2009年07月31日

また今年も辛いカレーの時期でございますか

今年も暑い夏がやってきた・・・と書きたいところですけど、なに雨ばっかって
時には涼しいを通り越して寒いんですけど(爆)。家の風通しがよすぎるのか何なのかよくわかりませんが、ホント時に寒いことがありまして。
まぁ、そんな冷夏まっしぐらな中でも、あのカレーはそれをうむとは言わせない雰囲気でご登場です。


辛いカレーでおなじみのグリコのLEE(リー)、期間限定の30倍です。
今回はそれにアマゾンの辛い唐辛子10%を含めた激辛ペースト入りとなっております。


さぁ、例によってレトルトを煮込んで、ぶっかけました。
相変わらず人が見たら殺人的な色してるなぁ。



では、食べてみましょう。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


確かに瞬間的には辛い
でも、耐性が付いたのか、すぐに引くようになったよ(爆)。この記事書いている今でも腹が温かいです(ギャハ)。<オマエ大丈夫かそれ。
今年のカレーは辛いと絶句するほどのものでもないことが判明。これはもしかしたら、普通の人でも大丈夫かもしれない。<この発言に対する補償は一切致しません!
・・・今度ココイチの辛さを2ケタ近くに上げてみようかしら?<この発言の補償は求めても問題ありません(ギャハ)!

  

Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(4)TrackBack(0)飲み食い系 

ガンダムイベント ギャラリー②

引き続きミュージアム内のイベントで撮った写真の紹介。


ガンダム放送前のシナリオ段階から放送時タイトルの変遷をまとめたもの。
これを見ると、シナリオ段階から同じタイトルで進行していったものはわずか10回しかない



シナリオ段階の資料より。
よく見るとジオン軍の人達の顔色や衣装の色がすこぶる悪い(爆)。それこそ70年代アニメの典型的な(毒々しい)色をしている。
ザクなんてものすごく派手なカラーリングしているし・・・。こんなの(以下自主規制)。


ガンダム第1話放送時のタイムテーブル。
このタイムテーブルは名古屋テレビ・テレビ朝日といった主に東日本のタイムテーブル当時ABCテレビ(朝日放送)やKBCテレビ(九州朝日放送)など西日本のいくつかの局は金曜日の同じ時間帯に放送している。
しかしそうそうたる中にあったんだなぁ・・・。



ミュージアム裏側(つまりは「ガンダム大地に立つ!!」のジオラマの裏手)には、サンライズ(当時:日本サンライズ)が所蔵していた当時実際に使われた貴重な絵コンテを公開してました。左端から第1話、右端に最終話になる構成で並んでおりました。


シナリオ段階の台本。最終話「ガンダムよ永遠に・・・」放送時タイトルは「脱出」)のラスト部分。
シャアが行方知れずになっているとはっきり書かれている。実際はそのようなナレーションはなく曖昧なふうになっていた。



当時の名古屋テレビの社旗。
当時は11チャンネルの名古屋テレビと呼ばれていたんだぜぇ。しかもガンダムに合わせたのか、当時(80年代)局のマスコットは宇宙坊やって言ってたんだぜぇ(爆)。



そういえば、企画段階の貴重な資料も公開されていました。
その中には没キャラになった八丈志摩(後のミライ・ヤシマの原型になる)が異様にかわいかったですなぁ。今でも十分通じるキャラです。

しかし、シャア以外はすごい名前でしたよ。
ブライトなんて英進太郎、アムロなんか本郷東だし(苦笑)。
さらにギレン・ザビは頭に毛がないし(爆)。


ロボットエリアそばにあったジオラマ「オデッサ上陸作戦」より。
見て圧巻なくらい激しい戦闘を再現しています。



よく見るとガンダムが・・・。



都市側から。



裏手から撮影。
いやぁ、すごく作りこまれております。




  
Posted by alexey_calvanov at 20:03Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2009年07月30日

ガンダムイベント ギャラリー①

ここからは、ミュージアムなどのコーナーで3日間展示されていた様々なものを撮って参りましたので、この場を借りて紹介。


第1話「ガンダム大地に立つ!」をモチーフにしたジオラマ。
今まさにガンダムが立ち上がらんとしています。



同じジオラマを別アングルより。
どこから撮っても絵になりますなぁ。


そのジオラマの反対側にあったのが、もう一つのジオラマ「ザク大量生産」
ジオンの名実ともに主力機(初期の頃は最強のモビルスーツ、中盤以降はやられメカ(爆))になったザク(正確にはザクⅡ)のロールアウトの一場面です。



対比でみてもらうとわかるように、いかにモビルスーツがデカかったかがよくわかる貴重なジオラマ
なお、様々なモノが写っているのはご愛敬(爆)。
ここは暗所にして写真を撮りやすいようにすればなぁ・・・。



