2016年04月20日

前震も7、本震も7

4/14と4/16に起こった熊本地震。当初4/14に起こった最大震度7(マグニチュード6.5)の地震が本震だと思われたのですけれども、後(4/16)に起こった最大震度6強(マグニチュード7.3)の地震が本震で、4/14の地震が前震だったことがわかったのは皆様ご存じだと思います。
その本震とされた4/16の地震の最大震度が、実は7だったことがわかり、ますます今回の地震のすさまじさと自身に関する研究はまだまだ進んでいなかったのだと痛感させられることとなりました。


今回最大震度が7に引き上げられた理由は、益城(ましき)町と西原村の地震観測データが送られてこなかったため今回の地震で震度計に不具合があり、送られなかったデータを現地調査し気象庁が解析したところ、今回計測データの送られなかった2町村の震度がこれまでのところより酷かったことがわかったのです。この結果により、益城町では前震と本震が共に震度7だったという想定外の出来事が起こっていたわけです。

なお、益城町には臨時の地震計を設置し、西原村の地震計は電力の復旧により通常運行ができるようになったとのことだそうです。


本震も震度7だったことがわかったことで、今回の被害がすさまじかったことを物語ることになりました。現在地震は小康状態になってきてはいますが、今後も緊急地震速報を伴う大地震の可能性も否定できませんしばらくの間は今回の地震は想定外のことが起こりかねないという気持ちで行動しないといけないでしょう。緊張の糸を張り詰めた状態になるのは辛いでしょうけど、周りの人達と共に手を携えて乗り切っていってほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)TrackBack(0) etc 

世界で最も売れたパソコン、再起動へ

敢えてゲーム系のカテゴリーにしているのは、このパソコンがゲームパソコンとしてもよく売れていたからなわけで。


1980年代に全米をはじめとして海外でヒットし、単一機種としては最も売れたパソコンのコモドール64デモシーンと呼ばれる音楽に乗せてCGをリアルタイムに動かすプログラム作りに活用されることもありましたが、最も活躍したのはゲーム機としての機能ファミコン(アメリカではNintendo Entertainment System(NES))やセガ・マークⅢ(アメリカではSega Master System。後に日本でもマスターシステムとしてマイナーチェンジを施して発売)が出現するまでゲーム市場を席巻したのは、他ならぬコモドール64で、ファミコンやセガ・マークⅢが発売した後も安定した売り上げを誇っていました


そのコモドール64を最新技術で再現しようと現在クラウドファウンディングが行われています
「The 64」と呼ばれるコモドール64のリメイク版は、現代仕様にしてよみがえったとも言えるもので、デザインは当時のままですが、全体的には小型化が図られています。それだけでなく、USBポート・SDカードスロット・HDMIコネクタにも対応しています。さらに「The 64」のモバイル版(携帯ゲーム機仕様)「The 64 SX」も同時にリリースし、「The 64」で開発したものをそのまま「The 64 SX」で流すこともできるようになります
ゲーム機としてコモドール64は機能していたせいもあってか、多くのソフトが流通しており、日本でも有名なソフトがいくつか移植されています(有名どころだと「アウトラン」や「アフターバーナー」など)。海外版のWiiではバーチャルコンソールで一部遊べるそうですが、残念なことに日本ではプレイ不可になっています。



なお、上記の動画を見て頂けるとわかるかもしれませんが、紹介される作品の中には魅力的なものもいくつかあり、日本で発売されていないのが残念なものもちらほら


今回「The 64」が150ドル(16,500円。1ドル=110円で計算)、「The 64 SX」が170ドル(18,700円。1ドル=110円で計算)で手に入り、日本にも発送可能なのだそうなので、これを機に日本でもコモドール64のゲームが日の目を見るようになれば面白いかなと思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

2016年04月19日

少しずつインフラが戻ってきてはいるが・・・

未だ余震が続き、行方不明者の捜索や復旧作業も難航している熊本地震。
そんな中でも4/18にはJR鹿児島線の博多~熊本が復旧し、今日(4/19)には阿蘇くまもと空港(熊本空港)が復旧しました。飛行機に関してはFDA(フジドリームエアライン)の県営名古屋空港便のみが往復で対応している以外は、手荷物検査ができない関係上、熊本へ向かう便のみの復旧となりましたが、大規模な空輸ができるだけでも大きく違ってくると思いますし、復旧に携わる人が一人でも多く入れる状況になれば、大きく改善できるようになるのかもしれません。
今後は九州自動車道も緊急車両のみですが一部の区間(熊本市~益城(ましき)町)を通行可能にする他、九州新幹線も明日(4/20)から新水俣~鹿児島中央を再開することになりました。


ボランティアの受け入れも熊本市から開始することになり、本格的な復旧が始まらんとしているものの、まだまだ水や食料・日常用品がまだまだ足りず、避難所でさえも足りない状況になっています。大規模な運輸体制が取れるようになってきていると思うので、そろそろ仮設住宅を建てるための材料を用意する段階に来ているのではないかと思います。今車中泊している場所をまずはプレハブでいいので仮設住宅を建築して置き換え、地震が治まってきたら、安定している土地に木造でもコンクリでもいいので本格的な復興住宅を建てるという二段構えの復旧計画を行うべき時なのではないのでしょうか。


