2007年01月31日

おいおいおい、そうじゃないだろう(汗)

先日、日本テレビ系でやっているニュース番組「NEWS ZERO」で、卵子バンク提供会社の社長(自称(?)『子授け屋』を名乗る)にインタビューをしているニュースを見ていたのだが、


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


返す返す、返す言葉が見当たらない。


まず経営会社とは思えない粗暴ぶり。自宅兼会社というのはよくあるけれども、あれは倒産した会社ですか?と思えるようなシーンだったなと。

次に出てきた本人。明らかに低脳だろう?言ってはいけないことを覚悟で書くが、声を大にして言いたい。


低脳だ。アホだ。DQNだ。



そう思われてもおかしくない確信的な行動もインタビュー中で露見している。
彼は、インタビュー中に、ペットボトルのコーラ(リッターボトル)をラッパ飲み。そして同じく青リンゴをかじるかじる

あまつさえ、そっけない対応。具体的なことを聞かれても「ホームページ見りゃわかるじゃん」の一言を言う(実際、先にあげたリンゴをかじっていた時に、さもそう言いたげな対応でパソコンを立ち上げていた)。


とにかく、こんな対応している会社の経営者が卵子バンクの運営をやっていけるのか甚だ疑問である。動機自身「無一文になったから、誰もやってなくて金儲けができそう」的な発言もしているし、非常に気になる。

法整備されていない盲点を突いて行っているだけに、法で裁くこともできない。医療倫理を当てはめて裁けないものかとも思えるが、それをやれば法はないがしろになる。それに彼は医者ではなく、ただの『経営者』である。


この報道を見て、バンク提供者・登録者が辞退してくれたり、取りやめてくれることを切に願う


最後に、インタビュー中に携帯音楽プレイヤー聞こうとするな。社会人としてモラルもないのか・・・。

  

Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(12)TrackBack(0)真面目なモノ 

2007年01月30日

冬の新アニメ その4 Vinus Virsus Virus(ヴィーナス・ヴァーサス・ヴァイアラス)

冬の新アニメ、今回は電撃コミック原作のアニメ
「Vinus Virsus Virus(ヴィーナス・ヴァーサス・ヴァイアラス)」
です。
このタイトル、Vinus(ヴィーナス)は「女神」(作中で出てくる退治屋の2人)の意味、Virus(ヴァイアラス)は、英語の発音で言うとヴァーラスとも言い、「ウイルス・細菌」(作中で出てくる魔人)の意味になると思われる。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)


人の魂を求めさまよい喰らう、人ならざるもの。彼らはヴァイアラス(魔人)と呼ばれていた。
そんなヴァイアラスを退治する仕事、退治屋。その一人、名橋ルチアは普段はアンティークショップを営みながら、依頼があった時に退治屋としてヴァイアラスと戦っていた

そんな彼女と一緒に戦うのは、鷹花スミレ。普段はおっとり天然系の女子高生だが、あることがきっかけでヴァイアラスが視えるようになり、さらに対ヴァイアラスの抗体を打ち込まれるとバーサーカー状態になる狂気の少女でもあった。

今日も彼女達に依頼人がやってくる。



というふう。


作品の感想としては、う~む。可もなく不可もないまだ何回か先を見ないと面白いのかつまらないのかわからない作品。決して難解ではないのだが、話が平坦でメリハリがつかみにくい

ただ、この作品はアニメ(特に深夜アニメ)では非常に珍しい字幕放送付。恐らくキー局のTBSと同じ系列局のCBCのみかもしれない。
また、BS-iでは16:9のワイドビジョン。しかし、他の地上波(少なくとも私の見ているCBCに関しては)4:3の通称額縁放送
以前同じBS-iで放映されていた「夜明け前より瑠璃色な」と同じ対応になっているようで、圧縮せず端が切れている。


まぁ、しばらく様子見ですね・・・。




  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(0)TrackBack(0)アニメ・コミック 

ハマってる食い物 その31

コカコーラボトリングのファンタ・いちごクリームソーダ。


以前、ファンタはバナナクリームソーダを紹介しているが、このいちごクリームソーダもまた美味い。いちごの味とクリームソーダの味が再現されている。

何度も買って飲んでしまうほど美味い。某スーパーで100円になっている間は買っていく可能性あり(爆)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:24Comments(2)TrackBack(0)飲み食い系 

2007年01月29日

2007年春の新機種出揃う ウィルコム編

春の新機種、最後はウィルコム編です。


ウィルコムのポイントとしては、料金プランの拡充が行われたこと
3月以降、ファミリーパックもしくは法人割引で申し込まれているウィルコム定額プランが主回線と合わせて3回線以上になった場合、主回線・副回線問わず2200円(税込)になるというもの。より使いやすくなった。
さらにウィルコム定額プラン専用のオプションサービス「070以外もお得な通話パック」も同じ3月から、当月使い切れなかった無料通話分を、無期限に自動繰り越しできるようになった(自動繰り越しの上限額は6300円)
それ以外では、端末紛失時に使われるリモートロックがウィルコムのサービスセンターやウィルコムプラザでも対応可能になった。

では新機種の紹介です。


①WX320K
ウィルコムの機種の中ではハイスペックになるモデル。通称『京ぽん』(4代目)。
4x(128kbps)パケット通信対応で高度化通信規格W-OAM対応モデル。リアパネルはアルミ素材で作られている。
Operaブラウザ・130万画素カメラ・ブロック崩しゲーム「アルカノイド」がプリセットされている。

個人的感想
AH-K3001S・WX300K・WX310Kに続く『京ぽん』モデル。そして初のW-OAM対応モデルでもある。
高速通信に対応していたり、カメラもウィルコムの中では最高モデルではあるが、USB対応だからか、外部メモリが搭載されていない点が残念


②WX321J
ストレート端末。日本無線お得意の指紋認識機能が搭載。追加機能として、指表面のキズや皮脂の不一致によって生じる認識率の低下を防ぐ真皮層検出方式センサーを採用している。
4X(128kbps)パケット通信・W-OAM・構内PHS搭載。ブラウザはNetFrontを利用。データ同期ツールIntellisync(インテリシンク)により、Outlookと電話帳やスケジュールの共有も可能。さらにWordやExcel、PDFなどのビジネスファイルを閲覧できるドキュメントビューアも搭載。
新モデルの中では唯一外部メモリ(microSD)を搭載している。

個人的感想
ベースはWX310Jで、W-OAM搭載された点以外はあまり変わっていない。色は現状確認できる限り、黒のみだが、かなりシックで洗練されている。ビジネスマン向けのケータイかもしれない。


