2017年10月20日

いよいよradikoがAM制覇

インターネットラジオ配信サービスのradikoが遂にAM局制覇を果たしそうです。開始から7年掛かって、やっとここまで来ましたね。


今年はradikoでの『開局』ラッシュになりました。既に県域内配信を行っていた四国放送とKNBラジオ(北日本放送)がradiko.jpプレミアム配信を始めたのを皮切りに、4月にエフエム青森・μFM(FM鹿児島)・FM愛媛が、6月にABSラジオ(秋田放送)、10月にはラジオ沖縄・FM沖縄・YBSラジオ(山梨放送)で開始されました。
また期間限定(来年3/30まで)ながらも、関東圏・宮城・広島・愛媛・福岡でNHKラジオ第一・同第二・NHK-FMが配信されています。
そして、AM最後になったRNCラジオ(西日本放送)が11月から配信開始になることで、国内にあるAM全46局での配信を達成します。FMに関しては、あと11局残っており、全てJFN系列になります。なお、RNCラジオが配信開始になることで、radikoの配信を行っていないのは佐賀県のみになり、そこでは全国配信のラジオNIKKEI(RN1・RN2)と放送大学のみになります。


昔は、エリア外のラジオを聞くとなると、ラジオにループアンテナなど大掛かりな装置を付けて、それを窓際(受信環境の酷い時は外)に持って行って聞いても、状況によっては、全く聞こえない、聞こえてもフェージングなどで聞き取り辛いこともままある、というふうでした。周波数によっては、聞きたくても聞けないところもあり、常に苦労させられた思い出があります。
しかし、今は24時間いつでもクリアな音で楽しめます(ただし、全国のラジオ聴取には350円(税別)必要)PCないしはスマートフォンなどインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも大丈夫なんて、20年前には考えられなかったことです。仮にそんな話をしても一蹴されていたでしょうね(苦笑)。


ラジオの新しい形、radikoを是非一度お試し下さい。一部の番組を除き、タイムフリー機能で聞き逃した番組も聴取可能です(放送開始から1週間まで)。
ラジオを聞いたことのない方は、きっと驚くことでしょう。テレビと違い気軽に楽しめるのもポイントです。有名タレントも多く出演しているので、間口も広いです。是非どうぞ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)etc 

【サッカー】秋風が吹いてくると、昇降格の季節

秋深し隣は何をする人ぞ・・・というわけで、その隣が気になってくるのが、サッカーの昇格争い・残留(降格)争いですね。


J1に関しては、以前にも書きましたけど、現在最下位のアルビレックス新潟が負ければ(事実上)終わりの状態が続いています。15位のヴァンフォーレ甲府の勝ち点が28なので、甲府が勝つと勝ち点15の新潟は追い付けなくなります。なので、新潟は勝ち続けることが絶対条件になります。落ちてしかるべき・・・と前書いた時は思ったのですが、これだけの差なら、あがけるだけあがいてもいいのかなと。ただし、ダントツの最下位なのは否めないので、降格最有力なのは当分変わらないでしょうけど・・・。
その上が、大宮アルディージャ(23)、サンフレッチェ広島(27)となり、大宮も少し苦しいのかなと。広島は降格ライン前後をウロウロしてるので、危なっかしいところです。対戦相手次第なのかな。
その他、先述の甲府と清水エスパルスが危ないラインにいるものと思われます。ただ、新潟と大宮が結構苦しい状況なので、ギリギリのところで救われるものと思いたい。というか、大宮も清水ももう来なくていいです。強すぎた(ギャハ)。


続いてJ2。Jリーグの中で最もエキサイティングで最も激しいサッカーが展開されている・・・というのは大げさか(ニヤニヤ)。

まず昇格争いは、湘南ベルマーレが一歩抜け出した格好名古屋グランパス戦では手痛い敗北をしてしまったものの、たぶん一番最初に昇格するのは間違いないでしょう。
気になるのは2位争いアビスパ福岡が少し息切れなのに対し、V・ファーレン長崎がイケドン状態。そこに名古屋・松本山雅FC・徳島ヴォルティスが追ってくる格好です。特に怖いのが名古屋。風間八宏監督のやりたいサッカーが具現化できるようになっており、湘南戦でその片鱗を見せています。しかも自動昇格を目指す長崎との一戦が近付いており、ここで勝つと、自動昇格まで一気に進むと思っています。
その他昇格争いは、16位の愛媛FCまであるんですけど、実際は12位のモンテディオ山形くらいまでかなぁ・・・。その中で東京ヴェルディ・横浜FC・大分トリニータが昇格プレーオフに最も近いところにいるわけですが、横浜FCは監督の交代劇が大きくマイナスに働かなければいいのですがねぇ。