電気・ガス・水道も近いうちに戻るという報道もあります。避難場所に何も揃わなくて困るという状況も、あと少しで終わるものと思います。明けない夜はありません。もう少しです。ただ確かにもう少しですが、無理だけはなさらないで下さい。今できることをできる範囲内で行ってください。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)TrackBack(0) 真面目なモノ 

春の新アニメ2016 その14 キズナイーバー

春の新アニメ2016、最後になる14回目はオリジナル作品の「キズナイーバー」です。
こちらもTRIGGER製作ということで前評判は高い作品になっています。初の製作作品となった「キルラキル」以来、独創的な作品を生み出す会社ではありますが、「異能バトルは日常系のなかで」のように原作付の作品は上手くいかなかったとも取られていたので、オリジナル作品である今回は「キルラキル」のように上手くいくといいですね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


埋立地に作られた人工都市の洲籠(すごもり)市。そこに住む主人公は、物心ついたころからなぜか痛みを感じない身体になっていた。


夏休みも近くなったある日、彼はクラスメイトと称する謎の女性に、幼馴染みをはじめとする主人公と同じクラスメイトの6人と共に、互いの異常な性格の部分を等しく分け合う「キズナイーバー」の一員とされてしまう。


「争いに満ちた世界を平和に導くための試験」に選ばれてしまった7人の試練が幕を開ける。



というふう。


最初に登場する人物が多いため、一気に理解するのはさすがに難しいなとは思っていたのですが、一応触りの部分だけはわかるようにしてあるので、十分よくやったのかなと。短い時間ながらも彼らが非常にエッジの利いた人達であることは十分に伝わってきました。また、キズナシステムの一端も垣間見え、ともすれば仲間全体を危機に陥れてしまうのでは、と思えるふうになっていますね。
気になるのは、謎の女性は一体何者なのかがわからない点何をしたいのかが深くわかっていないので、ミステリアスさだけが際立っております。今後の彼らの行動も気になるところで、次が気にはなる作りになっています。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2016年04月18日

春の新アニメ2016 その13 コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG

春の新アニメ2016、13回目は「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」の第2期「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG」です。
昨年の10月に放送された第1期から半年、分割2クールの後半が始まりました。前期はザッピングが結構あってわかりにくかったのですが、今回はどうなんでしょう。


あらすじは続きものなので割愛。超人主義者の学生が新宿で起こした騒乱によって、管理外の超人が危険視される事態になり、超人課も国家の管理下に置かれるところから始まります。


正直最初不安だったのは、何も説明のない中始まるのではという点でしたが、放送開始前週に第1期のまとめを行ってくれたので、ザッピングでわかりにくかった部分もきれいにまとめられていたと思いましたね。これはいい配慮です。話そのものもザッピングはあまり行われず、1話の中できれいにまとめようという配慮がなされています。少しだけですけれども見やすくなったのかなと思います。


分割2クールの作品は、いきなり始めるか、放送開始前におさらい放送を行って新しい視聴者を掘り起こしていくかに分かれます。今回は後者を行って成功したのだと思います。某作品とは大違い(苦笑)。
作品そのものはスピーディーでありながらそれでいて哀愁漂わせる作品なので、この部分を大事にしながらやってほしいですね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

春の新アニメ2016 その12 はいふり(ハイスクール・フリート)

春の新アニメ2016、12回目はオリジナル作品の「はいふり」こと「ハイスクール・フリート」です。
この作品は期待していた人が多く、BS11に資本参加しているビックカメラグループ(ビックカメラ・ソフマップ・コジマ)のアニメ・ゲーム関係の売り場の紙袋に「キズナイーバー」と共に描かれていました。というのも、この作品はBS11が製作に関わっていたからなんですね。しかし、毎月下旬頃に届くケーブルテレビの番組表には、「はいふり」ではなく、「ハイスクール・フリート」と記載されていたので、正直「おや?」と思ってしまいました「ハイスクール・フリート」で検索をしても引っ掛からないので、これは一体どういうことなんだと疑念を抱いたものです。まさかあんな幕切れになるとは・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


今からおよそ100年前、プレートがずれたことにより国土のほとんどが沈んだ日本沿岸にあった都市は水上都市になり、やがて海上都市へと発展していく。
それに伴い、女性の社会進出が活発化。中でも海の安全を担う「ブルーマーメイド」があこがれの職業となっていった


主人公もその中の一人。幼馴染みと共にあこがれの「ブルーマーメイド」になるために、難関を突破し横須賀の海洋高校に入学することになる。



というふう。


最初のイメージ画像や放送開始前のCMは、どちらかというと緩やかな雰囲気を醸し出し、まるでゆるふわアニメ的な展開になるのだろうと思ったら、さにあらず。最初こそシリアスな展開は醸しだしてはいなかったものの、後半になってから怒涛の展開。急にシリアスチックになり、最後は反乱者の汚名まで着せられる始末になりました。

