2008年02月10日

Oh!Mt.Fuji

何で英語なのかは内緒です(ギャハ)。


富士(静岡県富士市)をすぎるあたりでアナウンスが入ったので、慌ててカメラを起動し、撮影したもの。



やや霞みたいなものがかかってますが、実際はもう少しキレイに見えましたよ。

久しぶりにきれいな富士山を拝めました。
ありがたやありがたや。<ババくせぇなぁ。

  

Posted by alexey_calvanov at 10:38Comments(0)TrackBack(0) etc 

2008年02月09日

雪中行軍

今日の名古屋はえらいことになっとりました(苦笑)。


大雪ですた(ギャハ)!

午前中、丁度「王様のブランチ」をBS-iで見てる途中、から深々と降り出してきて、同番組が終わる頃には大雪になってました


これがその時の映像(午後2時20分頃)。
激しく降っております(笑)。
午前中にはまだアスファルト面が見えてたんですが、写真の撮った時はご覧の通り真っ白(同時刻撮影)。



そんな激しく雪が降る中、まるで八甲田山に豪雪の中登山した軍人達のような無茶っぷりを炸裂させながら、名駅に行ってきました。

外に出てみると、ぶわ~っと降ってくるわ、積雪がすごいわで・・・。
これだけ降ったのも3年前の年末の時以来だなぁ(昔の記事見てもらうとわかりますが、あの時もすごい雪でした)。
家出る時からテレビのニュース速報で伊勢湾岸道全線やMAGロード(東海環状道)の一部が相次いで通行止めになってるふうだったので、電車大丈夫かいなと思ったら、下の写真のような有様になってまして。


写真ではもうすぐ電車が来るようになってますが、表示では15分ほど、実際は25分ほどの遅れになってました(撮影:午後2時47分)。



とにかく歩道はぐちゃぐちゃ、人が歩いてないところは新雪でまっさらになってました。
危うく滑りそうになったこと数回、目的地にやって参りました。


しかし、なんでこんな時に行くんだと思われるでしょうが、実はケータイの価格を確認したいがためと色々聞きたいことがあったためビックカメラに行きたかった・・・それだけのことだったんです(泣)。
いや、なに、某所でとあるケータイがタダだったのに、ビックじゃ1050円だしさ(ニヤニヤ)。


そんな雪中行軍中、竹中絵里さんの♪真っ白な雪、真っ白な未来とベタな曲を聴いてたのは内緒です(ギャハ)。
ちなみに、途中のインド料理店で雪の塊を差し出されたので、もらったら大笑いされました・・・
インド人もビックリかヨ!

  
Posted by alexey_calvanov at 22:48Comments(0)TrackBack(0) etc 

2008年02月08日

ワンピースのからあげクン

この記事の上がっている2月8日現在、ワンピースの劇場版公開記念(チケット予約キャンペーンも兼ねてるのだろう)でワンピースフェアをローソンでやってます。
そこで売っていたからあげクンの新味「BBQ味」を買ってみました。


左がその写真。
よく見ればわかるのですが、コショウの粒が見えるかと。



実際食べてみました。
スパイシーな味付けなんですが、結構美味い。
好みがあるのかもしれませんけど、私は結構好きです。
からあげクンのレッドのようにピリッとカッとくる辛さではないのですが、この味付けは病みつきになりましたね。
期間限定だと思いますのでお早めに。

なお、600円以上購入でくじが引けますが、これも早々と終わる可能性がありますので、こちらもお早めに。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック | 飲み食い系

2008年02月07日

毎度のこと急ですが

3連休の日曜に東京に行ってきます。
・・・次の日仕事で大変ですが、例の中つ国の住人こと某サイトの管理人が来日<また怒られるぞ。
・・・帰国してきまして(爆)。
今日、仕事帰りに急に電話がかかって来た時には少し焦りました(笑)。
サイトの掲示板見たか~とか来たし(大笑)。

今回は例年以上に中つ国の話題が尽きないので、何が聞き出せるのやら楽しみであります。
とりあえず、(自主規制)と徹底追及<コラ!


というわけで、日曜は色々と遅くなるかもしれません
当日は品川に行ってみるつもりです。某ローカル番組でやってた行列のできるイケメン・・・じゃなかったつけ麺屋に行ってみます。休みだったらテキトーに東京散策してきます。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0)TrackBack(0) etc 

ハマってる食い物 その40


サントリーの白いなっちゃん。


意外にもなっちゃんシリーズ初の乳酸飲料。要はカルピスみたいなものです。
最近、この商品のCM(出てる人は誰なのか私はわからないのですが(爆))で流れる村下孝蔵さんの大ヒット曲♪初恋をGOING UNDER GROUNDというグループがカバーして話題になっています


味は実にすっきりしていてなっちゃんらしい。しかしながら、ほのかに感じるオレンジの味がアクセントになっていて、普通の乳酸飲料とは一味違います
悪く言えば少々水っぽいのかもしれませんが、乳酸飲料が苦手な人でも意外に大丈夫なんじゃないのかなと個人的に思ってます。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

レギュラーなのに『ほけつ』です

今日ニュースのスポーツコーナーでこんな話題が。


馬術競技(団体)で、日本の進出が決まったことから、団体選手の一人である法華津(ほけつ)寛選手の北京オリンピックの代表に出場することがほぼ内定したとのことだそうです。
まぁ、名前が『ほけつ』と珍しいこともさることながら、驚かされるのがそのプロフィール

1941年生まれの御年67歳。あのアーチェリーの山本博選手でさえ、アテネオリンピックで出てメダルを取った時に41歳で騒がれていたのに、それを25歳(四半世紀)以上上回っていることから、競技選手としての息の長さも格段に違い驚きを隠せません。
もちろん最年長出場選手になる模様です(これまでの最年長選手は同じ馬術選手だった井上喜久子さん)
しかも東京オリンピック以来、実に44年ぶりの出場。これまたアーチェリーの山本選手よりも長いブランク(山本選手の場合はロサンゼルスからアテネまでの20年間)がありました。
それでも、法華津選手はロサンゼルスオリンピックでは文字通り「補欠」ソウルオリンピックでは選手に内定していたものの、馬が検疫に引っかかり出場を断念せざるを得なかったという事態があったわけで、その紆余曲折ぶりも並の選手以上なのかもしれません。

その法華津選手、東京オリンピック出場時の成績は個人40位・団体12位という華々しいものではありませんでした。5年前からドイツに移住し、馬術の腕を磨いていたとのことです。


ところで、日本ではどうしても馬術というのはマイナーな競技になってしまうきらいがあり昨今話題になったハンドボールよりも話題に上りにくい競技だと思います。正直私もよく知りません(名古屋には名古屋空港のある豊山町に馬術(乗馬)の練習できる施設があったという話を聞いたことがあるくらい)。
これを機に馬術がもっとよく知られてくれればとも思っています。


今回は順位よりもこの歳で出られたことに対して感謝の気持ちで挑んで欲しいのと、同じ世代の人達の代表として、そして競技生活の集大成を見せる場として頑張ってほしいものと思います。


しかし、この名前で、補欠からでも頑張ればレギュラーになれるとあやかって、サインくれとか写真に撮ってお守りにするとかそういうことが起こるんでしょうか(苦笑)?