このようにしてザクが最前線へと送りこまれていくのです。



では、ここからはミュージアムコーナーの中に入っていきましょう。


ミュージアムコーナー右端には、歴代のガンプラと今回限定で売られるガンプラが展示


連邦軍の主力モビルスーツだったガンダム・ガンタンク・ガンキャノンがセットで入ったクリアカラーのガンプラ「V作戦セット」。



こちらはジオンの赤い彗星シャアが乗ったモビルスーツ、ザク・ズゴッグ・ゲルググがセットで入った「シャア専用MSセット」




今回のギャラリーの中には、ガンダム大好き芸能人のお宝も。
その中で、ガンダムの全43話を彼らのトークなどを挟んで放送した「朝までガンダム」の司会者の一人で、お笑い芸人の若井おさむさんのステージ衣装
すべてコントの時に着ていたものだそうで、特にアムロの私服は作ったそうです。


作ったといえば、初期の頃のアムロの連邦軍の軍服は、学生時代の友人のジャージをもらって作ったものらしい
かなりボロボロで年季が入っています。





  
Posted by alexey_calvanov at 22:43Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2009年07月29日

僕たちには帰れるところがあるんだ。こんな嬉しいことはない・・・

もうこれを出されたらタイトルにするしかないだろうて(泣)。



というわけで、3日目。思いっきり寝坊してポートメッセなごやを半周する憂き目にあったあの日でございます(大泣)。
その後もズンドコ増えていったらしいです。前の日に(購入中に聞いた)アナウンスで流れた土産購入の5時間待ちも参ったんですが、急に暑くなったあの日の列もキツかった・・・


3日目に関してもステージに尽きますね。
ポイントは午前中(午後にも行われている)の「再開!アムロ・シャア・ララァ ~声優30年の時を越えて~」と前日にも行われていたライブですね。

前者はシャア役の池田さんがいい味出していました
アムロ役の古谷さんに「これだけ大勢の人の前だと上手くしゃべれない人なのに、これだけ機嫌だいいだなんて」と言われるほど。しまいには出されている水がお酒じゃないのかと疑われるほど(笑)。
そして、最後に一言求められた時に、池田さんが感極まって涙を流すシーンにはこちらももらい泣きしそうになりましたよ
様々なところで、シャアという役の重みを訴えてましたし、初日の脇役達のトークショウでもよく出ていたのですが、鈴置さん(注:同作品のブライト役。2004年死去)を惜しむ声がちらほら挙がっていて、池田さん自身も飲み友達としての思い出を語っていたから、そのことを思い出したのかもしれません
あ、潘さんさんはおちゃめな方でした(爆)。

後者は森口さんだよ。
ガンダムの名曲2曲を歌ってくれました。
しかし、とてもZでデビューしてから20年以上たっているとは思えない・・・。昔の写真を見てワーキャー言わなくなったのは、芯が強くなったなとも。


さてここからは、ステージ前にあった面白いものを写真に収めてきました。


ステージ遠方にいる人向けのスピーカーにあったアムロの等身大。



大佐、いけない(爆)!<何がだよ!



午後5時15分、すべてのステージイベントが終了。
それを機に、撮影禁止になっていたステージ撮影が解禁に。冒頭の写真もその際に撮ったものです。


ポスターなどで使われたガンダムのイラスト。



実はガンダムのホログラムも浮かんだ連邦のエンブレム。



同じくシャアザク。


同じくザクのホログラムが浮かんだジオンのエンブレム。



全体的にイベントステージありきでしたね。でもそのステージがやはり貴重で、既に何度も語られていたものだったとしても、生でそういう話が聞けるのはこの上ない光栄なことでもありました
ミュージアムは1日あれば十分回れるんですが、貴重な資料が掲載され、ほとんど写真撮影可能だったところに太っ腹なものを感じましたね
あ、ミュージアムの写真に関しては次回紹介します。

なお、ロボット工学の歴史や宇宙に興味を持ってもらうと企画された展示も趣があってよかったですね。特に子供が見るといい企画でした。


・・・これで、雨に降られなければ最高だったんですけど(汗)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:27Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2009年07月28日

あなたはカレー派?ラーメン派?

今更ながら今週のトラックバックテーマ(爆)。
・・・今週色々と目白押しだったもの(汗)。


さて、どっちも好きなのは好きなんですが、敢えて言うならカレー派です。
固形ルゥから作りだすもよし、スパイス調合から始める本格派に走るもよし、それこそレトルトや店のカレーをテイクアウトで買ってくるという手軽なのもこれまた美味しいというのが主な理由。

基本カレーに外れなしだと思いますよ。どんな材料にも合うし、アレンジも利きますしね。
ちなみに、カレー粉というのは西洋料理オリジナルのものらしいですよ。それをアレンジして使いやすくしたのが今日の日本のカレー粉ならびにカレールゥなわけです。