③WX220J
ストレート端末。法人をターゲットにしたシンプル端末。
シンプル端末とはいうものの、4Xパケット通信・W-OAM・コンパクト版のNetFront・構内PHS機能(内線電話として活用可能)を搭載

個人的感想
デザインとしては、一昔前に出ていたJ-PHONE(現ソフトバンク)で出ていた東芝の端末(カメラはないがJ-T05かJ-T06)に近い。またAH-J3003Sに非常に近いつくりになっており、古臭さは否めない。
ただ、サブケータイとしては格安モデルになってくると思われるので、仕事用もしくは内線用として持っておくのも悪くない。


④AX530IN
PCカード typeⅡタイプのデータ通信カード。高速通信規格W-OAM TypeGに対応し、PHS端末として初めてQAM(Quadrature Amplitude Modulation:直交振幅変調)にも対応。従来機比で約1.25倍となる最大512kbpsで通信できる。

個人的感想
この高速通信規格W-OAM TypeGは将来的に基地局が光IP化されると800kbpsにまでスピードが上がるので、より重い動画がすぐに見られるようになるといった快適なネット生活を送ることが手軽にできるかもしれない。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(2)TrackBack(0)ケータイ系 

2007年春の新機種出揃う ソフトバンク編 後編

春の新機種ソフトバンク編、後編は海外モデルの紹介です。


⑦805SC
サムスン電子発のワンセグ内蔵ケータイスライド式で国内最薄モデル。また3Gハイスピード搭載モデルでもある。

個人的感想
音楽再生機能が付く、200万画素カメラが付くといった機能がわかっているだけで、詳細は不明。考えられる点としては日・英・韓のトライリンガル機能、ワード・エクセル・パワーポイント・PDFファイルの閲覧が可能なPCドキュメントビューワ搭載の可能性は高いだろう。外部メモリの機能付属は薄さの点で難しいかもしれないが、ワンセグ搭載という点では外せないだろう。


⑧708SC
W-CDMAモデルでは最薄の8.4mm。またケータイ液晶としては珍しい横画面がデフォルトのQVGA液晶(ランドスケープ液晶)搭載
それ以外はサムスンのお家芸、トライリンガル機能とPCドキュメントビューワ機能、そしてBluetoothを介してワイヤレスに楽しめる音楽再生機能がある。

個人的感想
最近ではカメラを使う時は横向けにすることが多いので、デフォルトで横になっているのは、特にストレート端末では使い勝手が非常にいい。将来的にストレートで見やすいワンセグ(またはWebビューアー)として積極的に採用されるかもしれないので、売れ行きに注目したい。


⑨707SCⅡ
XS 707SCのマイナーチェンジ版。3Gハイスピードに対応している。

個人的感想
性能面はXS 707SCと変わらない可能性が高い
なお、スワロフスキーモデルはXS 707SCになるので注意。


⑩X01NK
ノキアで現在端末のみ(SIMフリー)で販売されているE61がベースになっている。
無線LANやBluetooth・ドキュメントビューア・Eメールクライアント・フルブラウザなどビジネスに役立つ豊富なツールを搭載したPDA端末。
最大の特徴はQWERTY配列のキーボードを搭載していること。
ただし法人専用モデルで個人向け販売の予定はない。またSIMロックがかかるので、ソフトバンク以外のケータイでは利用することができない

個人的感想
待望のPDA型端末がいよいよ日本でも販売されることになったが、法人向けのみなので、一般販売されないのが誠に残念。引き続きノキアショップを介して日本用SIMフリー版を購入するしかない(恐らく個人向けで販売すれば、いい線の売れ行きになるかもしれない)
ただ、QWERTY配列のキーボードはメールやウェブの利用・文書作成に対しては非常に使いやすいものになるだろう。


次回はウィルコムの新機種紹介の予定です。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:02Comments(0)TrackBack(0)ケータイ系 

2007年春の新機種出揃う ソフトバンク編 前編

春の新機種、続いてはソフトバンク編です。


ソフトバンクのポイントとしては、ソフトバンク間(1:00~21:00まで)の電話・メールが無料で、その他のキャリアとの間では42円/分(21円/30秒)になる月額980円のホワイトプランに、さらに月額980円(すなわち合計月額1960円)支払えば、他キャリアとの間の金額が21円/分(10.5円/30秒)になるWホワイトが始まるといったところだろうか。
それ以外ではYahoo!の子供版「Yahoo!きっず」がコドモモバイル 812Tで始まるということが目立つくらいで、サービス面ではこれと言って目新しいものはない

ところが端末面では、20色のカラーバリエーション・国内最薄ワンセグ搭載機・そしてQWERTYキーボード搭載のPDA型端末他にはない個性的なラインナップに仕上がっている
なお、既にコドモモバイル 812Tは冬の時点で発表されているので、ここの紹介からは省いています。

では、前編は国内機種を中心に。


①911T
ソフトバンク3Gのハイエンドモデル。ワンセグ・3インチワイドVGA液晶・324万画素の手ブレ防止機能付オートフォーカスカメラ・Bluetooth・FeliCa、そして最近始まったばかりの3Gハイスピードまでも付いた『ほぼ全部入りケータイ』

個人的感想
東芝の同じような機種としては、auのW52Tがあるが、その機種よりも4mm強薄い17.9mmの中に収めたという点だけでなく、高速通信できる機能までも収めている点では、その他の機種と比べても非常にアドバンテージの高いものに仕上がっている
また数量限定ではあるが、Bluetooth機能付のサングラス型特性イヤホンレシーバーとのセットもあり、これも魅力的な機種を引き立て、既存ユーザーだけでなく、新規ユーザーの購買意欲に拍車をかけそうな勢いが出るかもしれない。


②812SH(ホークスケータイ)
今回の春モデルの中心になる機種。カラーチャートでおなじみのPANTONE(パントーン)とのコラボレーションモデル。その色展開は極めて異例の20色+特別色
内訳はブラック・ホワイト・メタルブルー・パールピンク・シルバー・ライトブルー・パープル・オレンジ・ピンク・レッド・ゴールド・グリーン・グレー・ブルー・ミントグリーン・ビビッドピンク・ネイビー・イエロー・ブラウン・ベージュ、そして特別モデルになる関連会社の福岡ソフトバンクホークスバージョン(ベースはホワイト)の1色。
サブディスプレイ上でもすぐメールが読めるメール速読ボタンが付いた。

