2011年01月12日

2010年アニメアウォーズ!

初期の頃はちょこちょこと行ってきたアニメ作品のランク付け。いつしか何かしらの理由で行わなくなっていましたね。
でも、最近とあるところで見たこの「アニメアウォーズ」というのが面白そうなので、今年(といってももう2011年ですけど(苦笑))からやっていこうかと思います。


で、その「アニメアウォーズ」とはいかなるものなのかというと・・・。
以下そのサイトにある文章より抜粋。

2010年に放送されたテレビアニメ(OVAや劇場版は対象外。ただし年内で終わらなかった作品(ex.「STAR DRIVER 輝きのタクト」)を選ぶか否かは自由)の中から・・・、

  • 最優秀作品

  • 特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)

  • キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)

  • OP部門 (映像込みの評価でお願いします)
  •  
  • ED部門 (同上)


を選び、その作品(ないしはキャラ・主題歌)の魅力を語って頂くというもの。
あくまで投票企画ではなく、『まず選考を楽しみ、その後お互い選考結果や理由を見て楽しもう』というのが主催者の基本的な趣旨とのことだそうです。


それでは、「2010年アニメアウォーズ!」を初めて行きましょう。
例年になく豊作と言われた2010年アニメ作品。特に春と秋は大作揃いと言われていました。そのためオープニング・エンディングも良質揃いだったかと思います。
では、各賞の紹介です(合致しない部分があるかと思いますが、お許しをば)。「続きを読む」からご覧下さい。



最優秀作品
Angel Beats!(CBC・MBS・TBSなど)
様々な作品が出てきて豊作だった中、最優秀をあげたいのがこの作品かなと。
シリアスとギャグが小刻みになりながらもメリハリは効いていたし、ユイと日向の凸凹ぶりには思わず心が和みましたね(笑)。繰り返しながらもビートの効いた印象に残りやすいBGMやガルデモの挿入歌も高評価。キャラソンには厳しい私でもガルデモは買いました(苦笑)。あとはP.A.Worksの仕事が素晴らしい。
それぞれのキャラのバックボーンをもっと知りたいなとも思ったのですけど、13話という尺の中では十分すぎたのかも(ゲームが出るそうなので、そこで暴かれることを期待(ニヤニヤ))。今でも岩沢と音無の話はぐっときます。
正直「けいおん!!」と迷ったんですけど、この作品にした最大の理由が、やはり無(オリジナル)から持ってきたのはすごいなと。Keyや麻枝さんのブランドがあるからという側面もあるのでしょうけど、全くの無から、ゲームとかの原作もないのに、ここまでのムーブメントを興せたのは特筆に値します
それと、ありがとうCBC(笑)。CBCが製作委員会に加わったアニメはホントクオリティ高いね。地元の放送局として誇り高いです。というのも最優秀の理由だったり(汗)。


それ以外は以下の様(上から2~5位)。

・けいおん!!(TBS系)
鉄板。安定した回が多かった。終盤が泣かせます。あと全国放送のインパクトは絶大。歌もよかったけど、原作持ちなので。
・会長はメイド様(TBS・CBC・MBS・BS-TBSなど)
最後まで楽しめた作品。ダークホースのひとつ。キャラの個性が際立った作品。女性向け作品ではあるものの、男性にも対抗感はないかと。シリアスシーンの少々歯の浮きそうなセリフで苦笑したのがマイナス点か(嫌いじゃないけど)。
・WORKING!!(読売テレビ・TOKYO MX・中京テレビなど)
各個性のキャラ立ちここに極まれりな作品。何かしらアクを持った人物達なのに、喧嘩しないんですよね。かつ沈まないで自己主張もきちんとしてる。これは珍しい。作品が気になって単行本揃えてしまいました(苦笑)。
・世紀末オカルト学院(テレビ東京系・AT-X)
「特別賞」で後述。


特別賞
世紀末オカルト学院(テレビ東京系・AT-X)
最もビックリさせられたのがこの作品。よく練られよくできています。オカルトに関する考察もさることながら、舞台になった長野(駅前・善光寺・松代)・小布施の描写がパねぇ(爆)。一部時代考証無視なところがあったものの、素晴らしいのレベル。ええ、放送中に松代の一部を巡礼させてもらいましたよ(爆)。行きたいと思わせたのは「true tears」以来だ・・・。
キャラ一人一人の個性もきちんと出ていたし、何より大どんでん返しが・・・。絶対「あいつが怪しいに違い」と思ってたらああですもの。予想の斜め上を行っておりました。
これは、監督の伊藤さんが某関西のラジオ番組のリスナーじゃなければ、ここまで注目しなかったでしょうね。自分の中でのデキだけがふつふつといいものだと勝手に沸いて、見てたら予想以上・・・と。でも最優秀で5位だったのは、主題歌やBGMがイマイチなため。しょこたん嫌いじゃないんですけどね・・・。