  
Posted by alexey_calvanov at 22:29Comments(4)TrackBack(0) スポーツ 

2008年02月06日

どうしようか結構悩んでます・・・

auの春の新モデルが出揃った中、一人悩む。
一体どれがいいんだろう・・・というわけです。
今まではある程度スパッと決まってたんですが、今回ばかりはこれといった決め手がなく非常に悩んでいます。
とりあえずW61TとW61CAの2機種に絞り込んだのですが、それ以外にも気になる機種がいくつか。

で、まとめてみました。


◎W61T
メリット
・多機能で新機能が使える(個人的にau Smart Sports Run&Walk」が気になる)
・FMチューナーが付いてる
・320万画素AFカメラ
・液晶がきれい
・好きなカラーリングがある(セイリングブルー)

デメリット
・折りたたみ(回転2軸ではない)
・あまり薄くないのにmicroSD挿入口が電池パックのところにある


◎W61CA
メリット
・回転2軸(このモデルは使い出すと病み付きになるくらいいいモデル)
・防水機能
・500万画素以上のカメラ(AF付で手ブレ補正あり)
・新機能が使える
・表面がマットコーティング(つるつるしてないので、手垢がつきにくい)
。辞書機能付


デメリット
・FMチューナーがない(EZ・FMは使えると思うが・・・)
・カメラの編集関係が脆弱かも(カシオのインターフェイスは日立と同じなので)
・欲しいカラーリングがない(クチュールゴールドとモードグリーンは良さげだが)
・microSD挿入口が電池パックのところにある(仕様的に仕方がないが)


△W61P
メリット
・大画面(2.9インチ)
・薄型(12.9mm)
・ワンプッシュオープン
・開くと通話機能がある(三洋の機種以来久しぶりの機能。これは意外と便利)
・好きなカラーリングがある(ルッソブルー)


デメリット
・カメラがパンフォーカス(AF非搭載)
・折りたたみ(回転2軸ではない)
・FMチューナーがない(EZ・FMは使えると思うが・・・)


とここまでは新モデル。

しかし最近、某家電量販店で色々見に行ったところ、意外なモデルが気になってきまして
それがW52SH。
ごく平均的な機能の機種で、飛び出ているところもない中庸モデルなんですけど、これがまたイイ!最新型のAQUOSケータイ W61SHもいいのですが、こっちのほうが何かと使いやすそう。

で、これもまとめてみました。


○W52SH
メリット
・回転2軸
・FMチューナーがある
・カメラの編集機能が使いやすい(これは盲点だった)
・microSD挿入口が本体側面にある
・好きなカラーリングがある(一番はロージーレッド、次点はグレシャスブラック)

デメリット
・カメラの画素が平均的(207万画素。でもそれほど気にはしない)
・モデル的には型落ち(去年の夏モデル。でも機能は現モデルと比べてもそこそこ)


そのため、白ロム(簡単に言えば、電話番号の入ってない本体だけの端末)で手に入れば・・・なんて画策しています。
・・・さすがに、このモデルに機種変更してから、さらに新モデルのいずれかでは、コストがかかりすぎなので(爆)。


まぁ、とにかくものすごく悩んでます(苦笑)。


  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(8)TrackBack(0) ケータイ系 

2008年02月05日

レコゲー2008 2月 携帯ゲーム機編

レコゲー、最後は携帯ゲーム機の紹介です。


携帯ゲームは今までどおり。大量投入のDSに対して、我が道を行くPSP。
PSPは新型およびセットが出て勢いがあるのに、相変わらずというのは少々心配ですが、下手に打つよりかは・・・とも思えますし。悩ましいところです。


では、紹介をしていきます。


今月特に目立つのがPSPの「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威」
シリーズ2作目にあたる「ジオンの系譜」をベースにしており、初代~逆襲のシャアまでの約20年間を描いたシミュレーションゲーム。登場ユニット400機以上、登場キャラ200人以上とシリーズ最大。
指揮できる勢力は、地球連邦・ジオン公国の外に、Zガンダムから出てくるエゥーゴ・ティターンズ・アクシズ(ネオ・ジオン)が追加。シナリオが進むごとに新たな勢力(テラーズ・フリートなど)が指揮できるようになるとのこと。
また、特別仕様の本体とジオン十字勲章ストラップが入る同梱版が登場。既に持っているユーザーもコレクターズアイテム的に購入する可能性があり、即完売の恐れもある。


かたやDSでオススメしたいのは「ポピュラスDS」
PCで人気を博したリアルタイムシミュレーション。製作者は、後に「テーマパーク」・「ブラック&ホワイト」・「フェイブル」などを手がけるピーター・モリニューさん
スーパーファミコンの初期の頃に移植され、その完成度の高さとスーパーファミコンでのオリジナル要素にコアなファンが涙したらしい(後にセガのゲーム機であるメガドライブにも移植)。
プレイヤーは神になり、凸凹になった地形を均(なら)し、味方の住人を作り上げた平野に集め、強固な都市を作り、住人を進化させて、敵の住人を滅ぼし支配するというのが一連の流れ。
神であるプレイヤーは住人のフォローに終始する(例えば、戦闘になった時は天変地異を用いてトラップを作成したり、進化した都市と住民を消すために、海の底に沈めたり逆に地面を隆起させたりするなど)。
DS版では5つのエレメント(地・水・風・火・木)から一つを選び、プレイしていく。
また、その他新要素、ミニゲームやワイヤレス対戦も可能


それ以外のオススメソフトは以下の通り。


その1:「ときめきメモリアル ガールズサイド セカンドシーズン」(DS)
PS2で発売された「ときめきメモリアル ガールズサイド セカンドキス」の移植
今までのときメモと違い、女性が主人公。恋愛(いわゆる『落とす』)対象が男子生徒に変更されている「乙女版ときメモ」。
PS2版で出たキャラに2人のオリジナルキャラが登場。タッチペン操作に切り替わり、DSを縦に持ってプレイするというまるで文庫本を読む感覚で楽しめる模様

