2012年04月28日

春の新アニメ2012 その8 氷菓

春の新アニメ2012、今季最後の作品になりそうなのは、米澤穂信(ほのぶ)さん原作のミステリー小説「〈古典部〉シリーズ」が原作の作品「氷菓」です(「氷菓」のタイトルは原作の第1巻から)
この作品も前評判が高く、制作陣が「フルメタルパニック」シリーズを手掛けていたことを考えれば、納得できますね。
さらに、この作品は岐阜県高山市を舞台にしているとのことなので、地元の高山市も観光面で力を入れていこうとしてるようです。ちなみに、メインの舞台になっている神山高校は精霊流し(卒業式の際に制帽の白帯やセーラー服のスカーフを結んで一本の帯のようにし、近くの川に流すもの)で有名な斐太(ひだ)高校


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


折木奉太郎は神山高校に通う高校1年生。自らの信条を省エネと称すほど余計な事には首を突っ込まない、仮に何かを行わなければならない場合は最小限の力で動くのだそうな。

そんな彼が姉の手紙(姉は逆らえない存在のため)をきっかけに廃部寸前の部活古典部に入ることになった。
どうせたった一人しかいないだろうとタカをくくって部室になる地学講義室に向かうと、なぜか美少女が1人中にいるではないか。話しているうちに彼女も古典部部員なのだという。
内側も外側も施錠方式になっているこの教室。完全密室状態だったのになぜ彼女はいたのか?その謎を解くことで、彼の隠遁とした生活は一変するのだった。



というふう。


パッと見ですが、同じ角川の小説シリーズ・京都アニメーション制作という先入観からなのか、「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズを思い浮かべてしまったわけですね、あの主人公が第三者的なナレーションを行うと特に。しかも、ほぼ無気力な部分もよく似てて。
唯一違うのが、ボーイズミーツガールの演出あたり。主人公がハルヒに引っ張られるのに対し、この作品は主人公が千反田に引っ張られたり引っ張ったりという相互を引き立てる感じになっていますね。腐れ縁の福部がそのアクセントになっていい味を出してるとも言えるんですけど。


どちらかというと、ミステリーというのは副次的なものであって、メインはこれから登場する人達も含めて彼ら神山高校の生徒達が繰り広げる青春群像劇だと思います。地味ながらも素晴らしい作品になる予感がしてきましたね。


こりゃ、高山に行ってみたいわ(笑)。名古屋からなら特急で2時間もかからないし。


放送局・放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
「氷菓」放送時間
【千葉】チバテレ(チバテレビ)
(日)24:00~24:30

【埼玉】テレ玉(テレビ埼玉)
(日)25:00~25:30

【東京】TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)
(水)24:30~25:00

【神奈川】テレビ神奈川
【京都】KBS京都(京都放送)

(月)25:00~25:30

【岐阜】ぎふチャン(岐阜放送)
(水)25:15~25:45

【三重および愛知の一部】三重テレビ
(金)25:50~26:20

【兵庫および大阪の一部】サンテレビ
(火)24:00~24:30

【福岡】TVQ九州放送
(日)26:30~27:00

【BS】BS11(日本BS放送)
(金)27:00~27:30
Posted by alexey_calvanov at 23:28│Comments(0)TrackBack(0) アニメ・コミック 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52252852

コメントする

名前
 
  絵文字