そういえば、愛知県にはカレーに関しては外せれない事象が2つある

一つはオリエンタルカレー
創業の地は名古屋市中村区。そして日本で初めてカレールゥにマースチャツネが入ったんだぜぇ(爆)。
・・・まぁ、♪オリエンタルの唄とともにオリエンタルカレーが全国を席巻したという話が一般的(恐らく50代以上の人は知っているはず)ですが。あと、「ハヤシもあるでよ~」のCMがやってたのもここだし。

もう一つはココイチでおなじみのCoCo壱番屋
創業の地は愛知県一宮市。最近はプレミア志向のカレー屋を作ったりあんかけスパゲティやカレーパン販売なんかも行っているようですよ。
初期の頃は大盛りメニューとか激辛メニューで話題をかっさらっていったんですが、今はトッピングの多さと味のよさで人気をつかんでいるようです
意外にも独立制度が完備されており、一定レベルを持った店員はのれん分けできるというシステムを確立させ様々な飲食店に普及させたのはあまり知られていないかも。
もっと知られていない話として、創業者の宗次さんはボランティア精神が旺盛な方で、夫婦(奥さんも慈善事業に積極的だったとされる)の資金で慈善団体(NPO法人)を立ち上げたり、自らのクラシック好きが高じて、クラシックの普及のために名古屋市内にクラシックホール(宗次ホール)を立てたりと文化事業に積極的な人でもあります。


というわけで、カレーは非の打ち所のなく美味いのであります。
・・・まぁ、カレーラーメンが食えればもっとも文句はないのだが(爆)。<おい!

  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | 飲み食い系

ああ、刻(とき)が見える

さて、食い物系の土産以外にもガンプラやポスターなどの土産があったわけですが、私自身が買ったのは、いわゆる名古屋限定モノと思われる土産。それをいくつか紹介。
ちなみに、ガンダムうちわやショッパー(袋)も買っているのだが、メ~テレケータイサイトでダウンロードできる待受画像とほぼ同じものなので割愛

こちらは名古屋弁でガンダム語録が書かれたうちわ
「ザクとは違うのだよ!ザクとは・・・」が基になっています。
かのランバ・ラル大尉が言った言葉ですな。


同じくもう一方の面。
ナレーションの永井さんの名ゼリフ「君は生き残ることができるか!」が基になっています。
・・・何か、地元ローカルタレントの宮地さん(注:宮地佑紀生。名古屋では朝の顔で有名。かつては「ミッドナイト東海」というラジオ番組の名物DJだった経緯もあり)が言いだしかねんなぁ(爆)。


これはギレン総統の「敢えて言おう、カスであると!」が基のハンドタオルですな。
これ以外には「坊やだでさ(坊やだからさ)」などのハンドタオルがあり。


テレビシリーズの台本を基に制作した無地のノート。
当時の表紙が再現されています。



それ以外で目を引いたのが、土産モノではおなじみのTシャツ。
例の名古屋弁で書かれたものになっており、「だまくらかしたな、シャア!(謀ったな、シャア!)」・「親父にもぶたれたことにゃーのに(親父にもぶたれたことないのに)」がありました。


2日目に関しては、初日同様イベントが充実していましたね。

ガンダムの主題歌・挿入歌が歌われたライブや先述のGACKTさんと富野監督とのトークショウ、心理学者の富田隆さんを迎え、シャア大好き芸能人達(プラスシャアをよく知っているアムロ役の古谷さん)がシャアをあまり知らない女性陣に彼の魅力を伝えるトークショウ、そしてガンダムQとありましたが、個人的に一番面白かったのが、「月刊ガンダムエースLive ~ぶっちゃけ過ぎだがやぁ~」ですね。
一言でいえば、ぬまっち大活躍(爆)。その例として1回目にサプライズゲストとして登場した富野監督とのやり取りでしょう。
・・・御大に立ち向かっていきましたよ(ニヤニヤ)。
具体的なことについては、ぬまっち自身「ブログには書くなよ」と言っていたので言及は避けますが。<それって、ぬまっちが無茶ぶりして富野監督からヘッドロックとか(ギャハ)?
ちなみに、2回目の時には富野監督はいなかったのをいいことに、ぬまっちが富野監督のモノマネをしてやりたい放題。しかし情報社会の発達というのは怖いもので、しばらく後にいい加減にしろというお叱りのメール(もしくは電話)がイベント中に届いておりました(笑)。
ちなみに、富野監督のモノマネはかなりレアものらしい。

まぁ、しかし一番思ったのがガンダムエースの連載陣はホントに30周年を祝う気があるのか(爆)。
特に「お笑いマンガ道場」の富永一郎さんのオマージュと言ってアムロとシャアを巨乳にさせて暴れさせるおっぱいマンガには・・・(苦笑)。
え~、「お笑いマンガ道場」は名古屋は名古屋でも他局の番組です!<しかも、放送局のネットの枠組みをめぐって裁判沙汰にまでなってるからなぁ(汗)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:29Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2009年07月27日

うおおお・・・orz

書いていた記事が久しぶりに全滅しおった・・・。
次回以降何か埋め合わせします。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)TrackBack(0)etc 

2009年07月26日

人がまるでゴミのようだ!