一方で残留争いは、先日の試合で負けたザスパクサツ群馬がJ3への降格が決まりました。まだJ3の状況次第ですが、降格確実になってしまったのではないかと思います。
もう一つの降格枠にはレノファ山口がいるふうで、上位のカマタマーレ讃岐には勝ち点7差。ひっくり返せない差ではあるものの、連勝がなかなかできない山口には厳しいミッションになりそう。
その降格ラインスレスレにいるのは、先述の讃岐の他にロアッソ熊本とツエーゲン金沢。とりあえず最下位は無いので、残り5試合のうち3試合勝てば残留できると思います。1つだけだと山口のコンディション次第ではひっくり返されるかも・・・。


最後にJ3。ここではライセンス持ちか否かで大きく変貌します。J2の降格ラインにいるチームは、ライセンス無しのワンツーフィニッシュを願っているところでしょうけど、いかに。
終盤から猛チャージを掛けてきた栃木SCが、ぶっちぎりそうな予感。栃木はライセンス持ちなので、昇格確定になった時点で、最下位のチームは自動降格になります。
2位争いが混沌としており、アスルクラロ沼津が現状2位なものの、勝ち点1差でブラウブリッツ秋田とカターレ富山、同2差で鹿児島ユナイテッドが迫っています状況次第ではAC長野パルセイロやFC琉球も射程範囲になることでしょう。
今年のライセンス交付で、秋田以外は全てライセンス持ちになりました。『初物』の沼津が攻撃的サッカーを緩めずに相手にぶつかっていけるかがカギでしょう。あとは終盤調子の上がってきた富山と鹿児島が手堅く攻めれば、2位になれるやもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)スポーツ 

2017年10月19日

もう寒くなったというのに、台風襲来するのか

先日フィリピン沖で発生した台風21号が、勢力を強めながら北上し続け、今週末には日本列島に迫らんとする勢いでやって来ております。予想では、週末には沖縄、週明けには関東をかすめるような形で上陸するそうです。その間にも予報円が日本を覆う感じになっているのも不気味。

もう日本は秋というより冬の入口に入っているかのような気候だというのに、台風が勢力を衰えさせずにやって来るのか・・・。たまったもんじゃないなぁ。暑くなるのは仕方ないにしろ、大雨や暴風が終日吹いている、しかも早ければ週末、選挙の投票日にぶつかる可能性もあるのです。

既に沖縄県の離島(南大東島・北大東島・久高島・座間味島・阿嘉島・慶留間島)では投票日を10/21に繰り上げることを決めました。該当する方々は投票日を間違えないように気を付けましょう。
何より、台風がやって来る時間帯は、選挙の開票速報が行われている時間帯通常とは異なる体制の中、台風の情報も流さなければならないという異常事態で、NHK・民放はてんやわんやの対応になるのではないかと思います。過去にも一度か二度あったような気がしますけど、本当に大変そうだったもんなぁ。開票速報中に緊急地震速報が入った時も大変だった気がするけど、常時緊迫した状態が並行して行われる今回の方が難易度は高いわねぇ・・・。


東海地方に限って言えば、月曜の昼にピークが来るようです。仕事中に帰れと言われるんだろうなぁ・・・。関東圏も帰宅ラッシュの時にピークが来るかもしれないということなので、この日だけは早く家に帰った方が良さそうですよ。


なお、今回の台風は秋雨前線を刺激して、襲来前から大雨になる予報が出ております少しでも激しくなる前に、過去がけ崩れがあった、河川の氾濫があった、床下ないしは床上浸水があった、鉄砲水が出たなどの事例のあるところは、早いうちの自主避難を心掛けた方がいいかもしれません。特に今年は九州北部豪雨で初動態勢の遅れから来る被害の拡大が問題視されました。避難勧告が出る前に避難するくらいでも遅くはないと思いますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)etc 

同じメンチカツでもどう違う?

SHV32_1539現在、ヤマザキのランチパックで売られているメンチカツは2種類あるのをご存じでしょうか?
一つは、普通に売られている「ランチパック メンチカツ」(上)。もう一つは、「ランチパック 肉王メンチカツ」という、10月からTBS系で放送しているドラマ「陸王」(題名は「日曜劇場 陸王」。原作は池井戸潤さんの小説「陸王」から)とのコラボ商品(下)になっています。
ベースは同じなようで、メンチカツとマヨネーズを軸にしております



では、頂いてみましょう。


上のメンチカツと下のメンチカツとの違いは、ほとんどない。強いて言うなら、厚みが若干違い、下の方がパン同士がくっついて取り出しにくい(苦笑)。
味も、それほど変わらないものの、細かい違いはあるようにも。
上のメンチカツは、ソースが押し出されている関係で、ソースの風味を感じやすい。しかしながら、カツはそれほど厚くない(それでも食べ応えは十分ある)ので、肉の味わいはまぁまぁ
対して、下のメンチカツは、厚いかつマヨネーズの味わいが濃いめ。それでいて肉の味わいも濃いので、ボリューム感がありますね。食べ応えの面でいけば、この商品の方に軍配を上げたいです。


なお、個体差があると思いますので、若干味のブレはあると思いますが、改めて普通に売られているランチパックのメンチカツも十分に美味しいわい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)飲み食い系 

2017年10月18日

寒くなったら、やっぱり鍋!

