2010年11月21日

名古屋、創立18年で悲願の初優勝

サッカーJ1で活躍している名古屋グランパスが、昨日の平塚との試合で遂に優勝を果たしました。
これまで、天皇杯の制覇は2度あるものの、これまでリーグ優勝は2期制になっていた時も含めて全く無縁でしたし、もう一つのタイトルであるナビスコカップではいまだにタイトルを獲ったことがありません


名古屋は、よく国内サッカーを知っている人なら知っているところとして、『万年中位』とも『Jリーグのお荷物』とも言われていました。口の悪い人が言うには、上位のチームはコテンパンにやっつけるのにもかかわらず、下位(特にJ2降格の決まっているチーム)のチームにはボロクソに負けることがよくあったため、『強きをくじき、弱きを助ける』と揶揄されていたこともありました。
また国内のサッカーチームとしては珍しくバックボーンがしっかりしている(名古屋の親会社はトヨタ自動車などのトヨタグループ。そこに東海地方の企業がサブスポンサーにくっついている)のに、なかなか勝てない。積極的に(ともすれば欲しい欲しい病にかかった某プロ野球チームよろしくなくらいに)補強しているのにもかかわらず、やっぱり勝てないばかりか、毎年恒例とまで言われた『お家騒動』でチーム内ばかりでなくチームとサポーターおよびチームと経営陣との関係がぎくしゃくする事態が起こっていました。

しかし、今シーズンはストイコビッチ監督が、各選手を上手く統制したばかりか、田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手の獲得でチームに闘争心と向上心が芽生え、それがチーム躍進に繋がったのではないかと思います。
奇しくも今年日本一を獲ったロッテのように、「和」でチームが一丸になったばかりでなく、それがいかに大事かを思い知らされた試合運び、ひいてはぶっちぎりの優勝になったのではないかと思います。


ちなみに、天皇杯も現在勝ち進んでいるので、この勢いで3度目の優勝を勝ち取ってもらいたいですし、来年のナビスコカップもACL(アジアチャンピオンリーグ)も今の力が出せれば十分優勝できると思います。


ところで今年、中日も名古屋も両方とも勝ったということは、大規模な政変が起こるとでもいうのかいなぁ・・・。

  

Posted by alexey_calvanov at 20:57Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2010年11月20日

ハマってる食い物 その94


ローソンのLチキHOT。
ノーマル、チーズに続くLチキシリーズの三男坊。・・・え、レモン?あれはなかったことに<コイツ、レモン嫌いだもんな。


Lチキに唐辛子パウダーをまぶしたっぽいふうになっています。
見た目辛そうですが、味はそれほど辛くはない。人にもよりますけど、辛いものが苦手な人でも大丈夫じゃないかなとも。
そして相変わらず外はカリカリ、中はジューシーなのは言わずもがな。
Lチキバンズと挟んで、チキンバーガーにしてもいいかなと。


オススメです。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

ドームうまいもんワールドに行って来た

今日は、ナゴヤドームに中日×ロッテの日本シリーズ第8・・・え、もうそれは行われない(笑)?もう中日パレードやってる?
・・・すっかり忘れてた(ニヤニヤ)。

というのは冗談で、今日から開催される「ドームうまいもんフェア」という食品物産展が開かれておりまして。それを見に行くためにナゴヤドームに行って来たわけです。

奇しくも、今日は中日のパレードが行われていたわけですが、パレードで腹いっぱいになるわけじゃないでしょ(苦笑)。そう、まさに花より団子なわけですよ(ニヤニヤ)。


これが会場のナゴヤドーム。
ご存知の通り、普段は野球の試合で使われることが多く、グラウンドには青々とした人工芝が敷かれています
今回のようなイベントの場合は、その人工芝が取り払われ、下のコンクリがむき出しなんですね。そこにテナントが建つ・・・と。

で、帰る頃(13時くらい)に撮ったのに、見よこの人だかり(汗)。
ちなみに私自身、野球以外の目的でナゴヤドームに来るのは初めてだったりする。当然下に降りるのも初めて。




そんな中オススメできそうな、おいしそうなところをピックアップ。
まずは、富山の白えびのかき揚げ丼
白えびの旨味もあるけど、かかっている天つゆが甘みとコクがあって美味い。ご飯にぴったりですな。



こちらは瀬戸内のにぎり天。色々ある中、枝豆をチョイス。
魚のすり身を割り箸に握り付けて素揚げしたもの。素揚げしたかまぼこやさつま揚げみたいなものでしょうか。
ムチムチしてますな。魚の旨味も感じられます。しょう油に付けてもいいですね。




そして、こちらが今回の目的の一つ。岡山・津山のホルモン焼うどん。
ホルモン焼うどんのグランプリで1位になった店とのこと。
ホルモンにかかっているタレの味がうどんに上手いこと絡んでこれまた美味い。
・・・見た目は薄めですが、味は思った以上に濃いですね。



こちらは大阪のホルモン焼
使っている肉は豚ではなく牛のホルモンとのことらしい。
硬くなく柔らかいばかりか、肉に脂が乗っていて美味いんですよねぇ・・・。ご飯欲しい(笑)。酒飲みにはビールか(苦笑)。



そして最後に頂いたのが、赤肉メロンに入ったソフトクリーム。ガキが持っていたのを見て、思わず(以下略)。
もうメロンとしてはシーズンが終わり差し掛かっているとのことらしく、もうここで食べられないと来年まで・・・とのことらしい。
ちなみに、赤肉ではあるが夕張メロンではないらしい。これ以外にも青肉メロン(いわゆる一般的なメロン)もあります。