その2:「牧場物語 キラキラ太陽となかまたち」(DS)
人気シリーズ最新作。DSでは4作目。シリーズ内の作品「キミと育つ島」の続編的位置付け。
ペット・結婚候補の追加、野生動物とのふれあいができたり、Wi-Fiを介して最大4人のアイテム交換やボイスチャットが楽しめるようになった

その3:「無双OROCHI」(PSP)
PS2で人気を博した「真・三國無双」と「戦国無双」の世界観が融合したアクションゲーム
変更された点は、エリア別戦闘ではなくPS2版と同じくフィールドを自由に移動しての戦闘ができるようになった。
4月にはPS2版ではあるが続編の発売が決まっており、状況によってはPSPへの移植も行われるかもしれないので、ここで売れておくと次回作移植への布石になるかもしれない。
また、ユーザーにとっては、手軽に次回作に向けた練習ができるのと、作品を手軽に知ることができるので、次回作購入に向けたカタログソフト的位置付けで見ることもできるのかもしれない。


携帯ゲーム機編 結論
どちらかというと谷間の月。しかしながら、全くの不作ではないと推測している。
個人的にはアクの強い作品が揃ったなと・・・。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:45Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

【アーカイブ】セガサターン プラネット・ジョーカー 前編

※おことわり
この作品は、過去に私がやってたウェブページ上で公開していたものを一部手直し(改行や読みづらい部分の修正等)を加えて再度アップしたものです。
昔に書いた内容なので、当時の時代考証や解説を加えながら展開していきます。なお、More文に解説を加えています。


「サターンのゲームで一番腐ってるのは何?」と聞かれたらほとんどの人が「デスクリムゾン」と答えるだろうけど、このゲームだって負けんくらい腐ってます!

というわけで、今回はクォータービュー<ドラマティック>シューティング「プラネットジョーカー」です。


購入のいきさつ
1998年8月29日、とある人のオフ会で、私は「デスクリムゾン」を幸運にも触れることができた
あまりの衝撃(「笑劇」とも書けるが)すっかりデス様の怪電波に犯された私は、翌日、オフ会のみんなでYギワ(※1)へ向かった時、デス様探しのついでで大冒険(※2)を発見!
それに気を良くしたのか探してると、見事に発見!
そして、周囲の反対を押し切って定価の1割引で購入!
その後、彼らとあまりに腐ったマニュアルを読み、時間が来たので解散し私も帰宅していった。


マニュアルを読む
そのマニュアルへ行く前に、ある人は帯を見て欲しいね!まず!
これがあるのとないのとでは50円違ってくるね!私なら!
その帯には、

「首都の運命は、少女達の手にゆだねられた。」


・・・いやだ!こんな脱衣マージャンでもサブキャラクターっぽそうなのにゆだねるのは!
あと、このゲームはクオータービュー<ドラマティック>シューティングとあります。何でも付けりゃいいってもんじゃありません。


気を取り直してマニュアルへ。
このゲーム、パッドの他にも、シャトルマウス(※3)・マルコン(アナログコントローラー)(※4)にも対応しているという変な拡張性があります。
そんなことやるんだったら、ツインスティック(※5)やバーチャガン(※6)にも対応してくれたらいいのにと悔やまれます。

次はストーリーなんですが、これもかなり恐いことになっている

2039年5月17日 正午:東京都内に謎の軍隊が侵攻する。
(中略)外部から侵攻した形跡はなく、都内に潜伏していたと思われる。


おいおい、都内に潜伏って、それは国民皆兵制を取っている某国のクーデターか在日外国人の総決起デモか何かなんですか?
いずれにせよ、もう少しで我々がバーチャロイド(※7)やカラシニコフ(※8)が自由に扱える日も近いようです


そして突っ込みどころが一番満載なのがキャラクター紹介!

サトミ・タカヤマ少尉(女・23歳)日本人
一応特殊部隊の隊長。自衛隊に入る前はごく普通の学生。18で自衛隊に入隊。ところがパイロットテストで群を抜いた実力を発揮。特殊部隊へ。
・・・って、ちょっと待て!
普通、そんな実力あるんなら防衛大学校へ行かせるのが筋なんじゃないのか?もしかすると相当なバカなのか、夜の奉仕で(以下略)
22で今の職について、エレンとサラ(後述)の面倒を見るか・・・。
そうか!彼女達の面倒に気を取られて、上司の面倒を見ていられなかったから今の地位に止まっちゃったんだ!う~ん、ガッテン。
しかし、『あどけなさが残るが正確はしっかりしている』って矛盾してません?
あと、『ショートカットの髪と快活な性格が特徴』とか、『美少女というよりかわいらしいと言うほうが的確な表現』だなんて、まるで「これといった特徴はありません」を婉曲的表現で言いたかったのでしょうか?
国語できるね!ナグザット(※9)!

エレン・ロックウェル(女・22歳)アメリカ人
サトミの足かせ、その1。パツキン。入る前はフリーター。
運動神経は人並はずれており、パイロットテストはトップクラスで合格。
・・・こんな逸材をアメリカはなぜほっといたんでしょう?
入隊理由はスカッとしたいという単純明快さ!この人、ドラム缶3本ほどコカコーラ飲んでいそうです
そんなことしていると骨粗鬆症になって骨がボロボロになるよと言ってやりたいのですが、あえて言いません!それはゲーム編までお楽しみ!

サラ・ユーガ(女・20歳)インド人
サトミの足かせ、その2。実に一番突っ込みどころのある人物(笑)。
まず、入隊前はヨガの講師の経歴!●ウム(※10)の回し者なんでしょうか?(あ、まさか、飛行訓練中にマントラ(※11)唱えてません?
しかも、入隊理由は規律正しさを見につけるための修行!
インドってそんなに規律の悪い国なんですか!?国際問題になりかねんぞ!
さらに、典型的なインド美少女!
おいおいおいおい!核ミサイル打ち込まれないか不安になってきたぞ!
まだある。
黒い肌に黒い長い髪。って、額のポッチがなければ、どっかの日焼けサロンへ行った帰りの女子高生(※12)にしか見えませんが?

ミカ・ヤマモト(女・23歳)日本人
オペレータ兼通信担当。眼鏡っ子。サトミの同期。しかし、運動神経が弱い
普通体育1ならこんなとこ受けないよ!ところが、オペレータ職についている。
もしかすると普通の運動神経はないかもしれないが、あっちの(以下略)
そして、特殊部隊に人が足りないとの理由で一時的に配属される。さらに実力が認められたとあるが、それは上司に(またもや略)
なお、片方の目が見えなくなってます(光って)。キャプテン・ハーロックか名探偵コナンの見過ぎだと思います。

こっから先はゲームの時の絵しかない男共をかいつまんで紹介だ!

