2012年10月02日

行くぞ我らと頂点へ!!

今日の西武×ロッテで西武がロッテに3-5で負けたため、西武の敗戦が決まった瞬間、日本ハムが3年ぶりのリーグ優勝を決めました


今シーズンは斎藤佑樹選手の華麗な開幕勝利で一躍栗山監督の采配のアグレッシブかつ奇のてらいぶりに驚かされたものですが、その後はもどかしい時期が続いていました。
特にシーズン序盤は4番に据えた中田選手の機能不全がファンの間でもどうすべきか、監督の采配は大丈夫なのか論議になったのではないかと思います。かくいう私も中田選手を4番から早いこと外して負担を軽くしてやるべきだと思っていた人だったので、栗山監督の粘り強さと意志の強さには正直脱帽です。そのことで夏の終わり、つまりはリーグ優勝争いの最中に結実したのですから、栗山監督の洞察力の強さにも驚かされます


決して下馬評も高くなかったです。あのガンちゃん(岩本勉さん)でも3位予想をしたくらい、他の解説陣は最下位ないしは5位予想をしていたほどチーム力は落ちているとみなされていました。
その理由は言わずもがなダルビッシュ選手の不在。この穴を埋めるのは誰かというので頭を抱えていた時期もあったのかもしれません。そんな中、「ダメならユニフォームを脱がす」とまで監督に言わせた吉川選手が奮起してくれたのが大きかったですね。見事に14勝(今日現在)を挙げ、埋めてくれました。もちろん武田勝選手やウルフ選手といった既存の選手も埋めてくれた他、終盤から出てきた中村選手もこれからの活躍を期待できるピッチングをしてくれました
中継ぎも宮西・増井・森内・谷元選手、終盤になってからは石井・モルケン選手が引っ張ってくれました。特に増井選手は抑えの武田久選手が不在の際にはストッパーとしても活躍し、まさに大車輪のような動きを見せた1年だったと思います。終盤打たれて苦労したと思いますが、来年以降の糧になったのではないかと思います。

打撃陣はスレッジ・田中賢介選手とケガ人が相次いだ中、先述のように主軸を1年担った中田選手はいい経験をしたと思います。監督の期待に応えるべく、バッティングフォームを変えたり試行錯誤した中で、終盤見事に結果を残してくれました。今の中田選手なら胸を張って『中田はハムの4番』と言えるようになってくれました。
さらに、ベテランの稲葉・金子誠・二岡選手も(稲葉・金子誠選手は途中離脱のあった中でも)1年よくやってくれたと思います。そして何より若手が大きく伸びてくれたことが非常にうれしいですし、来年も楽しみに思えるほどになりました昨年からブレイクしていた杉谷選手はもちろんのこと、ポスト飯山としても活躍が期待される中島卓也選手、俊足巧打の西川選手が特に大きく躍進したと感じています。シーズンの一時期に活躍した選手も含めると、ほぼ全員で戦ってきたとも言えるのではないのでしょうか。


ただ何より、栗山監督の的確かつ、自分自身が黒子に徹し、そして選手を気遣っての采配というのが、優勝への大きな要因となっただけでなく、これまでの監督像を大きく変えたのではないかと感じています。コーチ陣のほとんどを留任させ、自分が表立って出ないながらも、選手の特徴や性格を分析し、適材適所に配分させる・・・、これは並大抵の監督ではできないことだと思います。さながら企業の会長的な役割(最終的に経営陣の施策を執行するのみで、その過程は経営陣にほぼ任せ、実行した施策が失敗した時には自ら全責任を被る)ですね。もちろん、言う時にはキチンと言うところや芯の強さは今までの日本ハムの監督異常に強かったと思います。それだからこそ、コーチ経験のない新人監督が優勝するという恐らく史上初めての出来事、元中日監督の落合さんでもなし得なかった出来事をやってのけたのだと思います。


しかしまだ終わりではありません。
ポストシーズンであるクライマックスシリーズ・日本シリーズが待っています。
クライマックスシリーズでは、西武であろうとソフトバンクであろうと、今シーズン苦手にしてきた相手と再戦することになります。足下をすくわれないよう、引き続き気を引き締めてやってほしいものと思っております。


リーグ優勝おめでとうございます。そして、栗山監督にはポストシーズンでも活躍を期待しております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:22│Comments(0)TrackBack(0) スポーツ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/alexey_calvanov/52301366

コメントする

名前
 
  絵文字