2010年08月26日

壮絶な戦い、まさにエキサイティングリーグ

今日の試合はどこも見応えがあったはず。
移動日になった楽天と日本ハムを除いて、パリーグは2試合行われたのですが、千葉では1位西武と3位ロッテの上位対決2位のソフトバンクは5位のオリックスとの負けられない戦いを繰り広げていました。


ロッテ×西武はTwellV(トゥエルヴィ)で見ていましたが、唐川選手と西口選手との投手戦になってましたね。ただ、唐川選手で耐えたロッテに対し、継投策で裏目に出た西武は、ナインのほんの一瞬見せた怠慢とそれに付け込まれたロッテの粘りに耐えられなかったようです。それらに対してなのか激高していた渡辺監督の顔が印象的です。
試合は2-1でロッテの逆転勝ち。あとは福岡で行われているソフトバンク×オリックスの試合の結果待ちになりました。

そのソフトバンク×オリックスは一進一退、もつれにもつれた試合になったようで、丁度この試合はNHK-BS1で中継していたのですが、見たい番組を見ようと思ったらまだやってた(苦笑)。その際は延長12回で両チーム最終回。何の見せ場もなく引き分けで終わってしまいました。ただ、ソフトバンクにとっては勝って単独首位に立ちたかっただけに、この試合は負けたのと同じくらいの痛い星を落としたと思います。


この試合結果で、ソフトバンクとロッテが全くの同率(.548)で首位、わずか2厘差(.546)で西武が3位、さらにその後4ゲーム差(.513)で日本ハムが追いかけるというこれまでにない大激戦になっています。
これは優勝が最終戦までもつれ込んでもおかしくないな・・・。また10.8や10.19みたいなふうになるのかのぉ・・・



Posted by alexey_calvanov at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51780236

コメントする

名前
 
  絵文字