ただ、これが面白いのかというと、正直そこまでとは「ガールズ&パンツァー」の二番煎じ臭さは否めないし、なぜタイトルをわざわざゆるふわ的アニメのような名前にしてまでしなければならなかったのか。そのあたりがいまだに解せません。全くもって意味がない。シリアス展開に自信があったのなら、最初から「ハイスクール・フリート」で勝負すればいいのです。
そして、「はいふり」にしたことで、いまだ放送局の中には「ハイスクール・フリート」に対応できていないところもあるばかりか、レコーダーは「はいふり」でしか対応していなかったので、改めて録画設定をし直さなければならないという、視聴者に弊害を与えるばかりの作品になってしまった感があります。
今回の展開は百害あって一利なし。二番煎じな展開だわ、面白みには欠けるわ、仮に次回見たいと思っても録画ができていないわ、ホントに視聴者を舐めてるわ


まぁ結局は、♪わたしたち記念日の流れるCMまでがピーク出落ちにも程遠いアニメになってしまったわけです。そんなんだったら、いっそのこと「はいふり」というゆるふわ学園系アニメが見たかったわい、と嫌味を言ってみる。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2016年04月17日

愛媛から被災地へエール

愛媛県で刊行されている愛媛新聞のスポーツ欄が話題になっています。
記事の見出し「大久保2得点」・「浦和後半大あバレ」・「大宮、甲府決め手欠」・「たも斎藤弾」・「鹿島攻守に領」にある黒抜きの字を組み合わせると、「ガンバレくま本」という言葉になり、先日の熊本地震で被災した熊本の人達へのエールになっていました。しかも、対象のスポーツ欄の記事は全てサッカー関係被災者だけでなく、同じJ2で戦うロアッソ熊本への激励にもなっていました。
このスポーツ欄に隠された思いをいち早く知った読者が仕事の関係で九州の関係者が多くいるので見せようとツイートしたことで、多くの人達に拡散され、話題になりました。


このスポーツ欄を考案したのが、愛媛新聞で同欄を手掛ける40代の記者で、鹿島アントラーズの植田直通選手が地元熊本への思いをインタビューで語ったことを書いた記事を見たのがきっかけ涙ながらに地元の惨状やその想いを語っていた植田選手に、記者は不安な気持ちを抱える熊本の方々に思いを馳せたそうで、新聞記事で何かできないかと思いたって、今回の見出し形成になったそうです。


これは粋な計らいだし、熊本の人達にもツイッターなどからその思いも通じたと思います。よく縦読みや斜め読みなどで、想いを伝える方法は知られていましたが、今回のような伝え方は異例で、斬新だったと思います。ともすればスタンドプレーになりがちになるのですが、この見出しを考えた記者の思いは十分に伝わっていますよ。


他の新聞社も、ここまでとは言わないですが、何かしら応援の形を見せてあげてほしいとも思います。それこそ全国の新聞社が1面を共通紙面にして激励の全面広告にしたって罰は当たらないと思いますよ。どうですか、地方紙で形成する団体の47CLUBで共同作成とかできないものですかねぇ?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0) etc 

FC岐阜観戦記2016 第4節 成すがまま、成されるがまま

FC岐阜、今日は松本山雅FCとの一戦を迎えました。
先日のカマタマーレ讃岐戦で惜敗し、起死回生を狙っている岐阜は、前半戦の中では難しい相手になる松本山雅と当たることになりました。正直言って、この試合は連勝中に迎えたかったところ。というのも、相手は堅守で名を馳せたチーム点を取るのが難しいことは明白で、ロースコアに持ち込まれた場合、岐阜の守備力が持つかなという不安もあります。ゆえに、連勝の勢いを借りて先手を打てば・・・と思っていたら、負けてしまったので少しゲーム展開が狂わないかなと思ったり。まぁ、やれるという意識があれば、そんなこと関係ないと思いたいのですが(苦笑)。

相手の松本山雅も調子がそんなにいいというふうでもなく、先日の徳島ヴォルティス戦でやっと勝ったというふう。ここから本調子で挑みたいという思いは岐阜と同じなのかもしれません。そして、何より怖いのがサポーターが大挙押し寄せるという点J1のFC東京、J2の松本山雅と(個人的には)恐れているだけに、この勢いをもらった松本山雅は怖い。大人しくしていておくれ(爆)。


SHV32_2340しかし、松本山雅サポーターはそんなことお構いなし(苦笑)。
例によって例のごとく、大挙してご来場声がしっかり出ていて、まんまとホームジャックされました(汗)。



SHV32_2355この日は、恩田前社長の取締役としてのラストマッチ
こうやってスタジアムの前で待っていてくれるのは、今日が最後になるのかもしれません(写真は帰りのお見送りでの一コマ)。
恩田前社長、FC岐阜の取締役の仕事お疲れ様でした。今後は一サポーターとして、身体が大丈夫な限り長良川にお越し下さいませ。



SHV32_2344そして、今日は先日起こった熊本地震に対し、被災したロアッソ熊本および被災者への激励の横断幕が掲げられました強風で他に何もなかったので、非常に目立っておりました。
こちらは岐阜サポ側で、「熊本・九州よき敵(とも)の無事を祈って」