個人的感想
とにかくありとあらゆる色が揃っているので、どれか必ず欲しい色があるといった状況になるだろうが、逆を言えばいらない色はいつまでたっても売れ残り、大きく在庫を抱え込みかねない懸念も存在する。
ホークスケータイに関しては、端末表面にはロゴが刻まれており、内蔵コンテンツとして、限定カスタムスクリーンや着メロ・各選手の応援歌などを用意しているので、ファン必須で喜びそうなケータイになりそう。恐らくたくさんは生産されないと思われるので、お早めに。


③813SH(813SH for Biz)
ベースは多色展開している812SH。その812SHにカメラ機能を外したもの。
さらにビジネスモデル面を特化し、セキュリティを強化したのが813SH for Biz。

個人的感想
上の通り、ベースは812SH
813SHと813SH for Bizとの違いは、

・外部メモリの搭載有無(813SH for Bizは外部メモリ非対応)
・外部メモリや赤外線ポート、Bluetooth通信を介してのデータ通信・メールへのファイル添付機能の非対応
・個人販売もあるか法人チャンネルのみか(813SH for Bizは法人のみ)


等がある。
色はビジネスで使うということもあり、非常に落ち着いた色のみ。


④813T
薄さ20mmのコンパクトボディながら、GPS・PCサイトブラウザ・320万画素カメラを搭載。また、使いやすいドームキーになっており、シンプルモードも搭載。PDC端末でも好評だった、メールが来るとすぐ読むかどうか決められる今すぐ読メール機能やくーまんが搭載されている。

個人的感想
イメージとしては、かつてauで出ていたW45Tやソフトバンクの811Tに近い。その2機種をさらにブラッシュアップして改善を加えた機種。
すっきりとしたメタリックなデザインは男女を問わず対象年齢の中高年層よりも若年層にウケそう


⑤706P
パナソニックのケータイ第2弾。ワンプッシュオープン機能を搭載。新たに表面処理を施し、よりデザインを洗練させた。

個人的感想
基本的な機能は705Pと変わらないため、違いが見えにくい。逆に言えば、それだけ完成された機種といえるかもしれない。


⑥706N
前モデルよりもより滑らかでつやかかな機種になった。
また、メールのユーザーインターフェイスの変更やキーイルミネーションの彩度が向上している。

個人的感想
これまた昨年末に出たばかりの705Nと変わらない雰囲気が漂っている
ただ、大きな変化としてメールのユーザーインターフェイスが変更された点。もしかするとNEC独特(どちらかというと世界標準寄り)のものがシャープや東芝の日本産のそれに近づいているかもしれない


次回は海外モデルの紹介予定。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:02Comments(0)TrackBack(0)ケータイ系 

2007年01月28日

2007年春の新機種出揃う au編 CDMA 1X編

春の新機種、au編の最後はCDMA 1Xの3機種の紹介です。


⑪A5523T
でか文字・でかキー・でか受信音量・でか着信音・でかピクトといった5つのでか機能を備えた簡単ケータイ系のケータイ。
でか機能の他には、「電話発信制限」「電話着信制限」「Cメール制限」の3種類のアクセス制限や「通話時間制限」「Cメール送信件数制限」の2種類の使用量制限が設定できる「制限モード」が搭載している。
また、ドームキー・防犯ブザー、そしてペア機能と連動し簡単に発着信できるワンタッチリダイヤルも搭載された。

個人的感想
大きさに関しては簡単ケータイ A5517Tと比べてコンパクトになったし、同機種と比べても、対象年齢以外にも訴求できるくらいスタイリッシュになった。
また、簡単ケータイ系でありながら、外部メモリ(microSD)が搭載されたのは大きい


⑫Sweets cute(A5524SA)
Sweetsシリーズの第3弾。端末デザインは引き続きインダストリアルデザイナーの柴田文江氏が担当
通信先を制限できるティーンズモードに通話やメール送信回数を設定できるティーンズ制限が追加
またティーンズ向けということもあり、英和・和英・国語辞典の辞書機能も充実。それに加え、三洋のお家芸の一つカメラde辞書も搭載されている。
セキュリティ面では、防犯ブザーとそれを起動させた時や端末の電源がオフになってからの足取りをPCや他の携帯電話から確認できる移動経路通知機能を新規搭載。また移動通知に加え、自動的に写真撮影や電話発信を行う機能も搭載している。

個人的感想
これまでのターゲットと同じ女子ローティーン向けの機種に仕上がっている。デザインもポップで柔らかそうな印象を与える。
そのためか、辞書機能の充実とカメラde辞書機能が搭載されているのは大きい。それ以外にも時間割機能・おこづかい帳・日記帳といった三洋のお家芸機能もしっかり入っているのが好感触
セキュリティでは防犯ブザーが反応した時、相手(特に犯人)の顔写真や位置を自動的に家族に送れる機能が付き、防犯能力が強化されている
しかしながら、色々な機能が入っているせいか、厚みのある大きなデザインに仕上がってしまったのが残念なところ。


⑬ジュニアケータイ A5525SA
ジュニアケータイシリーズの第3弾。端末デザインはSweetsシリーズでおなじみのインダストリアルデザイナー柴田文江氏が担当している。
ティーンズモードよりも制限の強いジュニアモードを搭載し、さらに、1カ月間に通話可能な時間やメール送信可能回数をあらかじめ設定しておいたり、メールの本文中にあるURLやメールアドレス・電話番号への発信を禁じるジュニア制限も追加されている。
これ以外にも電池蓋が専用のネジがないと外れない仕組みになっているほか、約100デシベルで鳴る防犯ブザー、その防犯ブザーと連携する移動経路通知機能と自動的に写真撮影や電話発信を行う機能、そして日常使用の中で水滴や雨などがかかっても故障する心配がないIPX4相当の防滴機能(生活防水)を備えている。

個人的感想
基本的な機能はA5520SA(Ⅱ)で完成されているので、今回は一部大きな機能が追加されているだけで、他はブラッシュアップされている程度と思われる
大きな追加としては、日常の生活防水機能が搭載され、対象年齢である小学生程度の子供でも差し障りのないようになっているのはポイントになるだろう
セキュリティ面での強化も図られているものの、色々詰め込みすぎたのか対象年齢にしては大き目の作りになっている点と北欧のオモチャを意識したデザインは逆に色の面でサイケデリックすぎてこれもその年齢にはあってないのではないかと思われる点は残念でならない。


次回はソフトバンクの機種紹介の予定です。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)TrackBack(0)ケータイ系 

