2011年09月13日

また味のある40代選手が消えようとしている

ダイエー(現ソフトバンク)・日本ハムで活躍し、2003年以降は阪神でリーグ優勝に貢献した下柳剛選手が事実上の戦力外通告を出されたそうです。
下柳選手は、1990年にダイエー(現ソフトバンク)に入団。当時は速球派の選手だったものの、阪神に移籍する頃には緩急で相手をかわす技巧派の選手になっていました。ダイエー・日本ハム時代の途中までは連日連投する中継ぎ要因として相手チームに恐れられていたそうです。

その素質が開花したのは、阪神時代といってもいいでしょう。
移籍した2003年に中継ぎ時代の1994年でしか達成していなかった2ケタ勝利を達成(10勝)し、2005年~2008年には連続して2ケタ勝利を挙げるなど大活躍しています(ちなみに、最高勝利数を挙げたのも阪神時代の2005年(15勝))。
ただ、ここ数年は往年の活躍はなりを潜め、安定しないピッチングを見せることもしばしば今年に至っては、勝ち星が挙げられず2軍落ち。その後再度昇格したものの、予定された横浜戦の先発が雨で流れたため、再び2軍に落ちてしまい今に至っています。

球団は「花道」を用意するとのことですが、本人は現役を続行したいとスポーツ紙でのインタビューで明かしています。恐らく、他球団との交渉やトライアウトも視野に入れているのではないかと思います。


年齢による衰えとはいえ、戦力外になってしまうのは寂しいものです。再びどこかの球団で活躍しようと昨年奮闘した元ロッテの堀さんでさえ、トライアウトでいい当たりを見せたのにもかかわらずお呼びがかからなかったことを考えれば、この先相当苦しい現実を乗り越えないといけないのではと思います。工藤さんのように浪人をして現役にこだわるのか、現在新潟アルビレックス(独立リーグの一つベースボールチャレンジ・リーグ)に所属する高津選手のように野球のやれる環境ならどこまでも追いかけるのか、今後の動向が気になると共に、他の球団が彼に救いの手を差し伸べるのかも注目したいところです。


こういう話題が出てくると、秋なんだなと思いますけど、同時に同じ40代の選手の首筋が寒くなっていないか心配です。ええ、(以下自主規制)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:48│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52179154

コメントする

名前
 
  絵文字