SHV32_2343同じくこちらは松本山雅側で、「がんばろう熊本・がんばろう九州」



SHV32_2351試合に関しては、入り方に関しては岐阜はよく、思った以上に松本山雅の動きが悪いので、イケるかもしれないと思ったものでした。

ところが、前半5分に松本山雅の攻めがハマり、最後は苅部隆太郎選手の弾いた球がオウンゴールになってしまって松本山雅が先制。まぁ、このオウンゴールが今日の試合の全てでした。
数分後に松本山雅に再度点を決められ、しびれを切らしたラモス監督は前半19分に早々と交代カードを切って立て直しを図ったものの、前半25分に松本山雅の田中隼磨選手との接触プレーで野垣内俊選手が一発退場になって成す術なし10人になってから耐えきったことは耐えきったものの、松本山雅の厚い守備を破ることは、この時点で叶わぬ夢になりました。


正直、あのオウンゴールはやってはいけない失点苅部選手が出なくてもいい、高木義成選手に任せてもいい場面だったと思います。オウンゴールさえなければ、今日の試合は0-0で終わっていたはずです。全てが悪い方向に流れてしまった、4-0で終わるより最悪の展開だったと思います。



次回は、金沢でツェーゲン金沢との一戦を迎えます。金沢は今日は強風のため試合が中止になったため、試合勘が取り戻せているかがポイントになってくるでしょう。岐阜としては、今回の敗戦を切り替えるいい機会になると思います。せめて引き分けに持ち込んで勝ち点を稼ぎたいところです。

次回のホームゲームは4/29にレノファ山口との一戦になります。J3から上がってきて、勢いはそれなりに付いている状況。ゆえに、格下だからと舐めてかかると足元をすくわれかねない相手です。金沢戦次第ですが、気は引き締めてかからないといけないことは確かでしょう。なお、この日(4/29)は私は仕事のため行けないのが確定なため、この2戦をいい形で終えてくれと願うばかりです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2016年04月16日

NHKの報道特番を見て思うこと

熊本地震発生以降、NHKにチャンネルを合わせっぱなしになることが多くなりました。別に家族の中に九州出身者がいるわけでもないのですけれども、熊本およびその周辺で起こっている出来事に戦々恐々としながら、明日は我が身と思いながら見ているところもあります。


その特番を見ていて思うのが、視聴者へのメッセージを頻繁に挟むようになった感があるのです。この事象は東日本大震災の時にはあまり感じられない事象のように思っております。
隣近所に声を掛けてあげてほしい・お年寄りなどに声を掛けてほしい・子供がいることで外で避難している人に配慮してあげてほしい・お互いに一声掛けてあげましょう、などなど。定期的とも言えるのか、何かしらの時にアナウンサーが視聴者(被災者)に声を掛けているのです。
そのアナウンスを聞くたびに、私自身涙腺が緩みがちになっています。というのも、すごく大変な事象になってきていることが手に取るようにわかってくるからです。また感傷的になっているのではないのかなとも思っています。
恐らく、災害時にはこのようにアナウンスして視聴者の心をほぐすように決められたことなのかもしれないですけれども、ルーティンワークにもロボットボイス的にもなっておらず、アナウンスの真摯でかつとにかく無事でいてほしいという訴えとも取れる彼らの行動に、時に感動をもしております


東日本大震災でNHKのあるアナウンサーが涙ながらに視聴者と被災者に訴えた一言が、今この地震で応用されているのではないのでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)TrackBack(0) 真面目なモノ 

想定が大きくなったのだから、仕方ない

既に熊本地震の影響で、ゴルフのKKT杯バンテリンレディスオープンが中止に追い込まれていましたけれども、熊本でないしは熊本の関係者が関わるスポーツ、また九州地方で行われるスポーツが続々と中止の決定に至っています。


プロ野球では、4/19に熊本市にある藤崎台県営野球場で行わる予定だった巨人×中日が中止になりました。当初は開催の方向で動いていたものの、本日(4/16)起こった本震とされる地震の影響で各所で被害が増している、アクセス面で復旧の見通しが立たないため、やむなく中止になったそうです。
同じく本日福岡市のヤフオクドーム行われる予定だったソフトバンク×楽天もアクセス面での不安・地震が断続的に起こっている状況・来場者の安全確保がままならないことから中止となりました。

サッカー・J1では、本日レベルファイブスタジアム(東平尾公園博多の森球技場)で行われる予定だったアビスパ福岡×名古屋グランパスが野球と同様の理由で中止になりました。既にグランパスのスタッフは福岡を離れ名古屋に帰っているとのこと。
同じくJ1の試合で本日ベストアメニティスタジアム(鳥栖スタジアム)で行われる予定だったサガン鳥栖×ヴィッセル神戸も中止になっています。
J2では、京都市の西京極スタジアム(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)で明日(4/17)行われる京都サンガ×ロアッソ熊本は、地震の影響により中止になりました。既に熊本のスタッフは京都に入っていたものの、地震の影響が計り知れないところにまで至っているのが理由でしょう。熊本は4/18にまで全ての予定を中止することにもなっています。練習場が使えないからだそうです。なお、4/22のホーム(うまかな・よかなスタジアム(熊本県民総合運動公園陸上競技場))で行われる横浜FCの開催は未定です。
また、長崎県立総合運動公園陸上競技場で明日(4/17)行われるVファーレン長崎×水戸ホーリーホックも中止になっています。
J3では、明日(4/17)大分銀行ドーム(大分スポーツ公園総合競技場)で行われる予定だった大分トリニータ×福島ユナイテッドFCが地震の影響で中止になりました。
同じく明日(4/17)鹿児島県立鴨池陸上競技場で行われる予定だった鹿児島ユナイテッドFC×SC相模原も中止が決まっています。
その他、独立リーグの試合(ソフトバンクの3軍×高知ファイティングドッグス)や北九州と久留米で行われる予定だった競輪も中止になっています。