タカオ・タカスギ(男・53歳)日本人
キャラクター4人(特にサトミとミカは夜)の上司である。
子煩悩はゲームとは全く関係がない。
いかめしい外見というよりか、むしろ「その首ちょん切ってMY筆ペンにしていいですか?」と言いたくなるくらいのヒゲがある。

ジョン・マークウェル(男・66歳)アメリカ人
26にしてプロジェクトの最高責任者を務める。半分ガイコツむき出し状態になっている。しかも出てくるわりにはぱっとしない


次回はいよいよプレイします。今読んでも相当すごい文章だなぁ・・・。



  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 01:11Comments(2)TrackBack(0) ゲーム系 

2008年02月04日

レコゲー2008 2月 据え置き機編 PC編

据え置き機編、最後はPCソフトの紹介です。


今回は唯一全年齢作品があるので、そちらを先に。
その唯一の作品は「CLANNAD(クラナド) FULL VOICE」
テレビアニメが絶賛放送中の作品。今回はテレビアニメ版と同じキャストで全編音声が収録されてリメイクされているとのこと。
さらに高画像化(今までが640×480だったのに対して、今回は800×600に)とVista対応になっている。
シナリオがよく練られた作品なので、アニメを見ていいなぁと思った方は、この機会にぜひ。


さて、ここから先は、18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子は・・・。

読んでもいいけど、買っちゃダメ!

読 ん で も い い け ど 、 買 っ ち ゃ ダ メ !


読んでもいいけど、

買っちゃダメ~!



・・・はい、ご清聴ありがとうございました(爆)。


今月は年末に延びたあの作品が満を持して登場してくれるはずです(苦笑)。
その作品は「ToHeart 2 AnotherDays」
前作同2および同2XRATEDの後日談に当たる作品。
一部のヒロインキャラ以外にサブキャラだった女性の登場人物もヒロイン(メインキャラ)扱いになっている
また今作は、Leafお得意のビジュアルノベルではなく、オーソドックスなアドベンチャーになっている。なお、今回が初めてVista対応作品になる。
実はOVAの新シリーズが3月に出ることになり、ますます火が点きかねない状況下で、この作品が登場。ファンにはますますヒートアップすること間違いなしだろう。
逆にファン向け作品に近いので、新規ファンにはオススメしにくいところ。
ただ、逆に今まで出た作品と一緒に遊んでもらえるいい機会になってくれればと思う。そう考えると、前作のVista対応も視野に入れてもよかったのではと悔やまれる。


ところで、ファン向け作品といえば、本編発売を前に、この2本が今月発売します。

その1:「D.C.P.K. ~ダ・カーポーカー~」
・・・かなりふざけた名前ですが(爆)、要はポーカーゲームの収録されたファンディスク的作品
異世界に迷い込んだ同作品のキャラ達が、ポーカーゲームを通じて仲間を探したり、異世界からの帰還を模索するアドベンチャーゲーム
主題歌が♪恋のロイヤルストレートフラッシュって(笑)。狙いすぎ。

その2:「ef-Second Fan Mix」
今年春の発売を目指す同作品のファンディスク。去年の冬のコミケで先行販売された。
前編に当たる「ef-the latter tale.」のプロローグシナリオとイントロブック、「ef - the first tale」のアフタードラマ、インターネットラジオの放送アーカイブが収録。


閑話休題。
それ以外で注目したいのは、以下の2つ。

その1:「朝凪のアクアノーツ」
人魚姫伝説の残る町とそこにある学園を舞台に繰り広げられる真夏の学園恋愛アドベンチャー。
・・・何か作品の内容読んでると、某瀬戸内が故郷の任侠マンガを見ている<ぷす。
・・・グラフィックのきれいさとメリハリのあるシナリオが面白そうだと思うので、オススメしたいんですが、何か。

その2:「超昂閃忍 ハルカ」
「大悪司」等で有名なアリスソフトの最新作。「超昂天使エスカレイヤー」に似た変身ヒロイン作品。
いわゆる『しつけ』モノですが、異色なのは、そこから戦闘シーンが展開されるということ
『しつけ』モードである程度育成させて、戦い抜かなければならないので、自分好みだけではダメという(苦笑)。
ちなみに、勝っても負けてもご褒美付なのはご愛嬌。


据え置き機編 結論
いわゆる谷間の月。しかしながら、低コストでできるPS2は相変わらず元気
新世代機はその影響をもろに受けイマイチな状況。先月の作品で何とか食いつなぐというふうか。
PCは大作が出るものの、あとはファンディスク的なものに終始。探せば出てくるとは思われるものの、あまりトレジャーハンティングするには厳しい月か?


ちなみに、先月のゲーム紹介がどんだけ世間の作品紹介とすり合わせられているのか、老舗雑誌のひとつ電撃姫で確認・・・
・・・うわぁ、ほぼトレースしたような感じだったな(爆)。たぶん。
・・・まぁ、あの雑誌はキワモノ系は取り扱うことは少ないからなぁ。どちらかというとBug(自主規制)とかメガ(自主規制)とかのほうが(以下自主規制)


次回は携帯ゲーム機編です。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

春の新機種2008 ソフトバンク編 後編

春の新機種、とりあえずのオーラスはソフトバンクの海外メーカーモデルです。
いわゆる個性大爆発(ギャハ)。


⑪820SC
韓国サムスン電子製の回転2軸式の折りたたみモデル。2.8インチQVGA有機El液晶を搭載。
メインディスプレイにはタッチセンサーが仕込んであり、ディスプレイ面を上にした場合、ワンセグ視聴時に操作できるようになっている
端末内に入っているデータを横断検索できる機能「マルチ検索」が搭載。

個人的感想
ミドルレンジでありながら、最新式のmicroSDが使えるなど意外にリッチな部分もあるものの、デザインがいわゆる外国的な形になっていて少々バタ臭い
使い勝手の面は結構いいのに、見た目で損してるというふうだろうか?わかる人にはわかってもらえるモデルになるかもしれない。


⑫821SC
韓国サムスン電子製の折りたたみモデル。2.4インチの有機EL液晶を搭載したコンパクトなワンセグ視聴も可能なモデルでもある。

個人的感想
実は820SCの兄弟機的扱いなのだが、性能面では違う部分が目立ち、兄弟機とは思えないほど個性の違うモデル。
コンセプトはauで出る予定の春モデルW61Kによく似ている。
確かにコンパクトなのだが、機能的にはかなり中途半端。機能面ならハイスペックモデルのほうがいいし、同じサムスン系で考えるなら、前述の820SCでもいいと思われる。


