2007年04月21日

何あの巨人の負け方・・・

昨日、特にテレビで見るものがなかったので、野球中継を見ることにした。


昨日の巨人×阪神戦、しばらくは緊迫した投手戦となり両チームあと1本が出ない状態。このまま延長で引き分けだと思っていた。

ところが延長12回表、巨人が阿部選手の四球・ホリンズ選手のヒットで1・2塁にした後、鈴木尚選手のバントを阪神の投手江草選手の悪送球で逆転。その後、加藤選手の犠飛、小坂選手のタイムリーで4-1にまでした。普通ここまで来たら確実に勝ったと思った。

ところが、抑えの豊田選手が大不調
藤本・林(リン)選手に連打。それから鳥谷選手のタイムリーで1点差。そこで抑えてくれればいいのに、そのランナーに出た鳥谷選手を暴投で進めてしまう有様
あまつさえ、赤星選手に打たれ同点に追いつかれ、その後2死満塁に追い込まれる。結局代打狩野(かのう)選手にサヨナラタイムリーで自滅・・・。抑えてくれと思ってたのに・・・。


この試合、一番悪いのは最終回を抑えられなかった豊田選手。すべてにおいて悪いだろう。
12回で阿部選手に代走を出して、経験の少ない加藤選手をキャッチャーに据え、そこで豊田選手に交代した原監督も悪いのだが、抑えの経験豊かな豊田選手がここまで打ち込まれ、逆転負けに喫するなんてことは抑えとして失格即2軍落ちにしてもおかしくない。というよりここで即2軍に落とさないことのほうが問題じゃないのだろうか?
中継ぎでいい成績を残している会田選手や林選手をダブルストッパーで回していったほうが、後々の経験の意味においてもいいのではないのだろうか?


全く情けない負け方・・・。あんな試合やってたら、勝てる試合も勝てないし、首位なんてもってのほかだと思う。



Posted by alexey_calvanov at 16:56│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51783380

コメントする

名前
 
  絵文字