2007年03月29日

マー君、ほろ苦デビュー

本日(3/29)の楽天×ソフトバンクで、遂にマー君こと楽天の田中将大(まさひろ)選手が先発しました


家に帰ってからはローカルニュースを見ていたんですが、そこで田中が投げるみたいなニュースをやっていたので、終わってから早速NHK-BS1に・・・。

丁度、2回ウラのソフトバンクの攻撃中で、田中選手は2アウトを取りながら1・3塁にランナーを進められてピンチになっていました(その時のスコアは3-1で楽天がリード)。
結局、田中選手は自滅。フォアボールの後の次の打者には、2ストライクにまで追い込んでおきながらフルカウントに持っていかれ、挙句ストライクを取りにいった球を打たれちゃうという有様。
そりゃストライクが欲しいからといって、ド真ん中のストレート投げれば打たれるのは当たり前。確かにアマチュア(高校野球)の頃なら三振なりボテボテのゴロに打ち取れたのかもしれませんが、相手はプロの選手なので、そうやすやすと討ち取れないものと思ったほうがこれからはいいのかもしれません

・・・まぁ、調子が悪かったと今回は見ておきましょう。公式戦初登板なので緊張していたのかもしれないですし。
次回以降のピッチングで真の評価ができるでしょう。松坂選手になれるのか、一場選手になってしまうのか(初登板以降なかなか勝てなかった)はこの試合をどう捉えるかでしょうね。

1回2/3、5失点で降板した田中選手は、ベンチで泣いていたようにも見えましたね。まるで敗戦投手になることを悟ったかのように・・・
私も田中が投げないし、もう試合は決まったようなものだなと思って、他の番組を見ていました。


ところが、野球は筋書きのないドラマだとはよく言ったもので、試合は乱打戦のシーソーゲームに。
両チームあと一歩押し切れず互いに踏ん張り、私が再び見た頃には、7-7の同点になっていました(その後、9x-7(9回サヨナラ)でソフトバンクの勝ち)


マー君にとっては九死に一生を得た形になったわけです。



Posted by alexey_calvanov at 22:44│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字