この時期に中止になるのは仕方ないことだと思います。やりたい・やってほしい気持ちは重々わかりますけれども、やはり来場者の安全が守れないのなら行っても意味がないですし、そこまでしてやろうとするなら、それは主催者のただのエゴにしか思われないでしょう。皆が安心して行けるようになったら、十分に試合を楽しもうではありませんか。
そして、地元の選手には被災者や地震で不安になっている人達に寄り添ってあげられるような活動をしてほしいと思います。動画メッセージでもいいですし、現地で活動するのもいいですし、何かしらできることを行ってもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

2016年04月15日

「そのポケモン、ぼくのです」

ゲームボーイで大ヒットを飛ばした「ポケットモンスター」。その第1作が世界にヒットしているのだなと改めて実感させられた話題です。


子供の頃、旅行先でなくしたはずのポケモン緑(「ポケットモンスター グリーン」)が、18年の時を経て、アメリカで発見されました。
そのポケモン緑は、アメリカのアマゾンで買った人のコメントと共に掲載されました。その人が、非常に良い状態で買ったのにもかかわらずマジックで名前が書いてあったからという理由で星評価を4つにすると書いていた中に、日本語で大きく名前が書かれていたポケモン緑の写真が掲載されていたのです。
このことを日本で見ていた人がツイッター上に報告。すると、持ち主とされる人のツイートが発せられたのです。いわく、5歳の時に購入してもらい、7歳の時に東京ディズニーランドに旅行中になくしてしまったものなのだとか。持ち主にとってはかけがえのない思い出がいっぱい詰まったソフトでもあるため、持ち主は現在の持ち主である方のコメントを待っているという状況になっています。


どういう経緯で海を渡ったのかわかりませんけれども、ポケモンという作品が海外でも楽しまれているというふうなだけでなく、その人の思い出の深さは、どんなものでも宿っているのだなと感じさせてくれる話でもありますね。今後、このソフトがどうなるのかというのも気になりますが、双方が円満に解決するような形になっていくことを望んでいます


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

2016年04月14日

ファミ通が無い

最近1ヶ月ほど、家電量販店の雑誌コーナーからファミ通だけがあっという間になくなっているということが頻発しているような気がする。となると、コンビニや書店で探すのだけれでも、やはりないことが多く、コンビニに1冊置いてあれば、ラッキーと言えるほど


最近ファミ通を扱うKADOKAWAの業績が悪いというふうには聞かないし、ファミ通そのものも暗い話題は聞いていないので、単純に部数を減らしている・・・と思うけど、そうじゃないんだろうなぁ。
それとも、付いてくる特典がいいのかしら?この頃スマホなどのダウンロードコンテンツを付けているので、それ目当てで買っている人が増えているのかもしれないですね。


いずれにしても、部数を増やせとは言いにくいですわね。最近は出版不況でもありますし。ファミ通のアプリを利用して電子版を購読するという手もあるけど、できることなら誌面で確認したいからなぁ・・・。どこかの本屋で定期購読しようかしら、という勇気もないしなぁ(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

熊本で大地震発生

今日夜、熊本県を中心に九州地方で大きな地震が発生しました。
特に震源地のある熊本県では最大震度7を観測し、その後も緊急地震速報を伴う大地震が発生しております。今後も大きな地震が立て続けに起こる可能性があるので、十分に注意して下さい。
また、外へ避難する際は、火の元(ガスの元栓)を必ず落としておくことと電気のブレーカーを切っておくことを忘れないで下さいガス漏れや電線が切れていることを知らずに流すことで火事になるという二次災害を防ぐためでもあります。

避難場所は、建物の丈夫で避難指定のある建物(主なところでは学校や役所などの公共施設)へ向かうようにしましょう。外で過ごす可能性もあるので、懐中電灯・非常袋以外に寒くなくとも厚手の服や持っていけれるようであれば毛布や寝袋を持って行くといいかもしれません。
また避難の際には、暗いということもあり、あちこちで建物の倒壊・電線の垂れ下がり・火事などが起こっている可能性もあります。一人で逃げている人は特に気を付けることを心掛けて下さい。そして、なるべく近所や他の場所から逃げてきた人と共に声を掛けながら行動しましょう。

近所で困っている人がいたら、すぐに手助けを近所の人達と行って、共に避難するようにしましょう。特に近所にお年寄りや身体の不自由な人などがいる家庭を知っているのであれば、すぐに知らせてあげて下さい

