2007年09月19日

とりあえず日ハムはクライマックスシリーズ進出へ

今日(9/19)の試合で、日ハムは楽天に6-0で大勝し、クライマックスシリーズ出場の3位圏内を確定した


試合は日ハムはダルビッシュ選手、楽天はマー君こと田中選手の『エース』対決。相手は投げる試合では負けることがほとんどないマー君だっただけに緊迫した試合になるんではないかと思ったが、じわじわと攻め立てたのが功を奏したのか、7回で引きずり降ろすことに成功。
最少得点の状態でも十分な力を発揮できるダルビッシュ選手、今日はいまいちな調子だったからなのか、小首をかしげるシーンが目立ったものの、要所はきちんと抑え、エースとしての風格も十分だった。


試合後は、22年間日ハムを支えた田中幸雄選手の引退セレモニーと東京ドーム最終戦ということで、東京ドームに訪れた日ハムファンに対するお別れセレモニーを行っていた。
地上波では放送していなかったので、CSのGAORAで試合終了後のセレモニーを見ていたのだが、改めて後楽園時代から日ハムを支えていた田中幸雄選手は日ハムにとって偉大な選手だったんだなと思わされた。後楽園時代(ルーキーイヤー)から今までの試合の活躍をまとめたVTRを見て感無量だった。
解説の岩本(岩本勉さん。通称ガンちゃん)さんも言ってましたが、まだ田中幸雄選手の現役生活はもうしばらく続きます。せめて去年の新庄さんのように、最後の大舞台まで見送ってやりたいものです。


しかしながら、この試合でクライマックスシリーズに進出は決めたものの、順位がどうなるかわからない

確かに日ハムは1位だ。しかし、2位のソフトバンクとの差は2ゲーム。そして3位のロッテとは5ゲーム
残り試合は日ハム11、ソフトバンク13、ロッテ14だったと思う。試合の組み方(特に2位3位の直接対決)次第だが、日ハム1位通過が非常に苦しい状況にあるのは変わらない
何とか残り試合の中で白星を積み重ねて1位通過に持って行きたい。
2位や3位で通過するのは、さすがに現状の選手層では酷過ぎる・・・。



Posted by alexey_calvanov at 22:45│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字