SHV32_1529ということで、寒くなってきましたね。
既に北日本や関東辺りは、凍えるような寒さになっているとのことですが、まだ西日本や中部は、酷く寒いという地域は山間部や日本海側の方だけかなと。太平洋側は、まだそこそこの寒さではあります。
ただ、寒くなってはきたので、鍋をはじめとする温かいものが恋しくなってきます

そこで今回紹介するのは、セブンイレブンで販売している「豚肉の辛味噌鍋」です。この商品は地域限定販売(東海3県と静岡)だそうです。

赤味噌ベースのスープに、たくさんの具材が入っております。



まずは、赤味噌のコクがたまらないね。そこに唐辛子の辛味も加わって、より複雑な味わいを見せてくれます
そしてたくさんの具材豚肉と豚もつの2種類の肉が入っている以外に、豆腐・にら・白菜など豊富で、シャキシャキ感からもちもち感まで食べ応えも満点美味さも引き出しているので、もう言うことなし。身体も温まりますけど、お腹もいっぱいになりますわ。


ご飯のおかずにも十分対応できる、満足度の高い商品です。地域限定商品なのがもったいないですね。もし他の地域で似たような商品があったら、そちらを試してみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)飲み食い系 

秋の新アニメ2017 その13 僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

秋の新アニメ2017、13回目はKADOKAWAのレーベルの一つでウェブマンガの「コミックNewtype」で連載中の「僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件」が原作の「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件」です。アニメ化に伴いタイトルが変更になったんですね。
「コミックNewtype」は、かつて「ニコニコエース」という名で運営しており、「ニコニコ静画」とのコラボだったんですね。今も名は変われどコラボをしているのかはよくわかりませんが、複雑な経緯をたどった作品でもあるようです。
なお、この作品は珍しい名前の子(武田羅梨沙多胡(たけだ・らりさ・たご)さんがそうで、父方と母方の名字を付けているそうな)がキャストに名を連ねていることでも話題になりました。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、ごく普通の高校生。そんな彼には恋い焦がれるクラスメイトの女の子がいた。

ある日、そんな彼女に告白をしたものの、一見普通の女の子だと思ったら、クラスの女子がドン引きするほどエキセントリックな女の子だった。何せ、告白直後に四十八手を暗記するとか宣ったのだから・・・。


普通の恋がしたい主人公、誤った性知識だけは満点な彼女との恋の行方はいかに?



というふう。


1回目は、主人公とヒロイン、そして主人公の幼馴染みの3人が絡んだ回だったのですが、下ネタのオンパレードやね(ニヤニヤ)。逆に言えば、掴みはOKとダチョウ倶楽部を思い浮かべかねん(笑)。丁度3人やしね(苦笑)。


終始バカ丸出しのおバカアニメなので、頭の中を空にして見られます(ホメ言葉)。ただ、この後幼馴染み以上に厄介そうな方々が登場して、ハーレムアニメになるかもしれないですけどね(主人公は望んでいない模様(爆))。
初回は、なかなか面白かったです。ただアクの強い作品なので、やり過ぎるとそっぽを向かれかねないですね。そのあたりだけ気を付ければいいかなと。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)アニメ・コミック 

2017年10月17日

こんなところにテトリス

旧ソ連生まれのパズルゲーム「テトリス」。もう誕生(1984年に誕生したとされる)してから30年以上になるんですね。
日本でも世界でも席巻したこのゲーム、今でもケータイアプリなど様々な媒体で遊べるのですが、何とトラックにも積まれていたことが明らかになったのです。
「テトリス」のゲームが入っていたトラックとは、ロシアの自動車メーカーGAZの「GAZelle Next」という車種。付属ないしはオプションとかに付いてくるカーナビとかではなく、何とインパネ(計器盤)と呼ばれるダッシュボードの中にある画面にあるんです。


どうやってプレイするのかというと、まず「テトリス」を起動するために『隠しコマンド』を入れないといけないという点。この『隠しコマンド』が明らかになったために、「テトリス」が仕込まれていたんだということも分かったわけです。それを入力すると、いよいよプレイできるのです。なお、右のツマミを回してテトリミノを左右に動かし、左のツマミを押してテトリミノを下に落とすというふうになっています。