そして、携帯電話で連絡をしたいと思っても、今は繋がりにくいと思われます。災害用伝言ダイヤル171を利用して下さい。また現状ツイッターやLINEを利用いている人も、今繋がっていても、そのうち電話と同じく輻輳(ふくそう)が起こりかねません。こちらもウェブ上の災害用伝言板(web117)を利用して下さい


これからも大きな地震が起こる可能性がありますので、くれぐれもお気を付け下さい。危ないところには決して近寄らないようにして下さい。現在は津波が起こっていませんけれども、万一津波が発生した場合はすぐに山の方に逃げて下さい


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)TrackBack(0) 真面目なモノ 

2016年04月13日

グランパス、白川公園の新スタジアム案を断念

正直、無茶だと思っていたわい。


サッカー・J1の名古屋グランパスは、かねてから建設を計画していた新スタジアム案の一つだった白川公園案を断念すると発表しました。
現在、名古屋グランパスは名古屋市瑞穂区にパロマ瑞穂スタジアム(瑞穂陸上競技場)と豊田スタジアムを併用する形でホームとしていますが、パロマ瑞穂はアクセス面はそれなりに悪くはないものの、陸上競技場との併用のため見辛い・同じ理由で迫力がない・設備面での不備でJ1ライセンスが下りなくなる可能性があるなど問題を抱えており、豊田スタジアムも名鉄・愛知環状鉄道豊田市駅から徒歩15分と不便・芝の発育が悪い(屋根付きの球場にしたのが原因とされている)などでこちらもファンやサポーターの間では不満が高まっているとされています。

そこで、グランパスは親会社のトヨタ自動車(4/13にトヨタ自動車の子会社化されることが決まった)と協力して新スタジアムの候補を探していたのですけれども、最も最適とされていたのがこの白川公園だったわけです。
しかし、白川公園には名古屋市科学館や名古屋市美術館があり、ましてや都市公園という貴重さや法的な理由で自由に開発ができない土地でもありました。
なお、今回断念した理由として市民やサポーターの理解が得られなかったというのがありましたけれども、ある意味当たってはいるものの、元々それが無くとも通らなかったことは明白だったと思います。だから冒頭の文にも書いた『無茶』が思い浮かんだわけですね。


この他にも、グランパスはいくつかの候補地絵を挙げています。その場所は以下の通り。


  • 名城公園

  • 鶴舞公園

どちらも都市公園として整備されているところ。
メリットとしてはアクセスが抜群(名城公園は地下鉄名城公園駅すぐ、鶴舞公園に至っては地下鉄・JRも近い)にいいところ。しかし、近隣が住宅地に囲まれているばかりでなく、鶴舞公園に至っては学校と病院がそばにあるため、スタジアム建設には不向きとも言え、仮に建設案が提示されても、白川公園の二の舞になるのは明白でしょう。

  • 大高緑地

名古屋市南東部に広がる緑地公園。
住宅地からある程度距離があるため、騒音面での問題はあまり問われないものと思われ。ただ、アクセス面で難があり、最も近い名鉄の左京山駅からでも徒歩15分近くになるのではと。もちろん、JR大高駅・南大高駅からだと、その倍近く掛かるでしょう。

  • 名古屋競馬場

名古屋市南西部にある地方競馬場で、将来的に弥富市郊外に移転する予定があります。
名城公園・鶴舞公園同様、アクセスは抜群(ただし、本数は地下鉄より劣る)で、広い土地が確保できます。
しかし、こちらも住宅街のど真ん中にあり、かつ周辺道路の大渋滞が予想されています
さらに、跡地はアジア大会が開催される場合は住宅地にする予定もあり、そうなると愛知県が黙っていないでしょう。ゆえに、2020年までにという建設ができるのか疑問符もつきます

  • 金城ふ頭

名古屋市最南端にある埋立地の一つ。現在はポートメッセなごややリニア・鉄道館などがあり、フットサルの名古屋オーシャンズの本拠地・テバオーシャンアリーナもここにあります。
アクセスがいいのはもちろんのこと、名古屋オーシャンズとの連携イベントが組めるといった相乗効果も見込めるものの、周囲には再開発計画(レゴランドや大規模展示場などの建設)が持ち上がっており、スペースが確保できるのかが問題になってくるでしょう。


いずれも一長一短が大きく、かつ開発の余地も少ない場所が多く、正直ここは愛知県(行政)におんぶにだっこをして、パロマ瑞穂の改築に協力した方がいいのではないのかなと思っています可動式の席を設けるなどして、陸上競技場との併用の欠点を補う案も出ており、この部分でトヨタが補助金を出すなどしてグランパスのホームとして確立するというふうにしてもいいかもしれません。


