2011年09月14日

隙はあるが、本気で攻めにかかっているSCE

今日、SCEプレスカンファレンスがあり、注目の次世代携帯ゲーム機PlayStation Vita(PS Vita)についての発表がありました
その中で、PS Vitaは12/17発売、ロンチタイトルは26本発売予定、そしてユーザーが注目していた3G通信に対応するキャリア(携帯電話会社)はNTTドコモのみになり、PS Vita専用のプリペイド式料金プランも併せて発表されました


まず発売日は当初の予想通り年末に落ち着きました。丁度クリスマス商戦まっただ中で、12/24のクリスマスイブの1週間前ということで、丁度いいクリスマスプレゼントになるでしょうね。ただ、ニンテンドー3DSが12月に反転攻勢を掛けようとしている(実際12月(PS Vita発売前後)は注力作品が多い)ため、この発売日が3DSの勢いを止められるか、逆に際立たせてしまうかは未知数だと感じています(それだけ、3DSの作品ラインナップは悪くない。詳細は明日以降にでも)。

価格の面は、既に公表されているので詳しくは割愛しますけれども、あれだけの機能を詰め込んで3万弱なら正直素晴らしいニコニコ動画などの機能が閲覧や配信が可能になっている点も含めれば、下手なスマートフォンやタブレット端末に比べても有望な機種になります。これでSkypeだけじゃない通話機能が付いていれば、この日同じく発表のあったXperia PLAYの国内展開も霞むような機種になっていたのにつくづく残念です。

ロンチタイトルに関しては、よくも揃えたという感じ。純粋にゲームタイトルで見ていくと20タイトルくらいになるんじゃないかと思いますが、「みんなのGOLF」・「リッジレーサー」・「真・三國無双」・「パワースマッシュ」シリーズといった定番どころから、リメイクながらも「魔界戦記ディスガイア3」・「ブレイブルー コンティニュマムシフト エクステンド」・「アルティメットマーヴルVS. カプコン3」や「ドリームクラブZERO ポータブル」・「真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)」のようなコア向け作品も充実していて、なかなか面白いランナップですね。本当にSCEの力を思い知りました(笑)。
個人的には、マイコーの作品がまだ新世代機で出ていないのにもう出すのかよと(苦笑)。でもそれだけのために買いかねないオイラがそこにいたりする・・・(汗)。

最もユーザーが注目していた通信ですが、先述の通りドコモオンリー。これは私の予測がズバリ当たったということで、鼻高々ですよ(ニヤニヤ)。
ただ、定額データプランも利用できる予定はあるというものの、基本的にはドコモが用意したプリペイド式データプランになりそうです。
プリペイド式データプランは2種類で、現状はこのPS Vitaのみ。将来的には通信機能の付いたエンタメ端末に適用されるとのことらしいです。
価格は「プリペイドデータプラン 20h」が980円/月で20時間の利用通信分が付いてきます期限は30日で、つまり1日あたり40分利用できる計算になります。
対して「プリペイドデータプラン 100h」は4980円/月で103時間の利用通信分が付いてきます期限は180日で、つまり1日あたり約34分利用できる計算になります。「プリペイドデータプラン 100h」のみ超高速通信(下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps)を3時間だけ利用可能になっています。
なお、新規契約の際の事務手数料は2100円で、利用通信分を使いきった場合は追加購入する形になり、手数料はかからないものと推測されます。ところが、期限の30日ないしは180日を過ぎてから14日以内に更新(チャージ)しないと解約扱いになり、再び新規契約を結ばなければならないとのこと。この点はかなり注意した方がいいようです。特に契約を結べるのがドコモの専用サイト(PS VitaないしはPC・ケータイから接続するものになると思われる)のみで、ドコモショップでは契約できない点は気を付けないといけません(それでいて、アクセス制限フィルタはドコモショップでも対応可能なのがよくわからない)。
また支払いもドコモケータイ払いかクレジットカードのみなので、基本的に子供にとっては敷居が高いものになりそうです


PS Vitaにとっての隙といえばこれくらいで、特にプリペイド通信の敷居がかなり高い「いっそのこと定額プランに入って快適な通信を楽しんでね」と言わんとしているようでちょっとしゃくに障ります(苦笑)。ここでドコモは契約者数を増やそうとする黒ーい部分が見え隠れしているような・・・。
で、ファミ割などは(データ通信のため)適用できないはずなので、既にドコモを持っている人にとっても痛い出費になりそうです。
ここで気になるのが、データカード端末を持っている人この人達が既に使っているUSIMカードを挿して使えるのなら、かなりおトクなんじゃないかと。とはいえ、Xi(クロッシィ)に対応しているわけではないので、どれだけの人達が恩恵を受けられるのか・・・
もっと痛いのは、同じ規格のソフトバンクやイーモバイルの人達なんだろうなぁ。せっかく同じ規格なのに使えないんだもの。まぁ、通信規格が全く違うauには痛くもかゆくも(泣)。


というわけで、買うならWi-Fiモデルがオススメ(ギャハ)!<無くなっちゃうから言うんじゃない。


PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ) Wi‐Fiモデル(仮称)PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ) Wi‐Fiモデル(仮称)



PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi‐Fiモデル(仮称)PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi‐Fiモデル(仮称)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:01│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム系 | ケータイ系

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52179396

コメントする

名前
 
  絵文字