2010年05月23日

夏の新機種出揃う2010 ドコモ編④

夏の新機種ドコモ編、最後はPROシリーズなどの紹介です。


⑯N-08B
12.7mm間隔のQWERTYキーボードが搭載された折りたたみ端末(ミニパソコン型)。ドコモ2010年夏モデル唯一のPROシリーズ。
4.6インチのフルワイドVGA液晶を搭載している。またIEEE802.11b/gに準拠した無線LAN(Wi-Fi)も搭載している。

個人的感想
もちろんフルブラウザの利用は可能だが、一番うれしいのは、これまで対応不可が多かったiモードに対応している点。メールを利用したい場合などで使えなかったために、この対応は大きい。
またNECの機種ゆえに、らくらく無線スタートやAOSSをサポートしているしているので、どこに行ってもWi-Fiのアクセスポイントとして活用できる。DSやPSPを一緒に持って行く際に重宝するかもしれない。
ただし、電話を利用する際は、スピーカーフォンもしくはヘッドセットマイクなどが必要なので注意。
連続待受1000時間(ワンセグ視聴時は5時間)も使える耐久力の高さもポイントが高いと思われる。


⑰LYNX SH-10B
タッチタイピングのしやすいパンタグラフキーボードタイプのQWERTYキーボードを搭載した折りたたみ端末(ミニパソコン型)。OSはAndroid1.6を採用している。
ドコモの4シリーズに属せず、スマートフォンとして登場する。
5インチの大型ディスプレイを採用し、タッチパネルに対応している。

個人的感想
ドコモではHT-03A・Xperiaに続いて3代目の機種になるが、それよりもバージョンは上がって登場するとのことなので、より快適な操作が期待できるだろう。
iモードは非対応ではあるが、一応PC版のiモード(iモード.net モバイルアプリをサイトからダウンロードするという形で)が対応可能になっているので、何とかなると言えば何とかなるが、やはり導入した機種もあることを考えれば・・・。
なお、microSDが2GB版ながら同梱されているのはうれしい配慮
なお、LYNXといっても、アタリが出していた携帯ゲーム機のことではない(笑)。


⑱dynapocket T-01B
QWERTYキーボードを搭載したスライドモデル。OSにはWindows Mobile 6.5.3、CPUには1GHz動作のSnapdragonを採用しており、スライドモデルながら12.9mmの薄さになっている。
ドコモの4シリーズに属せず、スマートフォンとして登場する。

個人的感想
元は海外モデルのK01。また国内ではauのIS02(TSI01)との兄弟機にあたる。
Windows Mobileながら、Snapdragon搭載でサクサクな操作性を実現しているとされる点が今後の動向のカギを握るものと思われる。
ただ、スライドキーはボタンの1つ1つが小さいので押しにくいのではないかというのが不安なところ。またiモード非対応なのも気になる(ただし、iモード.net モバイルモードおよびiモード.net モバイルアプリに対応可能)


⑲Black Berry Bold 9700
カナダのメーカーResearch in Motionが手掛けたストレートモデル。
ドコモの4シリーズに属せず、スマートフォンとして登場する。
外見がコンパクトになった他、トラックボールから光学式のトラックパッドに変更されたり、エンタメ機能の充実が図られている。

個人的感想
直観的な操作ができるようになったため、これまでより使いやすさは向上している。ただし、コンパクト化したことでますますキーボードの間隔が狭くなったように感じられ、かつiモード非対応なのも気になる(ただし、iモード.net モバイルモードに対応可能)


⑳モバイルWi-Fiルータ(ポータブルWi-Fi)
バッファローが開発した無線LANルータ。
ドコモの3G回線以外にも公衆無線LANや自宅のADSL・FTTH回線もシームレスに利用可能になっている。そして最大6台まで同時接続も可能になっている。

個人的感想
正確にはケータイでもデータカードでもないのだが、無線LAN機能を備えたデータカードが以前出たので、今回は特別に紹介。
特徴的なのは大きさ。名刺入れサイズ(幅95mm×高さ64.4mm×薄さ17.4mm)の大きさで、重さが105gということで非常に扱いやすい。出張先でも自宅の部屋移動の際にも便利だと思われ。
また6台まで繋げれるので、PCのネットをしながら、ゲームを楽しむこともでき、かつ音楽も聞きながら・・・ということも
そして、現在はソフトバンクのみで利用可能なiPadも、事実上ドコモで(無線LAN機能付のみだが)対応可能になっているのも大きなポイント。


次回はソフトバンクの新機種紹介。



Posted by alexey_calvanov at 21:20│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字