2007年04月25日

逆転裁判4③

今回の逆転裁判4ゲーム紹介は第2話になります。


第2話 逆転連鎖の街角



あらすじ
ある日の晩、成歩堂が車にはねられた!同じ頃、みぬきのパンツも盗まれた!そして、人情公園では怪奇な襲撃事件が・・・。
一見何の繋がりもない事件が、あることをきっかけに連鎖していることが明らかになる・・・。
目的はキタキツネ組組長の息子、北木滝太(きたきたきた)の無罪を立証すること。

今回から探偵パートやカガク捜査ができるようになる。
探偵パートの基本としては・・・。
「調べる」と出てきたところは必ず調べておくこと。ここのフラグ立てを怠った場合、先に進めなくなることもしばしば。
あとはもらった証拠品は詳しく調べておくこと。これも怠るとフラグが立たず、先に進めなくなるので注意すること。
また切り替えのできるシーン(場所)がある場合は必ず見渡しておくこと。状況によっては調べ漏らしや重要人物が登場することもあり、これも先に進まなくなる要因になる。

以下前半探偵パートでの難しい攻略のポイント。


ひき逃げ事故現場
右画面のゴミ箱には2種類の証拠品が入っているが、最初は1種類しか持ち出せない。最終的には両方持ち出せるのだが、最初に持ち出す証拠品はすべて回りきってから決めるとよい

屋台消失事件現場
ムギツラ宅前にあるどんぶりは見落としやすいので、必ず調べておくこと。

宇狩医院・ガレージ
ガレージ内にある車は拡大表示される。その時に出てくるミラーが折れているところは、タッチしにくいポイントにあるためか見落としやすいが、必ず調べておくこと。


なお、探偵パートはどこから行っても差し障りのないようになっているので、必ずここから行かなければならないというのはない。


次回は1回目の裁判パートのポイントをメインに紹介。



Posted by alexey_calvanov at 23:26│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51783374

コメントする

名前
 
  絵文字