2012年04月10日

桜を愛でて何を思う

先日、甲府に行った際、満開の桜を(偶然にも)見たわけですが、既に名古屋でも桜が満開になっていましたよ。


ISW11F_0201今回、仕事終わりに向かったのは、鶴舞(つるま)公園
毎年満開の桜がきれいなことから、大勢の人が花見に訪れています。敷地内でビニールシートを広げて花見をする大学のサークルや会社の人等も大勢いますし、駅そばには露店が出ているので、これまた大勢の人がやって来るわけです。

写真奥に見えるのは、名古屋市公会堂。丁度、「映画クレヨンしんちゃん」の最新作の親子試写会が行われていたようで、ぞろぞろと親子が入場していました。



ISW11F_0197噴水塔のそばにも桜が一本植えられていて、しっかりと花が咲いていました。
反対側にも桜が咲いているものの、他の木が遮る形で生えているので、少々わかりにくい。



毎年、満開の桜を見て、今年も春が来たんだなぁとか1年が過ぎていくのだなぁと感じつつも、明日以降雨になるのを知っていたので、明日にはこの桜は散ってしまうんだなぁと思うと、少々センチメンタルな気分にもなりましたね。
実際、風が吹くと、ひらひらと桜が舞い散ってしまい、その姿を見ると、また1年待たなきゃいけないのかと考えてしまい、物悲しくなってしまいますね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:51│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52240674

コメントする

名前
 
  絵文字