・・・いやぁ、これ値段が高い(1個1500円)だけじゃなく、人からの注目度も高い高い(泣)。持って歩いていると、ひそひそひそひそされるんですよ(汗)。それゆえに、持って行く時に晒し者にされてしまうばかりか、席がなかなか開いていない時間に持って行くとアイスが大変なことになるので、人あたりする人にはオススメできません(笑)。

ただ、味も最高。
う少しメロンが熟れていれば、プラスチックのスプーンでもすくいやすいのになぁ・・・と思うのですが、それはそれ。
メロンとアイスが溶けた時に溜まる液体が最高に美味い。そして半カップ食べるという征服感に似た達成感がさらに至福の時を充実させていくのですなぁ。



この「ドームうまいもんワールド」は入場料1000円が必要なので、あらかじめサークルKサンクスのカルワザポートで買っておくといいでしょう(ナゴヤドームのチケット売り場でも購入可能)。期間は今日から11/23まで。
11/21にはギャル曽根さん、11/22には元中日選手で現在は野球解説者の立浪さんがイベントで出演しますよ。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:00Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

2010年11月19日

ハマってる食い物 その93


カルビーの「ポテトチップス グリルビーフR」。
期間限定商品で、1987年に発売した「グリルビーフ」のリバイバル商品濃厚なビーフの味にわさびが隠し味で加わったもの・・・だそうですけど、子供の頃にこれを食った覚えがないんだよなぁ(苦笑)。


味はホントに文句なし。ビーフの濃厚な味わいがクセになりますね。その中にほんのりとくるわさびの味もいいアクセントになっていますね
・・・まぁ、山吉製菓のわさビーフが好きな人には十分イケる味だと思う、というか同(以下自主規制)<この人、昔山吉製菓にお世話になっているからね(ニヤニヤ)。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

冬の新機種2010 イーモバイル編

冬の新機種の最終回はイーモバイルになります。
イーモバイル自身、かねてからデータ通信に特化したサービスを繰り広げておりますが、利用者の増加によりいよいよ一部の利用者に帯域制限が加えられるようになりました以前に比べるとその基準が厳しくなり、速度制限も課せられるようになったため、状況によっては超高速通信の恩恵が受けられなくなるのではないかと言われています(以前は1ヶ月に300GB以上利用で翌日より規制。現在は24時間以内に300万パケット(366MB)以上利用で当日の21時~26時まで速度制限)。
それなのに、さらに高速な通信になる最大下り42Mbps(上りは最大5.8Mbps)のEMOBILE G4を始めることになりました(当初は11月19日開始予定だったが、諸事情で12月中旬に延期)。
また複雑だったプランにも見直しが入れられ、「にねん」・「新にねん」の割引が廃止され、新たに「にねんS」が加わりました。しかしながら相変わらずややこしい料金体系に、もう少しブラッシュアップをしてくれと願うばかりです。


ここからは機種紹介。既に出ている1機種とこれから出る2機種を紹介。


①D32HW
中国のメーカーHuawei(華為技術。通称ファーウェイ)から発売されるUSBタイプのデータ通信端末。下り最大21Mbpsの高速通信が利用可能。
USB部分を回転させて収納可能になっている。

個人的感想
色が1色しかないのが残念だが、USBが回転収納できるのはうれしい配慮。またこれまで通りmicroSDスロットが付いていたり、ゼロインストール対応(Windowsのみ)といった機能が標準で付いているのも高評価できる


②D41HW
中国のメーカーHuawei(華為技術。通称ファーウェイ)から発売されるUSBタイプのデータ通信端末。下り最大42Mbpsの超高速通信が利用可能。

個人的感想
USBタイプの接続ではあるものの、専用のケーブルがないとできないのが痛い。またmicroSDスロットが付いていないので、あくまで通信だけという人向けになってしまっているのも残念なところ。


③HTC Aria
台湾のメーカーHTCから発売されるストレートタイプのスマートフォン。Android2.1、500万画素カメラ、3.2インチのタッチパネル式液晶が搭載される。

個人的感想
実は、この機種はアメリカAT&Tで発売される時のスペックから書いたもので、日本での仕様はまだ出ていないのです(汗)。ただ推測するに、他社のものに比べると、極めて平均的な機能を持った機種になりそうという結論に。
ただ、500万画素のカメラを搭載している機種なので、日本仕様のものでもそのまま実装されれば、イーモバイルでは初になる500万画素あるカメラが搭載されたことになる。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:28Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年11月18日

ローソンと「けいおん!!」のタイアップが本格的に始まったぞ③

え~、まずは残念なお知らせから。
現在ローソンで展開中の「けいおん!!」のコラボキャンペーンは(事実上)終了しました!<え~、何だって~!
・・・だってどこ行っても対象のクリアファイルがないどころか、「けいおん!!」とのコラボ菓子(おやつごろ)なんて、もう「けいおん!」厨が草の根まで刈り取っちゃったから、もう生えてこないじゃないか!<「放課後ココア」は何とか残っているみたいだぞ。


だから仕方がないので、何とか手に入れた3種類だけ紹介するよ。
他には、6粒しか入っていないことがもっぱら話題になった(苦笑)「「けいおん!!」シール入りチョコスナック」とか「「けいおん!!」ミニケース」とかあったらしいけど、「何それどこにあったの?」って感じだよ

じゃあ、ロッテ応援のために2日間声を使いまくったため、見事なくらいにハスキーになったばかりか、その後鼻水がズルズル言って止まらなかった、まるで学園祭前のハスキーわい・・・じゃなかった(笑)、ハスキーゆいの状態でお届けするぜ!<もう治ったんじゃないのか?
・・・ちなみに、モンキッキー(元アニマル梯団のおさる)さんの決めゼリフは、うれしーわい(と言いながら、アゴのあたりでCとYの文字を手で表現)!<そのフリがやりたかっただけかい!しかもト書き加えるな!

