2012年07月01日

カーネルの原点を食ってきた

先日もお伝えしたように、ケンタッキーフライドチキンは日本での創業日に合わせて様々なキャンペーンを行ってきます
さすがにチキンの食べ放題の日には仕事を休むわけにはいかんので(苦笑)、「カーネルライ麦パン」を頂こうと思い、髪の毛を切りに行った日に、理髪店の近所にあるケンタッキーに行って来ました。Pontaが使えるのが大きなポイントなんだよね(ギャハ)。


ISW11F_20120630_160450それがこちら。「カーネルライ麦パンセット」で今回は頂きました。
カーネルライ麦パン以外に、オリジナルチキン・クリスピー・コールスロー(S)・ドリンク(S)が付いています。
カーネルライ麦パンはカーネル・サンダースが7歳の時に作ったパンとされ、アメリカ南部で食べられている特有のパンをベースにしたものだそうです。



カーネルライ麦パンに関しては、非常に素朴な味で、ライ麦の風味がとてもいいですね。レーズンの風味はそれほど強くないのが少々残念と言えば残念。ただ、チキンとの相性はとてもいいです。いい箸休めになると言えばわかりやすいでしょうか。


ISW11F_20120630_160519おまけで、「レッドホットテンダー」を食べてきた。
今回ソースは一番辛い激辛唐辛子で。唐辛子とハバネロを加えた辛さ際立つものになっています。



レッドホットそのものがそれなりに辛いので、激辛唐辛子をかければそりゃ引き立ちますよ。でも、まだ大丈夫だったな(笑)。激辛味のカップ焼きそばとか食ってますし、今年は。アレに比べりゃ(ニヤニヤ)。

ちなみに、ソースはマイルドな味にするレモンマヨ、辛さにケイジャンのコクを加えた韓国ピリ辛もあります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) 飲み食い系 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字