見て思うに、よくできていて、小さいモノクロ画面ながらネクストブロックの表示もしっかりと表示でき、レベル表示もある。スコア表記が無いくらいで、ちゃんと遊べるのだからすごい。


しかし、なぜこんなものが仕込まれたのか不明だそうで。恐らくお遊びで入れたのだと言われています。そうなると、ライセンス関係の話も絡んでくるのは至極当然のことで。こちらも恐らくノーライセンス、つまりはイリーガルに入れていると考えられます。


地元ロシアでは、トラックの中にも「テトリス」が仕込まれている。まさにおそロシア(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:50Comments(0)ゲーム系 

ユニコがやっとファミマに対応

ユニーグループで発行されている電子マネーカード「ユニコ(uniko)」。一般的な電子マネーカードと同じく、200円で1ポイント貯まる仕組みになっています。
使用できるところは、ユニーグループのアピタ・ピアゴとサークルKサンクスの3か所。ところが、同じユニーグループの傘下に入った(正確にはユニーグループが傘下に入ったと言うべきか)ファミリーマートでは非対応だったのです。
ご存じの通り、サークルKサンクスは2018年2月をメドに全てのサークルKサンクスをファミリーマートに転換するとしています(ただ、いまだにサークルKサンクス名義で残っているところもあるので、本当にできるのか懐疑的だが)。その転換先でのファミリーマートでは対応していないため、元々サークルKサンクスで利用していたユーザーからは不便だというクレームが入っていたのだそうな。そりゃそうだわな。転換する時からそう思っていたもの。
そうなると問題になってくるのが、イオン系で取り扱っている電子マネーカードの「WAON」の立ち位置同じような特典が付いてくるサービスですが、ライバル系列のカードなんですよね。状況によっては「WAON」は提携解除して「ユニコ」に一本化します・・・とかだと、すごく不便になるんじゃないのかなと思う人々が増えるのではないかと。


既に、サークルKサンクスは、楽天が行っているポイントカード「楽天ポイントカード」からTSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)がメインで行っているポイントカード「Tポイントカード」への切り替えを行っています。こちらは、より便利な形になったとも言えるでしょう。それでも同じように不便になったと嘆く人も多いと思うのですが、利用者数を考えれば、「Tポイントカード」の方だよね・・・。


とりあえず、収まりのいい形にはなったのかな。その収まりのいい形を無理に推し進めないことだけを祈りたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)etc 

2017年10月16日

キヅール爆誕(立体化)!

先日行われたサッカーJ3のグルージャ盛岡×FC琉球の試合で、かねてから話題になっていた盛岡のマスコットのキヅールが誕生しました。正確には立体化ですね。


キヅールは誕生の過程からすごい変遷をたどっていて、マスコットを選ぶ人気投票でぶっちぎりの1位。しかもウェブでの人気だけでなく、スタジアム上の人気もNo.1と文句ない1位だったのよね。
無事マスコットになったものの、今度は立体化の資金集めを行うという、恐らく前代未聞のプロジェクトが立ち上がることに。しかし、このプロジェクトも目標額をあっという間に達成してしまいます。
そして先日(10/15)、遂にスタジアムの前に姿を現したのです。


現れたキヅールは、平面で描かれた姿に寸分たがわぬものになっており、あまりのデキのよさにビックリ。しかも、機動力の高さと伸縮性のよさに二度ビックリ
特に機動力の高さは、歩く姿だけでなく、キヅールが見せたドリブルと突破力で立証されました。お披露目イベントでスタッフと選手の計10人を抜いたばかりか、シュートを決めるテクニックも見せ、ただのマスコット(別名お笑い枠(笑))ではないことを示したのです。持ってるコイツ。
座布団に正座という落語好きな面(設定)も回収(?)し、立体化でますますファンを掴んだ&虜にしたと思います。

肝心の試合は0-0で引き分けになりましたが、盛岡のファンだけでなく、全国のサッカーファン、何より岩手県の人達にインパクトを与えたことでしょう。今後福島ユナイテッド戦にアウェイながらも参戦することが決まった他、DAZNが選ぶ今節(第27節)の 「DAZN週間ベストプレー」に選出されるなど、異例の船出もしており、今後の活躍が楽しみでもあります。


なお、キヅールの首がもげるという事件がイベント中に発生したものの、何事も無かったかのように事を進める度胸の座りっぷりも感服致しました(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)スポーツ 

秋の新アニメ2017 その12 ブレンド・S

秋の新アニメ2017、12回目は芳文社の4コママンガ雑誌「まんがタイムきららキャラット」で連載中の作品が原作の「ブレンド・S」です。
原作を知らない作品なのはいつもの通り(苦笑)なものの、「まんがタイム」系の作品なので、恐らく面白いのではないのかなと、意味の無い確信を持っております(笑)。でも、見た感じ面白そうだったんだよね。期待はしている作品です。
なお、放送時間の関係でBSの方が早く見られることから、BSで見ております。地上波なんてあって無いようなもんなんや(ギャハ)!