⑬X02NK
フィンランドのメーカーで世界シェアNo.1を誇るノキアのスライドタイプ。ベースになっているのは同社初のHSDPA対応モデルでもあるNokia N95。
504万画素のCMOSカメラにドイツ・カールツァイス製のレンズを搭載。撮った後ワンクリックでSNSやブログに投稿できるシェアオンライン機能を搭載。
S!GPSナビには非対応なものの、海外の100ヶ国以上の地図が収録されている「Nokia Maps & Nokia Map Loader」が搭載されている。ウェブはApple社のSafariをベースにしたブラウザが搭載。

個人的感想
世界シェアNo.1のノキアが送り込んだ最新モデルを遂に日本でも堪能できる日が来た。
スライドといっても上下にスライドすることができ、もし海外版の機能がそのままであれば、下にスライドすればダイヤルキー、上にスライドすればデジカメ等のマルチメディア機能が起動するためのメニューが現れる仕組みになっている。さらに、ポッドキャスト機能も楽しめるようだ。
ナビ機能も、国内ではナビタイムとの連携をするとのことなので、独自機能になっていても困らないよう設計されているようだ。
唯一の心配はクセのある操作性くらいで、今までのノキアの機種にあったガイド機能は必須だと思う。
クセさえ理解できれば意外に薦めたい機種でもある。


⑭X03HT
台湾HTC製のスマートフォンタイプのスライドケータイ。ダイヤルキーとQWERTY配列のキーボードを搭載したWindows Mobile搭載機でもある。
Windows Mobile搭載機ながら非常にコンパクトで、スライドを閉じたままでもメールや音声通信が利用可能S!ミュージックコネクトにも対応している。
また、スライドしやすいようにスライドアシスト機能が搭載。

個人的感想
以前出ていた同じスライドタイプのX01HTよりも一回り小さくコンパクトになり、ゴツさがなくなった。X02HTに比べたら厚くはなっているが、キーボード配列にクセがなく扱いやすいものと思われる。
イメージ的には丸みを帯びて画面の小さいAdvanced/W-ZERO3[es]といった感じだろうか?
全体的に小ぎれいにまとまっていて、今までのユーザーにもなじみやすいモデルになりそう。

  
Posted by alexey_calvanov at 01:49Comments(6)TrackBack(0) ケータイ系 

2008年02月03日

レコゲー2008 2月 据え置き機編 どうした!新世代機編

今回は表題にあります通り、イマイチ勢いに乗れない新世代機編をお送りします(・・・といっても明暗の差がくっきりしているので、何とも言えない部分はままありますが)。
こう書くのも、新世代機のソフトラインナップが10本前後と異常に少ない。いつもの商戦の谷間に入っちゃってかのよう(実際はそうなることが多いんですが)。まだまだ新世代機の開発期間やコストがかかることから考えれば仕方のない部分もありますが、ここまで極端なのも珍しい。

というわけで、こんな極端なまだまだ山猫的な新世代機を見て行きます。


まずはラインナップ数が多いWiiから。

基本、Wii=ファミリー層がいまだに目立つハードなんですが、今月は全くそれを感じさせないゲームが揃いました

まずはウイニングイレブン プレーメーカー2008
今までのウイイレとは違う直感的でWiiリモコンを最大限に生かした操作が今作の大きなウリ。オープン選手やフリーの選手を使った組み立てのできる、いわゆるサッカーらしいゲームに仕上がっている。
チュートリアルも充実しており、独特の操作性に対する配慮もバッチリ。
ちなみに、マリオの生みの親でもある任天堂の宮本茂さんも注目している作品

もう一つはお姉チャンバラRevolution
ご存知、シンプルシリーズから飛び出した血がドバドバ出て、とあるハードで出た時にはZ指定を食らったり、レーティング強化の際にはZ指定にランクアップしたことのある作品が、一番似合いそうもないWiiに参入
でもこういうアダルトなゲームも出ないと、ハードの広がりがなくなってしまって視野狭窄的になってしまうんですよね・・・。
で、内容はWiiリモコン(ヌンチャク)をブンブン振り回す爽快アクション・・・ってそのままやな(爆)。ただブンブン振り回すだけじゃなく、二刀流や見切りなどといった独特のアクションがアクセントにもなるので、本当の剣術をしているかのような雰囲気も味わえるかも。

Wii最後は「メダル オブ オナー ヒーローズ2」(Wii・PSP)
日本にFPSを広めるきっかけになった作品で、任天堂系ハードではゲームキューブで出て以来、約2年半ぶりの作品。しかも据え置きではWiiのみで出るという極めて珍しい販売体系
忠実に再現された戦闘シーンを軸に与えられたミッション(主目的)クリアすることで戦局が有利になるアドバンスミッション(副目的)をクリアしていくFPS
また、弾丸無制限のガンシューティング感覚で楽しめるアーケードモードが搭載され、よりシンプルに楽しめる。
Wiiに関しては、独特の操作感覚でFPSというよりはガンシューティング風に仕上がっている
そのためか、Wiiザッパーセットも販売Wiiザッパーが今現在オンライン販売のみなことを考えると、この作品をきっかけに手に入れてもよし、「ゴーストスカッド」・「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」で既に手に入れている人ならば、他の作品の協力プレイや対人プレイ用のセカンドガン用として買っておくのもいいだろう。
ちなみに、Wii版では32人までのオンライン対戦可能(ただしWi-Fiは非対応で、独自サーバー利用)。


お次はPS3。
・・・何か初期型狂想曲を奏でてる中、かなりなめたラインナップです(爆)。

その中で唯一推せるのはロストプラネット エクストリームコンディションのみ
元はX様で人気を博したTPSタイプのアクションゲーム。後にPCでも移植された。
主人公キャラモデルに韓流スターのイ・ビョンホンさんが使われたことでも有名に。
PS3版では、全てのマップ・隠しキャラが公開され、オリジナルキャラも操作可能に。


最後にX様。
これまた少ないラインナップの中で推せる2本を紹介。

その一つがBIOSHOCK
バイオハザードの起こった海底都市に偶然にも潜入した主人公が、生存者の助けを借りて脱出するアメリカで大ヒットしたFPSライクなRPG
プラスミドという特殊能力を利用して難局を突破していこう。
とにかく、アメリカらしい濃いゲーム。しかしながら、FPSとは一風変わった作品なので、ちょっと飽き気味の人にもオススメ。

もう一つはアイドルマスター ライブフォーユー!
実は、日本のみでの発売でありながら、ダウンロードコンテンツのダウンロード数が全世界トップ3に食い込んだ驚異的な実績を持つ育成シミュレーションの続編的作品。
実際は育成シミュレーションではなく、いちファンとなってライブを盛り上げるシミュレーションに変更され、どちらかというとライトな仕上がりになっている。
とにかく、今や初代X様のような洋ゲーとFPSが中心という凝り固まったジャンル形成をしている中、こういうジャンルの作品は(違うような気もするが)重要で、視野狭窄による先細りを少しでも防いでくれればと思っている
もっとも、多彩なジャンル供給こそが安定した売り上げを望める唯一の近道でもあり、ベストな流れなのだが・・・。


というわけで、勢いのない新世代機はこのへんにしておいて、次回はPCソフトの紹介です。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:40Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

投稿1000日突破!

