2008年05月18日

悪質ユーザー注視週間中で、もうすぐ3周年

上のタイトルについてるのは一個人でやってることですから、何の意味も持たないのですが、敢えて。


もうすぐこのサービスも3年目を迎えるわけですが、前にも書いたように、メンテナンス後の混乱が未だに抜けきっていません
そんな中、悪質なユーザーは混乱の中に乗じて偽者演出をやめて、特定ユーザーの攻撃に走ったようです。
その中に一部のユーザー(中には例の人も乗っかってますが)が徒党を組んでやっているようです。
例の人は、未だにさる人物を女性と断定し、その断定を一部のユーザーが間に受けてしまっているようです。
そんなの、女性だろうが男性だろうが関係ないですが、お前のやってる行為は悪質なネカマ行為だったんじゃないのかと誰しもが明白に思ってるのに、いけしゃあしゃあと言えるその根性は、もっと別の方向で試されるべきではないのでしょうか?

そして別の記事では、また入れてほしくもないお気に入りに入れられているのも確認しています(この記事を作成している時点で解除確認済)
もう一度言います。
自分で書いておきながら、お気に入りに入れるんじゃない。大変悪質で不愉快です。


ちなみに、悪質ユーザーの共通点は、『非会員のコメントは悪(否)』としているところでしょうか?
非会員の人達にも、サービス利用はできないまでも閲覧する自由を与えているその意味を何もわかっていないんでしょうね。
なおのこと、コメント閲覧や書き込みは誰でもできるようなままにしていただきたいと運営サイドには強く求めていきます。


そして、この悪質ユーザー達には改めてこの言葉を。


大いなる自由には


大いなる責任が伴う



そして、この言葉を追記したい。


自由を放棄することは


責任を放棄するのと


同義である



明日(5/19)は3周年ですが、これを機に悪質なユーザーがテロリストになって活動しないことを切に祈ります・・・


最後に、例の人物への悪意を会員状態でカミングアウトして先陣を切ったとあるユーザーに敬意を表したいと思っています。
そして、例の人物や悪質ユーザーに対して激しく糾弾しているあるユーザーには、その共闘の意思を見せるために、そのサイトをお気に入りに入れます



Posted by alexey_calvanov at 21:31│Comments(8)TrackBack(0)真面目なモノ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51782528
この記事へのコメント
@柿さん>すいません。事後報告でもと思ってたんですが・・・。ご足労おかけしました。

とにかく、間隙をすり抜けられた以上、彼が何と言おうとも、何か事を起こしたら訴えていくつもりです。

・・・今更ですけどね(爆)。
Posted by アレックス at 2008年05月20日 02:24
稲葉。さん>ごめんなさい。少しシリアスに書かせてもらいます。

あなたが思う気持ちがあれば、それでいいと思いますよ。
その思いをいただけたら、私は十分でございます。

いろいろありますよ。ここまでもつれるとは思わなかったですけどね・・・。
Posted by アレックス at 2008年05月20日 02:21
自らをネカマを認めない方>記事で割くのもバカバカしいので、ここで。

迂闊でしたね。
まさか全角半角の区別ができない指定拒否だったとはね・・・。
もう全角指定でも拒否設定にしてるので、あなたの大嫌いな非会員状態で読んで下さいな(苦笑)。何と皮肉なことなんでしょうね・・・。

そこまで仰るのなら、ログアウト状態で書きましょうか?
最もあなたの仰る多重人格的な名前で攻め立てますけど(笑)。

君のやってることは社会主義国家に当たり前のようにあった秘密警察と一緒。
下手に会員名で語らうものなら、そこで絨毯爆撃して駆逐するんでしょうね。だからあそこでは隠匿してやってるんじゃないの?それに君のように秘密主義で動いていないから。ただ匿名性なのを除けば、オープンだから。

史書を紐解けとあったので、こういう史書をば。
君のような人が集まった社会主義国家はほとんど滅んでいる。一部の社会主義国家は何とか生き永らえているけど、たいていが共産主義を修正せざるを得なかった。
だが、君はどこかの社会主義国(もしくはメディア統制をしている某国)のように秘密・弾圧を繰り返しているね。

