2006年01月22日

春の新機種出揃う ~ドコモ編~ 前編

さて、前回はauを取り上げましたが、他社のケータイもそろそろ春商戦に入り、いくつかの機種が発表されました。で、今回は最大手ドコモを紹介。

ドコモの特徴は、年末にほとんどハイスペックモデルを出し揃えたところ。お決まり(?)の先行逃げ切りパターンに持っていこうと考えているのかもしれません。
それゆえか、今回の発表はロースペックモデルの702iDシリーズ中心。でも、単なるロースペックではなく、デザイナーとコラボしたデザインケータイに仕上がっている。そのあたりは、auのau design projectをかなり意識しているのかもしれない。
春モデル前に発表されたもの以外だと、SA800iとN701iECO。そしてハイスペック唯一未発売のSO902i
では詳細を見てみましょう。
まずはメインの702iDシリーズではなく、その他のシリーズから。


①SA800i
対キッズ用に製作されたFOMAシリーズ。三洋は最近、ドコモに『復帰』したばかり。au時代に築いたナビゲーション機能や防犯機能をドコモで発揮している。
今回は引っ張るとブザーが鳴る防犯ブザー機能搭載。また、いまどこサーチ機能があり、電源を切っていても定期的に電源が立ち上がり、現在位置を飛ばしてくれる。
それ以外にも、キッズモードが標準装備されているため、難しい漢字を出さないように配慮。キッズiモードも契約すればキッズiメニューを使うことができる。
なお、電池は簡単に外すことができないよう、特殊なネジで固定されている(恐らく写真で見る限り、六角レンチでないと外せないと推測)。

個人的な感想
ポップな色合いが小学生とかにウケそう・・・かな?好みの分かれそうな機種。
しかし、子供には大きいのではないかと思えるが、いかに?
カメラは一世代前のスペックなので、子供にはそのあたりを説き伏せないといけなくなりそう。


②N701iECO
ケナフ繊維強化バイオプラスチックを使用。表面積比で約75%は植物原料プラスチックが使われている。2006年12月までは購入ユーザーの請求額の1%を「ドコモの森」などの自然環境保護活動に充てる。

個人的な感想
基本的なスペックは前のN701iと同じなので、人と変わったモデルが欲しい人向け。女性にウケそうな色かも。


③SO902i
ソニー初のFOMA。今回はシャープとの共同開発になる。
ストレートモデルで、かつてのpreminiをほうふつさせる小型モデル。しかしながら316万画素のカメラ・手ぶれ補正機能・プッシュトーク・メモリースティックDuo対応。

個人的感想
日本のモノの技術力を見せ付けられそうな製品。とにかくこんな小型モデルにいろいろなものを詰め込んだと関心。
小さい形が欲しい、ストレートが欲しい方はもうこれ狙ったほうがいいでしょう。色もあまり奇抜なものがないので勧めやすい。


次回はメインモデル702iDシリーズを紹介。


Posted by alexey_calvanov at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/51784119

コメントする

名前
 
  絵文字