あ、写真にあるのは、おやつごろ3種類(左上から「プチシューキャラメルラスク」、「キャラメルコーン カスタードプリン味」、「ふわふわ時間(タイム)わたがし イチゴショートケーキ風味」)



味に関しては、甘いとです。
・・・とっても甘ったるかったとです。
キャラメルコーンはスイートな甘さだし、キャラメルラスクは中がスカスカなのに上にかかっているキャラメルパウダーがビターながら甘めの設定だし、わたがしに至っちゃあ、中にいちごのシロップみたいなのが入って美味しいんですけど、やっぱりねっとりした甘さなんだよねぇ・・・。
ちなみに、キャラメルコーン以外は地元(愛知県)で生産されたお菓子だじぇい(ニヤニヤ)。<知るか。


そんなわけだから、大事なことなのでもう一回言っておく


ローソンで展開中の「けいおん!!」のコラボキャンペーンは(事実上)終了しましたよ!



この後は、午後ティーでゆっくりしていってね!<だからもう見るだけでお腹が(以下略)。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(2)TrackBack(0) アニメ・コミック | 飲み食い系

冬の新機種2010 ドコモ編⑤

冬の新機種ドコモ編、最後はSMARTシリーズを始め、次世代(第3.9世代)超高速通信など様々な機種の紹介です。


まずはSMARTシリーズ。


19:F-03C
薄さ12.9mmの折りたたみモデル。2インチのカラーサブディスプレイを搭載。またサブディスプレイの下部にはタッチセンサーが搭載され、本体を開かずとも上下操作や決定キー代わりに扱うことができる
その他、1220万画素のCMOSカメラ・指紋センサー・microSDのロック機能・防水機能を併せ持つ。

個人的感想
SMARTシリーズでありながら、多機能・高性能をウリにしているのかと思うくらいに充実している。
特に元々ビジネスツールを想定しているためか、セキュリティ関係の機能が多い。指紋認識、microSD・ファイルのロック、写真にぼかしを加える、ホワイトボード撮影、名刺リーダ機能がそれにあたる。
ビジネスにはもちろん、薄い機種が欲しい人にもオススメできる。


20:P-01C
薄さ10.4mmの折りたたみ端末。スリムでありながら強靭な加工が施してある。

個人的感想
コンパクトな面では秀逸だが、それ以外の面では平均以下の機種。カメラの機能が510万画素と特に厳しい。


そして、それ以外の機種をここでまとめて紹介していきましょう。


21:L-02C
韓国のサムソン電子から発売されるドコモの次世代超高速通信(LTE)『Xi(クロッシィ)』を利用したUSBタイプのデータ通信端末。複数色の展開あり。
最大下り75Mbps・上り25Mbps(屋内の場合。屋外ではその半分)の通信スピードを体感できるようになっている。なお、Xiエリア外ではFOMAハイスピードでの対応になる。

個人的感想
機種はUSBのスティック状だが、半分開けられるようになっており、USB接続端子がむき出しになるということはない
また料金面での制約はあるものの、データ利用に関する制約は基本的にない模様(今までのドコモのデータ通信には、P2P・ファイル交換・SkypeなどのIP電話・オンラインゲームといった利用にはできない制約があった。ただ使いすぎによる通信規制の可能性はあるので注意)。基本的にたくさん使わない(平たく言えばヘビーユーザーではない)のであれば、検討の余地があると思われる。


22:HW-01C
中国のHuawei(華為技術。通称ファーウェイ)から発売されるモバイルWi-Fiルータ。
FOMAハイスピード・3G国際ローミングに対応している。

個人的感想
これまでイーモバイルから出ているPocket WiFi(D25HW)・ソフトバンクから出ているC01HWと同じもの。そのためスペック面では同じ。違う点はドコモ独自の通信網を利用している点くらい(ソフトバンクはイーモバイルのMVNOで行っていたため、デュアル対応になっている)。


23:ブックリーダー SH-07C
5.5インチのタッチパネルを備えたストレートタイプのケータイ。FOMAハイスピードとWi-Fiを利用できる。

個人的感想
機能的な面では、シャープが発売する予定の電子書籍端末GALAPAGOS(ガラパゴス)の5.5インチモデルと同じものではないかと考えられる。
その他性能面(特に電話として使えるのか)に関してはいまだ不明。


次回はイーモバイルの機種紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:08Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年11月17日

結局UQにすることになった

先日、UQコミュニケーションズ(以下UQ)から新プラン「UQ Flat 年間パスポート」が発表されたようです。
これは何なのかというと、早い話が1年契約(縛り)だと基本使用料が3880円/月になるというもの(なお、中途解約すると、契約解除料として5250円を払うことになる)
これまで縛りのないUQ Flatや同じく縛りのない2段階契約プランのUQ Step、こま切れタイプのUQ 1Dayなど斬新なプランを練ってきていたわけですが、縛りが付きながらもさらに安くという新たな手を打ってきたわけです


実はこれまでUQをどうしようかと思っていたわけで・・・。
(遅くなるとかはあるものの)サービスそのものに不満はなく、これからも使っていこうかと思っていたのですが、au one netとの契約に切り替えれば、「KDDIまとめて請求」が適用でき、セット割引のような値引きができるようになるわけですよ。
恐らく何らかの恩恵も受けられると思っていたので、いずれ切り替えてやるか・・・と思った矢先に、このサービス紹介。ずっと使うつもりならば、思い切って切り替えてもいいなと思ったので、年契約方式の「UQ Flat 年間パスポート」にしました。


結局au one netに切り替えようと思ったきっかけは、新しい機種の登場を待っていたのがその理由。でも、UQ継続にすれば、200円/月で追加接続もできるから、安くなったついででできそうだなぁ・・・とか思ったんです。