え~、昨日上げるつもりが思いっきり爆睡してしまい(苦笑)、今日の今頃に上げることとなりました。すいません。


2日目は朝早くから行って、何とか手に入れられるものをと思い並んだんですよ・・・。
しかしね、朝の7時半頃に着いてももう既に人がいっぱい列が何回が蛇腹折りになっていました(爆)。
そこで、すれちがい通信の実験を行いながら、黙々と待っていたわけです


この日は、GACKTさん(注:元MALICE MIZER(マリスミゼル)のメンバーの一人)と富野監督(注:ガンダムシリーズの生みの親)が来たからか、かなりステージのほうの列は伸びていたみたいですが、そんなものは目にもくれず、まずは土産を買いに一直線

で、販売ブースに行ったのはいいが、そこもまた列が蛇腹折りの連続・・・
会場限定ガンプラ欲しさにみんな買う買う。人によっては小脇に抱えたり、段ボール箱にいくつも買ったガンプラを放り込んでズルズル引きずってレジに一目散だったりともうカオス大人の権利を猛然と振りかざす地獄絵図みたいになっていました(苦笑)。
・・・まぁ、会場に来ていた人は、ID所有者限定で買える通販で買える権利をもらって一安心だったりするんですけど(爆)。<これっていわゆる大人買いした人涙目って感じ(ギャハ)。
そんなガンプラに興味のない人間からしたらどうでもいいことなので<コラ!
むしろこっちですよ。限定土産集・食い物編。


まずはオデッサ名物「黒い三連星」。ゴマだんごになっています。
ドムの顔に刺さった竹串がガンダムのビームサーベルに見立てられています(爆)。


こちらはサイド7銘菓「ハロまんじゅう」。笹まんじゅうになっています。
食い物系土産の中では破竹の勢いで売れていました。笹だけに(爆)。



「チーズ&チョコ メモリアルピュアケーキ」。
ガンダムのイラストが描かれています。


「イチゴチョコ大福」。
シャア専用ザクのイラストですよ。イチゴだから(ニヤニヤ)。


「名ゼリフプリントクッキー」。
ガンダムの名ゼリフがこれでもかとプリントされているらしい。表紙のセリフを見ただけで思わずニヤリとしてしまう人は、間違いなくガンダムフリーク(笑)。


「シャア!謀ったな!!シャア!クッキー」。
このクッキーの中に2枚だけ激辛クッキーが混ざっているらしい。
「君は生き延びることができるか」って感じですな。



「CRUNCH CHOCOLATE ホワイト&いちごチョコクランチ」。
ガンダムとシャア専用ザクのイラストが表裏に描かれています。
まぁ、それを知らずに買ったバカが一匹<ここにいたよ(ギャハ)。



さて、例の塩が足りないメニューは見事に間に合いませんでした(泣)。


その代わり、作中に出てくる「差し入れサンド」を手に入れました。
時折作中でアムロ達が食べているあのサンドイッチです。

中身はハムサンドとたまごサンド
・・・しかし、6切れ入って800円か(嘆)。
・・・価格が高いからではなく、アムロ達が食べていたのはハム・たまご1切れずつ計2切れのはず。ということは、これで3人分食っているわけだ



さて、土産に関しては、まだ食い物系とガンプラ以外は買っているので、その詳細を次回に上げることにしよう。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:36Comments(4)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

帰りはエラいことになってきた(爆)

現在あおなみ線の金城ふ頭駅にいるんですが、すごい雨です。
先程、雷が近くに落ちたかのような轟音が轟きました(苦笑)。
小雨になった時を見計らってダッシュしましたが、頭がずぶ濡れです(汗)。
まだ駅には屋根もあり、二十扉のおかげで横殴りの雨を浴びなかったのが幸いですよ。




  
Posted by alexey_calvanov at 18:20Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す 

まちがいさがし

この中に一つ間違いがあります。
さて、ど~こだ?




  
Posted by alexey_calvanov at 15:42Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2009年07月25日

大実験:すれ違い 他のところは どうなんだ?

