2008年01月24日

執念の逮捕

「成せばなる、成さねばならぬ何事も」という言葉がありますが、それを地で行くような執念が逮捕に結びついた事件がありました。


京都府警が、ファイル共有ソフト「Winny」を利用して利用者にコンピューターウイルスを撒き散らしていた大学院生の男が逮捕されたそうです。

京都府警といえば、そのWinnyの開発者を摘発したことでも有名になりました。京都府警のその時の経験や他のハイテク犯罪でのノウハウの積み重ねと、何が何でも立件するという執念が今回の逮捕に結びついたのだと言われています。
立件するのも困難だったそうで、最初は器物破損罪で立件しようとしたものの、再インストールで修復可能なため断念。その後は刑法での立件を試みるものの断念。特別法ででも立件と考えたそうですが、結局はコンピューターウイルスのネタに利用していたTBS系/BS-iで放送中のテレビアニメ「クラナド」の画像を許可なく利用したことに対する著作権法違反の疑いで立件したということです。


実は日本はサイバーテロに対する犯罪を立件する法律が法案(刑法改正案)として提出されていたことをご存知でしたでしょうか?
その法案が作られた理由は、サイバーテロに対する法律を作ることが元々サイバーテロに対する国際組織に加盟するための条件だったため急遽制作し、法案として立案したんですが、この時セット法案として出されていたのが共謀罪に関する法案共謀罪の内容の一部が公権力による社会への監視に繋がるのではないかということで廃案に追い込まれたため、このサイバーテロに対する法案も廃案に追い込まれてしまったわけです。

なんでこう重要な法案をセットで可決させようとするのかがよくわからないんですが、これが効率化のためにいいというのはいささか納得いきません
どんな法案であれ、じっくり吟味して賛否を丁寧に問うのが真の民意の反映だと思ってますが、いかに?


まぁ、それはそれで置いておいて、この立件が行きすぎではないかという見方もあるそうです。
正直著作権法での立件は、重箱の隅を突いた過剰行為とも取れなくはありません。しかし、大なり小なりこのコンピューターウイルスを送り込まれたことによって日常業務に支障が出てくれば、軽微であってもそれなりの罪に問うことができるのではないのでしょうか?
それにWinnyは目的さえ間違えなければ、皆が共通の資産を持ち管理することのできる非常に有効な財産になるはずです。特に情報格差が起こることが多い今、このWinnyは著作権などの管理方法がしっかり定義できれば、格差打開の一つのアイテムになると思っています。

あまりにもWinnyに負のイメージが強く残っているので、否定的な見方が強いですが、私個人は使えるものなら使ってみたいと思ってます。ただ、現状の野放図の状態では確かに使いたくないとも思ってます。
なので、早期にサイバーテロに関する法案を単独で通して、Winny等のファイル交換ソフトの位置付けをしっかりしたクリーンなものにするべきだと今回の事件の一連の動きを見て思いました



Posted by alexey_calvanov at 22:40│Comments(4)TrackBack(0) 真面目なモノ 

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
さよこ♪さん>そういう方も多いんでしょうね(汗)。
Winny自身もう少しいいイメージを持ってもらえるように何とかしてもらいたいものです。
Posted by アレックス at 2008年01月29日 01:00
エロ系やアプリ全般はWinnyに、お世話になりましたね
今はPC非力なためセレ1.2の512じゃねセレDは冬眠だし。
Posted by さよこ♪ at 2008年01月27日 10:19
赤さ棚さん>初めまして。
個人的にはコンピューターウイルス(種類は通称「原田ウイルス」と呼ばれるものらしい)に使ったのがクラナドというのには驚かされましたけどねぇ。
そんなに人気があるんだと・・・。

正直これだけコンピューター社会になっている今、しかも日常の道具としてなくてはならないものになっているコンピューターが旧態依然の法でカバーできるわけがない(実際今回の件で思い知らされたはず)ので、早急に新法の立案に取り掛かって欲しいものと思います。
今回の犯人はどうかわかりませんが、こういう犯人は愉快犯ということが多いですね。楽しければそれでいいじゃんという考えで、はい。

こちらこそ長文ですいません。いつもこうですけど気になさらず(爆)。
Posted by アレックス at 2008年01月26日 01:40
はじめまして。
著作権法違反で逮捕ということには驚きましたが、そのような背景があったのですね。
サイバーテロに関する具体的な法律が日本に無いことに正直恐ろしさを感じてしまったのですが、個人的には、コンピュータウイルスを撒き散らす人間の心理もあまり理解出来ません。
著作権法で取締まることに批判があると思いますが、今回の警察のやり方は正しかったように思えます。
長々と駄文失礼しました。
もしよろしければ、これからもどうか宜しくお願いします。
Posted by 赤さ棚 at 2008年01月25日 01:10

コメントする

名前
 
  絵文字