2008年02月26日

イーモバイル3/28に音声サービス開始 後編

後編はイーモバイルの音声端末の紹介。
型番表示は『端末の種類-数字(世代)-メーカー』になっていると推測されます。
それから考えるに、今回紹介されたEMONSTER(S11HT)とH11Tは以下のようになるのではと思われます。

EMONSTER(S11HT):スマートフォンタイプの第1世代の1台目でHTC製造
H11T:ハンディフォンタイプ(推測)の第1世代の1台目で東芝製造


なお、型番の付け方はauのWINに似てくるのではないかと推測されます。


では、機種の紹介です。


①EMONSTER(S11HT)
台湾HTC製のスマートフォンタイプ。ベースモデルはHTC TyTN Ⅱ。
愛称のEMONSTERはEM Net(エムネット) Smart Terminalの略
スライドモデルではあるものの、スライド時に傾斜角が付けられるチルティングスクリーン(チルト液晶)機能を搭載
チルティングスクリーンは2.8インチQVGA液晶のタッチパネルになっており、直感的な操作が可能。
これ以外にも、QWERTYキーボード・300万画素カメラ・Bluetooth・Windows Mobile 6 Professional Edition・最大3.6Mbpsの高速通信を搭載
また、この端末そのものがSIMフリー端末になっており、海外でもSIMカードを差し替えれば、一部制限やサポート対象外にはなるものの、W-CDMA/GSMエリアで利用可能になる

個人的感想
ファーストモデルとなったEM・ONEと同じスマートフォンであるが、唯一かつ最大の違いは(Skypeという荒業を利用せずに)音声端末として利用できることである
そういった特殊な端末だからか、データ通信契約のみでも音声契約のみでも契約ができる(新サービスのケータイプランデータセットも可能)という非常にフレキシブルな端末に仕上がっている。
フレキシブルといえば、無段階調整の可能なチルティングスクリーン機能
手で持って使う場合は普段どおりに使えるようになっているが、卓上で使う時にもノートパソコンのようにディスプレイ面を角度をつけた状態で利用することができるので、使い勝手がかなり向上している。
また、SIMフリーが可能になるのならば、SIMカードを手に入れれば、海外でもそのまま使えるケースが増えるので、これまた使い勝手がよくなり、スマートフォンでは最強の部類に入ってくるかもしれない
メールもSMSとEM netメールの他にOutlookが利用可能
ただし、GPSを除く一部のコンテンツサービスが利用できない他、SIMフリーが災いしてか国内ローミングが利用不可なため、(音声サービス開始時では)東名阪と一部地域以外では非常に脆弱なエリアであることを考えると、購入時には非常に注意をしたいところ。


②H11T
回転2軸式の折りたたみ端末。2.8インチワイドQVGA液晶を搭載。またワンセグを搭載し、機能的には同社のテレビREGZAと同等の技術を搭載している。
カメラは320万画素手ブレ補正機能/オートフォーカス付で、広角レンズによってワイド撮影が可能になっている。
最大3.6Mbpsの高速通信に対応し、通信モデムとしての利用も可
また通信モデムで使うUSBケーブルをPC接続時に利用することで、AAC・MP3・WMA形式の音楽データを転送可能。それ以外にも着うたフル・着うたの利用も可能
その他、ゲームアプリ・GPS・国内ローミングが利用でき、Bluetooth・赤外線通信・電子辞書等を搭載。

個人的感想
恐らく音声端末のメインになっていくだろう機種
初期の発表時にあったような奇抜さは無く、非常にこぎれいにまとまったケータイになったものの、意外にも完成度は高く、他社のケータイをよく研究したものになっている。
特にワンセグは東芝のREGZAクラスの完成度に仕上がっているし、音楽プレイヤーが付いているのも大きい。しかしながら一番の完成度はカメラ機能で、他社がなかなか搭載していないと思われるワイド撮影機能を搭載し、ワンランク上のカメラを目指している。
惜しむらくはFeliCa機能が無いことくらいで、このあたりは次期モデルへの宿題になるのかもしれない。



Posted by alexey_calvanov at 23:15│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字