先日、アキバで入れ食い状態だったドラクエⅨのすれ違い通信
今回ガンダム30周年イベントで待たされる機会を狙って、通信状況を調べてみることにしました。


こちらは、開始前。



で、実際やってみると、思ったほど引っかからないただそれでも急に3人雪崩を打つかのように集まったりするので、侮れません。

なお、所有比率はDS:PSPでみれば(可視範囲内で)約半々くらい


今回も同じように、1時間半(プレイ時間で見ると約1時間)ほど行ったところ丁度60人



やっぱりアキバは異常だと思いつつも、例えイベント待ちでも、またほとんど動かなくても集められるのだなと。そして改めてドラクエ人気を実感

  
Posted by alexey_calvanov at 09:13Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | ゲーム系

2009年07月24日

塩が足らんのです

今日仕事から帰ってすぐに「ガンダム30周年記念イベント」に行って来ましたよ。


場所は名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)
名古屋市臨海高速鉄道(あおなみ線)終点の金城ふ頭駅から歩いて5分ほどにあります。



入口には大きな横断幕が。
ガンダム作中に出てくるモビルスーツが描かれています。
周りは戦闘中らしく、チュードーンチュドーンうるさいんでやんの(ギャハ)。



入ってすぐにあるメイン会場とサブ会場を分ける分岐点には、等身大とまではいかないものの、巨大な垂れ幕ガンダムがお出迎え


こちらはメイン会場にあるミニチュアガンダム
小さいながらもディティールが凝っててカッコいいっす。ファンじゃなくとも欲しいっす(笑)。



メイン会場にはいくつかの展示物があるんですが、それは後日紹介することにします。
そんなにたくさんあるわけじゃないんですけど、見どころとしては結構ありです。立ち上げ当初のキャラ図解に結構面白いのがありましたよ。

併せてステージではガンダム製作者・出演者・ガンダムフリーク芸能人が暴れまわる(爆)のですが、これがまた面白い
特に夕方やっていた名脇役のトークショウには思わず感嘆。永井さんの含蓄あふれるお言葉が染みました
さらにそのしばらく後に行われた芸能人達のガンダムトークショウも予想以上に面白くてなかなかでしたよ。
一部別キャストで3日目に予定されていたかと思うので、ぜひとも。


さて、これがメイン会場ステージそばにある売店で行われているタムラ料理長プロデュースの塩が足りない特別メニュー
概要としては日替わりランチ風になっており、低塩メニューとのこと。
ただしその中の一つには、全く塩気の足りないものがあり、その食材には8種類の塩の中から1つを選んでかけてくれとのこと。



しかし、残念なことに、このメニュー午前中で売り切れになったらしい(泣)。
個人的には、差し入れサンドというのも気になるので、明日早く行って入手してこようかと思います。乞うご期待。
ちなみに、お詫び行脚か付け焼き刃か、塩気のないポップコーンなんか売り出していましたよ(爆)。これは塩をお好みでかけるらしい。


壊滅と言えば、サブ会場のお土産コーナーも予想以上に激甚災害になっていました。
平面コンテナ棚(イベント什器)が空っぽ。まるで旧ソ連の国営商店に入ったかのような錯覚でしたよ(爆)。1年戦争中のジオンの商店もこんなふうだったんでしょう(苦笑)。
ここも欲しいものがあれば早めに行くことをオススメします


ちなみに、サブ会場は食事をするところとしてオススメです。
夕方の場合ですと混み合っていないので、欲しいメニューが買える確率は高そうです。


しかしここまで来ると、塩が足らんのではないんです。


(モノの)量が足らんのです!



とりあえず明日はタムラ料理長と土産物を抑えることから始めなければ・・・

  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2009年07月23日

夏の新アニメ2009 その9 GA 芸術科アートデザインクラス

夏の新アニメ、9回目は芸術科の高校生が巻き起こすドタバタコメディーで、4コママンガが原作の作品「GA 芸術科アートデザインクラス」です。
ちあみに、タイトルにあるGAはもちろん「ギャラクシーエンジェル」でもなければ、実は同じくタイトル内になる「芸術家アートデザインクラス」でもなく、「芸術科Aクラス」の略です(このことは第2話の中でも突っ込まれている(笑))。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


大学の付属として設立され、工業科・芸術科・衛生看護科・普通科の4つの科がある総合高校の彩井高校。
その中の芸術科にある芸術専攻クラス「芸術科Aクラス」、通称GA。その中の個性派揃いの1年生5人が巻き起こす日常のドタバタ劇をまるでデッサンのように書き起こし、豊かな彩色で彩っていくというお話。



というふう。


中身を見ていくと、限りなく「ひだまり」(「ひだまりスケッチ」)なんですが、ひだまりと違うのは、主人公にあたる登場人物が1人多いだけではなく、きちんと芸術論や芸術に関するトリビアが随所に盛り込まれているので、ひだまり以上に芸術の話が高度で先鋭になっています。
そのため、少し人を選ぶかなというところもあるものの、わかる人には非常に面白い作品になっていると思われます。

ちなみに、第1話のピクトグラム(非常口の人の形とかトイレのマークがその一例)は導入作としては非常にわかりやすい、いいつかみだったなと感心しきり
興味のある方は「ピクトさんの本」という、かわいそうなピクトグラムを取り扱った本を読んでみると、もっと面白く感じるかもしれません
・・・逆を言えば、わざわざ探しに行かなくても、この本さえ彼女達に渡せば、もっと独創的なモノができたのでは(ニヤニヤ)。<斬首とかの肢体圧縮断絶や頭がバーンみたいなピクトグラムばかりできて放送コードに載せられません!



