2007年04月22日

逆転裁判4②

さて、いよいよゲーム本編に入っていきます。
といっても、攻略のポイントメインになっていくかと思いますが・・・。
現状第3話の初めまで進めておりますが、今回は第1話を。


第1話 逆転の切り札



あらすじ
ロシア料理のレストラン「ボルハチ」地下で殺人事件が発生した。
そこではポーカーが行われ、その中にはあの成歩堂龍一がいた・・・。
目的は成歩堂龍一の無罪を証明すること。


難しいムジュン攻略ポイント
①前半の「被害者の方は、首のロケットを握りしめて・・・」という証言へのムジュンは現場写真になるが、この場合、首にロケットがかかっていないことをはっきりわかる写真を選ぶのがポイント。
②後半の「部屋に戻ると、今度は彼が死んでいた」という証言。
ポイントは死に方と凶器。この2点が作る動線がわかってくるとムジュンしている証拠品がわかってくるかと。
ちなみに、「ゲーム中に“ワナ”に気付いた」でムジュンを突きつけることができるが、これでは役不足なので注意。
③被害者・加害者・目撃者の位置。
非常にこんがらがりやすいので、よく考えてタッチすること。
④ボトルを持つ手が逆手であること。
逆手である理由を考えること。


初めの話になるので、難易度的にはそれほどではないのだが、いやらしいポイントがいくつかあるので、今までの作品に比べると難易度が上がり気味
また、初めてここで「みぬく」ポイントが登場するが、顔見せ程度の紹介なので全く難しくないはず。
立体映像を使ったりと、今までの逆転裁判と比べてもすごくリアルなグラフィック。視覚で訴える場面が多いので目が離せない。



Posted by alexey_calvanov at 22:47│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51783378

コメントする

名前
 
  絵文字