2010年05月30日

デジタル化前倒しへ

NHKが遂に業を煮やしてデジタル放送を前倒しするそうです。
・・・といっても地上波放送ではなく、衛星放送の話


実は2011年7月24日でアナログ放送が終了するのは、地上波だけではなく衛星放送も該当するのです。そのことが周知されていなかった(逆に言えば、視聴者は衛星放送は2011年7月24日以降もアナログで大丈夫と思い込んでいた)わけです。
そのことでNHKが怒ったのかどうかは知らないのですが、先に衛星放送でのアナログ放送を終了させて、そのためのキャンペーンを周知させるのだそうな
そのことで、デジタル放送完全移行後の放送体制も前倒しすることになり、BS1は報道番組中心の放送体制に、BS2は教養・バラエティ・エンタメ中心の放送体制にそれぞれ移行。移行と同時にBS hiは放送終了になります。

問題になるのは、この放送でNHKの総合や教育の一部番組を楽しむことができたのですが、それも終了になること。
そして、それを見るためにBSアナログを入れていて、いまだにそれで見ている世帯。その中には、地上波の地デジ以降でも地上波放送が見えない地域が存在し、まさに衛星頼みになっています
そういった地域に対しては、「地デジ難視対策衛星放送」で、関東広域圏の放送を見てもらうという対策を施し、その間に地デジ放送の設置を行うというふうになるそうです。


しかし、視聴者の思い込みで終了が早まってしまったのだから、視聴者もそのことは考えた方がいいような気も・・・NHKのアピール不足も否めませんが、勝手に終わらないと思っていた私達にも責任がなくはないと思います


ちなみに、同じアナログ放送が行われているWOWOWが同調するのかは不明



Posted by alexey_calvanov at 23:18│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字