2010年05月22日

夏の新機種出揃う2010 ドコモ編③

夏の新機種ドコモ編、3回目はまずPRIMEシリーズの4機種の紹介です。


⑩N-04B
1220万画素のカメラ搭載の回転2軸端末。対象物を素早く撮ることができる機能がさらに早くなり、ハイデフサイズの動画撮影も可能になっている。
最大54Mbpsの超高速通信が使える「ホームU」を搭載し、最大4台までのWi-Fi通信(らくらく無線スタートやAOSSにも対応)も可能。

個人的感想
デザインは非常にシンプル。一色での表現だが、とても繊細で美しく感じる。
また端末のボタンも視認性が高くなっている
それでいて機能面は高く、さらに超高速通信の一つ「ホームU」が利用可能なのだから、非の打ちどころがない機種になっていると思えてならない。オススメ。


⑪P-04B
縦でも横でも開けられるWオープンスタイルを採った折りたたみ端末。ワンプッシュオープン機能付。PRIMEシリーズでは異例の多色(5色)展開になる。
1320万画素のカメラ搭載。ISO12800の高感度撮影も可能になっている。

個人的感想
今回はワンセグ面での機能強化よりもカメラ面での機能強化が中心の模様
夜でもきれいに撮れるようになっているのは、カメラ撮影に慣れていない人にはありがたい。


⑫F-06B
IPX5/IPX7/IPX8相当の防水機能が搭載されたスライドモデル。スライドした後に左右どちらかにスライドした画面を回せるスライドヨコモーションを搭載。
1320万画素のカメラを搭載し、ハイデフサイズの動画撮影も可能に。広角対応の高輝度LEDフラッシュの搭載し、最大ISO25600相当の高感度撮影への対応も可能になっている。
最大54Mbpsの超高速通信が使える「ホームU」を搭載している。

個人的感想
F-09A以来、実に1年ぶりのスライドヨコモーション端末になる。
今機種は写真撮影に対して大幅に強化しており、高感度で高精細な撮影ができる他、ハイデフサイズの動画撮影、最大サイズでも連射可能になっている。


⑬SH-07B
1210万画素のCCDカメラを搭載した回転2軸端末。通称AQUOS SHOT。同名称のケータイは3代目になる。
シリーズ初めての防水機能(IPX5/IPX7相当)を搭載。HDMIケーブルをシャープの液晶テレビAQUOSシリーズに繋いで高精細の写真を大画面で再生できる「AQUOSファミリンク」に対応している。

個人的感想
デザインは意外にシック。ユーザーインターフェイスは今回から採用された統一仕様に切り替えられ、今まで操作体系の違いで苦慮した人にも使いやすくなったと思われる。


お次はSMARTシリーズの2機種。


⑭N-07B
デザイン家電ブランドのamadanaとのコラボモデル。弧を描くようなスライドをする「アークスライド」を採用している。

個人的感想
今回amadanaとのコラボモデルは3代目で、前回に引き続きスライドモデルでの登場。薄さは13.6mmとまぁまぁ。
カメラ機能は普通なものの、素早い起動ができ、素早く撮影できるようになっている。あとはデザイン性で選ぶ人がいるかどうかというところ。


⑮SH-09B
最薄11.4mmのスリムボディを採用した折りたたみ端末。

個人的感想
これといったものがない機種。ただ薄さだけは近年の中では群を抜いている(それでもμシリーズほどのインパクトはないが・・・)


次回は、ドコモのPROシリーズとスマートフォン、そしてWi-Fiルータの紹介予定。



Posted by alexey_calvanov at 21:13│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字