2012年04月13日

まるで今の体制を物語ったかのような失敗劇

今日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が『人工衛星』と称する物体を搭載したロケットを発射しましたいつ発射するんだとビクビクしながら過ごしていた日々は今日で終わったわけですけれども、日本は有事の際の対応がまだまだ甘いなということが露呈され、周辺諸国からちょろいんじゃないかと思われてもおかしくない行動の数々に、少々情けなさをも感じています。


しかしながら、北朝鮮にとっては、メンツが潰されて、おまけに国際的な機関で査問されることにもなりそうで、踏んだり蹴ったりで散々だったんじゃないかとも。

まず、北朝鮮としては異例のメディア公開を積極的に行っていました
今回金日成主席の生誕100年というのもあったり、金正恩氏が国家元首に就任(注:発射直前に第1書記に就任している)もある、さらに先日亡くなった金正日総書記の遺訓統治の名残りもあって、相当気合が入っていたんでしょうね。だからこそ、国際社会が云々かんぬん言っても動じない、ともすればふてぶてしい行動に出られたんだなと思っちゃいましたよ。
しかしながら、そこまで強行したのに、結局は失敗金正恩体制に大きな傷は付くわ、国際社会からは制裁を検討されてしまう可能性が出てくるわ、韓国にはミサイルの破片を拾われて、下手をすれば「衛星なんか入ってないニダ(キリッ)」とか暴露される可能性が出てくるわで、裏目では片付けられない失態をしてしまったことになるわけですよ。

ところで、今回失敗を放送したのも異例ですが、通常のニュースをも中断して伝えたのも異例だそうな。
その臨時ニュースの中では、「科学者、技術者、専門家が現在、失敗の原因を研究している」ということも伝えているんですけど、恐らくこの原稿読みをしていたアナウンサーは「なお、粛清の対象になるのかは、今後の結果と正恩同士のお心次第」と言いたかったんだろうなぁ(苦笑)。

まぁ、それでもなお、北朝鮮は懲りずに東海岸側にあるムスダンリから撃ちまっせとやる気満々(注:今回西海岸側にあるトムチャンリから撃ったのは、ムスダンリの設備の老朽化が激しかったためとも言われている)。今度は日本が危ないわけですけど、今回のような失態が起こって逆に韓国領土に落ちれば、下手すれば「これは宣戦布告ニダ!」とかお怒りになって戦争おっ始め・・・ないわなぁ(苦笑)。


ちなみに、今回の『人工衛星』を積んだロケットですが、1段目2段目の切り離しに失敗したとか、このままでは墜落してヤバいから爆発させたとか諸説あるようです。
いずれにしても、最初に数個の塊に分裂し、最終的には20個以上の破片になってしまった、つまりはバラバラになってしまったとのこと。いやぁ、まるで今とこの後の体制を象徴しているようで、正恩さんもヒヤヒヤものだったろうね(ギャハ)。


新版 お笑い北朝鮮 ならずもの国家“金正日王国”の研究 北朝鮮の人気歌謡6曲入りDVD付き新版 お笑い北朝鮮 ならずもの国家“金正日王国”の研究 北朝鮮の人気歌謡6曲入りDVD付き



新お笑い北朝鮮新お笑い北朝鮮



お笑い北朝鮮 私が愛した金正日



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52241368

コメントする

名前
 
  絵文字