2012年01月25日

毎度おなじみの九州物産展に行ってきた③

10b67445.jpg先日行われていた大九州物産展、とりあえず最後に紹介するのは、大分名物の唐揚げ
大分では「とり天」と呼ばれ、消費量は全国随一とされています。とり天専門店も多数あり、かなり人気があるために、大分ではケンタッキーが商売にならないとされています。
写真は、今回出展していた2つのとり天専門店のもの。
上が中津「もり山」の、下が宇佐「とりあん」の骨なしももの唐揚げ。上がにんにく入り塩だれ、下がしょう油味ベースになっています。



実際味わってみると、どっちも似たような味(苦笑)。ただ、しょうゆ味の方が濃く、しっかりした味付けになっているなと思いました。思ったより塩味の方がしょう油味に近いのは、しょう油を隠し味にでも使っているのかしらと邪推したりしなかったり(笑)。

実は、もう一つ宮崎の黒豚みそ漬けとかもあったんですが、まだ冷凍庫の中だったりする(爆)。


あ、何だかんだ言って、からしれんこんは買ってきました
やっぱり、からしの風味が最強ですね。からしは正直辛い中でも苦手な部類なんですけど、このれんこんだけは美味い美味いと言ってよく食べています。まぁ、うちのおかんはよく食うな的な顔して見ていますが(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:52│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52214150

コメントする

名前
 
  絵文字