これまた実は何ですが、UQは新機種を発売していない(最新でURoad-7000SS。これいずれ紹介せにゃならんな(苦笑))んです。
いや、正確に言えば、『UQ純正の機種』が出ていないのであって、『UQのライセンシーが出ている機種』はいくつか発売しているのですよ。出しているメーカーは、アイ・オー・データ、シンセイコーポレーション、そしてNECアクセステクニカ。

中でもNECアクセステクニカのAtermWM3400RNにしようかと思ったんですが、なかなか店頭に並ばないので、しびれを切らせて調べてみたら、今度はAtermWM3500Rという機種がバージョン的によかった(電池式だが、充電も可能)ので、そいつを買う予定。
これにしたのは、有線(USB・有線LAN)もできる他、無線LANもできる点。それでいて携帯に便利で最大8時間持つ電池寿命なのも見逃せない

ところで、無線LAN機能が欲しかったのは、実は他の理由もあるのですけど、それはまたいつか。


今度は予約する(笑)。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

冬の新機種2010 ドコモ編④

冬の新機種ドコモ編の4回目は、PRIME・PROシリーズの機種紹介です。


14:F-01C
薄さ13.9mmの回転2軸式ケータイ。1320万画素CMOSカメラにmicroSDの容量がなくなるまで連写可能な「無限連写モード」、約0.5秒の高速起動・約1秒間隔の高速撮影も併せ持つ。
IPX5/7相当の防水機能、IP5Xの防塵機能を搭載している。

個人的感想
ハイスペックでありながら、充実した機能を持っている。
カメラに関しては、動画の撮影も早く、約1.1秒で起動し、フルハイビジョンサイズの動画も撮れるというふうになっている。
さらにキーシート・フロントパネルなどの交代もできるなど、細やかなデザイン変更もできるので、発売されるとブレイクする要素は多分に高い。


15:N-03C
IPX5/8相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能ばかりでなく、アメリカ軍の定めた対衝撃基準であるMIL規格をも備えた折りたたみ式のケータイ。
MP3再生機能を持っているため、ドコモが規格した以外の音楽などの再生が可能。4色のうちホワイトのみ、スノーボードの製造会社BURTON(バートン・スノーボード)とのコラボモデルになっている。

個人的感想
この機種は恐らくドコモでは初めて(ないしはドコモの機種では見られない)の機能を備えている。
まずMIL規格の搭載。これまで対衝撃機能の対策はなされていなかったので、大きな一歩とも言えよう。
もうひとつはMP3の再生。AACでの再生などはあったものの、普及規格の一つであるMP3はドコモでは珍しい。可能であれば、iTunesで買った曲の再生も可能になるだろう
前者はauのG'z Oneシリーズ、後者は携帯音楽プレイヤーを意識した機種になったことは、それだけ脅威に思っていたことの表れだろう。他の機能面でこだわりがなければ、十分にイケる機種のはず。


16:P-03C
パナソニックのデジカメLUMIXの名を冠したスライドモデル。
1320万画素のCMOSカメラにLUMIXの高画質技術をケータイ用にアレンジした「Mobile VenusEngine」を搭載している。

個人的感想
ケータイでは初めてLUMIXという名を背負ったケータイになる。それだけにカメラ機能は充実している。
カメラ機能で注目したいのは、ダイヤル式を併せ持った十字キーとオートecoモード。前者はカメラ機能の操作の補足としてはベストなものだと思うし、後者はカメラ機能を頻繁に使うとお世話になる機能だと思われる。
カメラだけではない細やかな配慮が持たれているだけに、カメラを使う人以外の目的の人にもヒットしてほしい。


17:SH-01C
シャープの液晶テレビAQUOS、その中でもデジカメに特化したAQUOS SHOTの名を冠した回転2軸式のケータイ。
1410万画素CCDカメラ、フルハイビジョンサイズの動画撮影が可能になったり、HDMI端子が挿せるようにもなっている
さらに、IPX5/7相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
ドコモとしては4代目のAQUOS SHOTになる機種だが、これまで以上に隙のない機種になっている。まさに至れり作れりな機種とはこれを指すのかもしれない。デザインも色使いも上品。男女間差なくウケるだろう。
発売されたら一番売れる機種として名を馳せることになるのかもしれない。


18:L-03C
韓国のメーカーLG電子から発売するストレートモデル。タッチパネルを搭載している。
ケータイとしては初めてになるペンタックスの沈胴式光学3倍ズーム・高彩度4倍のキセノンフラッシュを搭載している。ハイビジョンサイズの動画の撮影も可能。

個人的感想
今回紹介する中では唯一のPROシリーズの機種。
一見するとデジカメに間違えそうなくらいそっくりな機種。そのため操作感覚もデジカメのようなふうになっている。カメラに特化したい人にはオススメできる機種。


次回はSMARTシリーズなどの機種紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:02Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年11月16日

缶で売られる時代になったのか

缶入りになって驚いたものはいくつかあるはず。
おでんはさることながら、串付のやきとり、(こんにゃく麺ながらも)ラーメンやうどん、そしてパン(乾パンではなく生パン)さえも缶詰にされて販売されてしまった

しかし、缶入りもここまでくるとは思わなんだ。
以前に新聞の経済欄で読んで知ってはいたのだが、まさか実物をお目にかかるとは思わなんだのが、この一本。


伊藤園から発売されている「みそ汁」
・・・確かにコーヒーなどが入るショート缶なのだが、紛れもなく味噌汁。コーンポタージュとかコンソメとかトマトスープとかは過去にあったかもしれないが、味噌汁は前代未聞だ。