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、海外留学のためにお金を稼ぎたいものの、目つきの悪い顔のせいでアルバイト先が決まらない年頃の女の子

最近も面接に落ちてショックを受けていたある日のこと。偶然喫茶店の主人と出会い、最終的にその喫茶店でバイトをすることになった。しかし、そのお店は、特殊な属性を用いて接客をするところで、あろうことか経験したことのないドS担当に・・・。しかし、その顔つきのおかげだからか、素の姿でウケる事態になり、複雑な気持ちで今日も接客することに。



というふう。


初回は、彼女の働くことになったバイト先の個性あふれる面々の紹介なんですが、結構キテるわ(笑)。主人公のドS担当もなかなかなんですが、実際もツンデレじゃないのかと思わせるツンデレ担当や普段は毒舌なのにお客が来ると妹系キャラ全開な妹系担当、ヘタレで何もできないながらもツッコミ担当なコックにズボラ店長と個性アリアリだわ。
ここまで来ると、某ファミリーレストランを舞台にしたマンガを思い出すのですけど、店長がその作品に出てくる峰岸だった(爆)。ここまであの作品だと、作者は高津カリノというんじゃないかと思ったら、別人だったから大丈夫か(ニヤニヤ)。


というわけで、あの作品のテンポに付いていける人は面白いと思いますね。個人的には好きな作品です。今後の展開に期待したいですね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)アニメ・コミック 

2017年10月15日

秋の新アニメ2017 その11 Just Because!

秋の新アニメ2017、11回目はオリジナル作品の「Just Because!」です。
この連語、口語の中でもスラング表現の強いもので、今回の作品の意味である「ただ何となく」という意味合いだけでなく、他の言葉と組み合わせることで、「・・・だから~という意味ではない」という使い方もすることもあり、かつbecauseの強調語のような使い方もあれば、「~という理由ではない」とも使われ、複雑なんですね。
もしかすると、この作品は、この連語のような複雑な言葉としての成り立ちのように、男女関係がもつれるかの意味合いで、これなのかなと思ったり思わなかったり
ちなみに、今年のオリジナルアニメで最も素晴らしかったのは、「月がきれい」だと思ってますが、それを越えられるかなと楽しみにしております。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、父親の都合で今から4年前福岡に転校になった。その後も友人達と交流を持とうとしたものの、1年と経たないうちに疎遠になっていき、主人公の心の中でも忘れられていったのだった。

そして、高校3年生ももうすぐ終わりの2学期末、4年ぶりに昔いたところに戻ってくることになった。そして、昔の仲間達と再会した時から、運命は再び大きく動き出したのかもしれない。



というふう。


序盤だからということなのか、大きく動き出すというふうでもなく、モラトリアム的なというのかレームダックというのか、もうすぐ卒業という高校3年生の気持ちが反映されていますね。何となく緩い。緊張感が無いとも言えるのかな・・・。
主人公もあまりパッとしない。仲間との絡みもこれから。今の状況では判断しづらいけど、少し拍子抜けだったかなと思います。形勢逆転できるのか気になるところです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)アニメ・コミック 

秋の新アニメ2017 その10 妹さえいればいい。

秋の新アニメ2017、10回目は小学館のライトノベルレーベルである「ガガガ文庫」から刊行されている同名作品が原作の「妹さえいればいい。」です。
原作者は「僕は友達が少ない」でお馴染みの平坂読さん。アップテンポな青春群像劇を描かせれば、素晴らしいと思える方だと思います。今作ではどんなふうになるのでしょうかね。


あらあすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


妹モノの小説しか書かない妹バカな主人公。実際には義理の弟しかいないので、その思いは募るばかり。
そんな中でも彼の家には仲間達が募り、その中で色々な関係が渦巻くのだが・・・。



というふう。


とりあえず、1回目の冒頭で全て持ってかれた(爆)。これはボツになるわ(笑)。いきなり全裸の妹が謎の光まとって登場するわ、『妹の卵』とか危なっかしいワード全開だわ、担当のお怒りもごもっとも。逆に言えば、主人公の妹バカここに極まれり・・・となりますわ。
そんなAパートがあるので、Bパートが落ち着き過ぎているというのか、見どころが少ないのかなと。まぁ、この変態に集う仲間もまた変態なりと言いたくなる人はいますけどね(ニヤニヤ)。え、風呂を借りたヒロインなんてその真骨頂でしょ。


出オチ感がぬぐえない展開ではあるものの、今後集う仲間がどう化学反応を起こすかで面白くなりそうです。特に主人公の世話人と化している弟が何者なのかが気になりますね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:03Comments(0)アニメ・コミック 

