2006年11月14日

秋の新アニメ総括②

まずは上位5位までの詳細を・・・。

護くんに女神の祝福を!
毎回毎回、委員会のメンツのいいボケっぷりに(いい意味で)翻弄されてます
特に委員長。あれだけ絢子にボコスコにされても、色々な『イベント』を仕掛けてくるあたり、Mだろ(ギャハ)?
別次元にすごい人だ。
あと、次回予告の作りが素晴らしい。文章の中に、さりげなく次回タイトルを放り込んでるあたり、よく練られてるなと思う。


BLACK LAGOON ~The Second Barrage~
相変わらず、バックグラウンドが非常に練りこまれている
メインキャラ達の80年代アメリカアクション映画ばりのスラングも聞いてて飽きない。
ただ、あくまで2ndシーズン的扱いなので、今回から見た人達には少々キャラたちのバックグラウンドの把握に労するかもしれないのが残念。
また、スプラッターなシーン・放送禁止用語の流出がさらに激しくなっているので、ますます人を選ぶ作品になってしまったのも残念でならない。

※そのおかげか、メーテレでは、アニメを見る時に出るあのテロップが、放送開始前に青色を背景にして出るようになった
他地域での対応がわかれば、お教えいただければと。



夜明け前より瑠璃色な -Cresent Love-
ギャルゲー系アニメには珍しく(?)、主人公とヒロインが相思相愛(?)で、周りが陰ながら支えたり応援したり叱咤激励したりしている、ホントにマッタリした雰囲気のアニメ
あまりにヤマがないので、正直大丈夫なのかと思うんですが、その中で2Dキャラの出現各キャラのドジ(はちゃめちゃとも言うが(笑))シーンがアクセントになって、作品そのものに締まりができて面白みと深みが増しているように感じる
あとは、オープニングが秀逸。どうも意外な人が歌っていたみたいです。
またそのあたりは詳しく紹介できれば。
ちなみに、2Dで好きなシーンは、「娘をキズモノにしたな!」と勘違い丸出しの『処刑シーン』です(爆)。


あゆまゆ劇場
まず言えることは、公開時期が短いので注意。
もう「あゆまゆワールド」はツッコミどころ満載ですけど、第2話の改造人間は、仮面ライダーのオマージュですか(爆)?
月1回なのは寂しいところ。毎週やって欲しいなぁ。


はぴねす!
相変わらず、作品中に出てくる伏線が非常にわかりやすいようで(苦笑)。
先日放映していた回では、とあるキャラが、ある女の子の心を解きほぐすために「真心のこもったものを送りなさい」を薦められるわけですが、4・5分前にお継母さん(この表現は間違ってないかと思うがいかに?)が『真心のこもったコロッケ』食っとるやないかい!
・・・まさかとは思いますが、とある女の子の回想シーンの中で、魔法使いの姉が出てくるんですけど、その魔法使いの姉というのがとあるキャラのお継母さんで、そのお継母さんの息子が主人公(だから子供の頃魔法が使えた)なんて図式が、だし巻き玉子食ってるシーンで駆け巡ったんですけど
この回想シーンが後々の伏線なのか、単なる私の妄想なのか(爆)?
・・・ゲーム買えばわかるか(自爆)。
パソコンショップ行って来ようっと!<なんで「PS2版予約しようっと!」じゃない!?



Posted by alexey_calvanov at 22:00│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51783606

コメントする

名前
 
  絵文字