女装をすることで相手に伝えるあたりが、その典型的例。切ない展開にキリキリ舞いです。


一週間の中では木曜日が一番充実してます。・・・マンガですが(爆)。
  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(4)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

読んでる雑誌を考察する③

水曜日は雑誌の発売日。
少年マガジンの発売日だ!
・・・ってそう思うようになったのは、ここんとこ最近だったり(笑)。
昔は「ミスター味っ子」とか「Aiが止まらない」とか読んでた時期があって、その後読んでなかったのが、何の気なしにまた読み始めて、ここんとこは「涼風」にぞっこん・・・ってなわけです。


なので、よく読む連載は


涼風
魔法先生ネギま


このあたりは長期連載の鉄板。

ウミショー
090 えこといっしょ


・・・ギャグマンガですな。
最近連載が始まって、とても面白いと。
前者は少年誌の中でもエロ全開!後者はかっとびギャグ。
まぁ、言葉では上手く言えないんですが、「携帯」な彼女が引き起こすドタバタぶりが最高。亜桜まる先生、注目です。ヤングアニマル 嵐でも原画描いてましたし。展開は先日取り上げた「ロボコンをオマージュしたマンガ」に似てるかと。・・・<もう言うな。真綿で首絞めるようなもんだぞ。

あとは、これまた最近始まった

戦国時代にタイムスリップした野球少年が織田信長に認められ、野球で天下統一しようとする野望を叶えるために投げる勘違い戦国武勇伝<オマエの解説が勘違いの極みだ。

・・・癖のある変化球見てる感じです。<ほめてるか?


以上、マイナーですか(爆)?
  
Posted by alexey_calvanov at 00:36Comments(2)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2005年10月26日

今週の涼風(へのツッコミ(爆))⑰

今回は、先回のお約束どおり、ITmedia Gamesの涼風の記事
『部活や恋愛にかける青春を味わってみないか!? 「涼風」アフレコインタビュー』
より。


3ページにわたって書かれていますが、番組紹介の中で、『帰省した涼風が心配で実家まで追いかけていく』というくだりで、『「多少やりすぎな部分はある(中村(注:涼風主人公の秋月大和役の中村太亮さん)談)」』と突っ込まれてましたよ(ギャハ)。・・・まだストーカーよりひでぇとまで言われなかったのが救いか?まぁ、マンガ<ああ言うてはならんことを。


2ページ以降は本格的なインタビュー。
ダイジェストでどうぞ。


『―― 本作の魅力はどのあたりにあると思いますか。』のくだりの中での、中村さんの発言より。

『僕もはじめて原作を手にしたときは、こんなことがあったななんて思いながら読みました。』
・・・お風呂屋の友人がいて、そこで覗き<ああ言うてはならんことを。殺されますな、ファンに(ギャハ)


『―― 今までで印象に残っているシーンはありますか?』のくだりの中での中村さんの発言より。

『大和が萌果に告白するシーンは衝撃的でした。告白というか、大和は萌果に「付き合おっか」って言うんですけど、僕としては収録をしながらも「付き合おっか」ってなんだよって思いましたね。(中略)というのは、「付き合おう」ならいいんですけど、「付き合おっか」は僕の中で告白にふさわしい言葉ではないなと思ったんですね。』
いやいや、ここは秋月くんの言葉としてふさわしいかふさわしくないかなので。彼らしい言葉だと私は思いましたが。いい加減万歳!<ほめてねぇ。こいつ。


同じく、細野さん(注:涼風準ヒロインの桜井萌果役の細野佑美子さん)の発言より。

『私が気になったのは言葉ではなくてその展開ですね。今までは萌果が迫っていたのに「まさか大和くんから!?」っていう驚きがありました。しかもキスをして告白されてしまうという展開だったので2度びっくりしてしまいました。』
・・・原作読んでますか!?
・・・読んでてビックリなら何と(削除)。


『―― 大和は恋に対して盲目的というか、猪突猛進みたいな性格をしていますが、みなさんは恋に猪突猛進な男の子というのはどうなんでしょうか。』(平たく言えば、秋月大和評)のくだりの中での細野さんの発言より。

『いいと思います。あまりいきすぎないでほしいですけど、そのくらい思われているのは嬉しいことだと思いますよ。』

同じく、三橋さん(注:涼風ヒロインの朝比奈涼風役の三橋加奈子さん)の発言より。

『あれだけ一途に思われていたらやっぱり嬉しいと思いますよね。でも、それが転じて他の人と付き合っちゃうのはどうかなと思いますけど。ただ、私自身はどちらかというと思っていてもそれを見せない人の方が好きなので、ああいう風にストレートにこられたらちょっと引いてしまうかもしれないなという部分はありますけどね。』
・・・大和くん、言われてますよ。大人な方々にも(爆)。ストーカー(さらに削除)。


