2012年04月24日

2012年2月のアクセス解析の結果

当サイトにお越しいただきありがとうございます。2012年2月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


2月は先月に比べて少し上昇し、定期的なアクセスが見られました。後述しますが、PCやスマートフォン(以降スマートフォンはタブレットも含む)での滞在する比率が増え、『固定客』も増えてきているので、あとは新規のユーザー数が上ってくれば、サイトのアクセス数も少しずつ増えていくのではないかと思っています。


さて、比率に関して言えば、PC:ケータイの比率が大きく変貌を遂げていますスマートフォン利用者が増えてきているからなのか、約58.5:41.5というふうに少し開く結果になりました。


今回からケータイがスマートフォンになったので、少し細かい結果を紹介できるのですけれども、PCの詳細に関してはというと、Windows 7・XP・VistaとXPとVistaが再逆転する格好になりましたが、7とVistaの間にAndroidが割り込んでくるという結果は先月と同じ。ただ、各ハードの差は少しずつ縮んでいると思います。7・XP・Vistaの比率はそれぞれ約27・20・17で、計約64%先月から見て横ばい。ただ、ユニークアクセス数から見てみると、1.5倍ほど増えています。各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、7ではInternet Exploler(IE。順は8→7→9)が最も多く(比率は約71%)、次いでFirefox(10.0)が8.2%、Chorome(17.0)が5.9%になっています。Firefox・Chromeのバージョンがさらに上がっているのが目立つくらいで、他に変わったところは見受けられないですね。XPに関しては、IEが8→7→6の順番で計約70%となっているのは相変わらず。ただ、Chromeが17.0にバージョンが上っているものの、若干比率が落ちました(約10%)し、割り込みではなく純粋にWindowsシリーズの下になっています。Vistaに関しては、先月と同じくIE7・8だけで約7割になるものの、最新バージョンであるはずの9が比率から消えています。なお、それ以外では、Mac OS Xが3.9%、WILLCOMが若干数います。

スマートフォン(AndroidとiPhone・iPad)は約31%とほぼ横ばい。しかしながら、終始Windows7の後を付いてまわるという格好になり、勢いが付いてきていることがわかります。Androidに関してはSafari(4.0)がこれまで通り圧倒的で、iPhoneに関してはSafari(順は5.1→5.0)が約83%ほどで、WebKitが15%ほどと多少の変動がある程度です。他はiPadが1.1%になっています。


対してケータイはというと、au(EZweb):ドコモ(iモード):ソフトバンク(Yahoo!ケータイ)がそれぞれ約59:35:7(小数点繰り上げを行っているので、100%を越えている)となりました。auが6割を切り、ドコモ・ソフトバンクが増加、特にソフトバンクは久しぶりの7%近く(6.5%)というふうになっています。

詳細は、先月と同じくCA3J(CA006)とKC3Y(K005)が3.8%で双方トップとなり、CA3H(CA005)が0.1%差で3位。以降、SH37(W64SH)・SN3U(S007)が3.4%となっています。
ドコモに関してはF05CとP01Bが2.1%で同率1位P01Bが復活し、先月席巻したP08AとSH01Bは消えました。他はN08A(1.8%)が出てきているくらいで、全体的にダンゴレースなのかもしれません。
ソフトバンクはあれだけ出てきても詳細はなし。こちらもダンゴレースの様相を呈しているのでしょう。


3月はイベントが重なっているわけでもなく、最終盤で出てくるのみ。イベントや新機種紹介で稼げた2月とは違い、アクセス数の伸びが難しい状況。1つ1つの記事にクオリティを上げていくしかないでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:48│Comments(0)TrackBack(0) etc 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字