2011年08月24日

島田紳助さんの芸能界引退、どう思いますか?

昨日、急に飛び込んできた島田紳助さんの引退関連の話から派生したトラックバックテーマから。
暴力団関係者との関係が取りざたされ、その件がきっかけで芸能界を引退することになった島田紳助さん。その後、暴力団関係者が指定暴力団の山口組で5本の指に入るとも言えるくらいの幹部だったことが明らかになり、組事務所からは、紳助さんが「一切ない」と否定したはずの友好関係の深い証ともいえる手紙や写真が出てきたとされます(これは『グレーゾーン』とされる人が起こした事件の捜索で明らかになったもので、証拠としては回収されていない)。


引退会見の後明らかになったことも含め書いていくと、以前書いた部分と重複する部分もありますけれども、やはりもう一度会見を開いてほしい気持ちの整理がついて落ち着いた時に、様々な疑問にきちんと答えてほしいというのが今思うことの中で最も言いたいことですね。

引退に関しては、黒い関係が明らかになり、それが否定できないものになってしまったので、仕方がないと思いますし、けじめのつけ方としては立派だったし潔かったと思います。
しかしそれと同時に、「これを切り抜ければ、私は一般人になるので、後は追及できませんよ」と言っているかのように感じられ、何となく後味の悪い引退だなとも思っています。先程も書いたように、きちんと答えていない部分がまだいくつかあるのではないかと思うのです。頭の回転が速い人でもあるので、少々ずるがしこいなとも。


芸能界の人材として見た場合は、惜しい人がいなくなったことは事実です。人の魅力を引き出す面ではトップクラスになるのではないかと思います。だからこそ、後輩や後進が彼の代わりになれるよう頑張ってほしいものです。
とにかく、真相の追及をきちんとしてほしい膿はきちんと出してほしい。これで芸能界が持つ黒い関係が切れるきっかけになってほしいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) とっくしゅ~で~す | 真面目なモノ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52173289

コメントする

名前
 
  絵文字