2017年10月14日

これはコスパ最強と言われるわ

SHV32_1536現在、東海3県限定で「夜マック」なるプロジェクトが行われております
6月から始まったこの企画、普段はパティ1枚を100円(税込)で1枚追加(ビックマックなど2枚入っているものは2枚追加)というものなのですが、先日始まった新企画は、「ポテナゲ」というセットメニューで、ポテトのLサイズとマックチキンナゲットが付いてくるものなのです。まぁ名前見たらわかるか(ギャハ)。
で、大の場合はポテトのL×1にマックチキンナゲット×10なのに対し、特大をチョイスすると、ポテト×2にマックチキンナゲット×15になるのです。そう、写真のようにね(爆)。
シェアを目的にしているのに、1人でこれだけ食えという(ニヤニヤ)。うん、晩御飯なら丁度いい(苦笑)。



味は、マックのいつものメニューなので、特に変わった点は無い。ただ、どうしても最後に食べるポテトかマックチキンナゲットが冷めてしまうのよ、1人で食べる場合。その点を考慮すれば、コスパ最高・お腹いっぱいと満足感を得られるのではないのでしょうか。

なお、「夜マック」提供時間は17:00~28:59まで(24時間営業の場合。閉店時間の設けられている店の場合は、閉店まで)です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)飲み食い系 

FC岐阜観戦記2017 第19節 チョンボチョンボ、またチョンボ・・・

FC岐阜、今日は徳島ヴォルティスとの一戦になりました。
岐阜はアビスパ福岡戦以降、勝ちを得ていません。しかも名古屋グランパス戦以降は大量失点を喫しています6点→3点と失点は減っている(得点は2点→3点と増加)ので、あとは点を取れれば何とかなるのかなと思っております。


ちなみに、明日湘南ベルマーレが勝って、V・ファーレン長崎が負けると、湘南の昇格が決まります。逆に、ザスパクサツ群馬が負ける、ないしは勝ってもカマタマーレ讃岐が勝つと降格確実になってしまうわけです。選挙の当選確実じゃないですけど、降格にならないのは、J3の動向次第だからですね。ただ、ブラウブリッツ秋田とアスルクラロ沼津が往時の勢いを失っているだけに、これからはJ3の動向でやきもきしなければならないというのも、辛いですわね・・・。まぁ、今年は運よく岐阜は巻き込まれていませんが、明日は我が身。気を引き締めていきたいところです。

逆に徳島は、昇格を掛けた争いの中にいるわけで。何としても昇格プレーオフ圏内の6位に留まりたいのではないかと思います。久しぶりのJ1昇格に徳島は燃えております。ちなみに、今年の魅力度ランキングは46位だって。「ケンミンショー」でいじられそう(笑)。


SHV32_1532そんな長良川にも秋の気配が漂ってきました。
屋台村に「どて丼」が登場すると、寒い季節の準備かなぁと思ってしまう。「どて煮」もあるよ。
どては、美濃加茂市で育てられた「はちや豚」を、米は白川町のコシヒカリを使用しています
・・・また取り上げているかもしれないけど、まあいいや(爆)。



味噌の味わい、濃い味噌が名古屋人にはたまらない(笑)。岐阜の人間にも、このどては美味しいと思うはず。あ、大根もいい味の染み具合でした。


SHV32_1533もう一つ、いつもたこ焼きを売っている屋台には、「韓国焼肉風丼」なるものを売っていました



こちらは、肉の甘辛な味付けがサイコーコチュジャンの辛味とキムチの辛味がアクセントになって、ご飯もっと欲しかった(笑)。


SHV32_1535久しぶりの勝利を賭けたこの試合、結論から言うと最悪だった(泣)。
パスが繋がらない、回らない。そして繋がってもボールを取りこぼしてしまう敵に読まれている感もあるけど、誰もいないところにポンポンボールを回しても何にもならんでしょう
序盤が特に酷かった。この序盤の酷さで、岐阜のイレブンは成す術なしと思ってしまったのか、相手の守備が破れない。ボール回りがよくなった頃には、時既に遅し。敵の猛攻がビクトル選手に襲い掛かってきたのでした。
しのぎにしのいだものの、後半に入ってビクトル選手が飛び出してしまう悪い癖がきっかけになって遂に失点に。その後は、ビクトル選手がまたしのぎにしのいだものの、最終盤でフリーキックを決められて万事休す
今日のような入りの悪い試合では、消極的になってしまうのは嫌だけど、ダメだと感じたなら引きに引いて0-0に持ち込んだほうがよかったのに・・・。中途半端な攻守で0-2に終わってしまいました。



