2009年10月29日

ハイビジョン対応のDS登場?

この時期になって、新型のDSがまた登場することになったようです。


ニンテンドーDSの新型として、「ニンテンドーDSi LL」が登場するそうです。
価格は2万円と従来機よりやや高め。そしてやや横に面長になっています。

基本的な部分はDSiとほぼ変わらないようですが、最大の違いは大型化した上下画面
DSiで3.25インチだったのがこの本体では4.2インチになり、特に横幅が従来よりも大きくなりました。
早い話が、ほぼ4:3だった画面が16:9のハイビジョンテレビ風になったと形容すればいいのでしょうか?


この仕様変更の意味合いは現状のところ不明ですが、もしかすると、ワンセグにした場合、より自然に楽しめるようにしたかったのか、映像コンテンツの配信を見越した動きをしようとしているのか・・・という憶測ができそうです。
いずれにしても、まだまだ初代DS・DS Lite所有者が多いと思われるので、この層の買い直しを促せれるのかがキーポイントになってくるのは間違いないでしょう。



Posted by alexey_calvanov at 23:54│Comments(2)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
天倉ケイジさん>確かに思ったほどでかいですね。ビックリしました。
家で遊ぶユーザーに配慮したのでしょうかねぇ?

ノートPC代わりにしないのは、任天堂自身がPC事業に疎いからかもしれないですね。
今でこそ本業より少々外れたネット関連もやっていますが、昔は本業以外のことに手を出すとロクなことがない・・・というのが半ば社訓のようになっていましたからね。

・・・ほら、昭和のボウリングブームの時にボウリング場運営に手を出したりとかインスタントライスに手を出したりとか(ギャハ)。
Posted by アレックス at 2009年10月30日 22:59
これニュースサイトで見ましたが結構でかいですよね(゚Д゚)
携帯ゲームと言うよりむしろ携帯型据え置き機という言葉がぴったりなくらい(笑)
あと液晶が大きくなって値上がりするのはしょうがないですが、どうせ値上げするならUSB対応にしてネットブック代わりにも出来れば良いのに
Posted by 天倉ケイジ at 2009年10月30日 07:07

コメントする

名前
 
  絵文字