2007年01月27日

2007年春の新機種出揃う au編 WIN編 後編

春の新機種後編はWINの残り機種の紹介です。


⑥W51K
薄さ20mmの回転2軸式。ワンセグ搭載。ヒンジ部分に操作キーが搭載されており、ワンセグ操作時に簡単に設定・利用できる。
充電台はサブウーファー内蔵タイプ。ワンセグが見やすいよう、端末が斜めにセットでき、テレビ音声や音楽再生時にも豊かな低音を楽しめる。

個人的感想
単なる薄型ではなく、メタリックな外観は男性に好まれそうなデザイン。それ以外はこれと言って可もなく不可もない機種


⑦W51H
これまでの日立製機種よりも一回り大きい2.9インチのワイドVGA液晶搭載。これにより文字の表示数が多くなったり、画像表示が滑らかになった。
またディスプレイ下部には指紋認識機能が搭載されており、セキュリティのON/OFF以外に、PCサイトビューアー・EZナビウォーク・PCドキュメントビューアー・カメラの4機能をPCライクな操作で使うことが可能

個人的感想
この機種にはオープンアプリプレイヤーが搭載されているので、Javaのゲームを楽しみたい人にはオススメ。また、指紋認識機能搭載で折りたたんだ状態でも操作しやすいのは好感触。
ただ、共同開発しているカシオに配慮してか、回転2軸でありながら、ワンセグに非対応なのは残念


⑧W51T
ワンセグテレビやデジタルラジオ、そして手ブレ補正付の324万画素オートフォーカスカメラを搭載しながらも薄さ21mmというそこそこのコンパクトさを達成。
辞スパなど東芝特有の機能も搭載しているが、Bluetoothには対応していない。カプコンの人気3Dアクション「ロストプラネット」のアプリ(体験版)を搭載。

個人的感想
コンパクトな部類に値する機種に今トレンドになっている機能を詰め込めたのは立派。ただ東芝のお家芸Bluetoothが搭載されていないのが少々残念
なお、W52Tと違うのは、先述のBluetoothの有無以外にも液晶の種類と大きさが違う(W52Tは3インチワイドVGAなのに対し、この機種は2.6インチQVGA)点


⑨W51P
パナソニックとしては、GPS搭載ケータイC3003P以来、実に5年ぶりのau再参入
端末に彫刻のようなパネルが入っており、間接照明のように浮かび上がる機能がある。

個人的感想
以前のシャープ参入の時もそうだったが、まだWINの機種を作るのにこなれていない印象なので、次回以降の機種発表に期待したい。。

※初出で、『パナソニックの代名詞になっているワンプッシュオープンも搭載されていない』と書いておりますが、実際は導入されております。
関係者および閲覧者に対し訂正し、お詫び申し上げます。


⑩W51S
W43S以来の折りたたみ型モデル。機能的にもW43Sに近く、背面部分がイルミネーションのように光る。ケータイを開ける度にちょっとした豆知識が表示される「まちうけ文庫」搭載。外部メモリはメモリースティックDuo。

個人的感想
プリインストールされているアプリも2種類あるので、ゲームを楽しみたい人にはオススメ。ドコモと違い、今回のソニーモデルはメモリースティックを採用。au以外のユーザーが契約する可能性も増えてくるきっかけになるかもしれない。


次回はauのCDMA 1X機種の紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 19:08Comments(6)TrackBack(0)ケータイ系 

2007年春の新機種出揃う au編 WIN編 前編

春の新機種、続いてはauです。


auに関しては、WINで10機種、CDMA 1Xで3機種出してきました。
大きな特徴として、今回もWINとCDMA 1Xとでの差別化を図っています。

WINに関してはハイスペックとミドルレンジクラスの機種を中心として。CDMA 1Xはロースペックで使いやすさと安心をメインに展開しています。


さらに深く掘り下げると、


WINに関しては、ストレート以外のモデルを展開(折りたたみ・回転2軸・サイクロイド(折りたたみ液晶部分90゚回転)・スライド・フリップ)し、バラエティ豊かなラインナップにさせているところ。特にフリップ式は、他キャリアのものを含めれば、恐らく約6年ぶりの復活となる。

またワンセグ対応モデルが7機種・FeliCa対応モデルが8機種映像や電子マネー(インフラ整備)に対して積極的に動いているのも特徴。
そのおサイフケータイ(FeliCa)機能拡充に合わせて、専用のリーダー/ライターが設置される対応店舗で割引やプレゼントの特典が得られる電子クーポンを獲得できるサービス「auクーポン」、また音楽の検索機能を強化した「LISMO Music Search」も開始。さらにPCサイトビューアーの機能も強化する。


CDMA 1Xに関しては、先述の通り、カンタン(使いやすい)・安心・かわいらしいをメインに推して、居場所確認と連絡用で持たせたい子供にウケやすい、また手軽に使いたい高齢者にウケやすい機種を中心に揃えている。


では、まずWINの機種から。


①MEDIA SKIN(W52K)
au design projectモデル第6弾。フリップ式としてはドコモのD211i以来実に約6年ぶりになる機種である。吉岡徳仁氏デザイン。
メインディスプレイは鉛筆硬度9Hの固さを持つ強化ガラスに覆われたQVGAの有機EL液晶。ワンセグ搭載。
なお、有機EL液晶がメインディスプレイで使われるのはケータイ史上初

個人的感想
久しぶりにフリップモデルが出て、懐かしさを感じた方は何人いるのだろう?
折りたたみ(やそれに似た回転2軸やサイクロイド)が全盛になった今ではかなり斬新なデザインといえよう。
ただ斬新なだけでなく、薄さでも13.1mm、さらにワンセグや外部メモリ・FeliCaなども搭載されており、コンパクトながらも機能が充実している
個性だけでは物足りない方にも十分使用に耐えられると思われる。


②W52T
東芝としては久しぶりのほぼ全部入りケータイ
ワンセグ・FeliCa・Bluetooth・PCサイトビューアー、そしてauの新機能を余すところなく搭載しただけでなく、現在東京・大阪でしか行われていないデジタルラジオ機能も併せて搭載
また液晶も3インチのワイドVGA液晶になっているので、ワンセグの映像も迫力あるものになっているし、PCサイトビューアーやEZweb表示も見やすく使いやすい。

個人的感想
やはり、EV-DO Rev.Aモデルでは省かれていたBluetooth機能が復活したのが大きい。
スライドタイプというところで賛否が分かれるところではあるが、とかくauでは消極的だった折りたたみ以外のモデルを積極的に投入しようという意義・意気込みは大きい
また、カプコンの3DアクションゲームでXBOX360で発売中のソフト「ロストプラネット」のケータイアプリ版(体験版)がプリインストールされているので、(他の一部モデルにもプリインストールされている関係上)将来的に何らかのコラボレーションが予定される可能性がある。


