2011年05月08日

春の新アニメ2011ランキング ベスト

今回は春の新アニメがたくさん出てきて、見ている作品も多いので、久しぶりにランキングにしてみました。
今回見ている作品で、よかった順にランク付けしていきます。


1位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。


2位:花咲くいろは

3位:TIGER & BUNNY

3位:C



5位:よんでますよ、アザゼルさん。
5位:Dororonえん魔くん メ~ラめら
7位:変ゼミ
7位:デッドマン・ワンダーランド
9位:電波女と青春男
10位:まりあ†ほりっく あらいぶ



こんな感じでしょうか。


とにかく上位5つくらいはとにかく推したい作品。
「あの花」に関しては、「いろは」と同じくらいオススメしたい作品ですが、1位と2位と分けた極めつけは、主題歌
オープニングやエンディングでインパクトを残せなかった「いろは」に対し、エンディングで全てを持っていった「あの花」の方が上位にふさわしいのではないかと。
ちなみに、方向性はかなり違います(苦笑)。「あの花」がシリアステイストのドラマ仕立てなのに対して、「いろは」は少々コメディタッチのドラマ仕立てになっています(まぁ、同じ青春群像劇ではあるんですがね・・・)。


3位の2作品は甲乙つけがたい。
「TIGER & BUNNY」は、王道のヒーロー作品。でもそれ以外にも人物描写が素晴らしい各ヒーローを上手いこと描写できれば、もっと良くなりそうです(個人的には主人公の2人が絡まなかったブルーローズの回は少々消化不良気味だが、まぁ悪くない)。

「C」は、シーン描写が上手い。キャラの心の中を見透かしたような描き方が、心底怖いふうに思わせてます。


5位の2作品の共通点は「下品」(爆)。
「アザゼルさん。」の場合は、ゴリ押しなんですけど、その中にエログロナンセンスを放り込んでカオスさを醸し出しています。悪魔達や芥辺の胡散臭さもそのカオスさを助長させていますしねぇ。
「えん魔くん」の場合も、エログロナンセンスを中心にしている作品。しかも昭和ノスタルジーを徹底的に突いているため、その世代にはズギュンときます(笑)。

なお、その下に控えている「変ゼミ」もそういう類のジャンルですが、少々変化球気味(その気の趣味に理解やわかる部分がないとキツいだけ)なので、若干下気味に抑えておきました。

「デッドマン・ワンダーランド」の場合は、落ち着いて見られるシリアス作品。残酷描写があるものの、いいまとめられ方をしています。


「電波女」は地元だけでここまで来た感じ(笑)。今後地元のスポットが出てくると面白くなるかも。その点では、上位に入った「あの花」・「いろは」にも言えることでしょうね。


10位に入った「まりほり」は、パワーダウンは見られなかったものの、他の作品がよすぎたために、少々霞み気味。時期が悪かったとしか言えないです。


それ以外でも、いい作品はあるのですが、これだけ作品が集中しているがために、目立たないまま終わってしまうのではないかと逆に危惧しています。これは他のランクインした作品にも言えること。
あとは、前にも書きましたが、オリジナルがものすごくいい。特に穴だったのが「TIGER & BUNNY」。ここまでいい作品に仕上がっているとは思わなんだ。広告のインパクトと桂さんが描いているキャラデザだけじゃなかった(ニヤニヤ)。
この上位作品は、Blu-rayとか買っていくだろうなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:56│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52136521

コメントする

名前
 
  絵文字