2010年09月01日

レコゲー2010 9月 据え置き機編 前編

2010年もラストスパートの3ヶ月に差し掛かりました。例年なら涼しくなる兆候が出始める9月ですが、今のところ昼も夜も暑い日々が続きそうとのこと。もう虫の声が聞こえているのにというのに・・・。

そんな中でもやって来るのが、日本最大のゲームショウで世界でも指折りのゲームショウでもある東京ゲームショウ。今月の半ば、丁度3連休の初日と2日目に一般公開日が組まれた(ビジネスデーも含めた期間は9/16~9/19)ので、余裕を持って行ける人達が多いのではないかと思います。また年末商戦を占ううえでも重要な展示会になります。

そして、この時期はほとんどの企業で上半期の決算期。ゆえにたくさんの作品が出てくるものの、どうも箸にも棒にもかからない作品が増えているような・・・携帯ゲーム機用ソフトやベスト版が増えているのも、利益重視とも見られて少々残念なようにも・・・。
それでもいい作品が揃っているので、まだこの上半期の決算に出る作品群は捨てたもんじゃないなと。


では、注目の作品紹介です。

実は今月の最注目作、先述のため何ともはやなわけで・・・。そのため絞り込みにくいふうになっています。候補としては以下の3つ。


その1:Halo:Reach(ヘイロー:リーチ)
ご存じヘイローシリーズの最新作にして最終作この作品が後のシリーズへの前日譚になります。
これまでの集大成ということもあって、グラフィックやモーションは最高のクオリティにまで達しているとのこと。もちろん武器や乗り物の種類も増えています。またマルチプレイ・オンライン対戦は大きな進化を遂げており、ゲームスタイルやプレイスタイルといった基本的な部分の変更から暗殺攻撃やスパルタン×エリートといったある種マニアックな要素まで追加されています。
今回は本体同梱版・設定資料集付・設定資料集とフィギュア付と様々なセットがあるばかりか、ヘッドセットマイク・特製のゴールドメンバーズシップ(オンライン機能を利用するための会員証のようなもの)が販売されるので、これから始める人にもコアユーザーにも勧められる一品なのは確かです。

その2:METROID Other M
こちらもシリーズ最新作。「スーパーメトロイド」(SFCで発売)と「メトロイドフュージョン」(GBAで発売)の間で起こった出来事を描いた作品になります。
開発するのは、コーエーテクモホールディングス所属のTeam NINJA
3Dゲーム(サードパーソンシューター系。一部ファーストパーソンシューター的な部分あり)でありながら、操作体系はファミコンライクなものになっています。そのため簡単な操作で様々なアクションができるようにもなっています
またストーリー性の高い作品になっており、随所にCGを利用したムービーが挿入されるそうです。
どちらかというと、大人向けに昇華された作品ですが、操作の簡単さは子供(CERO区分ではB対象なので、ティーン以上)にも訴求できる作品だと思います。

その3:「フロントミッション エボルヴ」(PS3・XBOX360・Windows)
シリーズとしては珍しくシミュレーションRPG以外のジャンルで登場します。そのジャンルは「アーマードコア」のようなアクションゲームになるとのこと。
自機をカスタマイズすることで強化していき、歴戦を戦いぬくシングルキャンペーン世界中の仲間と戦える(ただし他ハード間との対戦は不可)マルチプレイ(オンラインモード)からなっており、シングルモードでは一定時間敵からの攻撃が遅くなるE.D.G.E.(エッジ)や白兵戦が、マルチプレイではデスマッチ・銃座を奪い合い、確保した時間を競うドミネーション・一定時間で現れたり消えたりする一つの銃座を奪い合うスプレマシーが楽しめます。
アクション要素が苦手な人用にイージーモードがあるとはいうものの、これまでのユーザーにどこまで訴求できるかが大きな課題ですね。

その4:「デッドライジング2」(PS3・XBOX360)
こちらもシリーズモノ。大好評だった前作の続編になります。
ショッピングモールでの惨禍を経験したフリージャーナリストのチャックが、今度はゾンビ化している家族のために抗生物質を買う金稼ぎで出たテレビ番組の収録舞台(カジノ街)で再び惨禍に襲われるというもの。
残虐行為ばかりに目が行きがちなものの、今作では手に入れた武器を繋ぎ合わせて新しく武器を作れたり、オンライン対戦も可能。ファッションや食べ物・飲み物の種類も増えているので、そのあたりで楽しみにしている人にもオススメ。


これ以外の作品はどうなのかというと・・・。

まずは、「ウイニングポスト7 2010」(PS3・PSP)
2010年の最新事情が反映されたばかりか、2011年から開始できるシナリオと音声実況が追加。「ウイニングポスト7」・「ウイニングポスト・ワールド」との連動ももちろん可能になっています。

もう一つは、「モンスターハンター フロンティア オンライン シーズン9.0」(XBOX360・Windows)
モンスターハンターシリーズの一つで、PCとXBOX360の両方で楽しめる作品(ただし共同プレイは不可)です。
今回は新フィールドや大型モンスターが実装される大型アップデートになるそうです。

最後は、智代アフター~イッツ ア ワンダフルライフ~ CSエディション
「CLANNAD」の外伝的な作品で、ヒロインの一人である坂上智代をフィーチャーしたもの。
今作では、新世代機ゆえにできた高精細画面や5.1サラウンドが搭載されています。


次回はPC作品の紹介予定。



Posted by alexey_calvanov at 22:13│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51780225

コメントする

名前
 
  絵文字