③アクオスケータイ W51SH
シャープ製auでは初となるワンセグ対応モデル。形に関してはソフトバンクの905SH/911SH・ドコモのSH903iTVとほぼ同じ。他の会社の機種と違うのはFM(EZ FM)搭載である点とデジタルラジオ搭載である点。ただしFeliCaには対応していない。

個人的感想
auユーザーには待ってました的な機種だが、どうしても現状のワンセグ機を見た後だと見劣りする点があるかもしれない(特にカメラやFeliCa)。
赤外線通信が高速な「IrSimple」搭載なので、手早く通信したい人には便利かも。


④W51CA
カシオモデルとしては初となるワンセグ対応のケータイ。それに伴い、再び回転2軸方式に仕様が変更された。なお、ワンセグは約5時間半連続で視聴可能
また、W41CAで好評だったペンギンの待ち受けが復活
それ以外にも、Javaベースの勝手アプリなどが利用できる「オープンアプリプレーヤー」高速赤外線通信が可能なIrSimpleも搭載。さらにスクウェア・エニックスのアクションRPGで、ゲームボーイでかつて発売され、ソフトバンクでは人気コンテンツになっているアプリ「聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-(体験版)」がプリインストールされている。

個人的感想
前機種W43CAの時にかなり不満だった点やサービスが解消されているように思える
特にファン待望のペンギン待ち受け、デザインもW21CAとW41CAを足して2で割ったようなオシャレなものになっている。
また、長時間のワンセグ視聴も可能なので、テレビ視聴目的のユーザーにも人気が出そう。
さらに、ゲームフリークには、「オープンアプリプレーヤー」・「聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-(体験版)」の搭載が大きい。この目的だけで買い換える人も出てくる可能性がある。
とにかくバランスがよく隙の少ない機種。販売上位ランクに入ってくる可能性も高い。オススメ。


⑤W51SA
W31SAⅡ以来のスライドモデル。三洋のWIN機種ではお家芸となったFMトランスミッター機能を搭載。またSD-Audio機能も搭載。

個人的感想
十字キーがゲーム機に搭載されているものに近く、かつボタン等は押しやすくなっているのは好感触なのだが、いかんせんスライドモデルのため、それを十分生かしきれていない点が惜しいところ・・・。
また、同じスライド機であるW52Tと比べても見劣りしてしまう点があるので、あくまで三洋モデルを使っている人向けの機種になってしまうかも。


後編はWINの残り機種を紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 00:47Comments(4)TrackBack(0)ケータイ系 

2007年01月26日

2007年春の新機種出揃う ドコモ編 後編

春の新機種ドコモ編、後編はその他703iシリーズ編です。


⑥F703i
一番の特徴は台所や風呂等日常防水レベル並のIPX7相当(機器を水深1メートルの位置において30分間放置しても性能が保てる)の防水性能を持っていること。それ以外ではWMA(Windows Media Audio 通称ナップスター)・着うたフル・メガiアプリ・おサイフケータイも搭載している。

個人的感想
背面で光るランプ・映像と音との組み合わせで、癒しの効果を与える機能も搭載しているので、日常生活に忙しい人達にウケる可能性がある。また、防水機能が搭載されているので、水周りをすることが多い主婦層や雨の中でも日常的によく使うことがある子供にも需要があるかもしれない。

⑦SO703i
ソニーエリクソンのお家芸である着せ替えケータイにアロマ(香料)が仕込まれている
機能面ではSO903iの機能を踏襲しているからか、着うたフル・メガiアプリ・プッシュトーク・音楽プレイヤー機能・おサイフケータイ機能と70Xシリーズとは思えないほど充実している。
液晶はソニーのテレビ「BRAVIA」の液晶を使用しているのと、外部メモリがmicroSDなのはSO903iTVと共通するところ。

個人的感想
F703i同様、機能面では90Xシリーズ並の機能を持っているので、好みで選ぶといいかもしれない。また、オリジナルで香りの機能が付いてくるので、女性にまたウケる機種かもしれない
ただ、外部メモリがmicroSDのみなのは、SO903iTV同様、賛否が分かれそう。


⑧D703i
ソフトバンクで最薄モデルが出たので、そうではなくなったものの、それでも10mmを切る薄さ9.9mm(重さ83g)とドコモの機種の中では一番薄いのが特徴
薄型ながらも、着うたフル・フルブラウザを搭載

個人的感想
大きなところでは、音楽プレイヤー機能や外部メモリが対応していないのが惜しいところではあるものの、とにかく薄いのに他の折りたたみ機種と遜色をなくさせたのがすごい。また手ぶれ防止機能付カメラ搭載なので、取り出してすぐカメラ撮影ができるようになるかもしれない。
覗き見防止機能付でもあるので、ストレートだからという不安もなくなるだろう。


⑨SH703i
他の70Xシリーズ同様、おサイフケータイ・メガiアプリ・着うたフル・SD-Audio等が搭載されている。
液晶はシャープの液晶テレビ「AQUOS」と同じものを、赤外線通信はシャープ独自の高速通信可能な赤外線「IrSimple」を搭載

個人的感想
ハーフメタリック加工されているので、見た目は非常にオシャレなケータイ
90Xシリーズ並のスペックがあるものの、カメラ撮影に有利な回転2軸方式でないことが惜しいところ。
他の70Xシリーズが90Xシリーズ+αを押し出している中、これといったところがないのも大きな不満点である。


⑩P703i
大きな特徴として、メールの受信内容に応じて違った印象をサブディスプレイに表示する「Feel*Mail」機能を搭載。その他機能は90Xシリーズクラスのものを取り入れる。

個人的感想
デザインはアシンメトリー(非対称)ながらも美しく仕上がっており、これも女性を中心にウケそうな機種。またボタンが長爪の人でも押しやすいよう改良されている
とはいうものの、それ以外のプラスアルファが見えてこないため、他の機種の中に埋没する恐れのある機種でもある。


次回はauの新機種紹介を行う予定。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)TrackBack(0)ケータイ系 

2007年01月25日

2007年春の新機種出揃う ドコモ編 前編

今日(1/25)、ソフトバンクが新機種の発表を行い、これでウィルコムも含め、全キャリアの新機種が出揃いました
これからしばらくの間、新機種を紹介していこうかと思います。


まず最初はドコモの新機種から。

ドコモの新機種のポイントは、
総じていえる点では、独自性をアピールする機種が多いことだろうか。
その中でも薄さを中心として推すロースペックモデルとされる70Xシリーズがメインの発表となっている。ただ、70Xシリーズといってもハイスペック並のものもあるので、一概にロースペック系モデルとは言えない
それ以外では生活防水・癒しの香りが付いたケータイも登場している。