中身は天然かつおだし入りの米味噌(白だし)で、わかめ・ねぎ・なめこの具入り。そのため、よく振って飲んで下さいの注意書きがあります。



味に関しては、かつおだしのえぐ味が少々強いかなと。それでもこの発想はなかったと思うし、非常に斬新な味。白だしの味が思った以上に美味かった。
具に関しては、なめこくらいしか感じられない(苦笑)。もう少しねぎとわかめの存在感が欲しい。

先述の通り、発想は悪くないので、もっとブラッシュアップして美味しいものに仕上げてほしいなと。あと赤だしや合わせがほしい(笑)。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(2)TrackBack(0) 飲み食い系 

冬の新機種2010 ドコモ編③

冬の新機種ドコモ編の3回目はSTYLEシリーズの残りの機種紹介です。


10:N-01C
薄さ12.9mmの折りたたみ端末。小顔に撮れるビューティーモードを備えたカメラが搭載されている。
4色のうちピンクのみ、雑貨ブランド「About a girl」とのコラボモデルになっている。

個人的感想
薄型という点以外はこれといって大きな特徴がない機種。良くも悪くも無難にまとまった機種とも言える。


11:N-02C
1320万画素CMOSカメラにIPX5/7相当の防水機能を備えた折りたたみ端末。
ISO25600相当の高感度撮影やハイビジョン動画の撮影が可能になっている。

個人的感想
STYLEシリーズとしてはハイスペックになるカメラ機能を備え、無線LAN機能など充実したオプションを備えている。デザイン的にはN-01Cと同じといってもいいので、機能面から見たらこちらの方がおトクかもしれない。


12:P-02C
IPX5/7相当の防水機能を持ったWオープンスタイルのケータイ。ワンプッシュオープン、オートecoモードなどを備えている。

個人的感想
P-10A以来約1年半ぶりのWオープンスタイル。しかし、今回はVIERAケータイという通称は付いていない模様。また縦横の開き方によってボタンの向きが変わる2wayキーも採用されていない
しかし一番痛いのは510万画素しかないカメラ。他の機種のカメラ機能が最低でも800万画素近くからになっているところをみると、やや前時代的な能力しかないように思われそう。


13:L-01C
韓国のメーカーLG電子から発売される折りたたみ端末。
IPX5/7相当の防水機能を備えた以外に、日本語・英語・韓国語の辞書と英語と韓国語の会話(想定問答)集も搭載されている。

個人的感想
メーカー側が対象年齢を30代~50代と絞り込んでいるからか、色合いがとても落ち着いたものになっていて、キーの視認性も高い。
対象年齢層は(絞り込んだとはいえ)広いものの、特にシニア層にウケる機種になりそう。


次回はPRIMEシリーズの機種紹介。


  
Posted by alexey_calvanov at 22:48Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年11月15日

ミルキーゴールドがまたやりやがった

北海道物産展でも売られている超濃厚なめらかプリン「ミルキーゴールド」。

これまでは12個とかの箱入りで売られていたことが多かったんですが、以前行われた北海道物産展で、遂に個別包装で売られておりました
このプリン、AKB48のブログでも紹介されるほど有名になったらしい(汗)。

箱はツンデレパッケージになっていますよ(ニヤニヤ)。
・・・ちなみに勢い余って2個買うことはなく、中にパッケージと同じツンデレイラストの入ったトレカもどきが1箱に2枚入っておりましたとさ(泣)。
・・・まぁ、美味いからいいけどね。パンに塗ってもいいですよ。




  
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 | アニメ・コミック

冬の新機種2010 ドコモ編②

冬の新機種2010ドコモ編、2回目はドコモのメインストリームのSTYLEシリーズのシャープ・富士通東芝からの新機種紹介です。


6:F-02C
薄さ13.2mmの折りたたみ端末。0.5秒で起動する高速起動付の1220万画素のCMOSカメラを搭載している。またフルハイビジョンの動画撮影を可能としている。
背面にはイルミネーションの彩りが変化できるフィーリングビーズをはめることができる。

個人的感想
おしゃれを演出できるケータイとしてだけでなく、IPX5/7相当の防水機能・IP5X相当の防塵機能・フルハイビジョン動画も撮影可能な1220万画素のカメラ・拡張現実(AR)技術を利用して街中の情報を得られる「ロケーションリーダー」など、機能面でも充実したケータイになっている。


7:F-04C
SHIBUYA109のブランド「CECIL McBEE(セシル・マクビー)」「Pinky Girls(ピンキー・ガールズ)」「COCOLULU(ココルル)」とコラボしたスライド式のケータイ。
130万画素のインカメラを搭載し、撮った写真に落書きができる「らくがき盛りフォト」機能を併せ持つ。
その他、スライド背面にカガミを配したり、回転十字キー(クルクルキー)を搭載している

個人的感想
コラボ先を見てもわかるように、女性層の中でもローティーン~ハイティーン(いわゆる女子高生)を中心に狙った機種。以前出たSH-05Bのような立ち位置にある機種と思われる。
インカメラの性能が久しぶりにメガピクセルになっている(過去に回転式カメラで達したくらい)。それだけプリクラのような自分撮りを重要視している人達の多い表れなのかもしれない。
また使いやすさを重視して、これまた久しぶりの搭載になる回転十字キーやスライド背面に鏡を入れるなど、細やかな配慮がなされている。
正直全ての女性向けにしておいてもいいくらいの機種。対象年齢を絞ってもったいないくらいだ。


8:SH-02C
メインディスプレイは3.2インチのフルワイドVGA、サブディスプレイは1.4インチのカラー有機ELを搭載した折りたたみ端末。IPX5/7相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能、960万画素のCCDカメラを備えている。