そのことを思いながら、1989年に起こった東欧革命で消えていった社会主義国のことを思い浮かべてほしい。
政権を握っていた彼らに対して、何と言われたのか。
今でも是か非かわからない部分もあるが、少なくとも、これから取り上げる言葉が何を意味するのか考えて下さい。

以下、http://svjyk65.hp.infoseek.co.jp/page001.htmlより後半部分(壁崩壊の年1989年)を抜粋。

1989年1月、ホーネッカーは次のような演説をした。
「ベルリンの壁は、それを必要とした理由がある限り、今後100年は残り続ける」
1989年10月7日、東ドイツ建国40周年記念日。
「東ドイツの同志の皆さんが、理解するべきことがある。
世界が変化していることを、認識せねばなりません」
(同式典における、ゴルバチョフ・ソ連共産党書記長<当時>の演説)
1989年8月31日
「われわれの決意が、揺らぐようなことはない。
あなた方が考えることは、たった一つ。何千もの国民が国を棄てる決意をするような、そんな国を造ったあなたがた自身の罪の重さだ」
(ハンガリー外相ホルンが東ドイツ人の西側出国決定を東ドイツ外相に伝えた際、抗議する東ドイツ外相フィッシャーに告げた言葉)

誰がどう当てはまるかわかるかね?
Posted by アレックス at 2008年05月20日 02:05
第三者さん>私はカッコいいと言われるほどの英雄じゃなく、かつては辺境から抜け出したいと思ってた一住民なだけですから(苦笑)。
抜けたところで意味があるのかないのかは、未だにわかりませんけど。

まずは非会員が悪であるという考えを何とかできないものなんでしょうかねぇ?
建設的な意見とかは全ユーザーの中から生まれるものだと思ってますから。

いいブログなのか否かは利用する人が判断してくれると思ってます。その裁定がいい方向に働けば、おのずと有名になっていくと思うわけですし、悪く働けば、罵詈雑言の中で晒されるわけですし。

いつも以上に取り留めなくすいません。
Posted by アレックス at 2008年05月20日 01:49
今更だが、お前の打倒犯罪ネカマの主張&意志は受け取ったぜwww
お気に入りリンク、サンキューなwww
Posted by @柿 at 2008年05月20日 00:23
久しぶりにコメントさせて戴きました♪ 三周年おめでとうを言っていいものか悩みますね。笑
いろいろありますね。
Posted by 稲葉。 at 2008年05月19日 11:49
柿の種
コメント
このコメントは 構ってさん【かまって-さん】に対するコメントです
会員であるにもかかわらず、非会員でしかコメント出来ないのは『小心者』のやること。
やはり『茶坊主』の集まり、すなわち此処は
裏サイト
「auone BLOG」の悪の集団が屯するところ。
だから当然に会員ではコメント出来ないし集団でしかコメント出来ない。
蛆虫のように涌いてくる。
誰も本家にはコメントしてないのか...
そろそろ「IP」公表してもよろしいのでは、運営さん。
by Jack
(2008/05/19 02:06)
柿の種
au one ブログ TOP
森を見て、木を見ず。
分析が出来ないのは恥であって声高らかに云うべきではない。
何故か...
混乱させるからである。
『煽動者は真実を知らないことを隠したがる。』
史書を紐解くことを希望する。
Posted by Jack at 2008年05月19日 02:28
アレックスさん格好いいです!
あのブログのコメント欄を荒らしていた会員にはほとほと呆れました
ここは馴れ合いが多いせいか非会員を悪と考えるブロガーが少なからずいますよね
もちろん荒らしは大概が非会員ですが、それはむしろ当然のことなわけで
誰にでも閲覧できるように公開しておきながら、その内容を無視してコメントする者を差別するのは矛盾しているし
その矛盾した考えに近づけるこのサービスの仕様にも問題があると思っています
だいたい会員にもとんでもないのがあれだけいるのに…危険な思考の持ち主には共通点が多いものですね
ここにはいいブログもたくさんあるのにそんな中で埋もれてしまっているのはとても残念です
長々と愚痴っぽくなってしまってすみません
Posted by 第三者 at 2008年05月19日 01:03

コメントする

名前
URL
 
  絵文字