『―― 中村さんは同性としてどうですか。』に対し、『いいことだと思います。1人の人をそこまで好きになれるのは素晴らしいことですよね。でも、やりすぎはちょっとよくない。』と答え、『―― ご自身はそういう感じではない?』という突っ込まれた質問に対して、『はは、どうなんですかね。』という答えに対しての三橋・細野両氏の答え。


『(三橋)なんだその濁し方は(笑)。』
『(中村)ちょっとだけあるかもしれないですね(笑)。』

・・・同類がいたぞ、大和くん(爆)。
さらりとかわしたつもりが、誘爆を(ゲラゲラゲラ)。


『―― では逆に、萌果みたいな一途な女の子はどうですか。』のくだりに対しての細野・三橋・中村三氏の発言より。


『(細野)その話(萌果が大和に突然キスしちゃったっていう第13話のくだり)はアフレコ現場でも大騒ぎ。』
『(三橋)女性陣は“信じられない、それだけで好きになっちゃうの?”って。でも男の子は“いやあるでしょう”って、大討論ですよ。』
『(中村)でも、今まで仲の良かった子が突然そんな風にしてきたら好きになっちゃいますね、僕だったら。』
『(三橋)簡単だなぁ(笑)。』

・・・ヨン様よりも大騒ぎで!?朝生よりも大討論!?

激論 キスだけで男は想う女を捨ててまで傾くのか

今日も朝まで参ります(笑)。


長くなりそうなので、次回に続く。
朝まで参りませんので、このコーナー(ギャハハ)!
  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)TrackBack(0)アニメ・コミック 

ロッテ 4連勝で日本一に

仕事場でテレビ付ケータイの小さな画面で、食い入るように見てました。
仕事をやりながらだったので、実際に食い入るように見ていたのは終盤の8・9回だったんですが。


今回はハイライトとあわせて見る限り、緊迫した投手戦になっていたかと。

確かウィリアムズ選手・藤川選手もマウンドに登ってましたね。特に藤川選手は先回のピッチングとはうって変わって、本来どおりのいいピッチングをしていたと思います。

ある意味阪神の必死さと一矢(いっし)報(むく)おうとする姿勢はレギュラーシーズンでもなかなか見れなかったので、さすがセ・リーグの覇者だと感じました。


ただ、最後の矢野選手のバント失敗が今年の日本シリーズの阪神を象徴していたようにも思えたわけです。


この試合に関しては、いいところが見えてきたが、時既に遅し。
全体的に見れば、最後の最後、肝心なところで拙攻・拙守が目立つ。


ロッテに関しては、もう普段どおりの戦い。
まさに公式戦の一部としてこのシリーズを戦っていた。
ナイン・ベンチが一丸となって、穴のない体制が維持できたのが大きい。
そして何より、阪神の応援団の中にいても物怖じしない精神がすごかった。また、ファンとの一体感もレギュラーシーズンと変わらない。阪神の応援団の中でも必死に声援を送った(特に関西の)ロッテファンはご苦労様でしたと言いたい。


・・・バレンタイン監督のインタビュー見ててもらい泣きしそうになったよ。


これから、日本代表としてアジア選手権もあるそうなので、そこでも『ロッテイズム』(と言っていいのだろうか)発揮してがんばってほしいし、来シーズンこそ、正真正銘の『パ・リーグ覇者』として出てきてほしい。


目指せ、完全制覇!

※世界選手権ではなく、アジア選手権だそうです。
なお、初戦の相手はサムソンと。
  
Posted by alexey_calvanov at 22:44Comments(10)TrackBack(0)スポーツ 

2005年10月25日

読んでる雑誌を考察する②

火曜日はいつも読んでる雑誌がある。


週刊プレイボーイ(集英社)!