個人的感想
シャープらしいハイレベルでのバランスが取れた機種になっている。
わざわざ端末を開けなくても、サブディスプレイがカメラのファインダー代わりになり便利になっているのは好感触。


9:SH-04C
ファッションブランドのQ-pot.とコラボした折りたたみ端末。外観はお菓子のビスケットを模したものになっている。

個人的感想
以前発売したSH-04Bと同じく販売台数が限定されているモデルベースになっているのは、同じ時期に発売されるSH-02C。そのため、今回はハイスペックなバランスをもった機種になっている。


次回はSTYLEシリーズの残り機種の紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:01Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年11月14日

あの日から1週間

ロッテ日本一にかまけて、すっかり紹介忘れてたわ(爆)。
あの日、一緒に上げようと思ってすっかり忘れていたのが、今回紹介する「矢場とん 名古屋名物 味噌かつ弁当」です。


矢場とんは、名古屋では有名な味噌かつを販売する店で、名古屋以外にも常滑の中部国際空港や三重のジャズドリーム長島、さらには東京にも進出し、名古屋めしを代表する店に急成長しました。

その矢場とん、実はナゴヤ球場時代に串カツや味噌かつ弁当を販売しており、ナゴヤ球場の名物店としても有名だったんですが、ナゴヤドームに移転した際、売店が入札制になったため、中日とも疎遠になったとも言われています。ただ、近年は雪融けが進み、今回その味噌かつ弁当が復活したわけです。


で、これが復刻版味噌かつ弁当の外観。
・・・表紙を飾っているのは、ブーちゃんこと中日の中田亮二選手ですね、わかります(笑)。<オマエ、絶対ファンから殺される。コイツは『横綱ぶた』って名前がある。



中はこんなふう。
矢場とんの名物わらじかつに、しぐれの乗ったご飯とシュウマイが。



意外にも弁当なのにカツが柔らかい。もちろん甘味噌その相性は抜群です。
シュウマイには醤油が備えられていますし、先述の通り、ご飯にはしぐれが乗っているんですけど、それイラネと言いたくなるくらい甘味噌で十分食べられてしまうほどの味付けです。
・・・もちろんしぐれは美味しいですよ。ホントにもったいないくらいに。


価格は1200円ですけど、十分元が取り返せます。おかげでロッテも勝ったし(ニヤニヤ)。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:42Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

冬の新機種2010 ドコモ編①

冬の新機種、続いてはドコモの新機種紹介です。


ドコモもかねてから言われていた次世代高速通信LTE(第3.9世代)「Xi(クロッシィ)」をいよいよ出してきました。まだケータイではなくデータ通信でのみの展開になりますが、当面の間価格面でもそれほど高くはなく、それでいて下り最大75Mbpsという超高速通信の恩恵を受けられるため、日々たくさんの通信を行っていない人達にとっては、これほど素晴らしいサービスはないのかもしれません。

次世代高速通信だけでなく、スマートフォンの充実も図ってきているのが2つ目の特徴。今回だけでも冬春モデル合わせて7機種が登場することになりました。既に「GALAXY S」が登場し、瞬く間に大ヒットしたのは言わずもがな。
また電子書籍端末も登場し、iPhone対策も万全といった雰囲気を醸し出しています。なお、電子書籍はドコモのiモード端末でも購入できるようになり、いよいよドコモでも本格的な書籍販売を行うベースが整いました

そのケータイ部門も、デジカメライクを通り越し、見た目がまんまデジカメのような機種や高速でカメラが起動する機種、有名ブランドとのコラボ機種など変化に富んだラインナップを揃えてきています。


では、新機種紹介。
今回は既に一部が登場しているスマートフォンの紹介です。なお、今回の機種紹介は2011年1月までに発売する機種の紹介になり、2011年1月~2月発売以降の機種は春モデルでの紹介になる予定です。


1:GALAXY S SC-02B
韓国のサムスン電子が発売するスマートフォン。Android2.2、タッチパネル方式の4インチワイドVGAスーパー有機EL液晶を搭載している。

個人的感想
ハイビジョン動画の撮影や最大24Mbpsでデータ転送できる最新鋭のBluetoothを搭載するなど、世界21ヶ国で500万台売り上げたその実力は確かなもの。デザインもすっきりしており、特に薄さ9.9mmという点では使いやすさにも繋がるかなと。
ただ、日本独自の仕様(ワンセグ・おサイフケータイ・赤外線通信)が備えられていないのが、海外ケータイゆえの弱点か。それがなくてもと割り切れているから逆に売れているのかもしれない(これまでで約5万台が売れているそうな)。


2:GALAXY Tab SC-01C
韓国サムスン電子が発売するスマートフォン。タブレットタイプの機種といわれるもの。Android2.2、タッチパネル方式の7インチワイドSVGATFT液晶を搭載している。

個人的感想
大きいことは大きいが、iPadのように片手で持つには重い機種にはなっていない模様。大きい画面がいい人にはそれなりに勧められるものの、液晶がGALAXY Sに搭載された視認性の高い液晶ではなく通常のTFT液晶なのが残念なところ。


3:LYNX 3D SH-03C
ドコモでは初めて3D液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。タッチパネルを備えている。またAQUOS SHOTクラスの能力を備えた960万画素CCDカメラを搭載している。

個人的感想
今回はネットブック型ではなく、タッチパネル方式のストレートモデルに『先祖返り』している。
まず、3D画面が裸眼で見られる・映像が撮れるのは、これからのケータイを象徴しているなと。来年以降は必ずテーマとして挙がってくるはずなので、その先進性を評価したい。
ただ、Androidが2.1なので、最新式のFlashが閲覧できないのは少々痛いところ。来春とは言わず早急にアップデート対応されることを願いたい。


