2008年11月25日

嫌な3ヶ月予報が出てきた

今日NHKの天気予報を見ていると、12月から来年2月までの3ヶ月予報が発表されたと伝えてました。

それによると、12月は典型的な西高東低の冬型になると変更。1月・2月は太平洋沖に高気圧が張り付くようになるとのこと。
そうなると12月は西日本が、1月・2月は気圧の谷になる太平洋岸で雪になるとのことらしいです。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


3年前の冬みたいになるんじゃないのか(汗)?
わかる方ならわかるかと思いますけど、名古屋が50年以上ぶりの大雪に見舞われたあの時の状況によく似てるなぁ・・・。
厄介なのは、名古屋が西日本にも太平洋岸にも差し掛かる場合があるという点。予報によっては東日本に入れるところもあるようですが、若狭湾や琵琶湖からの雪が鈴鹿山脈・養老山脈などの低い山から越えてくるケースがあるため、私自身は西日本になるんじゃないかと思ってます。


どっちにしても、あの豪雪が再び襲ってくるのではと思うと、気が気でなりません。あの深雪の中歩くのは正直酷ですからねぇ。
それでも都会の(雪を滅多にお目にかからない)人間には、雪が降るとロマンチックになったりうれしくなったりするので、ゲンキンなものです
かく言う私もその一人なのかもしれませんが(汗)、少なからず3年前のあの雪を覚えているので、心の底からうれしいわけではないですよ(苦笑)。



Posted by alexey_calvanov at 22:00│Comments(0)TrackBack(0)etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51782003

コメントする

名前
URL
 
  絵文字