2009年10月24日

セパの覇者決まる

今日相次いで、プロ野球のクライマックスシリーズの覇者、すなわちセパの覇者が決まって、いよいよ決戦モードに入ってくることになりました。


パリーグは、日ハムが通算4勝1敗(うち1勝はアドバンテージ)で進出。

正直全ては初戦の結末で大きく変わったのだと思います。
あの試合、どう考えても楽天の勝利は間違いないと思っていました。9回に点は入れていたものの、このまま楽天がいける、仕方がないと思っていました。スレッジ選手が出てきても、犠牲フライで1点が関の山だな・・・と思ったら、フラフラっとレフトスタンド最前列にスタンドイン
この奇跡的なサヨナラ勝ちが、この後の日ハムの試合運びを決めたのだなと感じてなりません。
そして、野村監督の采配に引導を渡したのもスレッジ選手このシリーズで神がかり的な活躍を見せていましたね。

でも楽天は正直強いチームになったと思います。来年以降はどうなるかわからないものの、今の状況が続くのならば、とても侮れないチームになったなと思います。

日ハムに関しては、ダルビッシュ選手が復帰できるか次第で大きく変わると思います。確かにチームの総合力でここまで勝ち上がって来ましたが、正直日本シリーズはそれだけでは勝てないと思います。必ず1勝のできるエース級の選手がいないと苦しいです。それはヤクルトやソフトバンクが負けたことで如実に窺わせています。


セリーグは、巨人が通算4勝1敗(うち1勝はアドバンテージ)で進出。
巨人に関しては初戦で狂わされたものの、上手く立ち回ったなと思います。やはり破壊力のある打線が大きかったのと、中日がどう見てもしどろもどろな試合運びのように見えてならなかったですね。勝つぞという雰囲気をナゴヤドームに置いてきたように感じてなりません。
特に盤石な投手陣が上手く機能していない。名手と言われている選手があれほどたやすくエラーするのはその表れでしょう。中日は3年連続でクライマックスシリーズに進出しているのに、唯一勝っているのは、アドバンテージのなかった2007年のみ。なぜこここまで上手くいかないのでしょうか?

巨人に関しては、実はそれほど不安な要素はなく、あるとすれば、日本人先発陣がどれだけ踏ん張れるかと、初戦で打ち込まれたゴンザレス選手の復調具合くらいだと思います。


ともあれ、日本シリーズが楽しみです。どういうふうになるんでしょう。



Posted by alexey_calvanov at 23:01│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字