2005年5月19日、au one ブログ(当時DUOBLOG)が始まり、その始まった日の夜に書き始めていったわけですが、色々紆余曲折悲喜こもごも交じり合った結果、遂にこの日がやって参りました


書き始めてから

1000日目です!



・・・そんな胸を張ることじゃない?ごもっともで(泣)。

まぁ、最初はDUOBLOGの最後まで見届けようという趣旨で始まったわけですが、そのDUOBLOGもau one ブログに去年の秋変わり、一応その目的は完遂したんだろうなぁと思ってはいたんですが、それでもまだサービスは続いてるんだぁ・・・なんて思いながら今に至ってるわけです(苦笑)。

挫折しそうになったこともありました。ボロボロになってた時もありました。ネタがねーと慌てふためいたこともありました。身体の調子が悪い中でも、身内の不幸があった時でも、どんな形であれ残していくという意思だけが突き動かしてくれていました
いつもなら三日坊主で終わる人、ウェブページの開設だって(ネット環境が脆弱だったことも相まってた部分はありましたが)不定期どころかめったに手入れしなかったのに、何でこれだけ続いているのかいまだにわかりません(笑)。


とにかく、今まで一片の途切れもなく(時々怪しかったりしましたが(爆))、ここまで書き連ねて来れたのも、ひとえにここを見てくれている訪問者のおかげなのでしょう。そして、こんなたわいもない文章のサイトにコメントを残してくれた訪問者の中のごく一握りの皆様のおかげでもあります。本当に感謝以外の何者もありません。


本当に時間割いてくれて

すまんことです(爆)。



・・・みんなヒマじゃない中見てくれてると思うと涙が止まりません。ずっと心の中で謝り倒しです。ホントに。
・・・そんなこと言っても、これからも続けるこんなおバカさんをよろしくお願い致します(ギャハ)。<反省の色なしだな(ギャハ)。
とりあえず、●ー●ーの「ホームページ広場」みたく、なくなるまで頑張ってみようかなと<一生無理だろ(ギャハ)。


最後に、せっかくここまで来た記念というとアレですが、昔書いたレビュー記事がアーカイブしてくれているサイトからサルベージできたので、本当は今日からと思ってたんですが、時間も時間で、書き上げたい記事もあるので、明日から不定期にやっていこうと思います
・・・文章的にはかなりありますし、かなり解説を入れないと理解不能な文章ですが(爆)、昔こんなひどいこと書いてたんですよというある意味DQNな文章を白日の下に晒す予定です(ゲラゲラゲラ)。
乞うご期待!<したくねー。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:06Comments(6)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す 

2008年02月02日

春の新機種2008 ソフトバンク編 中編

ソフトバンク中編は8シリーズの一部(日本メーカーモデル)を紹介。


⑥コドモバイル 820T
ソフトバンクの子供向けケータイ「コドモバイル」第2弾。
デザインが一新され、カラフルなイルミネーションや東芝オリジナルキャラくーまんやスヌーピーなどのキャラも登場。Flashゲームも搭載されている。
時間割ツール・GPSを利用したイドコロメール・大音量防犯ブザーといった主なターゲットになる子供向け機能も充実。ウェブサイトの意図しない閲覧を制限する機能が標準搭載されている。

個人的感想
前機種に比べてポップなデザインに変更されている。前機種がいかにも子供向けといった機種だったので、肝心の子供にもいいウケがなかったものと思われる。
これだけポップなデザインになれば、子供やティーンエイジャーにもウケるかもしれないし、本来のターゲット層から外れる大人にも外観だけでいいなぁと思わせてしまうかもしれない


⑦かんたん携帯 821T
ソフトバンク初のシニア向けケータイ。
独立したワンタッチキーを備え、全ての画面ででか文字表示を行うほか、キーがLEDで光るようになり、次への操作をアシスト(ナビゲート)する機能も備えられている。
一番違うのは、メニューやキーに書いてあるモバイル専門用語やカタカナ言葉をわかりやすい表記に変更している。

個人的感想
今まで文字の表示がでかくなったり、メニュー表示をシンプルメニュー表示にするなど小手先でのシニア対策をすることが多く、シニアにはあまり目を向けてこなかった(特にボーダフォン時代はその傾向が強かった)が、遂にシニア向けケータイを出すことになった。
富士通から出ているドコモのらくらくホンⅣをモデルにしているようで、実によく似ている。特に十字キーやボタン配置はそれにそっくりだ。
今までシニア向けケータイを出していなかったソフトバンクとは思えないくらいに使い勝手に配慮した丁寧な作りをしており、ソフトバンクの本気度が伝わってくる。
なお、シニア向けながらmicroSDカードが外部メモリとして使え、ただの電話機としてではなく、モバイルデジカメとしても使ってもらえるようになっている。今や当たり前ではあるが、シニア向けではこの機能が削られる傾向があるので、非常にうれしい配慮でもある。


⑧822T
ソフトバンク初の防水機能が搭載されたモデル。IPX5/IPX7程度の防水機能が備えられた。

個人的感想
ソフトバンクでは初めて防水機能が備えられたことだけが大きくフィーチャーされているが、ワンセグやBluetooth、高速通信、おサイフケータイといった、さらにプラスした機能が全くないことは非常に残念。とにかく防水だけつけましたからこれで我慢して下さい的な雰囲気が見えてしまう。
とりあえず、風呂場や水回り先でメールや電話をしたい人が対象と割り切るしかないのかもしれない。


⑨THE PRMIUM TEXTURE 823SH
THEPREMIUMシリーズ第3弾。同シリーズの820SH/821SHをベースに仕上げた決定版モデル。
機能面は前2機種と同じなものの、ワンセグの受信の安定性が向上し、十字キーと決定キーとの間の溝は違いがわかりやすいように深くされた
テクスチャーパネルは本物の牛革・木・カーボンのほか、京友禅や京漆器の老舗が手がけるものも登場。
またそれとは別に、ティファニーとのコラボモデルが存在し、400個前後(合計20カラット以上)のダイヤモンドをプラチナの台に乗せた特別モデルが10台限定で販売される(ソフトバンク原宿で展示。販売方法の詳細は後日発表予定)。