ただ、どうしても専スタにこだわるのなら、私が思うにまだ1ヶ所だけあります。それは名古屋港にあるイタリア村の跡地です。
こことガーデンふ頭臨港緑園との再開発でスタジアムと一体となった公園作りをすればいいのではと思います。もちろん、イタリア村跡地の単独再開発でも十分建設できると思います。
海のそばのスタジアムという点では、現在建設中ですけれども、J2・ギラヴァンツ北九州のホームスタジアムがあります。緊急時の対応さえ整えば、十分建設できるはずです。
アクセス面でも地下鉄がありますし、海上に面しているので、中部国際空港から船を出すこともできますし、中川運河を利用して、笹島から船を出すことも可能です。どうしても名駅からの直通にこだわるなら、JR貨物の路線である名古屋港線(東臨港線)を利用して、臨時旅客線として運営することもできるのではないのでしょうか。かつて中日ドラゴンズがナゴヤ球場を本拠地にしていた時には、ナゴヤ球場そばに臨時駅を設けていました。その経験を加味すれば、レールの終点(名古屋港線の名古屋港駅)まで旅客車両を運んで、そこから少し歩くことにはなるものの、徒歩で行くという手段もできるはずです。


もう少し、グランパスは議論に議論を重ねて、スタジアム問題にあたるべきですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

春の新アニメ2016 その11 田中くんはいつもけだるげ

春の新アニメ2016、11回目はスクウェア・エニックスのオンラインマンガサイト「ガンガンONLINE」で連載中の4コママンガが原作の「田中くんはいつもけだるげ」です。
見た感じは緩そうな感が垣間見えますけれども、実際のところ本当にそうなのかは見てみないとわからないですね。原作を読んだことはないので、少し気になります。


あらすじはこう(以下はPCではイタリック体で表記)。


とある高校に通っている、いつも眠たそうな顔をして過ごしている主人公田中。
田中は、いつも頬杖をついて授業中・休み時間問わずに居眠りばかり。かつ体育の授業でもけだるさ満点で過ごすほど。そんなふうなのにも関わらず、いつも彼のそばには友人が姿を現している。中でも世話焼きのクラスメイトは、いつも彼の行動に対し、つぶさに観察するほど


そして、今日もけだるそうに田中は過ごすのだった



というふう。


総じて緩い(笑)。でも、その緩さが嫌味になっておらず、見ていて本当に面白い時折ツッコみたくなるほど田中と世話役の太田の行動には面白みと深みがあります。そして、取り巻きもいい味を出していて、天然ボケなヤツやしっかり者のヤツもいて、個性的なキャラが勢揃いという感じでしょうか。


今後、女性陣も登場して、ますます華やかになりそうですが、1日の最後の作品としてはちょっと緩すぎる。しかも東京と大阪(関西圏)以外は日曜の深夜の放送、中でもBS視聴者はゴールデンウィークを見越しての編成なのか、もはや月曜早朝枠と言ってもいい時間帯。これは地方視聴者はかわいそう。もう少し配慮が欲しかったし、面白い作品なので録画して無理せず見てほしいですわ。


放送局・放送時間の詳細は放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:41Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2016年04月12日

春の新アニメ2016 その10 あんハピ♪

春の新アニメ2016、10回目は芳文社のマンガ雑誌まんがタイムきららフォワードで連載されている4コママンガが原作の「あんハピ♪」です。
こちらは全くのノーマーク作品。どうなるのか全く分からない作品ではあります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


入学式当日、雲雀丘瑠璃は絵に描いたような不幸特性を持つ花小泉杏と出会う。しかしそのまさか、彼女と超虚弱体質の久米川牡丹と同じクラスメイトになる。しかも、彼女達のいる1年7組は「幸せになること」が目的という謎クラス。自分はそんな体質ではないと思っていた瑠璃は事の次第が呑み込めない中、とんでもない課題を出されることになるのだが・・・。


というふう。


前にも書いた通り、姉妹紙のまんがタイムきららで連載されている「三者三葉」と同じような軸で展開されているので、似た感じは否めないし、放送時間がBSの場合、同作品の後すぐに放送されているので、少し食傷気味になってしまうんですね。おまけに作品上仕方ないことなんですけれども、不幸体質をやたらと強調するので、見ていて重くなってしまう。見た目は明るく振る舞っているのはわかっているのに、あまりに不幸属性を振りまいているので少し重い。日曜日にこれを見せられるのは酷ですわ、と言いたくなります。
決してつまらないわけではないけれども、時間帯を考えてやってくれと言いたい作品になってしまいました。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

春の新アニメ2016 その9 三者三葉

春の新アニメ2016、9回目は芳文社のマンガ雑誌まんがタイムきららで刊行されている4コママンガが原作の「三者三葉」です。
原作は2003年から始まっているので、結構長い作品ではあります。またこの作品を描いた原作者の方は、以前「未確認で進行形」も手掛けていたそうで、こちらもアニメ化されております。ということは、かなりの実力者とも言えるわけで、期待が持てますね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


大食いがだけが取り柄の小田切双葉、見た目は天使だが実際は腹黒い葉山照、元お嬢様の西川葉子。そんな3人がある日学校の中庭で偶然出会うことになる。そこから彼女達の緩やかながらどこかおかしい女子高生ライフが始まっていくのだった。


