2011年06月01日

レコゲー2011 6月 据え置き機編①

6月に入りまして、梅雨が本格的になる、衣替えの季節になりました。ただ今年は梅雨に入ってから急に寒くなってきています。と思ったら、急に暑くなったりと気の抜けない月になりそうです。
ゲーム業界としては、本来は落ち付いてしまう時期なんでありますが、東日本大震災の影響で3月の決算期に出るはずだった一部作品が、先月同様ここに来て発売になってきています。それによって少しは潤うんじゃないかなとは思いますが、それでも全体的には今の気候同様に厳しい月になるんじゃないかなと思っております。
それでも、今月半ばごろにはE3(Electronic Entertainment Expo)が開催され、その中で任天堂のWiiの後継機が登場するのではないかと言われているので、期待したいところです。


では進めていきましょう。今回はマルチ展開とWiiの作品から。


まずはWiiの作品から。後継機が出るという話からか相変わらず何もないラインナップの中唯一光るのがゴールデンアイ 007
かつてニンテンドウ64で発売された同作品のリメイク作品になります。開発元のレア社がマイクロソフト傘下の企業になったことから、長らくX様などのマイクロソフト系ハードで発売されるんじゃないかと噂され続けましたが、今回版権元が変更になったことで、任天堂から発売になります
作品としては007シリーズの外伝的な位置付けで、今作がリメイクされるにあたって追加されたのはスマートフォンが利用できる点。これによってハッキングを利用して警備網を突破するというふうな利用法ができます。その他Wi-Fiを利用して最大8人の通信対戦も利用可能になっています。
過去何回もリメイクが希望されたこともあってその待望度は群を抜いていると思います。


それ以外はマルチ展開の作品。


まずは「ストリートファイターⅣ アーケードエディション」(PS3XBOX360、★)
「ストリートファイターⅣ」のアーケード版を移植したもの。新キャラの追加やゲームバランスの調整だけでなく、リプレイチャンネル・エンドレスバトルでユーザーの要望によるりチューンが加えられることになります。
この作品は、X様で発売されるバージョンのみプラチナコレクションという廉価版扱いでの発売になります。また双方ともダウンロード版が先行販売されることになるので、早くプレイしたい人はダウンロード版でのプレイをオススメします。

もう一つは「パワースマッシュ4」(PS3XBOX360
シリーズ10周年を記念して製作された作品。今作はPlayStation Move・Kinectの利用が可能になり、よりリアルなテニスが楽しめるようになっています。さらに立体認証も可能になっており、3Dテレビで立体的に見ることも可能になっています。
もちろんオンライン対応なので、遠く離れた相手との通信ができるゆえに、外国のプレイヤーとのアツいバトルが楽しめることになるかもしれません。


次回は残りの据え置き機の作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:20│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52146012

コメントする

名前
 
  絵文字