個人的感想
820SH/821SHとこれといった大きな違いはなく、唯一大きな違いになりうるのは専用パネルの存在くらいだろう
どちらかというと高級感を漂わせるモデルに仕上がっているが、カラーリングに関してはブラックとシルバーの2色と非常にシンプル
欲しいパネルがある人はこの機種でもいいが、それ以外ならスルーしてもいいかも。


⑩822P
厚さ8.9mmのフルフラットタイプのストレートモデル。機能的な面は820P/821Pと同じ。

個人的感想
とにかく薄い。同じ時期に発表された920Pを除いて(それでも18.8mmと薄いほうではあるが)、薄さのパナソニックと呼ばれてもおかしくないくらい、薄いモデル作りに徹底したこだわりが見られる
どちらかというと、薄いケータイも作れるという技術的アピールするための側面が見え隠れするためか、機能的には冬モデルで出た同社の機種とあまり変わらない。
それでも、サムスン電子が薄さをアピールするために出した頃のインパクトと同じだけのものを与えたのは事実。日本メーカーでもここまででことは何かしらの発奮材料になったことだろう。


次回はソフトバンクの海外メーカーモデルの紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

レコゲー2008 2月 据え置き機編 まだまだ勢いの止まらないPS2編 後編

PS2の後編はいわゆるギャルゲーの紹介です。


今月ギャルゲーでも注目をしておきたいのはキミキス(エビコレ+)
発売されるや大ヒット。コミック化に続いて、去年の秋にはアニメ化され、現在佳境を迎えております。
いわゆるベスト版なんですが、ベスト版と言うのをはばかられるような改良版かつおまけ付
操作環境の変更(メッセージスピードが4段階に変化。任意での壁紙変更など)やバックログ機能の追加話題袋の編集(消す機能の追加)がやりやすくなり、またこのゲームのウリでもあるマッチング会話も敷居が下がりました
総合的に難易度も敷居も下がり、価格が安くなっただけでなく遊びやすくもなりました
さらにおまけも充実し、バレンタインを意識した特典も含まれ、これで4000円を切る価格のなのは少しもったいないくらいです。


このキミキス以外にもアニメ化された作品がゲーム化するのがもう2つ

最初はD.C. ~ダ・カーポ~ the Origin
去年の年末まで秋の新アニメとして続編にあたる「ダ・カーポⅡ」のアニメが放送されていたが、今回のは最初の作品の移植以前にもPS2で販売されているが、今回はオリジナルに近いキャスト、シナリオを可能な限り再現しているとのこと。
新作が春から始まることもあり、また続編の移植も決まっているので、これを機会に遊ぶファンや、原作と同じふうにするということで、純粋に懐かしみたいコアなファンも飛びつくと思われる。

もう一つはナイトウィザード ザ・ビデオゲーム ~ディナイアル オブ ザ ワールド~
元はテーブルトークRPGで、秋にアニメ化。つい最近(2/4)までキッズステーションでも放送されていた。
ジャンルはアドベンチャーでキャストはアニメ版と同じ。オリジナルキャラも出てくる模様。


ここまでアニメとのマルチメディア的な作品が目立つ中、異彩を放つのは吸血奇譚 ムーンタイズ
はめろめろキュート発売のPCゲーム(18禁)「ドラクリウス」
当初発売はインターチャネル・ホロンだったが、ガンホー・ワークスに一部事業が譲渡されたため、ガンホー・ワークスでの発売になった経緯がある(インターチャネル・ホロンも当初の関係からチラシ等で掲載されている)。
シリアスとドタバタが一度に楽しめる、人と吸血鬼の戦いを描いたアドベンチャー。
・・・実際D指定されるくらい、エロいわ(笑)。特に原作(爆)。
ただ、シリアスとコミカルのメリハリがくっきりしているので、昨今の深夜アニメで一部この傾向が強いことから考えるに、かなりコアなファンには大ウケではないのかと。


次回はこのままエ●ゲを含むPCへ向かいたいところですが、抑えて(苦笑)このまま新世代機紹介に向かいます。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:24Comments(2)TrackBack(0) ゲーム系 

春の新機種2008 ソフトバンク編 前編

春の新機種、最後はソフトバンクの機種紹介です。
ソフトバンクは、ブランド名変更をしてからは物量で攻めるだけでなく、値下げ・0円等価格面での安さをアピールするという戦略を取ってきていますが、今回も安さをアピールする戦略と端末のバリエーションの多さで積極的に攻めてきています。このアグレッシブのよさは4・5年前の音楽をメインに売っていったauの頃と非常によく似ており、これまでの大躍進はボーダフォン時代には全く想像もできなかったことでもあります。


さて、ソフトバンクは、先程も書いたように、端末面と価格面で見ていくことが重要になってきます

端末面では、かなり機種がギミックに富んでおり、ワンセグ端末もau並に積極的。
当時はトリッキーだった回転2軸はもちろんのこと、WオープンスタイルやQWERTYキーボードのみがダイヤルキーに代わって配置されている機種も登場するほど。また、株取引ができる機種も登場します。


価格面では大きな動きが2つほど。
一つは学生を対象にした割引サービス「ホワイト学割」
新規契約から3年間は基本使用料は無料。月賦払いで発生する端末代以外は使った分のパケット通信料(パケットし放題加入時は最高4410円)とS!ベーシックの使用料のみで利用できるかなりリーズナブルなプラン(契約はホワイトプランの一部)。
今まで学生を対象にしたサービスはauのガク割の独壇場だっただけに、どれだけ切り崩せるのかが注目されるが、対象年齢がauのそれより不確定なところが多く、3年目以降の更新はできないようなので、非常に中途半端なプラン設計になっている。さらに期間限定のプランなので、恒常的に行っているauのガク割と違い消極的とも取れる。
恐らく採算性の面で非常に苦しいのではと推測されるのですが、中途半端にやるのなら・・・と思っているユーザーもいるのではと思います。

もう一つは一部地域で実験的なサービスで始めたソフトバンクモバイルの関連会社Yahoo!BBとのIP電話間の通話がタダになるサービス「ホワイトコール」
全国展開はもうしばらく先になるらしいです。


では、新機種の紹介。まずは9シリーズの紹介です。


①FULLFACE2 921SH
フルスライドモデルの第2弾。
タッチセンサー部分がAV関連のみだったが、今回はモーションセンサーも搭載され、振るなぞるとの操作でワンセグ起動やカメラ起動、ウェブページのブラウジング等ができるようになった

個人的感想
シックな色合いが多いフルスライドモデルが更なる改良を加えて帰ってきた。
あらゆる操作がタッチパネルやモーションセンサーでできるようになったので、いちいちスライドを上げるという煩わしさがほぼ解消された。
画面も大きくなり、見やすさときれいさ(注:3.2インチワイドVGA液晶搭載モバイルASV対応)を求めるなら、この機種だと思う。