大学時代からチョコチョコ読んでます。


よく読んでたのが、『ゲームのみぞおち』(そこに載ってたサムシング吉松先生のマンガ目当て)でしたけど、最近終っちゃったんですよね・・・。武田鉄矢さんのコーナー(本まで買った)も終わったし・・・。


今のメインは<エ●グ
・・・黙れ、大ウソツキ

あっきうさんのマンガガマンジルシ(4コマややエロマンガ)。名もニュー日記のマンガ(みずしな先生が描いてます)や時事おやじ(しりあがり寿先生の4コママンガ)もよく読んでます。

あと連載マンガ(パンダ内閣も読んでましたけど)
・麻宮先生の車のマンガ
・カリスマAV男優 加藤鷹さんの半生を描いたマンガ
・ロボコンをオマージュしたマンガ

・・・ってマンガばっかじゃん!って誰か突っ込んでよ(核爆)!<みんな呆れてモノが言えないって顔してるよ。


・・・ちなみにヒマがあれば、エロ小説斜め読み<ダメすぎ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:23Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す 

ロッテ 王手

もはや何も言う事はありません。


甲子園の初戦を取ったことで、ロッテの日本一が濃厚になったのかと感じてならない。
しかもJFKの一人、藤川選手が打ち込まれてしまったのも大きな痛手である。ロッテのプレーオフのように、立ち直りの早さが期待できる雰囲気ではない。

阪神ファンの方には申し訳ないが、挽回できる明るい材料がほとんどない。もう岡田監督の前向きに頑張ろう的な発言が、どう選手達に浸透できるかどうかにかかってくるだろう。


逆にロッテは打ち疲れもなさそう。3試合10得点とは恐れ入りました。
普段通りの試合を行っていれば、明日も勝てると思います。
ホントすごい・・・。
  
Posted by alexey_calvanov at 22:53Comments(8)TrackBack(0)スポーツ 

2005年10月24日

読んでる雑誌を考察する①

今日から1週間、土曜日までの予定で、某サイトに触発されて今読んでる雑誌について書いていこうかと。

・・・でもたいていマンガ雑誌ばっかで、字のぎっしり詰まった雑誌そう読んでないしなぁ(爆)。<意味ないじゃん!
対ケータイ対策用とかいうのは聞き入れません。<そっちか!


とはいえ、月曜日は週刊ポストとか週刊現代とかあるけど、そういう系統の雑誌はたま~に、面白そうな記事がない限りは読まないので、今日は特に紹介する雑誌はなし。<エ●グラビア(クビチョンパ)


しかも、今日はEZアップチャンネルで記事喰われてるし(笑)。
本格的な紹介は明日以降です。たぶん。<あてのないやつめ。
  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す 

EZアップチャンネルで、い(削除)

今日(10/24)のEZアップチャンネル見ました?

見 た よ ね ?

見 て ま す よ ね ?

見たダロ!ゴルアァ!<脅してどうする


この中でやってる、「お宝ハンター これよ!!」


こどもびいると共に

おつまみとして

いちごミルクソーセージが

取り上げられましたよ!


ぎゃ~~~!!!

ま た で す か ! ?


え~、こどもびいるに関しては6・7歳くらいのメ・・・もといお嬢ちゃんがぐびぐび飲んでましたよ・・・。
しかも、こどもびいるの『おつまみ』としていちごミルクソーセージが紹介されましたよ。


そこで驚いたのが・・・。

初年度売上目標

年商2億円


・・・無理ですってば。
ここのスタッフの人たちは食<削除!そんなこと聞くのは野暮だ!


ちなみに、この商品が

欲しい 36.4%
ちょっと欲しい 22.8%
くれるなら欲しい 40.8%

(10/24 22:35現在)

微妙に割れてるよ。
私?勢いで欲しいに押しちゃったよ!
決して、いちごミルクソーセージじゃなくこどもびいるに<ウソに決まってら。
  
Posted by alexey_calvanov at 22:29Comments(7)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | 飲み食い系

2005年10月23日

ロッテ連取

もう試合見てましたけど、何とも言えません。
だって、昨日(10/22)と同じような展開。
悪く言うと、同じ内容のビデオを巻き戻してもう1回見ているような、そんな感じ。


全ては渡辺俊選手の出来が良過ぎることか。
要所要所でヒットや連打は出るものの、その後が続かない。ほとんど気の抜けているシーンが見られなかった。

付随的にあげられることは、


・阪神の実戦感覚が戻っていない可能性が高い
・ロッテ打線にかなり勢いがある(特に打率10割の今江選手が象徴的)
・千葉マリンスタジアム全体を味方にしている(ファンだけでなく気候も)


というところか。
簡単に言ってしまうと、普段どおりのロッテの戦い方か?
もう公式戦の一つみたく。


逆を言うと、これから阪神のホームである甲子園球場に行くと形勢が逆転するかもしれない。
球状周辺の気候もファンもよく似ている。
おまけに3連戦。勢いが付けば、千葉マリンに戻った時でも、十分に阪神は戦えるかもしれない。


