2012年06月12日

夏の新機種2012 ウィルコム編

夏の新機種、今回はウィルコム編です。
ウィルコム自身、だれとでも定額やもう1台キャンペーンが継続・対象拡大というのがある程度で、大きな発表は今回紹介するスマートフォンになるわけです。
では、そのスマートフォンと一般的なケータイ2機種の紹介を行っていきます。


①DIGNO DUAL WX04K
4インチワイドVGA液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。W-ZEROシリーズ以来、久しぶりのスマートフォンになる。OSはAndroid2.3(将来的に4.0へのアップデート対応予定)。
PHS電話回線と3G電話・通信回線双方を備えたケータイになっており、IPX5/7相当の防水機能を備えている。
また、オリジナルプランも用意されている

個人的感想
この機種は、HYBRID W-ZERO3(WS027SH)以来、実に2年半ぶりのスマートフォンになるものの、Windows Mobileではなく、Android対応になっているのは時代の流れか。
そのW-ZEROシリーズを使用していた人には念願のスマートフォンでの新機種にはなるが、一長一短がかなり目立つ機種になっている。
利点はソフトバンクの3G回線を双方利用でき、専用の「ウィルコムプランD」で月額980円(定額通信を含めれば6755円)で利用できる点・3G回線に関してはナンバーポータビリティ対応している点・MMSおよびソフトバンクとウィルコムのSMSは無料で送信可能なところ。逆に欠点としては、プラチナバンドが利用できない点・メールアドレスが専用のものに変更せざるを得なくなる点
かゆいところに手が届く・・・とまではいかないが、今までウィルコムオンリーで利用していたユーザーには使い勝手のいい機種になることは間違いないと思う。


②Casablanca WX05K
3インチワイドQVGA液晶を搭載した折りたたみ式のケータイ。
「でかメニュー」・「でか時計」・「ゆっくり通話」・「はっきり通話」に対応している。

個人的感想
使いやすさ・見やすさ・押しやすさ・話しやすさにこだわった機種になっている。それでいて300万画素のカメラを備えているのが不思議。カメラをもっと使ってほしいというメッセージか?


③PANTONE WX01SH
2.9インチワイドQVGA液晶を搭載した折りたたみ式のケータイ。国際標準色彩を制作している会社PANTONE(パントン)の名を冠したものになっている。
7色の多色展開を行っている。

個人的感想
シャープの機種としてはHYBRID W-ZERO3(WS027SH)以来、実に2年半ぶりの機種になる。そしてシャープ初のケータイ型PHSになる。
しかし、元々あったPANTONE 3 001SHをそのまま流用したもので、仕様面でもほぼ変わらずソフトバンクではロースペックでも、ウィルコムならそれなりの機種に生まれ変わったとも。現在のシャープの業績を体現したような機種になってしまって少々残念。


次回は、この機種紹介の記事を書いている途中に発表が行われたイーモバイルの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:53│Comments(0)TrackBack(0) ケータイ系 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52279923

コメントする

名前
 
  絵文字