2006年07月27日

LUMINES(ルミネス)

「ファンタシースター」プレイの影で、実は何個かのケータイアプリをダウンロードしていたりもする・・・。まぁ、こういうのは基本的に落としきりだったりするんですが、今回は月額制のアプリゲームから。


今回紹介するアプリは「LUMINES(ルミネス)」。通称『音と光のパズル』です。


実はこのゲーム、2004年のPSPのローンチソフト(本体発売日と同じ日に発売されたソフト)として発売されており、確かベスト版にもなっていたはず・・・。ノリのいいBGMとカラフルな背景をバックにオレンジもしくはグレーのブロックを4つくっつけて消すという単純なもの。


例えば、ちょっと離れてしまっているが、

 

 



 

 

にすると、消える準備に入り、そこに拍子(何拍子かはステージレベルによって違う。テトリスのテトリミノのスピードみたく思うとわかりやすい)毎にやって来るバー(タイムライン)が通過すれば・・・

  

  
となり、オレンジの部分が消える

この数が多ければ多いほど連鎖となり、高得点が狙える。またただ単にオレンジとグレー両方消すだけでなく、連鎖を狙えばやはり高得点になる。

また、色ブロックに★が入っている場合は、バーが通過した時、その周辺の同じ色のブロックが全て消え、大連鎖のチャンスが訪れる。


ゲームモードは、ケータイアプリの場合、
・チャレンジモード(幾種類のスキンがステージレベルがアップするごとに変化する)
・シングルスキンモード(チャレンジモードと同じだが、スキンは予め選んだ1種類のみ)
・タイムアタックモード(制限時間内にどれだけスコアが稼げるかを競う。60秒・120秒・180秒の3種類)
の3種類。


なお、専用サイトにハイスコアを登録することができる(上位100位まで記録として残る)。


テトリスと違い、基本スピードが若干速いのと、ブロックが2種類しかないため単調ですぐ行き詰まりなりやすいが、慣れてくると、バーが通過する前にたくさんの正方形の消去待ちのブロックを作ることができ、楽々ハイスコアが目指せるのではないだろうか?
どちらかというと、マジカルドロップのように、アクション的なプレイが得意な人(※)には向いてるかも。


ただ、時間によってなのか、急にスローダウンしたり止まったりするバグがあるのがいただけない(ただ、それで取ったハイスコアはネット上にはアップできない)


※マジカルドロップは連鎖をぷよぷよのように考えながら作るというパターン以外にも、半ば強引に周りからドロップを持ってきて連鎖を作るというパターンもあり、それを複合的にできるようになるとハイスコアが狙える


LUMINES(ルミネス)
315円・525円/月

オレンジまたはグレーのブロックを正方形に揃えると、消える体制になり、タイムラインというバーが通過すると揃えたブロックが消え、連鎖状態になると高得点が狙える。
背景はグラフィカルなスキン、BGMはテクノ系やトランス系、またはJ-POPなどの曲にノッてプレイする。
ハイスコアは専用サイトで登録できたり、最新のスキンはサイトにアップされダウンロード可能


Posted by alexey_calvanov at 23:10│Comments(2)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51783797
この記事へのコメント
ともゑさん>PSPを並んで買った時に一緒に買って、おまけにこのソフトは、その年の東京ゲームショウにて体験済だったなんて事は内緒(爆)。
アメリカではXBOXアーケードで展開されているというし、しかもマドンナのBGMなんてカッコよすぎる・・・。
続編では好きな音楽で遊べる機能が・・・。
Posted by アレックス at 2006年07月29日 12:41
PSP版、持っています
たいした期待もせず、中古で買ったんですが、なんかハマりました
Posted by ともゑ at 2006年07月28日 19:09

コメントする

名前
 
  絵文字