②インターネットマシン 922SH
ケータイ史上初の横開きオンリーのモデル今までダイヤルキーだった部分がQWERTYキーボードになっている。
HSDPA搭載かつPCサイトの読み込み容量制限が撤廃されている。また3.5インチのワイドVGA液晶搭載

個人的感想
スマートフォンとまではいかないものの、インターネットが手軽に楽しめるケータイが遂に登場した。
小さい機種ながらもQWERTY配列がなされており、かつ十字キー・決定キー・Y!キーなどのケータイ然としたボタンもきちんと配備されている
なお、閉じたままでも着信することは可能なものの、発信は基本的に着発信履歴を追う形になり、音声端末としてみた場合は非常に厳しいものを感じると思われる。


③920P
ソフトバンクとしては初めてになるWオープンスタイルのケータイ。ワンプッシュオープンで縦に、手動で横方向に開けることができる。横画面では動画再生・ウェブ閲覧・ワンセグを視聴することが可能。
液晶はパナソニックのテレビ部門が製作した「VIERA」の技術を応用して作られたモバイルPEAKSプロフェッサーが搭載
それ以外にも507万画素手ブレ補正機能付のカメラ、HSDPA、Bluetoothなどほぼ全部入りになっている。

個人的感想
モデルになっているのはドコモのP905i
デザインはほぼ一緒ながら、カメラ機能が向上していたり、Bluetoothなどソフトバンク独自の高機能が詰め込まれている。auで出る予定のW61Sの時と同じく、これがソフトバンクで・・・と思っていた人には待望の機種になるだろう。
なお、基本は折りたたみのケータイになっているので、横に開けてもダイヤルキーが出てくるのみである。


④921T
回転2軸を搭載した折りたたみモデル。東芝のテレビ部門が製作している「REGZA」の技術を応用している2.8インチ有機EL液晶を搭載。
ソフトバンクでの東芝オリジナルキャラのくーまんも搭載。

個人的感想
920Pのようにほぼ全部入りのケータイ。ただカメラの機能が若干下回っているなど若干異なる部分はある。
19.4mmとソフトバンクモデルの中ではやや厚ぼったいながらもすっきりしたフォルムを持っており、機能面では920Pとほぼ遜色ないため、本命機種の一つに考えておいてもいいだろう。


⑤920SH YK
920SHをベースにしたサイクロイド方式の折りたたみモデルで、株取引がすぐに行える端末
株取引はソフトバンクと係わりの深い会社で、ライブドア問題でホワイトナイト(買収される企業側に友好的な関係を持つ第三者のこと)役を引き受けたことで話題になったSBIホールディングスの連結子会社(今年の8月以降完全子会社化される)SBIイー・トレード証券が担当

個人的感想
基本的な機能は920SHと変わらず、ワンセグも普通に視聴できるので、取引時間内であれば、株式ニュースを見た後に投資もしくは取引先の売り買いを決めるということも可能
色は黒一色のみで、あくまでビジネス向けという認識を持ったほうがよい。


次回はソフトバンクの8シリーズをメインに紹介予定。

  
Posted by alexey_calvanov at 02:49Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2008年02月01日

レコゲー2008 2月 据え置き機編 まだまだ勢いの止まらないPS2編 前編

今年は4年に一度のうるう年、俗に言う(夏季)オリンピックイヤーにもなる、なので、日数が1日多い2月です。


この月というのは、最近の決算月での発売ラッシュ回避のためか急激にラインナップが増えてくるというのがここ数年見られます。なので、たまにこの月にいいソフトが固まって、3月に尻つぼみになる・・・ということが往々にして起こったりします。
ところで、そんな状況下の中でも、相変わらず元気なのがPS2
PS3の20GB/60GBモデルが飛ぶように売れたのは、PS2本体が壊れた時の保険だとかメモリーカードの購入の煩わしさがなくなるからだとか揶揄されそうな勢いで相変わらず数多くのラインナップを出しています
恐らくこうもラッシュになるのは、ピークが過ぎて、酸いも甘いも知り尽くしているからポテンシャルが引き出しやすいというのも相まってるのだと思います。昔に比べれば開発費も安いでしょうし。


さて、そのPS2の一番の注目はガンダム無双 Special
PS3・X様と新世代機で登場していた作品がPS2に『逆移植』
スペックでは明らかに劣るPS2でギリギリのラインでPS3並の動きを再現。先述のPS2のポテンシャルを遺憾なく発揮した作品に仕上がっています。
今回の移植に伴い、かつてSDで人気を博した武者ガンダムがリアルモビルスーツになって参戦。しかも新世代機版では隠し扱いだった武者ガンダムは最初から使え、同Mk-Ⅱはシリーズ通じて初参戦となります。
彼らが出てくると、まるで無双シリーズと見間違えるようなふうになってしまいました(笑)。

逆に旧ハードから『次世代機』になるPS2に移植されることになったのが、ナイツ into dreams...
もう10年以上前に発売されたセガサターンのアクションゲーム
独特の操作感覚とゲーム性、そして今も語り草になっているプレイ頻度(いわゆるやりこみ具合)で曲調の変わる幻想的な音楽とその世界観が有名。
プレイしたことのない私でさえも、主題歌の♪Dreams Dreamsが大好きでCDを探したほどです。
コアなファンが多かっただけに、今回のリメイク版がどうなるか気になるところです。

同じようにファンが多い作品といえば、DDR(ダンスダンスレボリューション)シリーズの最新作DanceDanceRevolution SuperNOVA2
アーケードの移植でもあるこの作品。そこからの70曲以上の曲以外にも「天元突破グレンラガン」やDSソフトの「タイムホロウ」(3月発売予定)からの曲も原画ムービー付で収録されるとのこと。


ここまではシリーズモノや移植モノばかり。じゃあオリジナルはどうよということで、紹介したいのがポイズンピンク
「サモンナイト」シリーズを生み出したバンプレストとフライトプランのコンビ作品。
独特の世界観、ゴシックかつダークファンタジーさが大きな特徴のシミュレーションRPG
複数のキャラからプレイヤーを選び、魔じん(上に神、下に人と書く文字)のいる世界に向かう。そこでは魔じんを倒してもよし、自分の配下のように扱うために捕らえてもいいようになっている。時には擁護者といわれる人物を助け出すことで、魔じんとの戦闘が有利になったり、レアアイテムをくれることも
有名なイラストレーターが手がけるというのあって、かつ大量のスポットCMが打たれているので注目度はかなり高いと思われる。


次回は後編。末期になると活発になるギャルゲーです(笑)。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系