しかしながら、このまま阪神が3戦目もコテンパンにやられると、
劇場版イデオンの最後みたく、救いようがないなぁ・・・。
いやなに、丁度試合が終わってヒーローインタビューも終わった後、見ようと思ってたので、タイミングよく見たんですけど。何か。
  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(2)TrackBack(0)スポーツ 

すたちゃまにあ

キッズステーションで現在O.A.中の2本立て番組。
前半は「機動戦艦ナデシコ」(10年一昔なんだなぁ(嘆))。アンジェラのインターバルコーナーの後、「ラブひな」(今回はOVA版もやるらしい)。
どちらも、共通して言えるのは


・DVD-BOXが出る(「ラブひな」はキッズステーションオリジナル?)
・大月プロデューサープロデュース<あの頃の大月さんは輝いていたなぁ・・・。
・妄想全開!<怒られますよ!
・テレビ東京系<見えない地域の皆様、おまたせ
待たせすぎですよ・・・(ボソ)。
・キャストは(今見ると)意外に豪勢?<堀江由衣さんって、「ラブひな」が本格デビューじゃ?
・どっちも主役がうえだゆうじさん(現在はひらがな表記のためこれに従う)<あ、これ気付かない人じゃないと気付かないわ。


細かいことがまだあるかもしれないですけど、あまりにも『まにあ』すぎて『すたちゃ』の人さえもわか<るわ!・・・たぶん(てへ)


ところで、そこでインターバル的に出てくるアンジェラ。
今じゃ元からやってる愛三岐と兵庫のAM以外に、宮城のFMと福岡のAMにネット拡大した某ラジオ番組のDJもやってますけど、あの人達の歌い方にいまだになじめません・・・。
なんで、あんなに歌こねる(こぶしをつけるという表現が一番近いのか?)んだろう?一昔前の中森明菜さんや中山美穂さんのような歌い方があまり好きではなくて・・・(曲は好きなんですけど)。
やっぱり、「You get to burning」ってまつざわゆみさん(現在はひらがな表記のためこれに従う)の方が<ファンの方に殺られますよ!


あ、ちなみに、アンジェラといっても、
アンジェラ・アキさん(個性派シンガーソングライターらしい)とは何の関係もありませんから!残念!
「すたちゃまにあ」に出るアンジェラは2人組<こんなヤツは『勘違いで妄想全開うっとうしい斬り』
  
Posted by alexey_calvanov at 14:33Comments(2)TrackBack(0)アニメ・コミック 

2005年10月22日

ロッテ 先手を取る

今日から日本シリーズが始まる。
どちらも長いこと日本一から遠ざかっていただけあり、気合いの入った試合が・・・と思ったら、かなりワンサイドなゲームになりまして。

詳細はあまり見えなかったので、多くは語りませんが、井川選手が打ち込まれたようです。


井川選手自身、大一番に弱いというのを指摘されていましたが、こう露骨に出てしまうと、阪神も立て直しがすぐできるかどうか・・・。


やはり阪神は2週間以上のブランクも影響しているのか?
しかし、まだJFK(ウィリアムズ(ジェフ)・藤川・久保田)が打ち込まれていないので、まだダメージとしては大きくないが、ロッテのノリのいい打戦が今日(10/22)発揮されている以上、気は抜けない。

ロッテはラッキーな勝利でもあるので、気持ちをはやいこと切り替えて、短期決戦とはいえ打ち疲れが出ないよう緊張感を維持できるようにすればよいかなと。
  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(8)TrackBack(0)スポーツ 

2005年10月21日

If Batton(もしもバトン)

BIGTHUMB-19さんのところから、バトンをもぎ取ってきました。
もしもバトンということで・・・。
♪もしも~あなたが~寂しいときにぃ~
ただそば~にい~ることさ~え できない~け~ど<柴崎くぅん・・・って「かたちあるもの」かヨ!
置けちゃう置けちゃうここに置けちゃう(爆)。


・・・はい、気を取り直して、
もしもバトンということで・・・。
♪もしも~ピアノが ひけ~たなら~<きょ、局長!泣いてばっかいないで、とっとと、この依頼進めてください!(by桂小枝)


・・・わかりましたよ。
ところで、たられば論を嫌う某監督もいらっしゃいますけど、
妄想するのは楽しいよね!<いい加減早くしろ!


①理想の女(男)が記憶喪失で落ちている

も ち ろ ん 『 お 持 ち 帰 り 』 で。
その後は<書けません!いや、書いてはいけません!