  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 21:52Comments(0)TrackBack(0)アニメ・コミック 

2009年07月22日

ガンダム、お台場に立つ 午後編

実は、午後にも潮風公園を訪れてまして(爆)。
タダなら何度でも見ておこうと(核爆)。


7月20日午後1時半。
午前の時とは打って変わって、大勢の人がやって来ている。その道すがらには飲み物やアイスキャンデーを売る露店が立ち並ぶほどだ。


午後に来た目的は、ズバリガンダムを間近に見に行くため(笑)。


まるで国立美術館でモナリザを見に行くかのように、上野動物園のパンダや東山動物園のコアラを見に行くかのように、立ち止まれず黙々と行進させられながら見に行ったのでした。
ちなみに、写真は真下から見たガンダム



ディティールも結構凝っていますよ。



ここでは午前中に目星を付けていたご飯を求めてというのもある(笑)。
で、今回買ってきたのは、焼き肉トラジのカレー
焼肉屋で出している牛肉を食べられるのだが、普通の牛肉以外にもホルモンのような肉も入っており、様々な部位が楽しめるある意味オトクなカレー
特にホルモンが美味い味が染み込んでるんだよねぇ・・・。
しかし、(ヨガのCD(爆))売れすぎぃ~・・・じゃなくて席なさすぎ(泣)。



しかし、午後の潮風公園は朝以上に人だらけだなぁ。まるで人がゴミのように・・・。



うわぁ、ガ、ガンダムが目ぇ光らせてこっち見てるよぉ(号泣)。<そんなこと言うからだよ。




  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(2)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

ガンダム、お台場に立つ 午前編

2009年7月20日、朝7時半。
通称お台場ガンダムを見に台場駅そばにある潮風公園に。
とにかく多くを語るつもりはない。その圧倒的なガンダムの姿をとくと見てほしいとしか言えないほど、存在感がある。
遠目から見れば確かに小さいのだが、近付いた時にわかるその存在感は、見に行ったものだからこそわかるものだなと痛感


当日は曇りだったので、写真を撮った際には見えづらいかなと思ったんですが、案外そうでもなかったなぁ。
まず見えた際には圧倒的な存在感がある。



ガンダムそばにいる警備員と比べても、その大きさは異常に大きい。
それでも人間を縦に並べて約10人分でしかない(約18m。ちなみに人間は約1.8mで計算)


正面。
特殊プラスチックのため、日時が経っていてもピカピカと輝いているように感じる。


ある程度の時間が経つと、機体からスモークが出て、さらに首を振ったりするんだじぇい(爆)。


こちらは珍しいガンダムのバックショット
後ろもきちんと作られており手を抜いていない。



おまけ。
偶然ガンダムフリークな人が持ってきたガンプラが、お台場ガンダムのそばに置かれていたので、様々な方々が便乗している中、私も便乗させてもらいました(ギャハ)。この場を借りてお礼を申し上げます。どうもありがとうございます。

ガンダムの後ろにガンダムがあって、さらに後ろにさらにガンダムが・・・(ぐはぁ)。



結局何だかんだ言いながら1時間以上いたんですが、お台場放送局の中継が来たみたいで、その際若井おさむさん(注:アムロ・レイのモノマネをすることで有名なお笑い芸人)が出てましたね。
・・・アムロのモノマネしている芸人のくせに、連邦の軍服の中に着てたシャツには「ザクとは違うのだよ、ザクとは」のプリントがされていたのは内緒です(ニヤニヤ)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:49Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

2009年07月21日

(ここで取り上げるのは2度目の)解散

先日麻生首相が予告していたとおり、衆議院が解散となりました


以前も、当時の小泉政権が信を問うために行った郵政解散で書いていますが、あの時以来約4年。日に日に劣化というのかコピーした紙をコピーするのを繰り返したかのような政権が続いたような気がします。


で、今回も、前回の時と同じく、納得いかないことが多くて

まず異例の予告をして解散
なぜ解散に予告がいるのかが不明瞭。
もう解散したければ解散すればいいのに天皇がいないから解散は先送りするみたいなことを言っている人もいたような。
まるで自信がないのか、相手の失点待ちの雰囲気が漂っているふうに感じてなりませんでした。

そして、麻生総裁(首相)を下したいと息巻いている人達は、なんだか煮え切らない対応を示していましたね。
特に、

・不信任決議案での対応
・懇談会での急先鋒だった中川議員の対応


この2つはゆゆしき事態でしょう。
造反をすることで、除名されるのが怖いんでしょうかねぇ?そんなに自民党の看板って偉大なんですか?それともバックホーンに付いている公明党を敵に回すのが怖かったんですかねぇ?はっきり言いましょう。特定の人物より多数の国民だと思いますよ。
どっちにしても、麻生総理を下ろそうと息巻いていた人達が、実は単なる見かけ倒しなんだなということが見え見えになっていたく残念です。それこそ自民党を飛び出したたった3名の議員には敬意を表したい気分です。