では、新機種の紹介です。


①SO903iTV
通称BRAVIAケータイ。ドコモでは初の液晶テレビ「BRAVIA」の技術を用いたケータイ
薄さ19.5mmとドコモのFOMA対応のワンセグモデルの中では最薄
また、予約録画可能で、外部メモリで保存可能。なお、外部メモリはメモリースティックDuoではなく、microSD

個人的感想
ワンセグでありながら、20mm以下に抑えた薄さは立派。
また、ソニーモデルでありながら独自規格の外部メモリではなくmicroSDを採用したことも大きく評価の分かれるところ。他ユーザーが移りやすくなった反面、既存ユーザーの切り捨てになってしまう不安もある。個人的にはSO903iのようにハイブリット対応にして様子を見るべきだったと思う。


②D800iDS
ケータイでは初めてになるダブルスクリーン型モデル下画面部分がタッチパネルになっている。
家庭用携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」をほうふつさせる形でもある(違うのはPDAのように横長ではなく、まさしくケータイのように縦長タイプである点と操作キーも発着信・クリア以外はタッチパネルである点)。
機種的にはシンプル系モデル「らくらくフォン」タイプになるため、タッチパネルの設定の中には「電話」・「メール」・「カメラ」といった基本機能のみしか出てこないものもある

個人的感想
タッチパネルを使うケータイは随分久しぶりになる。
タッチパネルを使うことで直感的な操作ができ、使いやすくなっている反面、機能的にはiモードやiチャネルは搭載されているものの、着うたフルや外部メモリ等がないなどかつてのPDCモデル並と前時代的なのがイタイ
ただ、ニンテンドーDSで出たようなソフトがこのケータイでなら楽しめるという大きなアドバンテージがあるので、脳トレブームを上手く生かせれば、シニア層を中心に大きなヒットを生み出せる可能性を秘めている


③N703iD
NECと佐藤可士和氏、そしてNTTドコモのコラボレーションモデル第2弾となる企画端末。デザインは以前のN702iDとほとんど変わっていない。
違うのは薄さ(以前のモデルより薄くなった)・背面の撮影補助ライトの廃止(カメラの性能が向上したため)・着信ランプがサブディスプレイのある帯部分に移動したなど。

個人的感想
基本性能はN702iDで完成してしまっているので、目新しいのは少ない。ただ、既存ユーザーでこのデザインが気に入っている人にはもう待ってましたと言うばかりの機種になりそう。


④N703iμ
折りたたみ式3Gケータイとしては世界最薄になる。薄さ11.4mmの中に着せ替え可能なミュージックプレイヤーや外部メモリ(microSD)、着うたフル・iチャネルを搭載している。

個人的感想
パナソニックと共同開発しているからか、見た目はP902iSに似ているように見える。ミュージックプレイヤーや外部メモリ(microSD)、着うたフル・iチャネルを搭載しているものの、おサイフケータイ・メガiアプリ・プッシュトークはサポートしないため、やや中途半端に感じる面もある
しかしながら、これだけの機能を極薄ボディに放り込める点で非常に立派

⑤P703iμ
ステンレスボディと高剛性樹脂基板、シートキーを採用して高い強度を実現。また、デザインにカーボン柄を使用し、素材の持つ金属感とあわせることで新素材感のある外観に仕上げた。
インタフェースやプリインストールコンテンツは、ロンドン発のデザイナー集団「TOMATO」がコーディネートしている(一部はパナソニックとのコラボ)。
なお、大きさ・スペックはN703iμと変わらないので割愛。

個人的感想
好みの問題もあるが、非常にオシャレでクールなデザイン。新作発表会でトランプをシャッフルするかのごとく扱ったケータイの一つと思われる。


後編はその他の703iシリーズを扱います。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:12Comments(0)TrackBack(0)ケータイ系 

F★ROUTEキタコレ 補足

以前上げた記事で、「F★ROUTEでケータイからもWikipediaやYoutubeが見える」という話をしましたが、今回はその補足。


以前上げた記事の中では、外部メモリに保存できないと書きましたが、あるサイトを使えば、外部メモリでも保存ができるようになります
そのサイト名は「ファイルシーク」

このサイトは動画だけでなく、動画から出てくる音声だけをケータイで加工・保存できる万能サイトだったりします。
以前紹介したF★ROUTEでのYoutube動画検索を活用しながらだと、上手く使いこなせれるかと思います。


外部メモリ転送できるファイルの作り方


①見たい(保存したい)動画が見つかった時、所定のタイトルをクリック。
②次画面に飛ぶので、その下にある「fileseekに移動する」をクリック。
③ファイルシークのトップページに飛ぶので、その下にある「URLを指定」をクリックする。
④ファイル転送を開始させる。
⑤転送予約リストに登録されたら転送準備が完了。「ファイル転送状況を確認」をクリック。
⑥転送完了まで待つ(しばらく時間がかかる場合がある)。
⑦転送が完了したら、「変換設定」をクリック。
⑧自由に加工ができるので、調整を加える(後述)。完成したら「変換開始」をクリック。
⑨転送予約リストに登録されたら変換準備が完了。「ファイル転送状況を確認」をクリック。
⑩変換完了したら、「ダウンロード」をクリックして完成。



注意点として、


①ケータイ上でもファイルシークと連携していない場合がある。
その場合は、PC上に出てくるアドレスをケータイに直接入力(「外部メモリ転送できるファイルの作り方」③の時にアドレスを入力する欄があるので、そこに入力)。

②加工上の注意点。
容量の関係上、auの場合1.5MBまで、ドコモの場合500KBまでの制限があるので、長尺の動画は全部入りきらない。
その場合、動画のビットレート(スピード。画質と絡んでくる)を落とすか、動画の時間(尺)を何分割かにして保存するとよい。

ちなみに、ファイルシーク推奨のビットレートは

動きの激しい実写動画:96kbps
動きの緩い実写動画:48kbps
アニメ:24kbps

となってます。

また、音声だけで落とす場合、auのソニエリ端末では音声ファイルが上手くできなかったり、音声が劣化する場合がある
さらに、同じソニエリ端末と東芝端末の場合、QQVGA(240×180)サイズは選択できなかったり、QVGA(320×240)サイズの場合は選択できても音声が省略される場合がある

要はauのソニエリ・東芝端末は非推奨という形だと思うとわかりやすい。

③著作権に絡む場合があるので、あくまで自己責任で行うこと。
これに関しては何ともはや。個人で楽しむ限りなら(恐らく)問題ないんでしょうけど、移すことができるので、他人に回せるという事態に発展する場合もある。その責任は自分で負うようにして下さい。


