2010年10月28日

叙々苑の味を全国で 前編

関東では非常に有名な韓国焼肉の「叙々苑」。近年では、中国地方(広島)・東海地方(名古屋)・関西地方(大阪)にも進出しています。
野球中継を見ていると、東京ドームのバックネットにある広告スペースでも見かけることがあるので、「うちにはない」という人でも、もしかしたら名前だけは知っているという人がいらっしゃるかもしれません。


その叙々苑とローソンがタッグを組んで作ったのが、今回紹介する「叙々苑監修 焼きめし」と次回紹介する予定の「叙々苑監修 焼肉重」、そして「叙々苑監修 焼肉ライスサンド」というおにぎりです。
ちなみに、「叙々苑監修 焼肉ライスサンド」は、非常にシンプルで意外にもあっさりしています。肉の味は本当によくわかる一品です。

で、今回紹介する「叙々苑監修 焼きめし」、魚醤と昆布だしで味付けしたご飯に付属のコチュジャンをかけて混ぜて食べるもの叙々苑の総料理長の監修した特別メニューだそうです。



味に関しては、まずそのまま食べた場合は、非常に薄味でそう美味いとは感じない。まぁあっさりしているので、〆のメニューにはいいのかもしれないですが・・・。
それゆえに、この商品はコチュジャンがものすごく決め手になっています。
これがあると、味の深みと複雑さが際立ってきます
ただ惜しむらくは、これがピビンバみたくおこげのできるふうだったらば・・・と。
そうなると、フライパンであぶり倒すか石鍋に詰め替えてやるしかないのでちょっと敷居が高くなるわな・・・。でもそうやったら、おこげとコチュジャンの味が上手いこと化学反応起こしてくれそうだけどねぇ。



Posted by alexey_calvanov at 23:16│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51780099

コメントする

名前
 
  絵文字