2006年11月15日

秋の新アニメ総括③

残り5作品の総括です。


乙女はお姉さま(ボク)に恋してる
キャスト陣が有名どころ(=しっかりしている・・・と思いたい(嘆))に『差し替えた』意味がイマイチ見えてこない。
面白いんだけど、オリジナルでも(鍛えれば)できるんじゃないの?と思ったり。
でも、まぁ、オリジナルのキャストは『作品が作品のため』出られない。もしくはカミングアウトがしにくいという状況もあるので、察せれる部分もありますが・・・。
この作品はエンディングと、通称「おとボクさま」と呼ばれる2Dに尽きる。
ただ、2Dはややクセあり・・・というのは前述の通り。

すもももももも ~史上最強のヨメ~
ドタバタギャグラブコメというべきなのだろうか?作品のいい時と悪い時の波をやや感じる。
ちなみに、デジタルで放送されている作品、これから書くことは以前取り上げた記事の補足になるんですけど、実はこの作品、4:3でも16:9でも同じ尺で作られていることが発覚
以前取り上げた記事の②を見事に実践しているわけです。
やっぱり大手のテレビ局は(以下略)。


銀色のオリンシス
キャストだけはムダに豪華(爆)だったりするのだが、作品の内容にヤマが徐々になくなってきている
とある話のゲストキャストに三石さんが出ていたんですが、これってキャラデザの平井さんのコネでしょうか?
だんだん、この作品がガンダムSEED臭くなってきました(笑)<んなこったぁない。


ときめきメモリアル Only Love
相変わらず『勧誘ビデオ』の域を出ない
唯一ひよこくんが見物ですが、コイツも「ときメモOnline」で出てくるんですよね・・・


くじびきアンバランス
正直見ててだんだんつらくなる作品
ホントに「げんしけん」の方が面白いと思う。一応、「げんしけん」のキャストが出てくる限り、1クールは我慢して見ます



Posted by alexey_calvanov at 22:46│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51783604

コメントする

名前
 
  絵文字