2008年07月17日

すごい発表が続きましたが、喜んではいけません。なぜなら、ぬか喜びに終わるからです

何でこんなふうに書いたかを言う前に、驚くべき発表の詳細を。


①ファイナルファンタジーXIII、XBOX360でも発売決定-マルチプラットフォーム化へ。
②PS3、80GBモデルを発売決定。価格は40GBと同じくらいの額に-事実上の値下げ敢行。



・・・確かに、これを見たら誰もがおおっと思うような発表ばかりです。しかし、そこでどこの発表なのかを探っているあなたは鋭い(苦笑)。

実はこの発表、①はアメリカでのマイクロソフトの発表会、②はE3の中での発表。そう、両方ともアメリカでの発表で、対象となるのもアメリカ・ヨーロッパ版のみとなるわけです。
今のところ、日本版では①・②ともに予定は未定特に①に関しては社長自身がやらないと言っているので、よほどのことがない限りマルチ化はしないという姿勢なのかもしれません。

まぁ、日本で①をやろうものなら、ニュース速報が出るかまではわかりませんが、間違いなく経済ニュースのヘッドラインに載る可能性がありますし、少なくとも会社の株価に影響を与えかねないくらいのものになるかもしれません。
ちなみに、一部メディアでは初めての大容量モデル的な発表をしているところもあるようですが、2007年に韓国で同じ容量のモデル(内容は恐らく違うもの)が発売されています。


じゃあ、なんでこういうふうになったのかという背景を最後に紹介していこうかと。

①・②共通して言えるのは、アメリカやヨーロッパではPS3が苦戦している。特にアメリカではPS3に比べてXBOX360が圧倒的に多いということが挙げられます。
そうなると、①に関して言えば、より多くの売り上げの見込めるハードに出そうとしたがる。また、この作品の表現をするにふさわしいハードで・・・という流れになってくるわけです。
じゃあWiiやPS2でも、もしくはドラクエのように携帯ゲーム機でもいいんじゃないかと思われますが、元々PS3で発表しようとしているものを、携帯ゲーム機のポテンシャルで十分表現できるかというと、甚だ疑問。ゆえに携帯ゲーム機とのマルチ化は消えるわけです。
では、なぜWiiではいけないのか?
どうもポテンシャルがゲームキューブクラス、つまり現行のPS2もしくはピーク性能でもXBOXクラスしかないと言われているからです。

ピーク性能のXBOXクラス部分は多根清史著「プレステ3はなぜ失敗したのか?」P203より


そうなると、最も売れていて世界戦略に合致するXBOX360に必然的になっていくわけです。
そこで、慌てて大容量HDDモデルを出して、FFXIIIを初めとするヒット作品の繋ぎ止めを図ったのではないかと②は推測できます


・・・まぁ、あくまで予測ですが、何か(笑)。



Posted by alexey_calvanov at 23:41│Comments(5)TrackBack(0)ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51782452
この記事へのコメント
にいさん>2つまとめてレス。

そんな、60GB(PS2読み取り可能)を定価より高く買った人間になんてことを(号泣)。
でも、上手く切り詰めれば、2万円台にはなるんじゃないかと思います。
そういう意味では、X様のHDDなしは大英断だった気がします。
X様は一時の洋ゲー大乱立でやや引き気味じゃないかと思っていたところがあるので、また極端にRPGで固めるのもいかがなものかと思いますが、まぁ、いいカンフル剤にはなるかなと思ってます。
Posted by アレックス at 2008年07月19日 01:32
未設定さん>HDDはオフィシャル・アンオフィシャルから大容量のを買えば間に合うので、HDD抜きのものを安く売ってくれれば・・・なんて恐ろしいことを時々言いたくなりそうです(笑)。

実際ソニーの会長もうるさく言っていたようなので、やっと折れたかという感じです。
Posted by アレックス at 2008年07月19日 01:27
1万円
1万円台
Posted by にい at 2008年07月18日 00:53
Xbox360買うよPS3は1万円なら買うけどね
Posted by にい at 2008年07月18日 00:49
80Gいらないですね。まずは価格さげて
Posted by 未設定 at 2008年07月18日 00:35

コメントする

名前
URL
 
  絵文字