2007年10月29日

タイブレイク

表題にはそう書きましたが、今年の日本シリーズ、札幌で1勝した中日は大きいなぁと
逆に札幌で落とした日ハムは、この1敗が2敗3敗にも思えるような重みを感じてなりません。
さらに日ハムの悪い材料が1・2番の不調。というより徹底的にマークされているということ。
その1・2番以外でも、中日の内野の守備(アライバこと荒木・井端両選手のコンビなど)がまるで打つ所を読んでいるかのように正確無比な動きをするのが怖い。抜けててもおかしくない当たりが、かなりの割合で防がれているわけです。

そうなると結局セギノール選手の長打(ホームラン)狙いしかなくなってしまい、これでは勝てなくなってしまう。
第1戦も確かに勝ったけれども、初回のセギノール選手のホームランがなければ試合は0-1で負けていたと思います。単純に考えた場合ですが。


となると、ダルビッシュ選手以外の投手陣も踏ん張らないといけないのに、グリン選手がダメだった・・・。悪い時のグリン、イライラグリンが出てしまったわけで・・・。もう満塁の時点、つまりかなりエキサイトしていた時点でもう変えるべきだったんだと思いますね・・・。

恐らく家族が来日していたので、家族が見てることで立ち直るのではないのかというヒルマン監督の温情が裏目に出てしまったのではないのかと思っております。
確かに家族が来日してる時のグリン選手は調子がいいんですが、短期決戦ではそんなデータは度外視でやってかないと大変じゃないかと・・・。


ちなみに明日は(NHKの解説では)小笠原選手-武田勝選手といわれています(もしくは小笠原選手のところが朝倉選手になるのではと私は思ってますが)。


いずれにせよ、


明日は勝(まさる)で勝つ!



といきたいものです。



Posted by alexey_calvanov at 23:22│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51782818

コメントする

名前
 
  絵文字