2011年08月25日

功労者、退任

アップルを立ち上げ、かつアップルを再生させた同社のCEO(最高経営責任者。事実上の社長にあたる)スティーブ・ジョブズさんが8/24付で退任し、会長に退いたと発表されました。


スティーブ・ジョブズさんはPC草創期だった1974年に友人らとアップルコンピュータ社の前身に当たるサークルを設立(会社設立は1976年)。そこで、今日まで続くPCのMacintosh(マッキントッシュ。通称Mac(マック))の原形にあたるApple(アップル)シリーズを作り上げました
1985年に経営上の対立を理由に一度第一線を退くものの、1995年にマイクロソフトがこれまでのシリーズを大幅改良して作り上げたWindows95(以降Windowsシリーズを発売して以降アップルが劣勢に立たされてからは、再度社長職に就任(1997年に暫定的に再就任。2000年に正式に再就任)。Macの立て直しとトレンドに沿った新機軸の商品の開発にまい進しました。
そのまい進の結果、今日でも主力になっているiMac・Mac OS・Safari(インターネットブラウザ)・iPodシリーズ・iTune(音楽配信ツール)・iPhone/iPadシリーズ・App Storeが生まれ、それらがヒット商品かつなくてはならない商品になっています

しかし、ジョブズ氏は近年、体調不良を訴え、2004年にはすい臓がん、2009年には肝機能障害に伴う肝臓移植で職務を全うできなかった時期もありました。そしてそれがのっぴきならない状態にまでなり、今回のCEO退任に繋がったわけです。


今回の退任で、アップルは戦略の大幅な見直しを図らなければならないでしょう。

一つは『脱ジョブズ』
ジョブズ氏の類稀なるセンスのおかげでここまで引っ張って来られたわけですから、これからはジョブズ氏なしでトレンドを見極め、センスあふれる商品を作り出していかなければならないでしょう。
もう一つは、そのセンスの発掘
恐らくアップルはCOO(最高執行責任者。事実上の現場監督)がCEOに上るものの、事実上新CEOを中心とした集団指導体制になっていくのではないかと思います。そうなるとセンスがエゴになって、それがぶつかりあわないか心配です


ジョブズの意思をどこまで引き出せ、かつジョブズの精神(ジョブズが作り上げたセンス)からいかに脱するか(つまりは、さらにセンスがいいといわれるような商品を作り出す、ジョブズ越えのできた製品を作り出すこと)がポイントになるでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字