そして後者の対応ですが、「内部自浄で自民は変わります」と思ってたら、意外にトップが自浄できたのか反省粛々としてしまったので、これ以上攻めれば自分の立場も危ういと思ってか持ち上げて握手・・・というふうな茶番劇のように見えましたね。あんなベタな茶番劇を見たのは随分と久しいです。
今の自民には自浄能力がないのは、昨今の汚職事件・失言集のひどさを見れば明らか。もう正直解党的出直しをしないとダメな事態になっているのを今の議員はわかってないんです。今の組織をいかに維持するか、今の地盤をいかに確保するか・・・その部分だけでしか動いていない、人によっては政策が二の次三の次になっているのではと感じてしまいます。
だからこそ、今回の鳩山議員や平議員のような反麻生グループが徹底的に政権に揺さぶりをかけて潰すのが重要だったんですが、できなくなると燃えカスのようにくすぶってるだけ・・・。だったら新党や新組織を立ち上げてやれよと。
今のまま独自のマニフェストを立てたら、党内のものと違うという理由で選挙違反になりかねませんよ。


さて、政権交代をうたっているこの選挙政権獲得を狙う民主党も、今でこそ一枚岩ですけど、取れなかった時のビッグバンがとても怖いなぁと思っています。かなり気を引き締めているとのことですが、楽勝ムードが漂っているようにも感じます。

で、民主党のアキレスけんは、言わずもがな政治献金問題
小沢元代表・鳩山代表の献金疑惑はいまだ払拭されていません。
記者会見で釈明はしていますけど、どういう経緯で行ったとか、返金の有無はあったのかとか、小沢元代表に関しては、なぜ事実上の復職(代表代行に就任)させたのか、鳩山代表に関しては、責任を取って後継指名選挙を行うべきではなかったのかとかと国民の疑念はなかなか晴れていないのではと思います。

そして政権担当能力という面で自民・公明からやり玉に挙げられています
確かに、今日の岡田議員のインタビューを見た限りでは、「マニフェストをよく読んで下さい」とかいかにもうっとうしそうな受け答えは明らかにいい印象を与えていませんでしたね。あの人が官房長官になったら、自民はしてやったりで大きくツッコミを入れられるんだろうなと。

その他未知数なことが多いので、その点では任せていいのと思う人も少なくないのでしょう。


選挙を取り巻く状況としては、やはり不況の打開が争点になるでしょう。
雇用問題(失業者支援などの社会福祉問題・新しい産業の掘り起こし・就業者の雇用維持・倒産および寸前の企業支援・派遣および請負社員の立場改善およびエージェント企業の監視強化をすべきか否か)に始まって、グローバル経済の状況の中、いかに日本経済をプラス成長に持っていくかに尽きるかなと。

その他内政では、郵政民営化の現状をそのまま進行させるべきか、もしくは一考を促させるべきか。その最たる例がかんぽ疑惑でしょうね。
また1000円での道路サービス・定額給付金などいわゆるばらまきサービスの是非、地方行政のさらなる自治権の付与もしくは拡大を促すべきか否か、国内の災害予防策の可能な限りの推進か一部に絞り込んで進めるか、刑罰の厳罰化を進めるかなど。

はたまた外交では北朝鮮問題や国際協調と絡んだ自衛隊派遣問題、そしてアジアとアメリカの関係のバランス配分
この問題の背景には憲法改正の是非も絡んでくる部分があるので、ぜひともそのことを考慮に入れて考えてほしいものです。


最後に、毎度言っていますが、


①選挙公報は必ず目を通す。
家に住んでいれば、新聞を取っていなくても等しく配られる唯一誰もが知ることのできる情報源です。

②政見放送や遊説はなるべく見ておく。
特にリアルタイムでしゃべる遊説は政策を知る貴重な場です。ある意味パーソナリティ(個性)を知る場でもあります。

③新聞やテレビをよく見ておく。
マスゴミと揶揄されていますが、腐ってもマスコミです。政党の現状を知るには十分取るに足ります。
特に複数メディアを見れれば見てほしい。またその中に必ずNHKを絡めてほしい。NHKは新聞社の影響を受けない基本中立公正な公共放送をとるのが使命なため、いわゆる泡沫候補・政党でも政策を知る機会を得られるからです。

④投票には必ず行く。
行かない人間が言っても駄々をこねた子供の戯言レベルでしかないのです。
理想は候補者・支持政党を決めること。誰もいなければ白票でもいいのです。
なお投票に行っても、ふざけた1票であれば、先述の子供の戯言と変わらないですよ。

⑤絶対にダレない。
今回の選挙は長丁場になります。途中「また選挙の話?」になるかと思います。
絶対に過去の政策・言動、そして現在進行形の事象を覚えておいて下さい。
というのも、人の噂も七十五日というように、特に日本人はのど元過ぎれば熱さ忘れるという国民性を持っているからです。
絶対に政治を変えたいと思うのならば、必ず今まで何を政治家達がやってきたのかを反芻(はんすう)し、1票の意味を考えましょう


ご清聴ありがとうございました。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:41Comments(2)TrackBack(0)真面目なモノ 

2009年07月20日

大実験:アキバはホントにいれ食いか?

