2011年06月18日

続けるもの、やめるもの

東日本大震災でゲーム開発にも大きな影響を与えたというのは、過去何回かお届けしてきたかと思います。
いくつかは延期したものの、無事発売されることで終焉しましたが、中には発売を中止したり、開発を一時凍結したものの、再度開発をすると決めたものも出てました。


発売中止の最たる例は、「絶体絶命都市4 -Summer Memories-」今年の夏に発売する予定で開発が進んでいたものの、東日本大震災の影響で発売中止が震災直後に決まったとされています。

そして最近、「モーターストーム3」が発売中止になったことが発表されました。発売中止に至った理由は『諸般の事情』としか明らかになっていませんが、恐らく「絶体絶命都市4 -Summer Memories-」の際と同様、東日本大震災の影響によるものではないかとされています。というのも、舞台設定が崩壊寸前の都市を疾走する・・・というものだからです。


正式に発売が決まる前に早々と中止を決めたものもありました。
それが桃太郎電鉄(桃鉄)シリーズの最新作(「桃太郎電鉄2012」という仮題でファンの間からは呼ばれていた)制作者のさくまあきらさんは、「被災地に物件がないのは悲しすぎるし、何事もなかったようにいままでの物件が堂々と登場するのも変だ」とブログ内で語っており、東日本大震災から被災地が復興するまでの間は新作を発売しないということも示唆しました。なお、この作品がWiiでの最後の作品になるとされ、一部からはWiiでの桃鉄シリーズの集大成になるとも言われていました。


逆に開発を続けることを決断した作品もあります。
水戸市に本社を置くPCゲーム(18禁)作品を制作するチュアブルソフトは東日本大震災で会社としての業務も成り立つのかと言われ、最新作「Astraythem(アステリズム)」は、架空の都市ながら、仙台市から石巻市の間を模した仙石市を舞台にしたことに加え、(架空の都市の舞台設定でもある)1996年の震災直前の街と、地震と津波から復興を遂げた街、そして現在を描いたストーリーが問題視され、一時は開発を凍結するということになりました。
しかしながら、復興を遂げた仙石市でハッピーエンドを迎える物語を変えることはできないということで、設定はそのままで開発が再開されることが決まりました。しかしながら、発売は少なくとも2012年以降になることと、地震描写に関しては、被災地への心情を限りなく配慮したものにしていくということだそうです。

いくつかの作品が、開発中止を進めていく中、敢えてそのままの作品を製作して行こうとするその意気込みは、実に立派だと思います。過度の自粛で委縮していく中、この取り組みは震災時における表現対策としていい見本になるのではないかと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:58│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52152454

コメントする

名前
 
  絵文字