なお、この点を考慮すると・・・、
某大統領の処刑シーン(オリジナル2分37秒)は、QVGAサイズので保存の場合、36kbps程度のスピード(音声はモノラル)で収められます(auケータイの場合)


その他注意事項があると思いますけど、あとはやっていけばわかります。


これで、PCしか見えない・保存できないという悔しい思いをしていた人も、手軽にできるはず・・・です。

  
Posted by alexey_calvanov at 00:23Comments(4)TrackBack(0)ケータイ系 

2007年01月24日

どう見てもねぇ・・・

約1名やってほしいみたいなことを仰られる方がみえますので(爆)、たまたまYoutube見てたら見つけちゃいましたよ(汗)

そんなに好きですか!?
それなら、これでも見てて下さいな(ニヤニヤ)。
もはや何も言うことはありません。すげぇなぁ。


問題のシーン


ケータイの方でも、以前あげた記事で見ることができるかと思います。
キーワードは「コードギアス」にて。「コードギアス 第12話 ニーナの角(以下検閲)」というタイトルです。


これで満足されまして(ニヤニヤ)?<公開処刑並に酷いヤツだなぁ。


べ、別にネタ切れだったからじゃないんだからね!
たまたまYoutube見てたら<こんな記事上げてる時点で怪しさ満点だがな(ギャハ)。


・・・そこまで疑うなら、別記事上げてやる(泣)。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(4)TrackBack(0) 女性陣から総スカン系(爆) 

2007年01月23日

いつの間にやら1000記事越えてました(笑)

たま~に記事管理を見ているんですけど、その時に気付いた事実・・・。
ははは・・・。


いつの間にやら

1000記事

越えてましたよ(笑)。



どうやら去年の年末に達成していたらしい・・・。今現在1030近く。

開設から1年半と少し。また一つの目標が達せられたわけです。
・・・ホントなら3年近くかかるはずが1年半と少しで達せられたのは笑ってしまいましたけど(苦笑)。


キリ数もこの記事に関しても、ただ今回の場合は少しニュアンスが違うかもしれないですけど、ここまで続けられたのはひとえに皆様のおかげだと思います。
本当にありがとうございました。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(6)TrackBack(0)etc 

2007年01月22日

MAAAX!!!

実は、コミケに行って来た時、ネタ・・・というより飲んでみたかったことをすっかり忘れていたある飲み物があった。

その飲み物、3日目の売店でうず高く積まれていた。そうタワーのように
しかしながら、最初はちょっとスルーしていた。欲しくないからというわけではなく、まだあるだろうという甘い考えからだった
ところが、閉場1時間くらい前には、そのタワーもだいぶ規模が小さくなっており、お店の人が「お土産にどう?」なんて囁くもんだから、2本買っちゃったよ(ギャハ)。


それは・・・、


ジョージア・マックスコーヒー(以下マックスコーヒー)。
そう、マーーーックス!なわけである(笑)。
このマックスコーヒー、ジョージアのコーヒーシリーズ(昔はオリジナル飲料だった)なのであるが、普通のコーヒーと比べても甘い絶妙に甘いという噂の代物であるらしい。ちなみに関東圏とその周辺の一部地域に発売されているらしい


で、実際飲んでみましたよ。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・マーーーックス(爆)!

甘いね。オリジナルのジョージアを久しく飲んでないが、ここまで甘いかなというふうに感じた。しかし、私のようにコーヒーが苦手な人達にはとても飲みやすいなぁとも思える。
でも、さすがに280mlで120円だもんなぁ・・・
いっそのことペットにして売ってほしい・・・なんて思うのは<オマエだけ!

  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(8)TrackBack(0)飲み食い系 

日本人にとって外国のマイナーな物事を殴り書く その3

お久しぶりのこのシリーズ、3回目は国家連合にも極右の芽が出てきた話についてです。


先日のヨーロッパ連合(以下EU)の国会にあたるヨーロッパ議会(以下EU議会)で、ヨーロッパ各国で次々に起こってきていた極右政党が遂に発足したのだ。

発足政党名は「アイデンティティー・伝統・主権(原語:Identity, Tradition, Sovereignty 略称:ITS)」。主にフランスの極右政党「国民戦線(以下FN)」が中心になって発足したもの。ルーマニア・ブルガリアが今年(2007年に)加盟したことで、政党としての活動規約となる「5加盟国・20議席」をギリギリクリアした。

構成国はフランス・イタリア・ベルギー・ルーマニア・ブルガリア

フランスは先述の通り、FNの議員が参加しており、ITS党首としてFN党員のゴルニッシュ氏、ITS党員としてFN党首のルペン氏(最近のフランス大統領選で決選投票にまで持ち込んで話題になった)が中心メンバー。

イタリアはファシストを結成したムッソリーニの孫娘(アレッサンドラ・ムッソリーニ)がITSに参加。

ベルギーはフラマン語族地域(フランドル、我々日本人にはフランダースと言うとわかりやすいか)の独立を掲げる極右政党「フラームス・ブロック(VB)」から3議席が参加。

ルーマニアに至っては5議席と、同国内で配分される35議席の14%強が極右勢力という異常事態にまでなっている。


EU議会は総議席数が785議席あり、EU内の保守・中道右派系が中心とした勢力とEU内の中道左派(社会民主主義派)が中心となった勢力とが2大勢力となっているため、議決等への直接的な影響はないとされているが、問題は、ITSが民族主義勢力や統合反対派との連合を模索し始めた場合である。

仮に民族主義勢力と統合反対派との連合が成立した場合、議席数は87となる。そうなるとEU議会で第4党となり、キャスティングボードを握る場合もある


現状はまだまだ弱小政党ではあるが、近年ではオーストリアで極右政党が第1党になり大きな話題になったことがある。また、かつての例ではあのナチスという例がある。

ナチスは実は最初、超弱小政党としてスタートしている。しかし、国内の危機的な状況に乗じてみるみるうちに躍進、1930年代には第1党になり一党独裁となっていく


EU各国はかつてのナチスが起こした民族主義・極右主義の出来事をもう一度思い起こすべきだと、極東の島国、かつて軍国主義に勤しんだ過ちを持つ国の住民のひとりがここに記す。



  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:44Comments(0)TrackBack(0)真面目なモノ 

