2008年05月16日

誤解を招くような人が誤解を招くようなことをするから、こうなる 前編

まずこの記事は、かなり感情的に触れている部分もあります
気分を害されたという方には、ここで心より謝罪致します。申し訳ございません。





では本題です。


例の人が、私がとあるところで書いたかのように断定して記事に挙げているわけでして。
まぁ、どう思っていただいても構いませんこの件に関しても含めて、とあるところでの出来事に関してはノーコメントを貫いていきますので。

記事はこちらになりますが、
あまりに断定口調的を射っている的外れ関係なしに、決め付けで物事に対して走り出すのはいかがなものなんでしょうか?
私自身も、昔はそういう人間だったのでよくわかりますよ。こうもまぁ感情的に先走りしすぎることは今でも往々にしてあることですので。
人間なんて感情で物事を左右される生き物なので、気分次第ではそうなってしまうんでしょうね。先述のとおり、私も感情に流されやすい人間でしたが、昔ですけど、自分自身ではそう思っていなくてもそう指摘された時期があり、それ以来感情で物事を動かないようにはしていますよ。それでも時々頭をもたげることがあるので、これはいかんと思ってますが。
だからこそ、ここでは努めて冷静になろうと思っているわけです。ネットの世界は不特定多数の人間が関わる世界。ファーストインプレッション(初期印象)で良くも悪くもなっていくのです。いろんな人が見に来ますから、その第三者に対してどう思うか考えて書いていってます。
時に文章が攻撃的になったり踏み込みすぎたりする面もありますけど(ブラックジョークがきつすぎたりするのが典型的なパターンでしょうか)。

書く人全てに言えることなのかもしれないですが、第三者をどう捕らえるのかなんです。相手のスタンスにまで干渉はしたくないですし、言うべきではないと思いますが、あえて言わせてもらえれば、基本的に第三者はありがたい読者です。わざわざ足労をかけて見てくれているわけですから。
それでも、時にコメントなり書いてって下さいなと矛盾したことをこの前行ったオフ会で話してますけどね・・・。

だからこそ、閉鎖的に物事を進めるということは、極めて失礼な表現で申し訳ないですけど、心のどこかに何かしらのやましいことがあってそうしてるのかなと思ってしまうわけです。
荒らしに遭いたくないから、無菌状態をなるべく保ちたいとか様々あるのかもしれないので、上の表現は不適切なのかもしれません。もし気分を害したのなら申し訳ありません。


しかしながら、例の人は、相手に不快に思わせる行為や事象を過去に何度となく幾度と名を変えやっているわけです。そのくせ自分のサイトは第三者はおろか時に自分にとって都合のいい人の意見しか相手にしないという人です。
それを象徴する発言として、「コメントはお気に入りに入れた人にしか発言できないようにしてほしい」という旨のことを書いていますまたこのブログサービスをコミュニティ化(恐らくSNSやプロフサイト化)してほしいとも
そういう人、いやそういう国ならよく知ってますけどね
北の国やら、竪琴の国やら、中つ国やら、金の双頭の鷲の国とよく似てるような・・・。


以前にも書いたかと思いますが、インターネットはオープンフリーなものです。
出自は軍需産業という極めて閉鎖的な環境から生まれたものですが、今は誰もが利用できる、それだから己のセキュリティ能力が試されるという負の側面もありますけど、自由なところなんですよ。
それゆえに、SNSのような閉鎖的な環境はこのネット本来の意味から逆行しているのかと思えてならないのです。
法人のようにある種の公開できない事象があるのならともかく、一個人で閉鎖的な空間を作ることに何の意義があるのでしょう?今問題になってる裏サイトとまでは言いませんが、ロクなことがないんじゃないかと思っています。
とりあえず、例の人には「大いなる自由には大いなる責任が伴う」という言葉の意味を理解していただかないと・・・。


長くなってきたので、後編に。



Posted by alexey_calvanov at 23:29│Comments(0)TrackBack(0)真面目なモノ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51782531

コメントする

名前
URL
 
  絵文字