それ以外は以下の様(上から2~5位)。

・ヨスガノソラ(TOKYO MX・BS11・AT-X)
いやぁ、都議会とア●ネスに挑戦状を叩きつけましたね(爆)。それゆえに複雑な気分で見てました。原作を(ほぼ)トレースしたことに敬意を表します。思わず穹編を予約しましたよ(核爆)。
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない(独立局・テレビ愛知・AT-Xなど)
マニアの心理をこれでもかと深くえぐり出した作品。見てて思わずあるあると言いたくなったことも(笑)。それを男のキャラで言わせたのはあった(「げんしけん」など)が、(基本的に)女性キャラに言わせるのが斬新だった。
・侵略!イカ娘(テレビ東京系・AT-X)
イカちゃんかわいいね(爆)。ゲラゲラ笑わせてもらいましたよ。ただ若干アクが強いかな。
・それでも町は廻っている(TBS・CBC・サンテレビ・BS-TBSなど)
テンポのよさはさすがシャフト。見てて毎回飽きさせませんでした。


キャラ部門(男性)
碓氷拓海(会長はメイド様)
超人的なところがあるものの、のらりくらりとしていて掴みどころのない男ですね。それでいて美咲のことが気にはなっているのに上手く表現できない。そのくせちょっかいをかけたがる(笑)。性格がいい人なので男女好かれる理由もわからなくもない。非の打ちどころがないキャラですね。

次点は、春日野悠(ヨスガノソラ)
「School Days」の伊藤誠、「君が望む永遠」の鳴海孝之、「WHITE ALBUM」の藤井冬弥に近付いたね(爆)。
・・・ってみんな原作がエロゲーじゃないの(ニヤニヤ)。


キャラ部門(女性)
ユイ(Angel Beats!)
ギャップすごすぎ。特に日向といて映える人物。常にアホですかバカですねとののしる毒舌が何ともはや。

次点は轟八千代と山田(共にWORKING!!)。
いずれも一癖ある人物。普段はほわほわしているのに、刀持ってるとか、裏に何かあるのにどこから出てくるのかわからない自信たっぷりさにインパクトありありです。


OP部門
♪My Soul,Your Beats! / Lia(Angel Beats!)
オープニングのピアノに併せて流れるシーンがとてもきれい。ホントP.A.Worksすごいわ。クオリティを安売りしてないよ。
曲も本格的にLiaの1/f揺らぎを体感できた気がする。心から揺さぶられてる気がするし、歌詞の一つ一つが世界観に非常にマッチしている。そして子供がお腹にいたのにこれだけの曲を歌えたのにも高評価。


2位・3位は以下の様。

SOMEONE ELSE / 種島ぽぷら(阿澄佳奈)、伊波まひる(藤田咲)、轟八千代(喜多村英梨)(WORKING!!)
スカのノリが気持ちいい。思わず微笑ましくなる映像という点では1位だけども、歌詞が意味不明になっているところと単品販売されていないのがマイナス点。
♪My Secret / 水野佐彩(会長はメイド様)
ポジティブで明るい曲。しかも作風にピッタリでイメージしやすい。オープニングの映像を合わせてくれれば文句なしだったのに・・・。


ED部門
♪ツナグキズナ / Team.ねこかん【猫】featuring.天乙准花(ヨスガノソラ)
挿入歌なんですけど、本編のエンディング的役割をしているので敢えて。映像の中に作品のワンシーン(ないしは1話までのあらすじ)が隠されているというある種斬新なものに。それでいて天乙さんの歌唱力が素晴らしい。そして地元出身ということで選びました(笑)。


2位3位は以下の様。

♪Listen!! / 放課後ティータイム(けいおん!!)
5人のケーキの中に潜り込む仕草がかわいい。それでいてアグレッシブなロックと歌詞。とても高校生が作ったとは思えない(苦笑)。
♪∞ループ / Heidi(ハイヂ).(会長はメイド様)
ロックなんですけど、この曲は女性の切ない心境を上手く表わしているなと。映像も合わせてくれればうれしいんですけど、最後のシーンで出てくる美咲がかわいいよ、うんかわいい。

Posted by alexey_calvanov at 02:12│Comments(2)TrackBack(0)とっくしゅ~で~す | アニメ・コミック

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52077479
この記事へのコメント
おちゃつさん>こちらこそありがとうございました。
豊作だったこともあって選択には苦慮しました。

特に曲に関しては、いいのが多かったので、映像との兼ね合いでは正直選び出すのに難しい面もありましたね。

既に冬の作品が始まっていますけれども、どうにもまだこれというのがないので、前途多難ですね・・・。
Posted by アレックス at 2011年01月13日 00:32
アレックスさんこんばんは
企画に興味を持って頂き、また参加いただきありがとうございます!

Angel Beats!は一応見てはいたのですがそんなにしっかり見ていなかったので、もう一度ちゃんと見直そうと思っています。
音楽はとても印象に残ってます。作品内で演奏されていたガルデモの曲もいい曲が多かったですね。

オカルト学院のどんでん返しは結構インパクトありましたね~。
>絶対「あいつが怪しいに違い」と思ってたらああですもの。
自分も同じように思ってました。見せ方でうまくミスリードしてたんでしょうね。

2010年は豊作でしたし、オリジナル作品も頑張っていた年だったなと思います。11年も色々積極的な意欲作が出てくるといいですね。
ではでは、どうもありがとうございました!
今後もどうぞよろしく。
Posted by おちゃつ at 2011年01月12日 22:42

コメントする

名前
URL
 
  絵文字