何にもいいところの無い岐阜は、次もホームで東京ヴェルディ戦。こんなチョンボだらけの試合で大丈夫なのかね・・・。ビクトル選手以外だと大本祐槻選手がよかったかなと思ったものの、彼もドリブルでチョンボしてるんだよなぁ。
あと気になるのは、試合終了後倒れ込んだまま動けなくなった小野悠斗選手。今年大活躍しているので、アカンとなったら彼の代わりを探すのは大変だぞ・・・。永島悠史選手を据えるのか、それとも久しぶりにヘニキ選手かクリスチャン選手を招集するのかねぇ?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(2)スポーツ | 飲み食い系

2017年10月13日

ヘーホンホヘホハイ

SHV32_149810月からマクドナルドで期間限定販売中の「ヘーホンホヘホハイ」(笑)。<あんだって!?
こちら、何度か期間限定で復活を遂げていた「ベーコンポテトパイ」が、こんな形で復活するだなんて(泣)。

ちなみに、パッケージの裏には、きちんと「ベーコンポテトパイ」と書いてあります(笑)。また、「ヘーホンホヘホハイ」のアルファベット表記は、「HAHON HOHAHO HIE」



そのお味は・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


ひつほとほなび(ニヤニヤ)!<何言ってんのかわかんねーよ!ほおばりながら言うな!
・・・いつもと同じって言ったの!ベーコンの塩気にポテトの旨味、皮のサクサク感がバランスよくかつマッチしてるので、何でこれが定番メニューから外れたのか、いまだにいぶかしがってしまうのだよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)飲み食い系 

秋の新アニメ2017 その9 魔法使いの嫁

秋の新アニメ2017、9回目はマックガーデンより刊行されているマンガ雑誌「月刊コミックガーデン」連載中の「魔法使いの嫁」です。
原作はノーマークですが、珍しく広告が打たれていましたね。地下鉄の中の中吊り広告ですけど、結構打たれていたようにも思えました。期待されている作品なんでしょうね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公の少女は、人ならざるものが見える能力を持っているため、周りだけでなく家族の中でも疎まれる存在になっており、そのことで自暴自棄になっていた。


ある時、謎の男に導かれ、やって来たのはオークション会場彼女はオークションの競売に掛けられることになったのだ。彼女を競り落としたのは、人ならざる魔法使いの男。しかも破格値で。
その男は、少女に付けられた枷を外して、自身の弟子兼嫁にすると述べた。しかも、彼女の持つ能力は、とても素晴らしい素質を持つものだとも述べ・・・。


この出会いが、彼女の未来を大きく変えるものだった。



というふう。


総じて重い展開になるのかな・・・と思ったら、弟子としての生活が始まった時には、かなりコメディに走ってたな(笑)。それだけ主人公の少女には劇的だったという印象を与えたかったんでしょうね。
とりあえず、少女の能力がいかほどなのか、対して魔法使いの男は一体何者なのかは、正直あまり明かされていなかったなという感じ。とりあえずボーイ・ミーツ・ガールというふうなのかね。
ちなみに、2クールで放送されることが決まっています。長丁場になるので、じっくり見せていく傾向になるのでしょう。初回は、まま面白かったので、期待しております。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)アニメ・コミック 

2017年10月12日

秋の新アニメ2017 その8 Dies irae

秋の新アニメ2017、8回目はPCゲーム「Dies irae -Also sprach Zarathustra-」が原作の「Dies irae」です。
読みは「ディエス・イレ」で、ドイツ語で「怒りの日」という意味があります(なお、原作の「Also sprach Zarathustra」は「ツァラトゥストラはかく語りき」というニーチェの著書から採ったもので、同じドイツ語)。
また、この作品は2015年に始められたアニメ化プロジェクトの際に、クラウドファンディングで資金集めを行ったところ、目標額の3000万が1日もかからず集まり、4日後には全て振り込まれ、最終的には9600万以上の資金が集まるという想定外の集金力が起こった(当時の日本のクラウドファンディング史上最高金額・最高人数)ことでも知られています。
なお、テレビ放送は全12話ですが、ウェブ配信全6話も加えた全18話構成になるとのこと。かなり不規則な展開ですなぁ。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


その昔、同じ夢を見続けている人が、同じように同じ夢を見続ける人を見付ける彼は要人暗殺犯だったのだが、奇妙な友情を感じ、その同じ夢を見る事態を打破することを誓うのだった。


その誓いから60年以上経った別の場所で、狂気の事件が発生するきっかけになるとは誰も知らずに。



というふう。


・・・正直、あらすじをまとめるのに苦労した。だって、物語の芯の部分にまだたどり着いていないもの(ギャハ)。ゆえに、初回を見ても全く分からない本当にゲームをプレイした人だけにしかわからない展開。下手をすれば、クラウドファンディングに参加した人だけしか理解できないんじゃないかといいたくなるくらいの展開です。