②歩いてたらサインを求められた

オークションで売っても価値ないよ、と嫌味を言う。
でも、何の気なしにサインはするかも(笑)。

③引き出しからドラえもんが出てきた

まずは、もちを食わせて手なずけて、どら焼き食わせて盲目的に服従(以下企業秘密)。

④殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた

これ、長生きできる方法があるんですよ。
とんちクイズかなんかで有名。
その答えを言って長生きする。

⑤見知らぬ大富豪に遺産を渡された

会社辞めて隠居します(爆)。敢えて働くなら、バイトレベルで。

⑥初対面でB型と言われた

坂●さんみたくいい加減じゃないわ~と怒り狂う(笑)。
ちなみに私の血液型はガタガタ・・・じゃなかったO型。
大雑把のO!< 黙 れ

⑦預金残高が増えていた

何かの間違いですよねとか思いながら、しっかりいただきます(ギャハ)。

⑧カモシカのような脚にされた

・・・マラソンが早くなるかしら?
(そんな脚持った選手いましたよね?松野さん?)

⑨前に並んでる人に「俺の背後に立つんじゃねぇ」と言われた

デュークさんですか!と絶叫し、握手を求める(そして銃殺(ギャハ))

⑩「犯人はあなたです」と言われた

・・・何の犯人ですか?
ストーカーはやってない<やましい心当たりがあるんかい!

⑪鏡を見たらヤギ目になっていた

代打の神様の目ですか?
解説者になったんでしたっけ?<そっちの八木じゃない!

⑫尻の割れ目が消えた

世界ビックリ人間大賞に応募して大もうけ。

⑬偶然手に取った本の主人公が自分だった

四神天地書ですか?それ。
本の中の世界の人が好きになっちまうアレですか?<ふしぎ遊戯の見すぎです!
たぶん、2・3ページで終わるよ(爆)。

⑭モナリザがこっちを見てる様な気がする

気のせいです。
気のせいで・・・あれ、目の部分がくりぬかれてる!

監視カメラ~~~!!!

暗証番号とカード番号を見られて、一文無し<時事ネタは鮮度がすぐ落ちるからやめなさい!

⑮次に回す人

これはほぼ決定。

・問不起さん(自分で決めてください)
・NEO!さん(人生は暇つぶし)
・茉莉花さん(硝子の虹は黒い羊の夢を見るのか。)
・かのんさん(電気屋携帯部修行中)

残り1枠はお好きなように(ゲラゲラゲラ)。

  
Posted by alexey_calvanov at 13:25Comments(8)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す 

「怪しい伝説」再び

先週のO.A.分から第2シリーズ(ディスカバリーチャンネルで新エピソードのO.A.が始まったので、便宜上そう呼ぶ)が始まったよ。


どういう番組かは前にも書きましたが、番組紹介が載ってましたので、改めて。
(以下PCではイタリック体で表記)


その真偽はともかく、歴史書に登場したり日常生活に根付いている伝説は、世界中に数多く存在する。
特殊効果専門家としてジェイミーとアダムの“伝説バスターズ”と呼ばれる2人が、毎回3つの都市伝説を検証していく。
彼らはただ伝説を紹介するのではなく、現代科学を用いてそれらが真実なのか、作り話なのかを探り、その真実に迫る。
(月刊スターキャット10月号 ディスカバリーチャンネル紹介ページ(P77)より)


見るとわかるんですけど、とにかくおバカな伝説でも真剣にやってくれます。
今回特に面白かったのが、

「スカンクに放屁された場合、その臭いはどうすれば取れるか」

という検証。
伝説では、トマトジュースで取るのが一般的・・・だが、それ以外にもビールや市販のスカンクの臭い取りスプレーで取れるかなどいろいろとやっていくのだが・・・、


肝心のスカンクが放屁しない!


毎日1匹ずつ、計3匹も業者から借りて、あの手この手で放屁させようとするのだが、ものすごくおとなしいためか全然その気配はなし。専門家もありえないと嘆くほど。
人工的な香りで実験しようと身体に塗りたくるも、すぐに効果切れ。


結局、女性トイレの中で「解放」して端っこまで追い詰める方法でやっとサンプル搾取。
・・・初めから<そう言うな。


ちなみに、スカンクのあの臭いというのは、水に含ませるとさらに臭いが増強するそうです。くわばらくわばら。

臭いが消えるのは、市販のスプレーはもちろん、重曹と消毒薬と食器用洗剤を混ぜた物が実は一番いいのですが、トマトジュースでも効果はあり。
ただし、別の臭いで臭いと言われますが(爆)。


※一部修正を施しました。
  
Posted by alexey_calvanov at 11:26Comments(6)TrackBack(0)好きな番組系