2010年02月23日

ドラゴンクエストⅥ 幻の大地⑲

さぁ、いよいよ裏ドラクエのラスト、洞窟の祭壇の前までやって来ました。
祭壇の前で強く念じると、あの怪物が現れます。そう、この祭壇はグレイス城のそれと全く一緒。城を壊滅させたあの怪物、ダークドレアムに。

ダークドレアムの力は圧倒的で、輝く息・おぞましい雄叫び・怪しい瞳・凍てつく波動だけでなく、ギガデイン・バイキルト・メラゾーマといった呪文も扱うほど。打撃系の特技でも、かまいたち・グランドクロス・はやぶさ斬りなど様々。ほぼ確実に3ケタのダメージを与えてきます(一部除く)。

対策としては様々ありますが、まずはHPの高い職業を極めておくこと上級職のバトルマスター(戦士+武闘家)がベターですが、できることなら洞窟内のザコキャラに対等に渡り合えることも考慮してドラゴンの職を極めるとよいです。
ドラゴンの職は、ドラゴンの悟りを手に入れれば簡単になれるのと、高い(30,000G)ながらも購入が可能(デスコッドにて)な点が挙げられます。また力がバトルマスターよりも強いので、バイキルトをかけた正拳突き(武闘家で取得)のダメージがダークドレアム戦の場合平均450くらい最高で500ほどになるので、ぜひとも。
最低1人、できれば2人いると心強いです。

もう一つは、はぐれメタルの職を極めておくこと。
前回も書いたのですが、はぐれメタルは極めて成長が遅く、成長してもなかなかHPが上がらない(しかも生命(いのち)の木の実で上げようとしても上がらないので要注意)こともあってか極めるまでの道のりが厳しいばかりか、役立たずとまで思えてしまうほどです。
しかし極めてしまえばこっちのもの。極めてしまうと全ての息や呪文をノーダメージにしてしまうという最強のキャラに仕上がります。こうなると今までの苦労が何だったかのように楽になります。
そのため、リザーバーに極めさせるよりかは3人目・4人目(たいていミレーユ・チャモロ・バーバラあたりか?)のどちらかでその職を極めさせた方が役に立つわけです。
ただし、はぐれメタルを極めさせる際にあらかじめパラディン(武闘家+僧侶)を★6以上にしておくこと。そうしておく理由は仁王立ちが覚えられるから。ハッサンならLV18くらいで覚えられるのですが、打撃メインで扱うことが多いので非常にもったいないそう考えると3・4人目に覚えさせた方が、回復役も兼ねられるので楽です。
残り一人は賢者(僧侶+魔法使い)のような回復役。MP節約を図りたいならスーパースター(踊り子+遊び人)を極めておくといいでしょう。

20ターンまでに倒したいなら、はぐれメタルで仁王立ちをさせた3もしくは4人目に施した後、確実に2人はバイキルトをかけた正拳突きで攻撃、3人目は回復役(手が空けば攻撃)こうすればスクルトやフバーハといった補助呪文が一切いらなくなります。なお、討伐までに必要なレベルは50くらいかと。

20ターン以内に討伐しない場合は、レベルがもっといるかもしれません。
この場合は確実に3人以上の回復役が必要になるでしょう。またホイミンもしくはベホマンといったベホマズンが唱えられるキャラの援助が必須になるかと(今作は唯一通常キャラで唱えられない)。
またドラゴンの職業をあてにしないとしたら、ギガスラッシュややまびこの帽子が必要になるかもしれません

20ターン以下で討伐するとエンディングが変化するので、お楽しみに。


これで長かったドラクエⅥの攻略もどきもおしまい。オーラスで小ネタなどが話せれば。



Posted by alexey_calvanov at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字