先日、とあるサイトで「ドラクエⅨをアキバの街中ですれ違い通信させると30分くらいで30人くらい釣れる(笑)」という話があったので、実験がてら試してみました


始めた時のすれ違い人数に注目。
実はまだすれ違い通信を行っていませんでした(苦笑)。



そこで、小一時間アキバ散策も兼ねてすれ違い通信を行いました


その結果がこちら。
プレイ時間約40分(実際1時間半くらいだと思うのだか(汗))で70人以上を叩き出していたのです。
・・・相当入れ食い状態ですなぁ(爆)



他の場所があまり芳しくなかった中、これは異常としか思えない(苦笑)。アキバ恐ろしいトコ(爆)。

で、現在あと1人で100人達成。何とかしたいものです。

  
Posted by alexey_calvanov at 18:25Comments(6)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | ゲーム系

三拡に参画する

というわけで、今回最大の目的、「C76 第3回拡大準備集会」(通称:三拡)に行ってきます

なお、三拡は録画・録音関連は禁止で、記述のみ手入れ(個人的な感想など)をすれば可というふうになっているため、今やレッドデータブックに載ってもおかしく手入れをすればない速記士の皆様が大活躍できる貴重な場でもあります(ギャハ)。



・・・しかし、10時開始のはずなのに、まだ始まってない(苦笑)。
そうか、10時半からか(ニヤニヤ)。

  
Posted by alexey_calvanov at 10:10Comments(0)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

あれがお台場に現れた連邦の新型か

ジオンのスパイが最大望遠で撮影。

・・・ではなく(笑)、実際は人があまり乗ってないゆりかもめで撮影したものです(汗)。
こうして見ると案外小さい?



てなわけで、ゆりかもめで等身大ガンダムを見に行って来ました

ゆりかもめ×ガンダムののぼりはオリンピック誘致ののぼりと同じくらいの数を出してました。



1日乗車券も売っているようです。



潮風公園の最寄り駅は、ゆりかもめの台場駅。
ホテル日航東京側の出口にこのようにしっかりと『ガンダム』と書いてあるので、絶対迷いません(ギャハ)。



しかし、朝7時半くらいだというのに、もうこんなに人が・・・。
あ、やっぱりデカいや(汗)。

ちなみに、売店などの施設の開場は午前10時、閉場は午後8時




  
Posted by alexey_calvanov at 07:41Comments(0)TrackBack(0)アニメ・コミック 

2009年07月19日

約10年ぶりに買った

前々から欲しくて欲しくてたまらなかったのだが、様々な理由で買えなかったというものがあると思われます。
私にもそんなCDが山ほどあり、なるべく見かけたら買おうと思って時間のある時探してたりします。

今回たまたま見つけ、au Record送料タダなのを利用して買ったのがこの1枚。


それがこの♪Pandora's Hit Box
スウェーデン出身の歌手Pandora(パンドラ)のベストアルバム(1998年発売)です。



彼女の略歴を簡単に言えば、スウェーデン出身の90年代にダンスミュージック(ユーロビート)界を席巻した歌手で、日本では♪Tell The Worldが大ヒットしたことで有名になりました。
余談ですが、そのダンスミュージックを大きく売り出したのが他ならぬ名古屋にあるZIP-FMだと言われています。
近年では過去の曲のリミックス主体の活動に移行しているようですが、それでもなお人々を席巻する歌手であることに変わりないかと思います。


で、このアルバムは、先述の♪Tell The WorldやABBA(アバ)の名曲をカバーした♪One Of Us、自身の複数の曲を繋げて作った♪Mega Mix、そして個人的に大好きな曲の♪Don't You Knowなど16曲が収録されています。

とにもかくにも、学生時代によく聞いていた名曲が・・・(泣)。
意外にもダンスミュージックぽい(らしい)曲はそれほど入っておらず、落ち着いたポップミュージックな仕上がりの曲が多い気がするのは気のせいかなと思いつつも、それらでさえも心から浸透する粒揃いの曲ばかりです。
しかし、ABBAといいSmile.dkといい、そしてスウェーディッシュポップの火付け役のカーディガンズといい、スウェーデンはヒットシンガーが多いなぁ・・・。

  
Posted by alexey_calvanov at 20:46Comments(2)TrackBack(0)etc