というふう。


実際のところ、系統は違えど後に紹介する「あんハピ♪」とよく似通ったところ(とはいっても不幸な出来事を軸にしているわけではないのだが、3人で展開している点がよく似ているし、BSで見ていると放送時間が、放送局は違えど、この作品のすぐ後に放送されている)があり、先に見ていたとはいえ、少し食傷気味になりそうな予感
そして3人の個性は強いものの、1回目はそれだけをプッシュしているだけなので少ししつこいなと思っていたし、葉子の取り巻きの男の人も感じとしては少し浮いているようにも。総じて少し上滑りを感じてしまう内容でした。
まだまだこれからとはいえ、少し気掛かりではあります。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2016年04月11日

バッタもん?いいえ、オフィシャルです

SHV32_2333発表以来、何かと騒然とさせている「Peyong(ペヨング)ソースやきそば」(左)
どう見ても「ペヤングソースやきそば」(右)のパクリかバッタもんかと思われても仕方ないわけですけど、どっこいこれがまるか食品のオフィシャル商品(しかも姉妹品)ときたもんで。
大きな違いは、英語にした時のつづり(「ペヤング」は「Peyoung」)、中身の違い(「ペヤング」はキャベツと肉が入っているのに対し、「ペヨング」はキャベツのみ)、そしてソース(詳細は後述)。ちなみに、青のりとスパイスは双方共通のものを使っています。量もあまり変わらないので、ホントに細かい違いなのだと実感させられます。



じゃあ、それだけ微妙な違いなら、味はどうなのよというと、これまた微妙な違い(苦笑)。
実際のところ、大きくソースの味わいが違うんです。「ペヤング」がしびれるような風味があるのに対し、「ペヨング」は少しまろやか目な味わいになっています。とはいうものの、その味わいの違いは袋に残ったソースを舐めて初めてわかるようなレベルの代物。ゆえに、ソースを掛けて麺や具材と絡めると、どっちがどっちかわからない(苦笑)。
とあるコンビニでは、この違いがわかれば通という宣伝文句が書いてありましたけれども、全くその通りだわ(ギャハ)。まぁ、結論としては、少々味が変わっても素人にはわかるまい、というまるか食品からの挑戦状ですね(ニヤニヤ)。


ただ、この商品は本来の目的である安売り店やスーパーで見掛けることは少なく、コンビニのような定価販売を是とするような店で、「ペヤング」と共に売られているという、ある種本末転倒な形になってしまっておりますね。これって売ってる意味があるのかいな。「ペヤング」を安売りにして販売した方が利益になるんじゃなかと、と問いたい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:13Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

春の新アニメ2016 その8 ハンドレッド

春の新アニメ2016、8回目はSBクリエイティブのレーベルGA文庫から刊行されているライトノベルが原作の「ハンドレッド」です。
この番組、いくらテレビ東京でも東名阪でやるんだろうと思ってたら、まさかの地上波は関東ローカルBSジャパンが主催ということもあって、BS放送に主軸を置きたかったんでしょうね。東名阪+BSって、テレビ東京系でも結構お高いらしいですし。


あらしうじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、武芸者という特別なものしか使えない石「ハンドレット」を持ち、かつ歴代一位のハンドレッド反応数値を持つ新入生として、海上学園都市艦リトルガーデンにやって来た。しかし、自身を迎えに行こうとしていた女性2人を遅刻させてしまう
学園長は遅刻した2人とそれに異議を唱えたクラスメイトにも退学を命じたが、主人公はそのことに不服を申し入れたため、学園長にデュエル(決闘)を申し込まれることになる。



というふう。


うーん、何と言えばいいのだろうか、正直面白いと思えなかった話の展開がたるい気がする。急展開されるよりかはいいけれども、話が飛び飛びというのか、何ともわかりにくい
次回以降どういうふうになっていくのかわからないとも言える。まぁ、次回は決闘なんでしょうけど、解せないままに進んでいきそう。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:39Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

2016年04月10日

岡山からの帰り道

昨日、香川に行ってきた帰り、岡山から新幹線に乗るわけなんですが、そこで早い晩ご飯も兼ねて、JR西日本が運営しているキオスク「Heart・In」と共同運営しているセブンイレブンに行って買ってきましたわずか8分という乗り換え時間の中で、色々と見繕ってきましたよ。
このセブンイレブンはJR駅の構内だけでなくホームにもあり、何かと便利だなと思いましたわ。画一的になるという欠点はあるものの、外れの少ない美味い飯が食いたいと思ったら、ありがたいんですよねぇ・・・。


SHV32_2330では、買ってきたもの紹介。
最初は、「冷やし鶏唐揚げ醤油ラーメン」
とりあえず、地域限定っぽいもの・・・と思って真っ先に目が付いたのが、この商品だった(笑)。



実質関西圏の商品なのにもかかわらず、醤油のシャープさが際立った一品でした。
ただ、唐揚げの味わいがもう少し濃いかなと思ったら、思った以上に淡白だったのが印象的。掛かっていたたれが薄いのかしら?


SHV32_2332もう一つが、「オムえびめし」
海老マヨネーズ入りの一品で、こちらも上に同じな理由で購入(笑)。



こちらも、味は見た目に比べ濃くはないソースの風味が強いのかなと思っていたら、案外マヨネーズの風味がしてくるというふうです。とはいえ、見た目に騙されたと言いたくなるくらい味は濃くないのですわ。これは拍子抜け。
ちなみに、もっと言うとそばめしではないので注意。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系