4:REGZA Phone T-01C
東芝の液晶テレビREGZAの名を冠した4インチのフルワイドVGA液晶を搭載したスマートフォン今回からWindowsではなくAndroidをOSに搭載している。
IPX5/7相当の防水機能、1220万画素のCMOSカメラ、ハイビジョン動画の撮影が可能になっており、ワンセグやYouTubeの画像も高画質で閲覧可能

個人的感想
今までWindows主体で製作されていたが、今機種からAndroidにしたことで開発スピードが早くなったり、他の機種との共通性も上がっていると思われる。
機能的にもバランスがよく、高画質の映像や閲覧もできる。
惜しむらくは今回搭載したAndroidが2.1という点くらい。


5:BlackBerry Curve 9300
カナダのRIMから発売されるQWERTYキーボードを搭載したストレートモデル。

個人的感想
基になっているのは、2Gモデルの9300ではあるものの、3Gモデルの9330も加味したものになっている模様
独自のアプリ販売サイトである「BlackBerry App World」とドコモがセレクトした「ドコモマーケット」の並行利用が可能なものの、いかんせんビジネス向けモデルの色が濃すぎる感が否めない。また機能的にも少なく、日本人には物足りなく感じるかも。


次回はドコモのSTYLEシリーズの紹介予定。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:38Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年11月13日

大村議員出馬で、ますます混とんを見せてきた愛知県知事選挙

来年2月に投票が行われる愛知県知事選挙。
既に現職の神田知事が勇退するということで、久しぶりのガチンコ選挙になることは明らかになっていました。そのため、愛知県内では共闘体制を築いていたものの、既に様々な理由でそれが崩れたため、民主党も自民党も早くから候補者を立て、早々とPR活動を行うといった感じになっていました。

そこに、みんなの党から2009年の衆議院議員選挙立候補者が立候補として出たため、ガチンコからカオスな状態に移っていきました
そしてさらに、かねてから出るのではないかと言われていた河村たかし名古屋市長の推す大村秀章衆議院議員(自民党所属)が出馬を固めることになり、政党間の争いだけでなく、同じ政党同士でも分裂しかねない国政と市政のカオス状態が複雑に絡み合った、実にわかりにくい選挙になりそうです。

というのも、自民党は同党が事実上推薦の候補者(その候補者は推薦を断っているものの、自民党が擁立したため)と大村衆議院議員が出ることになるので、民主党は同党が推薦した候補者と民主党員でもある河村市長の推す候補者になる大村議員が出ることになるので、互いに分裂選挙の様相を見せてきましたし、無党派の取り込みという点では、河村パワーの影響が大きい大村衆議院議員とみんなの党の候補者とでしのぎ合いになることでしょう。


ただこの選挙、自民×民主の代理戦争になっているばかりでなく、河村市長の市長×市議会との戦争のとばっちりを受けた感じがして、いささかいい気分になれません。前者は仕方ないとはいえ、後者は市政の範囲内で終わらせてほしい余計な争いをなぜ県にまでかぶせなければならないのかいささか疑問符が付きます。


誰が当選しても、愛知県の県政が大きく変わることが予想されるばかりでなく、国と他県との連携具合も大きく変わってくるものと思われます。
愛知県の経済が停滞している中、足元の揺らぎを察知し、経済という基盤を固めてくれる人が当選してほしいものです。県知事まで政争の具にされてはかないませんよ・・・。

  
Posted by alexey_calvanov at 21:26Comments(0)TrackBack(0) 真面目なモノ 

冬の新機種2010 ディズニーモバイル編

冬の新機種2010、続いてはディズニーモバイル編です。
ディズニーモバイルとして紹介するのは随分久しぶりになりますね(それまでは機種が出ても1つだけないしは出てこないというケースが多かったため、MVNOの基会社になるソフトバンクで紹介をしています)。

ところで、そのディズニーモバイルとしての新情報はこれといってなし。あるとすれば、春モデルとしてスマートフォンが出る予定くらい。そのスマートフォンは現状シークレット状態なので、どういう機種になるのかは不明です。そういえば、ドコモのスマートフォンも1機種のみシークレットになっていたので、もしかすると同じような機種のディズニーモバイルバージョンというふうになるのかもしれません。


では、ディズニーモバイルの新機種紹介です。出てくる機種は相変わらずシャープのみ。他のメーカーは追随しないのね・・・。


①DM007SH
3.4インチフルワイドVGA液晶に800万画素CCDカメラを搭載した折りたたみ端末。Disneyマジックメールなどディズニーモバイル独自のコンテンツが充実している。

個人的感想
機能面では半歩遅れているという雰囲気だが、逆に最新式にこだわらない女性向けの機種に特化している。特にディズニーモバイル独自のコンテンツが使えるのがいいという人にはオススメ


②DM008SH
5色という多色展開がなされている折りたたみ端末。

個人的感想
320万画素のCMOSカメラ、2.9インチのワイドQVGA液晶というものになってしまっており、少々寂しいスペック。こだわりがなければいいかもしれないが、あまりにも寂しすぎる。


次回はドコモの機種紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 20:34Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年11月12日

ハマってる食い物 その92


森永製菓の「サンキスト うらごし林檎」。
普通のリンゴジュースとは違い、すりおろしたリンゴの果肉が入っているのが特徴。りんごは青森・津軽産のものを使用。


いやぁ、このすりおろしたりんごが曲者で、少し噛めるくらいのすりおろし具合。それでいてクラッシュした大きさでもなく飲み込むにも丁度いい。まさに絶妙で、よく噛んで飲んでほしいジュースです。
よく牛乳で「よく噛んで飲みましょう」と言われることはあるものの、まさかリンゴジュースでそんなことを言おうとは(苦笑)。

ただ、そろそろ店頭からなくなる可能性があるので、欲しい方や気になる方はお早めに

  
Posted by alexey_calvanov at 23:32Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