2007年01月21日

質問バトンVer.6

新・やすやす茶屋のやすやすさんから頂きました「質問バトン」です。


・・・ってもうVer.6までになってきてるよ
このバトンはいつまでも延びていくという感じですなぁ。


で、ルールは、

○質問に答える。
○次の質問を考える。
○5人に回す。


というふうです。では始めていきましょう。


1.今はまっているゲームは?
今はドラゴンクエストモンスターズ・ジョーカー(DS)。そろそろGTAシリーズの新作、GTAサンアンドレス(PS2)が出るので、そっちにシフトしていくかも・・・。

2.好きな大相撲の力士は?
昔ほど真剣に見てないなぁ・・・(嘆)。
把瑠都関でしょうかねぇ。今場所はケガが響いて休場になってしまいましたけど。

3.一緒に飲みに行きたいスポーツ選手は?
う~ん・・・。
そこまでというのか、知ってる選手が少ないし(汗)。

4.温泉に行くならどこ?
奥飛騨温泉郷かなぁ。近場なら長島温泉でしょうけど(笑)。

5.自分を色に例えると?
これはブルー・レッド。特にブルーは程よい濃さが好き
ドラえもんブルーくらいの濃さがいいなぁと。


○次の人への質問
・・・さすがに5つは多いので、質問は3つに絞り込みます。

①実は踊らされていたんだなぁという出来事は?
②ド肝を抜かされた出来事は?
③初めて○○したことは何?


ちなみに、この質問の答えは・・・、

①あるあるの納豆騒動。
②「がくえんゆーとぴあ まなびストレート」の1回目のエンディング。

クレイアニメって・・・。
③今日、今年初めての散髪に行ってきました。
普段なら寒いんですが、今年は暖かいんだというのを実感。

次に回す方も5人はさすがにアレなので、3人に絞り込みます。

・コリエさん(脱!三日坊主日記(o^∇^o)ノ)
・MR-Cさん(Soldier Game's)
・Phantomさん(爆突機銃亭)


以上よろしくお願い致します。

あ、質問バトンが何回も回ってきている人も、そうでない人も、このバージョン何とかというのはここでの数なので、自由にアレンジして下さい
また、持ち出し自由です。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(6)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す 

2007年01月20日

またやってくれたよ、男前豆腐店 その後

先日、スーパーの豆腐コーナーで買ってきた男前豆腐店。
そこで「お嬢ホワイト」と一緒に買ってきたのが、コレ



"Are you Jonile tonight?"ことジョニ男
キョウト・ジャパンにある男前豆腐店が出したイケテル豆腐だZEY!<おい、どうした。



で、上がNORMAL。
ふむふむ、どれもおいしそうじゃないかYO-YO<どうしたんだYO-YO?



で、前の「お嬢ホワイト」と同じように、ポン酢withもみじおろし&あさつきで試したみたYO!

う~ん、絶品だねぇ。豆腐の甘さが引き立って、いいねぇ~。


ん、下には何か書いてあるYO!



・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


ABNORMAL!OH-YEAH!



材料は豆腐に・・・、

はちみつ
きな粉with黒蜜
メープルシロップ
フルーツソース
アーンド
オリゴ糖


だZEY!OH-YEAH!<何ずっとトチ狂ったラッパーちゃんブギしてんだよ。

で、早速 試 し て み ま し た ZEY!



え、味はどうだって?
そんな野暮なこと聞くんじゃないよ、Baby!
それは、自分の お 口 で 試してみなよ、YEAH-YEAH!<もうそんなトチ狂ったラッパーちゃんギグいいから(嘆)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:26Comments(8)TrackBack(0)飲み食い系 

飯田の演歌王、キター!

今日(1/19)、名古屋では関西圏の本放送より1週間遅れで放送されている「探偵!ナイトスクープ」より。


この日の放送の2番目の依頼『飯田の演歌王』が強烈だった。
去年(2006年)、『養老の星・幸ちゃん』で、独特の歌唱力を発揮した「養老の星・幸ちゃん」。まさに約1年ぶりに出た強烈キャラだと感じてならない。


この依頼、名古屋の居酒屋でオンラインランキングのカラオケを楽しんでいる依頼人がそのランキング1位にいつも入っている「飯田の演歌王」に会いたいというもの。
依頼人自身も結構カラオケは上手いほうで、依頼時のカラオケでは97点台を叩き出していたほどだ(実際聞いてても上手いと思った)。
このランキングの1位の点数(99点台)はプロでも叩き出せないのではないかという代物だと依頼人が言うほど難しいものらしい。

で、飯田のとあるカラオケ教室とカラオケ喫茶を経営している人ということがわかり、実際に本人とご対面。

どんな歌い方するのかと思ったら・・・。


幸ちゃん以上に強烈だ(爆)。



昔、ハンディカラオケで100点を叩き出すおばあちゃんが出てきたが、あの歌い方が基本になるのかもしれないけど、それに加え、下からしゃくりあげるように身体全体を使って歌い上げてる
ただ、そのパワフルさはカラオケじゃないよと突っ込みたくもなるが(笑)
でも、それで99点台を叩きだせるのだから、捨てたもんじゃないね(ニヤニヤ)。


とにかく爆笑必至のこの依頼、早速Youtubeで上がってますので、トップページにある右上の検索に、「飯田の演歌王」と打ち込んでサーチをすると出てきます。
悶絶します。笑えます。早速総集編で取り上げられないかしら(ギャハ)。

  
Posted by alexey_calvanov at 01:12Comments(2)TrackBack(0)好きな番組系 

2007年01月19日

またやってくれたよ、男前豆腐店

つい最近、近所のスーパーへ晩ご飯を買いに行った
ダイエット効果があるということで、オイルショックの時のトイレットペーパー並に消えていった納豆コーナーを尻目に、豆腐コーナーに目が留まる。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


キター!

男前豆腐店の新作キター!




お嬢ホワイト、キター!
「女やねんけど男前」。もうキャッチやネーミングセンスがキテるよ、ハニー。<誰だよ、ハニーって!?

冬でも食べられる美味しい豆腐を目指してか、小分けにしてレンジで温め、ポン酢と一味唐辛子で温豆腐という食べ方もできるようです。もちろん、ポン酢・もみじおろし・あさつきでというクラシック(?)な食べ方もできます
今回は、後者の食べ方で。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


ホント、これぞ豆腐って感じだよ、ハニー!<だから誰だよ、ハニーって!?


そういえば、もみじおろしってチューブで売ってるんだね・・・。初めて見たよ。


ちなみに、もう一品、男前豆腐店の豆腐を買ってきました
『きちんと』仕込んでおいたよ、ハニー。<だ か ら さ ぁ 、誰だよ、(以下略)

  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(6)TrackBack(0)飲み食い系