はっきり言って測定不能故飯野賢治さんが言い放った「俺を評価するには、10点満点か評価不能かどっちかにしろ!」というセリフが、ここまでピッタリくる作品だったとは思ってなかったわ。これは、ウェブアニメでオチになるなら、相当苦情来るぞ・・・(汗)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)アニメ・コミック 

秋の新アニメ2017 その7 URAHARA

秋の新アニメ2017、7回目はアメリカのアニメ配信サービスの中で連載されている小説「PARK: HARAJUKU Crisis Team!」が原作の、「URAHARA」です。
原作が外国の作品ということもあって、全世界配信も積極的に行われている(原作を提供しているアメリカのアニメ配信サービスも含む)ようです。原作者も外国人のようですし。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。
東京・原宿に春休みの間だけ開店している、3人女子高生が手掛けるお店「URAHARA」。オシャレな服やスイーツなど、オシャレなら何でも置いてある不思議なお店。


ある日、世界中の文明を奪い去ってしまう、自ら文化を生み出せない宇宙人「スクーパーズ」が現れる東京各地の文化財や建物を根こそぎ奪っていったことを見かねた3人は、助けた少女とそのお供がもたらした変身グッズを用いて、彼らと戦っていくのだった。



というふう。


少々強引かなと思いながらも、わかりやすい展開ではある。3人とも個性があって、それを束ねるエビフライ(!)には味があるね。フライだけに(笑)。しかし、何でエビフライだからって、名古屋弁しゃべらせる!?タモリさんの影響受け過ぎ(ギャハ)!


正直まだまだ様子見かな。これから3人が何をするかで面白さが変わってくると思います。あとは、助けられた少女は何者なのかも、これからわかってくるのでしょうか。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)アニメ・コミック 

2017年10月11日

秋の新アニメ2017 その6 少女終末旅行

秋の新アニメ2017、6回目は新潮社のウェブコミック「くらげバンチ」で連載中のマンガが原作の「少女終末旅行」です。
実は、作者は愛知県東海市出身で、地元の大学(教育大学)を卒業しているんですね。最初は、ほうほうと思っていたレベルだったのに、妙に親近感が出てきましたよ(ニヤニヤ)。見た目はゆるアニのような感じですけど、どうなんでしょうねぇ。


あらすじはこう(以下イタリックで表記)。


繁栄と映画を極めた人類の文化は、ある争いによって崩壊した。それから長い年月が経ち、ほとんどの人間をはじめとする生き物は死に絶え、廃墟と朽ちた機械類などが転がっているだけの世界になってしまっていた。

そんな中、まだ動く戦車に乗って、2人の少女がその世界を駆け抜ける。彼女達は、何もなくなった世界で何を思うのか。



というふう。


地上波でも見られるのですが、今回はいち早く見られるということで、BSで見ておりました。
で、見た感想。思ったよりハードだな(汗)。確かに一見緩い感じの作品なんですけど、彼女達の発する一言には鋭さがあるのよね。曲がりなりにもサバイバル生活を毎日やっているわけだ。少しすれているようにも感じられたし。
特に食料を見付けて、最後の1個になった時に、銃器の扱いの得意な少女が半ば強引に奪う形でかっさらっていくばかりか、銃口を向けて「もらった!」的なやり取りは、かなりの緊迫感を味わいましたよ。これは結構インパクトある。


思った以上にハードだけど、思った以上に新鮮に見られます。是非一度ご覧下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)アニメ・コミック 

秋の新アニメ2017 その5 ラブライブ!サンシャイン!!

秋の新アニメ2017、5回目はKADOKAWAの系列であるアスキー・メディアワークスのゲーム雑誌「電撃G's Magazine」の読者参加企画から始まり、その後マルチ展開されている「ラブライブ!」の続編「ラブライブ!サンシャイン!!」の第2期です。
まさか、この作品も2期になるとは思ってなかった(笑)。キレイに終わっていた感があったからね。それだけ支持されていれば、2期もあるでしょう。実際、舞台になった静岡県沼津市の来場者数が伸びたというし、現在J3で戦っているアスルクラロ沼津も、参入初年度なのに2位に躍進。これも、「ラブライブ!サンシャイン!!」の大旗などを掲げて応援しているファン(サポーター)のおかげなんでしょうね。


あらすじは続きものなので無し。浦の星女学院の廃校が避けられるかと思ったら、既に近郊の高校との統廃合に動いていたことが明らかになるところから始まります。


今回は2期なので、既に見ている人向けではありますが、一応前期の説明しているだけマシなのかなと。ただ1回目にしては地味な展開だったかなぁ。これから派手になっていくのでしょう。展開上仕方ないとはいえ、力強い決意のようなものを感じ取れる、いい回ではありました。
しかし、廃校が決まった学校をどうやって食い止めていくのか、見ものではありますね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)アニメ・コミック