冬の新機種2010 ソフトバンク編 後編

冬の新機種ソフトバンク編の後半は、一般ケータイの紹介です。
今回の機種でいえば、ソフトバンクで出している国内メーカーは、今回はシャープ・NECカシオ(NEC)・パナソニックの3社になりました(パナソニックは春モデル扱い)。なお、ソフトバンクに供給している富士通東芝(東芝)は出してこない模様


⑤PANTONE3 001SH
多色展開で話題になったPANTONEケータイの第4弾3となっているのは、折りたたみモデルとしての通産数と思われる。というのも、過去に1度スライドモデルを出しているため)。今回は10色での展開。
お父さん犬とのコラボを行っている。

個人的感想
このケータイは旧8シリーズの流れをくんでいると思われる。
基本的にベーシックな機能のみで、とりわけ目立った特徴はない。
お父さん犬の待ち受け・着ボイスなどが入っているので、お父さん犬好きなら買ってもいいかもしれない。


⑥AQUOS SHOT 002SH
シャープの液晶テレビAQUOSの名を冠した回転2軸式のケータイ。ソフトバンクのAQUOS SHOTとしては4代目にあたる。
1410万画素のCCDカメラを搭載し、カメラ起動から撮影までに0.5秒しかかからないのが大きな特徴IPX5/7相当の防水機能も併せ持っている。

個人的感想
このケータイは旧9シリーズの流れをくんでいると思われる。
auの010SH・ドコモのSH-01C同様、カメラ付ケータイとしては最高峰の位置になると思われ、AQUOS SHOTの名に恥じない機能を揃えている。
早撮りができたり、ハイビジョンでの動画撮影ができたり、手ブレにも強いとデジカメライクな機種になっている。
またHDMI端子でテレビに繋ぎ、端末のカメラを起動させると、そのカメラから今撮っている映像が流れる機能充電器に乗せた状態でスライドショーが楽しめる機能など、細かいニーズにも訴えられる機能があるのはうれしいところ。


⑦THE PREMIUM7 WATERPROOF 004SH
820SHから続くPREMIUMシリーズの第7弾。IPX5/7相当の防水機能を備えた折りたたみ式ケータイ。
メインディスプレイはタッチパネルになっている他、960万画素のCCDカメラを搭載している。

個人的感想
このケータイは旧8シリーズの流れをくんでいるものと思われる。
機能的にはカメラがやや突出している以外これといって大きな機能は備えていない。防水機能も他の機種で出ているので、ブランドにするほどでもなくなっていると思う。
個人的には、デザイン買いの機種になるかもと思っている。


⑧001N
薄さ13.9mmの折りたたみモデル。ケータイWi-Fi機能・ハイパークリアボイスを搭載している。

個人的感想
このケータイは旧9シリーズの流れをくんでいるものと思われる。
ただ、実質ベーシックモデル(旧8ないしは7シリーズ)とも捕らえられる機能しか備えておらず、秀でた特徴もない。ただ多機能ではあるので、それで安価になるなら面白い機種になるかなとも。


⑨AQUA STYLE 001SC
韓国のメーカーであるサムスン電子から発売される薄さ11.7mmの折りたたみモデルIP5/7相当の防水、IPX5相当の防塵機能が搭載されている。

個人的感想
このケータイは旧7ないしは8シリーズの流れをくんでいると思われる。
ミドル層に訴求したいのか、はっきりトーク機能や視認性の高いボタンが搭載されている。


次回はディズニーモバイルの機種紹介。

  
Posted by alexey_calvanov at 22:21Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

2010年11月11日

ローソンと「けいおん!!」のタイアップが本格的に始まったぞ②

き、昨日までに起こったことをありの(以下略)


昨日の仕事帰りから、オイラの知っている限りのローソンをはしごしたんだ。
まず仕事場近くのローソンそこは全種類クリアファイルが残っていたはずが、「けいおん!」厨の察知能力の高さにほぼ壊滅状態(汗)。
仕方なく駅前にあるローソンで、何とか澪と律の腐れ縁コンビ(爆)のクリアファイルをゲッツ!
・・・でも、その後大須のローソン2件や家に帰る途中にあるローソンに寄っても、「「けいおん!!」のクリアファイルは終了しました」空っぽのイベント棚、ええホントにぺんぺん草が生えていないとはこういうことを言うんだなと言いたくなるくらいの見事な空っぽっぷりでしたよ。写真に収めてやろうかと思ったが、基本的に店内でパシャリとすると、「どこのスパイじゃ、ゴルァ!」となりかねないので自重しろよ、おまいら。<さては、やったのか!?やったのか、オマエ!?
・・・やってませんがな(しくしくしく)。
あ、『やる気のないローソン』は言わずもがな

というわけで、あずにゃん死亡のままクリアファイル集めは終了。でも、なぜかたくあん・・・じゃなかったムギのクリアファイルが2枚ある(笑)。
・・・今からでも遅くはない、君のあずにゃんとトレードだ!<ムシのいいヤツだ。


そんな失念に駆られても、こいつだけはきちんとコンプした。


それがこの「けいおん!!」放課後ココアだ!
せっかくだから、放課後ティータイムの演奏時の並び順に合わせてみた
・・・あれ、澪はレフティだから、ホントはあずにゃんと位置が逆だったっけ(苦笑)。まぁ、こまけえことは(以下略)

で、肝心のココアとは、生クリームで淹れたまろやか仕様



うん、味はいいぞ。まろやかなのは確か。それでいてくどくないから飲み飽きない
しかし、200mlで168円なのは少々頂けない。もう少し安くしてくれても・・・。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(2)TrackBack(0) アニメ・コミック | 飲み食い系